登山記録詳細

ハイキング
参考になった 2
高ボッチ山と鉢伏山で夏の花々を愛でる旅 鉢伏山、高ボッチ山(八ヶ岳周辺)
img

記録したユーザー

すー さん
  • 日程

    2019年8月12日(月)

  • 登山口へのアクセス

    マイカー
    その他:自宅(4:05) → 青梅ICから圏央道、中央道で岡谷ICへ → R20塩尻峠 → 高ボッチ高原第一駐車場

  • 天候

    くもりのち晴れ
    [2019年08月12日(月)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

高ボッチ第一駐車場(7:05) → 見晴の丘・お花畑 → 高ボッチ山山頂 → 林道で鉢伏山山頂へ → 高ボッチ第一駐車場


総距離 約14.4km 累積標高差 上り:約553m
下り:約553m
なんだかんだで前回の山行から1か月半も空いてしまい、しかも道路も山も大混雑のお盆休みに突入。
おまけに暑いし台風も接近中。なんとなく億劫さも感じつつ、夏が終わってしまう焦り?もあり朝早めに出て300名山、花の百名山でもある鉢伏山と絶景スポットで有名な高ボッチ山に行ってきました。
鉢伏山は実家の松本からたおやかな山容がよく見え以前から気になっていました。

朝は暗いうちに起き、眠さにくじけそうになりながらもわんこの散歩も終え、無事予定通りに出発。
4時台だといつも混んでいる八王子ジャンクション、相模湖付近もスイスイ通過できました。
登山口には7時ころ到着。雲が多く少し肌寒いくらいでした。

高ボッチ山、鉢伏山は事前情報があまりなく、どちらの山もすぐ下に駐車場があるので超初心者でもあっという間に登れますが、それでは短すぎるので両山をピストンすることにしました。ただほとんど車道歩きなので照り返しがきつく足にも負担がかかります。でも標高差が少ないので久しぶりの山にはちょうどいいのかなとも思いました。

第一駐車場からすぐのところに階段がついた小高い山があり、よくわからないまま登ってみましたが、
ここは見晴らし台となっており、辺りは一面のお花畑でした。種類も多く、スタートから写真撮影に夢中になり時間をロスしましたが楽しかった!その後は草原を花を愛でながら高ボッチ山山頂へ。
諏訪湖と岡谷の街が広がっていましたが雲が多く富士山は見えませんでした。でもここからの絶景は有名なようです。

その後、車道をてくてく歩き鉢伏山へ。途中から晴れてきて暑くなりました。斜度もだんだんきつくなり、森林限界?なのか木もなくなって・・・。バイクで通りかかった方にも「頑張って。」と励ましていただき、山頂に到着しました。

雲は相変わらず多く北アルプスの展望を期待していたのですがわずかに槍ヶ岳と穂高連峰だけ見えました。夏なので雲が多いのは仕方ないですね。そのほか八ヶ岳も一部、諏訪湖、松本盆地も霞んでいましたが見えました。ここはレンゲツツジもすごいらしいのでその時期もよさそうです。

