登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 3
大峰山(天川川合バス停-狼平避難小屋泊) 大峰山(東海・北陸・近畿)
img

記録したユーザー

ambit_hiro さん
  • 日程

    2019年11月22日(金)~2019年11月23日(土)

  • 登山口へのアクセス

    電車
    その他:行:大和上市(8:18)-下市口(8:28)(8:47)-天川川合バス停(9:45)
    帰:天川川合バス停(15:12)-下市口(16:24)-大阪阿倍野橋(17:42)(20:45)-新宿西口(6:00)

  • 天候

    初日:曇りのち雨、二日目:晴れ
    [2019年11月22日(金)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

一日目
天川川合バス停(9:55)…[0:27]…栃尾辻(13:35)[0:06]…ナメリ谷(14:16)[0:04]…[0:13]…ナベの耳[15:20]…狼平避難小屋(16:11)

二日目
狼平避難小屋(5:10)…[0:06]…弥山小屋(6:16)[0:15]…八経ヶ岳(6:58)[0:08]…明星ヶ岳(7:20)[0:08]…狼平避難小屋(8:33)[0:26]…ナベの耳(9:35)…ナメリ谷(10:00)[0:14]…栃尾辻(10:43)[0:08]…[0:20]…天川川合バス停(13:06)


総距離 約25.2km 累積標高差 上り:約2,039m
下り:約2,039m
 今回は、「USJ」行の夜行バスを使って、近畿の名峰を2山(大台ケ原と大峰山)を登りました。こちらは、大峰山。天川川合行のバスの中で、里帰り風のお姉さんに話しかけられ、大峰山に登ると答えましたが、どうも話がかみ合わず、天川川合で降りることを告げたところ、「弥山に登るんですね」との答え。地元では、大峰山とは言わず、「弥山」が一般的な様です。登山信仰の為かも。。。

 狼平でテン泊を計画したため、大荷物になってしまい、リュックは約22㎏。ゆっくり上ったのも影響したのか、コースタイムを大幅に超過。栃尾辻で12時45分到着予定が、約一時間遅れの13時35分。ただ、ゆっくり登ったと言え、高度100mを約20分で上がっているのでそんなに遅くもなく、地図のコースタイムが早すぎるような感じ。

 登山道は難しいところもなく、登りとフラットを繰り返すので、体力消耗も抑えられ登りやすい道です。ただ、ナメリ谷で、うっすら積もった枯葉で道を見失い、西側に入り込んでしまい、約1時間程(休憩も含め)、右往左往。ちょっとブルーになってしまいました。また、狼平避難小屋手前の沢(3本ある沢の真ん中)に、迷い込み約50m程下ってしまい、ここでもタイムロス。狼平避難小屋は、沢沿いに有ることが頭にあり、自然と「下りになるはず」という先入観が、道迷いに繋がったようです。結局、避難小屋に到着したのが、1時間30分遅れの16時過ぎ。雨も降りだしてきたため、テント泊は諦めて避難小屋泊に切り替えました。避難小屋では1名先着がいましたが、十分に広いため(2階含めて20名程度は止まれそう。)問題ありませんでした。水も沢の水が豊富で美味しいです(UL.ウォーターピュリファイヤーボトルでろ過して、そのまま飲用としましたが問題ありませんでした)。

 先着者は、登山ベテランの元気なおじさん(74歳で朝から筋トレ)。弥山川の難コースで登って来て、この避難小屋をベースに弥山から修復山経由で迷ヶ岳(いずれも危ない名称)等のバリエーションルートを回っているようです。北鎌尾根も何度か行っているよう。

 翌日は、前夜降っていた雨もやみ晴天。気温も高くなり、日中は17℃まで上がりました。最低限の荷物をサブバックに詰め替え、その他の荷物は避難小屋にデポ。時計回りで戻ってくるルートで散策。高度約300mの階段を弥山まで登ってご来光。弥山小屋は大きく立派でしたが閉まっており、ここでのピンバッチ購入はできませんでした。登山道は、苔むした趣のある登山道で荒れていないため自然を満喫できます。2回ほどシカに遭遇しましたが、関東のものより二回り位大きく色も灰色で、登山道の真ん中に居座りこちらを伺っている姿を見ると、少しビビってしまいます。

 近畿、最高峰の八経ヶ岳で眺望を堪能し、避難小屋でデポした荷物を回収。下山の途に就きます。12時39分天川川合発のバスに乗りたかったのですが、間に合わず15時12分のバスで下市口の戻りました。バスまで時間があったので食事を取ろうと思ったのですが、一軒だけあった食堂は、暖簾は出ているのですが、看板は営業終了。諦めてピンバッチを購入しようと、こちらも一軒だけあったお土産屋さんを覗いたのですが、ピンバッチは販売しておらず、お土産も「木工」がメイン。初めて100名山でピンバッチが購入できませんでした。結局、お土産屋さんでソフトクリームを食べて、バスの時間までじっと待ちました。

