登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 0
茅ケ岳 茅ケ岳(関東)
img

記録したユーザー

のりほり さん
  • 日程

    2019年6月9日(日)

  • 利用した登山口

    深田記念公園駐車場  

  • パーティ

    4人 (のりほり さん 、kim410 さん 、yoshiesan さん 、kyokosan さん)

  • 登山口へのアクセス

    バス
    その他:
    韮崎駅 8:50発 → 深田記念公園 9:11着
    \510 (現金のみ)

  • 天候

    小雨、曇り

この登山記録の行程

深田記念公園駐車場(09:25)・・・分岐(10:00)[休憩 5分]・・・女岩(10:20)[休憩 5分]・・・女岩のコル(11:40)[休憩 5分]・・・茅ヶ岳(12:10)[休憩 20分]・・・千本桜分岐(12:40)・・・分岐(13:40)[休憩 5分]・・・深田記念公園駐車場(14:05)

総距離 約6.3km 累積標高差 上り:約766m
下り:約766m
コースタイム 標準:3時間55分
自己:4時間
コースタイム倍率 1.02
ママ友登山部5回目の山行は、中央線韮崎駅から行く茅ケ岳。 深田久弥終焉の山だそう。
天気は曇り~雨。。。梅雨入りしているし、今までの山行は晴天だったから小雨も経験かと、全席指定になった「あずさ」に乗り込む。新宿駅で調達した朝食を食べながら約1時間半の移動は快適。乗り換えが無いっていいね!

駅ロータリーから深田記念公園行きの小さめバスに乗り、20分程で深田公園バス停に到着。
天気が悪いにもかかわらず15人ぐらい?乗っていたかな。 バスの運転手さんもこんなに乗客がいるとは思ってなかった様子。
バス停には「熊出没注意」の黄色い看板があるトイレあり。 熊・でるのかな?
小雨が降ってきたので雨具を着て出発。 駐車場脇を通り登山ポストのあるT字路(正面はソーラーパネルがバーンと設置してある)を右方向へ。 茎の細い紫色の花(アヤメ?)が咲いてる。

野生で見るのは初めて!
石がゴロゴロとした平坦な道を進み林道を渡る。大きな岩を横目に登っていくと女岩の水場に到着。唯一の水場らしいが今は立入禁止。林道の分岐から水場までコースタイム40分とあったけど、20分で着いちゃった。。。地図のコースタイムが??水場の位置が??
さらに登って行くと「女岩手前50m、山頂まで60分」の看板と立入禁止の規制テープがあるので、標識通り右に進むと岩だらけの急な斜面。 ここから岩とぬかるんだ斜面に悪戦苦闘。
滑りながらもなんとか落ち葉が敷き詰められた穏やかな道まできた。靄の中の新緑は何とも不思議な雰囲気。空が近くなってきたら靄もはれ明るくなってきた。尾根道にでてからしばらくすると、「深田久弥先生終焉之地」の石碑がある。 ここから岩だらけの道を登りようやく山頂へ。
360°パノラマのはずが・・・ 残念ながらまわりは真っ白。 金峰山と同じくおだんご○○○の山標識を撮影し、昼食休憩をしたら温泉めざして下山開始。
大きな岩の割れ目を通ったり、ジグザグ道ととにかく下るのみ。林道に出たらタクシー会社に迎車の予約をいれる。バス停まであと30分頑張らないとタクシーを待たせちゃう~ 大きなザックを背負いながらトレランの人なみに速かったyoshiesan。。。 すごい!!
林道から20分で到着すると既にタクシーは来ていた。 雨具を片付けトイレを済ましたら、韮崎旭温泉へ。 深田公園バス停からはタクシーで30分ほど。 日本でも三本の指に入るとか、山梨で一番良い!とかタクシーの運転手さんが言っていた。

こじんまりとした入り口を入ると靴入れがある。登山靴は2〜3足と少なかったな。貴重品は小ロッカー、ザックは畳の部屋の隅っこへ。
ぬるめのお湯が登山後には良いように感じる。 源泉掛け流しという言い方ではなく、人工処理をしない<流しっぱなし>と書いてあった。 飲めるという温泉水をひとくち・・・ 鉄っぽい味!
飲み方も書いてあったがよく読まずに飲んでしまった。

駅ロータリーにある地域交流センター 「ニコリ」 内のベーカリーでパンを、改札横の売店で「金精軒」の信玄餅を購入♪(タクシーの運転手さんおすすめ)
「かいじ」で新宿までのんびり帰ります。 やはり乗り換え無いっていいね~♪
次はどこへ行こうかな?