山頂で穂高連峰、ふるさとの地を眺めながらランチをし、渋滞を考慮して早目の下山。帰りも暑く、
駐車場にたどり着くころにはバテていました。

日焼けもしてしまいましたが久しぶりの山はやはり楽しかった!お盆休み中もう一回どこかに行けるといいですが台風と渋滞が気になります・・・。

登山中の画像
  • 高ボッチ高原第一駐車場に着きました。かなり広いです。左の建物はトイレ。車中泊をしている人もいました。
  • 伝説の巨人、だいだらぼっちが腰を下ろして一休みしたという高ボッチ高原。牧場や展望台もあり楽しみです。
  • 駐車場の近くに小高い丘があります。何があるのかわかりませんが行ってみます。
  • 上る途中の階段からいろんな花が咲いているのにびっくり。これはクガイソウ。
  • シシウド。
  • カワラナデシコ。
  • カワラマツバ?
  • ノコギリソウ。葉っぱがノコギリみたいにギザギザ。
  • 山頂は高山植物がたくさん咲いていました!
  • ハクサンフウロ、ツリガネニンジン、ワレモコウ。
  • ハクサンフウロが一番多かったです。
  • ここは見晴らしの丘というのですね。諏訪湖方面の景色。朝は霞んでいました。
  • これから向かう高ボッチ山。
  • イブキボウフウ?
  • ノアザミ。
  • これから咲きそうな花ですが何でしょうか?
  • 風景を楽しむ家族連れ。
  • だいぶ明るくなってきましたがまだ諏訪湖付近は雲が多いです。
  • マツムシソウ。
  • ヒヨドリバナ。
  • ウツボグサ。
  • この小さな丘だけでもかなりの高山植物を堪能できました。
  • これから向かう道。
  • マルバタケブキの群生。
  • オダマキ。
  • この下を向いて咲いている花は初めて見ましたが何でしょう。調べてもわかりませんでした。
  • クルマバナ?
  • 高ボッチ山とマルバタケブキの群生。
  • ダイコンソウ。
  • マルバタケブキ。
  • ワレモコウとイヌゴマ。
  • 「3大標高に愛を誓うビュースポット」???
  • 高ボッチ山はわかりづらいですが車道からここを入ります。
  • ここにもマルバタケブキの群生。
  • オミナエシ。
  • 草原のようななだらかな散策コースです。
  • 周りは花でいっぱい。
  • コバギボウシ。素敵です。
  • シラヤマギク?
  • 高ボッチ山の案内図。
  • 高ボッチ山山頂に着きました。かなり広いですね。
  • 山座同定図もあります。
  • 諏訪湖の景色。ここは絶景はスポットとしても有名です。
  • 家にある絶景本には高ボッチ山からのこんな素敵な景色が載っていました。いつかゆっくり見てみたい。
  • 歩いてきた駐車場方面の景色。
  • 駐車場はまだガラガラです。
  • 女子4人旅でしょうか。
  • 富士山は今日は無理ですね。
  • 休憩所の入り口がシシウドでふさがれています。(笑)
  • クルマユリ。
  • 第二駐車場です。ここにもトイレがあります。こちらもかなり広いです。
  • 空気が澄んでいればここから北アルプスの大展望が見られそうです。今日はダメでした。
  • ここから鉢伏山までは車道歩きです。
  • 花火のよう。
  • 崖ノ湯方面の分岐。右の道へ。
  • 見晴コースというのがあり気になって進んでみましたが、
  • 藪漕ぎになりそうなのでやめて引き返しました・・・。
  • 無難に車道を進むことにします。
  • そんなに車も通らず、静かなので苦ではありません。
  • 我が故郷が見えました。
  • 木があるところはまだ涼しかったです。
  • 鉢伏山が見えてきました。
  • 鉢伏山の上の方は森林限界なのでしょうか、木がありません。それほど標高は高くないのですが。
  • 歩いてきた道を振り返る。
  • 暑いです。バイクで通りかかった方に励ましてもらいました。
  • まだあと1キロ・・・。
  • 景色は素晴らしいです。雲がなければ北アルプスが見られたはず。
  • たおやかな山容の鉢伏山。
  • ここを入ります。
  • ここで入山料100円を払います。駐車場は500円でした。
  • 登山口から入っていきます。
  • なだらかで歩きやすいのですが暑さでバテてきました。
  • 前鉢伏山との分岐。
  • 気温が低ければこのくらいの斜度、楽なはずなのですが・・・。
  • のどかな風景だなあ。
  • 花の百名山ですが先ほどの高ボッチ山のほうが花が多かったです。鉢伏山はレンゲツツジの時期がすごいのでしょうね。
  • お~!穂高連峰が見えました!
  • 山頂到着。なんだか山頂にしては標柱が寂しい・・・。
  • 展望台があるようなので行ってみます。
  • あれ?ここも山頂?
  • とりあえず、松本盆地と北アルプスが見えるベンチをゲット。ここでランチにしました。
  • 諏訪湖方面。やはり富士山までは無理ですね。
  • 広がる草原の向こうに松本盆地。その向こうに雲に隠れた北アルプス。
  • 実家近くの山びこドームと松本空港の滑走路が見えました。
  • 穂高連峰。
  • 槍ヶ岳も見えました!
  • 雲が取れそうもないので名残惜しいですが下山します。
  • コウリンカでしょうか。
  • 美ヶ原の鉄塔が見えました。ガスっていそうですね。
  • 暑さでバテていましたが北アルプスバックの牛さんたちを見て元気が出ました。
  • 駐車場に戻ってきました。甲府から事故渋滞だったので下道で帰りました。
この山行での装備
Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、ヘッドライト(+予備電池)、タオル、帽子、サングラス、地図(地形図・ルート図)、腕時計、カメラ、ホイッスル、ファーストエイド・医療品、熊鈴・熊除けスプレー、行動食、GPS機器
参考になった 2