 少し変わった(?)登山となりました。

登山中の画像
登山画像
朝8時20分頃、下市口駅到着。バスには登山者は私…
登山画像
天川川合バス停に、9時45分に到着。なんか、思っ…
登山画像
登山口に向かって車道を歩きます(交差点を右に曲…
登山画像
左側に細い歩道に続いて、つり橋が掛かっていま…
登山画像
つり橋の上から撮影。
登山画像
標高700m、800m近辺で紅葉。
登山画像
民家の横が、登山口となります。
登山画像
暫くは、鉄の金網状の階段が続きます。
登山画像
鉄塔当たりから見える眺望。
登山画像
トラバースの登山道が多く、枯葉で湿った下には…
登山画像
林道との合流点。
登山画像
林道は廃道となっている様子です。
登山画像
林道から登山道へ入ったところにある慰霊碑。
登山画像
栃尾辻に向かう尾根道。
登山画像
栃尾辻にある、壊れかけた避難小屋。
登山画像
登山道は相変わらず、やさしい山道。
登山画像
気持ちの良い道です。
登山画像
ナメリ谷の分岐。この先でかなり迷います。
登山画像
元に戻って歩きやすいです。
登山画像
狼平への分岐。これを左に行きます。
登山画像
避難小屋手前のつり橋入り口。
登山画像
つり橋からの避難小屋。
登山画像
避難小屋。趣有ります。中は、綺麗です。
登山画像
翌日の早朝。
登山画像
白々、夜が開けてきます。
登山画像
弥山山頂への分岐。
登山画像
下は、雲海。幻想的です。
登山画像
眺望は、あまり良くありませんが、気持ち良いで…
登山画像
天河奥宮。写っている親父は、元気な74歳(避難小…
登山画像
弥山小屋に向かって進みます。あまり評判が良く…
登山画像
立派な小屋です。でも閉まっていました。残念。
登山画像
弥山の看板。
登山画像
こちらを睨みつける立派な雄。怖いですね。
登山画像
朝日が綺麗です。この瞬間の為に登っているよう…
登山画像
八経ヶ岳山頂。風が少しありますが、眺望は最高。
登山画像
雲海が雪の様。
登山画像
何処を見ても雲海。
登山画像
素晴らしいです。目が覚めます。
登山画像
明星ヶ岳の分岐。
登山画像
台風の影響でしょうか、倒木も多いです。
登山画像
唯、苔むした登山道は…。何だろう…。北八も好き…
登山画像
登山道の真ん中に仁王立ちの雌鹿。左には小鹿が…
登山画像
後はゆっくり下ります。
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、サブザック、防水スタッフバック、スパッツ、ゲイター、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、傘、タオル、防寒着、帽子、グローブ、手袋、軍手、サングラス、着替え、地図(地形図・ルート図)、コンパス、メモ帳・筆記用具、腕時計、カメラ、登山計画書(控え)、ナイフ、健康保険証、ホイッスル、ファーストエイド・医療品、虫除け・防虫薬品類、熊鈴・熊除けスプレー、ロールペーパー、非常食、行動食、テーピングテープ、軽アイゼン、トレッキングポール、GPS機器、テント、シュラフ、シュラフカバー、テントマット、マット(個人用)、ストーブ、燃料、ライター、カップ、コッヘル、カトラリー・武器、ローソク・ランタン
【その他】 浄水器
この山行で使った山道具
参考になった 3

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

ambit_hiroさんの登山記録についてコメントする

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

ambit_hiro さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 3

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴のち曇
明後日

曇のち雨
(日本気象協会提供:2020年10月20日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 六甲山でトレッキング入門
六甲山でトレッキング入門 神戸市在住・在勤・在学の方に朗報! 六甲山の魅力と登山の楽しさや技術を学ぶ、無料の入門ツアーを開催。
NEW 御嶽山で登山道整備の活動がスタート
御嶽山で登山道整備の活動がスタート 豪雨災害から2年の御嶽山で、登山者による登山道整備がスタート。萩原編集長も挑戦した石運びの様子をレポート!
NEW 軽量コンパクトな “ドームツエルト”【山MONO語り】
軽量コンパクトな “ドームツエルト”【山MONO語り】 山岳ライター高橋庄太郎さんによるギア連載。今回はヘリテイジ「クロスオーバードーム」の改良版!その使い勝手は…
NEW コロナ禍で登山の意識は変わりましたか?
コロナ禍で登山の意識は変わりましたか? 新型コロナウイルス感染症によって、あなたの登山はどう変わりましたか? 登山愛好者のみなさんにアンケートを行っています。ご...
NEW 紅葉登山シーズン到来! GoTo秋山!
紅葉登山シーズン到来! GoTo秋山! 秋の到来とともに、山は紅葉シーズンの到来となります。最高の紅葉の山を、安全に快適に楽しむ紅葉登山特集!
ステップアップ登山! 槍ヶ岳 & 双六岳
ステップアップ登山! 槍ヶ岳 & 双六岳 登山経験を積んで、長時間の山行と山小屋泊の登山に慣れてきたら挑戦したい槍ヶ岳と双六岳。飛騨側からの槍ヶ岳にもぜひ!
NEW 群馬のシンボル、上毛三山の赤城山・榛名山
群馬のシンボル、上毛三山の赤城山・榛名山 紅葉が見頃の赤城山と榛名山から、厳選6コースを紹介!
東京都最高峰、雲取山に登ろう!
東京都最高峰、雲取山に登ろう! 標高は2017m、日本百名山の一座として知られています。はじめての山中泊、はじめての縦走登山などにも適した山です。
おとな女子登山部によるリレー連載
おとな女子登山部によるリレー連載 好日山荘女性スタッフ有志による「おとな女子登山部」のリレー連載。メンバーの経験に基づくノウハウが満載!
秋の贅沢、秘湯+紅葉の山旅へ
秋の贅沢、秘湯+紅葉の山旅へ 温泉で山歩きの疲れをほぐし、山の幸を堪能する。日本の秋を満喫する至高の組み合わせに誘うコース七選
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS スマートフォンの普及で高価で手の届かなかったGPS機器が誰でも使える! 初心者向けのノウハウから裏技まで、登山アプリとス...
山岳防災気象予報士が教える山の天気
山岳防災気象予報士が教える山の天気 気象遭難を避けるためには、天気についてある程度の知識と理解は持ちたいもの。登山が知っておくべき、山と天気の関係を解説。