登山中の画像
  • 2019年3月から全席指定になった中央線特急「あずさ」。
  • 韮崎駅前ロータリー
  • 深田記念公園バス停そばのトイレ。
  • 案内版
  • 正面には山肌を削って作られたソーラーパネルがバーンとある。
  • 野生のアヤメ?
  • 歩きはじめは、こんな道。
  • 大きな岩
  • 林道を横切る。
  • ここにも大きな岩。
  • エリンギ岩
  • 女岩の水場は立入禁止。
  • どんどん登っていくよ~
  • 岩が先?木が先?
  • 女岩の手前50mとあるけど・・・
  • どこから登ればいいのか。。。
  • 急坂を登り切ると、穏やかな落ち葉の道。
  • 靄と新緑。
  • まだまだ登るよ~
  • 明るくなってきた♪
  • 尾根道にでた!
  • 深田久弥先生終焉之地。
  • つつじの向こうも真っ白。
  • 茅ケ岳頂上。360°真っ白。
  • 尾根道で下山。
  • 下山開始
  • 岩の間を通る。通れるのか?!
  • やはり、ピンクは目立つ!
  • ジグザグに下る。
  • ここまで来たら、林道まであと少し。
  • こんな斜面を下りてきた。
  • 林道にでた。
  • 韮崎駅ホームからの眺め。
  • 帰りは「かいじ」でゆっくり飲める♪
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、スニーカー・サンダル、ザック、防水スタッフバック、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、傘、タオル、防寒着、帽子、グローブ、手袋、軍手、着替え、地図(地形図・ルート図)、コンパス、メモ帳・筆記用具、カメラ、登山計画書(控え)、健康保険証、ホイッスル、ファーストエイド・医療品、虫除け・防虫薬品類、非常食、行動食、テーピングテープ
参考になった 0

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

のりほりさんの登山記録についてコメントする

関連する現地最新情報

  • 金峰山小屋 ~金峰山
    金峰山小屋
    積雪1.2cm、薄っすら白い程度です。稜線は風が強い日が続いています。冬山装備でお越しください
    21年01月03日(日)

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

のりほり さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 0

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2021年1月19日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 冬の必携装備! チェーンスパイクの新モデル
冬の必携装備! チェーンスパイクの新モデル ブラックダイヤモンドから新登場の3つのチェーンスパイク。元ガイドの保科雅則さんと、12月下旬の八ヶ岳でチェックしました。
NEW パタゴニアの新しいテクニカルフリース
パタゴニアの新しいテクニカルフリース パタゴニアのRシリーズに、寒冷下での活動に適したジグザグ織りの新モデルが登場。アンバサダー3人の使い方にも注目! 
NEW 悠久の大自然を体験 秋田白神山地レポート
悠久の大自然を体験 秋田白神山地レポート 小林千穂さんと、公募で選ばれた6名が秋田白神山地へ。ベテランガイドと五感で楽しんだモニターツアーをレポートします!
NEW 六甲山に登ろう。六甲山ナビOPEN!
六甲山に登ろう。六甲山ナビOPEN! 神戸のシンボル、六甲山。初心者向けの六甲山登山情報を掲載するWEBサイト「六甲山ナビ」が12月18日にオープン!
NEW スノーシューで 雪山を楽しもう!
スノーシューで 雪山を楽しもう! この冬は真っ白でふかふかの雪の上を歩くスノーシューハイキング! おすすめエリアや楽しみ方を紹介します。
NEW 晩秋の蒜山で最新保温ウェアを試す【山MONO語り】
晩秋の蒜山で最新保温ウェアを試す【山MONO語り】 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載。今回は新素材を使ったノローナのアクティブインサレーションをチェック!
NEW アルプス山麓5市町村 移住者に聞く【山の麓に住む】
アルプス山麓5市町村 移住者に聞く【山の麓に住む】 北アルプスの山麓、小谷・白馬・大町・松川・池田の5市町村で暮らす。5人の移住者に仕事、遊び、暮らしについて聞きました。
NEW 山で見つけた「巨岩」「奇岩」フォトコン開催中
山で見つけた「巨岩」「奇岩」フォトコン開催中 なぜ、ここにこんな岩が? スマホの中に、そんな巨岩・奇岩の写真がありましたら、ぜひご投稿ください!
NEW 初心者から楽しめる、関西の日帰り登山コース
初心者から楽しめる、関西の日帰り登山コース 3~4時間で気軽に登れる、滋賀・京都・奈良・大阪・兵庫にある人気・定番コース6選
紅葉フォトコンテスト、開催中!
紅葉フォトコンテスト、開催中! 紅葉シーズンも終盤、街の街路樹の木々も色づいてきました。今は標高1000m以下の山が、紅葉の見頃です!
登山は「下山」してからが楽しい!?
登山は「下山」してからが楽しい!? 登山後、すなわち下山後の楽しみの1つが山麓グルメ。ご当地名物料理から、鄙びた食堂の普通の料理まで、その楽しみ方を指南!
渋滞の心配なし! 駅から歩いてらくらく登山。
渋滞の心配なし! 駅から歩いてらくらく登山。 日没時間が早まる時期は、アクセス時間を減らして行動時間を長くするような登山にしたい。「電車で行ける・帰れる山」で時間を短...