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

すーさんの登山記録についてコメントする
  • ミーグル さん
    ホント花の百名山だけあってきれいですね。雨の日が続く中、晴れとはさすがすーさんです。この日に鹿島槍から下山しました。日曜の夜は種池のテント場はゴロゴロピカピカしてましたよ。今回はソロですか。鍛錬されているようで。来週は今年のメインイベントの大キレットに行ってきます。北穂小屋の予約も済ませましたし。あと残りの小屋は大きいので何とかなるでしょう。今年は残雪が多かったのですが8月になったとたんにひどい日照りとなっています。お互いUV対策をきちんとしましょう。またレポ楽しみにしています。

  • すー さん
    ミーグルさん、こんにちは!
    先月は至仏山を計画して有給を取ったのですが、昼から雷雨の予報で泣く泣く断念し、なかなか
    山に行けないでいました。高速道路の混雑が嫌なのでお盆中は家でおとなしくしていようかとも
    思いましたが、やはり天気がいいとなると行かずにはいられませんね。(笑)

    ミーグルさんは鹿島槍に行かれていたのですね!しかも来週は大キレットとのこと。
    楽しみですね~。私は北アルプスは来年になりそうです。

    今回の山行で顔と首、手の甲が大分日に焼けてしまいました・・・。歩いているときはあまり
    気になりませんでしたが、家に帰ってきて大ショック・・・です。まだまだ日差しがきついので
    気を付けましょうね~。(笑)

  • ガバオ さん
    すーさん、こんにちは。

    お久しぶりのすーさんの花レコ、楽しく拝見しました。花の背景のぼかし具合が決まってますね!

    岡谷の高ボッチや鉢伏山はあまり馴染みのない山域ですが、美ヶ原に似た雰囲気の様ですね。
    とても気持ち良さそうなコースですが・・・、木陰が見当たらないので、写真を拝見しているだけで、首筋がヒリヒリ焼けて来そうですッ。
    安・近・短の基準外ですが、もし行くとしたら、日傘を持っていきたい感じですね(笑)。

    PS. 鉢伏山は入山料を取るのですか、、、。私有地なんでしょうかね?

  • すー さん
    ガバオさん、こんばんは~!お久しぶりです。

    なかなかタイミングが合わなくて山に行けずにストレスが溜まっていたのですが、ようやく
    行けました。この時期、山選びは大変なんですよね~。涼しくて、混んでいなくて、できれば
    近くで・・・、が希望でしたが近くではなかなか見つからず、日帰りでもったいなかったですが
    行ってきました。(笑)

    でも思ったより花が多くて、我も忘れて写真撮影に没頭し、楽しい時間を過ごすことができました。でも車道を歩いているのは私ぐらいで・・・。追い越す車の人に変な目で見られていたかもしれません。(汗)日影を探しながら歩きましたが最後のほうは全くなくてしんどかった・・・。

    う~ん、そういわれてみれば入山料はどうしてとるのでしょうかねえ。私有地ではないと思うのですが。あまり深く考えずに払ってしまいました~!(笑)

登った山

関連する登山記録

もっと見る

すー さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 2

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇一時雨
明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2019年10月13日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 濡れに強い! ファイントラックの中間着が最新版に
濡れに強い! ファイントラックの中間着が最新版に 独自のシート状素材を採用した中間着「ポリゴン2UL」を、ライターの森山憲一さんが北八ヶ岳で試す!
NEW ザ・ノース・フェイスが開発! 新しい防水透湿素材
ザ・ノース・フェイスが開発! 新しい防水透湿素材 ザ・ノース・フェイスが開発した全く新しい防水透湿素材「FUTURE LIGHT」。開発ストーリーと搭載アイテムを公開!
NEW 小林千穂さんも体感! ヒザ、腰を守るサポーター
小林千穂さんも体感! ヒザ、腰を守るサポーター 「ザムスト」のサポーターを山岳ライターの小林千穂さんと読者が体感! 登山愛好者の膝、腰のサポートに!
NEW ガイドが試した こだわりのトレッキングハット
ガイドが試した こだわりのトレッキングハット 女性のためのトレッキングハット「アルピア」。視野の広さ、収納性など、女性登山ガイドの菅野由起子さんがチェック!
NEW ショップ店員に聞く! ゴアテックス製品の優位性
ショップ店員に聞く! ゴアテックス製品の優位性 防水透湿性能、防風性などゴアテックス製品の優位性を、ザ・ノース・フェイス マウンテンの副店長、芹澤さんに聞きました
NEW LEKIのポールをチェック! 「山MONO語り」
LEKIのポールをチェック! 「山MONO語り」 高橋庄太郎さんの連載では、レキ「マイクロバリオTAコンパクト」を、南ア・光岳でテスト。重量バランスよく、使い勝手がいい!
令和の秋、紅葉登山の季節が到来!
令和の秋、紅葉登山の季節が到来! 秋の足音が少しずつ聞こえてきました。いよいよ山が最も色づく、紅葉シーズンの到来!
秋の幕開けに訪れたい草紅葉の山
秋の幕開けに訪れたい草紅葉の山 紅葉の先陣を切るのが草紅葉(くさもみじ)。秋の幕開けに訪れたい、湿原を歩くモデルコースを6つ紹介する。
秋の贅沢、秘湯+紅葉の山旅へ
秋の贅沢、秘湯+紅葉の山旅へ 温泉で山歩きの疲れをほぐし、山の幸を堪能する。日本の秋を満喫する至高の組み合わせに誘うコース七選
ロープウェイで登れる百名山
ロープウェイで登れる百名山 ロープウェイやリフトなどを使って、一気に標高を稼げる百名山はいくつあるかご存知?
東京都最高峰、雲取山に登ろう!
東京都最高峰、雲取山に登ろう! 標高は2017m、日本百名山の一座として知られています。はじめての山中泊、はじめての縦走登山などにも適した山です。
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山 のどかな里山を囲むように山々が連なる、埼玉県南西部・秩父・奥武蔵の山々。秋の紅葉シーズンは、とく魅力がタップリ!
王道の北アルプス縦走コースを歩こう
王道の北アルプス縦走コースを歩こう 森林限界を越えた稜線に、果てしなく続く縦走路。稜線歩きの醍醐味を思う存分楽しめる、北アルプスの縦走コースを紹介。
名峰・那須岳登山へ! 個性豊かでダイナミック
名峰・那須岳登山へ! 個性豊かでダイナミック 活火山の茶臼岳、峻険な朝日岳、最高峰の三本槍岳ほか、花畑の稜線や温泉など魅力満載の那須連峰。ほかにも湿原・お花畑・温泉と...
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS スマートフォンの普及で高価で手の届かなかったGPS機器が誰でも使える! 初心者向けのノウハウから裏技まで、登山アプリとス...
ツラく、キツく、長い急登の登山道を制す
ツラく、キツく、長い急登の登山道を制す 長い急登を汗水流し、気合と根性を振り絞って、延々と登った先にある素晴らしい景色と充実感を味わいたいなら、ココに決まり!