登山記録詳細

ハイキング
参考になった 1
蕃山・萱ヶ崎山(モミの原生林と奥羽の白い山並み)2020 蕃山・西風蕃山・蛇台蕃山・萱ヶ崎山(東北)
img

記録したユーザー

ブナ太郎 さん

この登山記録の行程

大梅寺入口(8:58)・・・大梅寺境内【散策20分】・・・大梅寺登山口(9:24)・・・小畑山(9:31)・・・蕃山(10:08)【休憩16分】・・・西風蕃山(10:38)・・・展望台(10:42)・・・蛇台蕃山(10:59)【休憩11分】・・・萱ヶ崎山(11:42)【休憩10分】・・・太白山展望地【休憩20分】・・・馬越石トンネル(12:51)・・・大梅寺入口(13:22)

 令和2年の初山歩き。蕃山から萱ヶ崎山の周回コースを歩いた。朝のうちは雲が多かったが、次第に晴れてきた。絶好の日和である。

 今日は最もポピュラーな大梅寺から出発するコースを選んだ。大梅寺は臨済宗の古刹で、慶安3年(1650年)に創建されたそうだ。杉林の中、長い石段を登ると、やがて石段の両側に数十体の石仏が見えてくる。表情や仕草がそれぞれ異なり、写真の被写体としても面白い。いくつか写真を撮った。

 大梅寺の境内には立派なヒヨクヒバが天に向かってそびえ立っている。これは仙台市指定の天然記念物だそうだ。境内をあちこち歩き回り、祠や石仏、古い建物や石の橋などを見て、ゆったりと出発した。

 登山口にはイノシシよけの柵があり、それをずらして登山道に入る。道はすぐに急な階段になり、長い階段を登ると稜線に出た。葉の落ちた樹間から仙台近郊の景色を眺めながらの漫歩は実に爽快である。冬場限定の景色だ。
 稜線はコナラ、アカマツ、モミなどの雑木林である。アカマツやコナラに枯れた木が目立つ。ここにもマツ枯れ、ナラ枯れの被害が広がっているようだ。枯れた木の伐採が行われているようで、所々に伐採された木が積んである。

 アップダウンを繰り返し、振り返って仙台市街を眺めたり、右手に泉ヶ岳を見たりしながら、10寺8分に蕃山山頂に着く。ハイカーが3人にお寺関係の方が1人。開山堂はご開帳。初めてお堂の中を見た。中は小綺麗に整理されていて、磐司磐三郎など、3体が祀ってある。

 蕃山山頂からは太平洋方面がよく見える。山頂から西風蕃山までは20分弱だが、結構アップダウンがきつい。雪がかすかに残っているところもあり、登山道は滑りやすくなっていた。
 
 西風蕃山から山岸コースに進んで数分。展望台に出る。ここからは泉ヶ岳、北泉ヶ岳、船形山、三峰山、後白髪山(うしろしらひげやま)がよく見える。手前には栗生団地や陸前落合駅、宮城広瀬高校、県立こども病院などが確認できる。
 
 展望台から戻って、西風蕃山山頂手前で蛇台蕃山への道に進む。ここもアップダウンがあって、よく滑る道だった。熊笹は刈り払いされ、以前より道は良くなっている。蛇台蕃山山頂には10寺59分に着く。
 山頂からは木々の間に、北面白山、大東岳、雁戸山を見ることができる。手前には錦ヶ丘団地や仙台市天文台も見えた。

 蛇台蕃山から西風蕃山に戻って、今度は萱ヶ崎山を目指す。西風蕃山の奥には、小規模ながら雰囲気の良いモミの原生林がある。残念ながら、ここも立ち枯れが目立った。倒木の多くは輪切りにされていた。

 萱ヶ崎山からは、珍しく蔵王連峰から二口山塊に連なる山並みを見ることができた。この時期は雪雲に覆われていることが多いのだが、今年は暖冬でなかなか雪が降らない。えぼしスキー場のゲレンデは白い筋になっていて、ここは滑ることができるようだ。

 萱ヶ崎山からは馬越石トンネルに下る。途中、太白山を裏側から見る場所があって、ここで休憩を取る。今日のコーヒーはファミリーマート謹製。セブンイレブンよりもすっきりした味わいである。バナナと「あんこや」のどら焼きもいただく。

 アップダウンの道を進んで、茂庭台団地まで下る。ここからはしばらく車道を歩いて大梅寺に戻る。気温は10度まで上がり、3月上旬並みの気温である。道端に、もうオオイヌノフグリが咲いていて驚く。今年の春は早いのだろうか。

登山中の画像
登山画像
大梅寺の参道。阿吽の石像が出迎え
登山画像
石仏が並ぶ
登山画像
一つ一つ表情が異なっている
登山画像
石段を上がる
登山画像
仙台市指定の天然記念物のヒヨクヒバ
登山画像
境内の石仏
登山画像
登山者の吐く息が白い
登山画像
登山道入り口。イノシシよけの柵がある
登山画像
急な階段を登る
登山画像
稜線上は明るい道
登山画像
石の露出した箇所もある
登山画像
振り返ると仙台市街が見える
登山画像
アカマツ、コナラ、モミが目立つ
登山画像
開山堂
登山画像
ご開帳
登山画像
裏手から屏風岳が見えた
登山画像
西風蕃山へ
登山画像
泉ヶ岳が見える
登山画像
マツ枯れ、ナラ枯れの被害が広がる
登山画像
西風蕃山山頂
登山画像
展望台から船形連峰を見る
登山画像
後白髪山、船形山、三峰山
登山画像
展望台
登山画像
蛇台蕃山山頂
登山画像
雁戸山
登山画像
大東岳
登山画像
モミの原生林
登山画像
モミの原生林
登山画像
モミの原生林
登山画像
モミの原生林
登山画像
イヌブナの大木
登山画像
萱ヶ崎へ
登山画像
萱ヶ崎山山頂
登山画像
山頂付近の鉄塔
登山画像
面白山
登山画像
屏風岳
登山画像
大東岳
登山画像
熊野岳
登山画像
太白山
登山画像
長町方面
登山画像
名取の団地群の向こうに太平洋
登山画像
樹間から茂庭台団地を見る
登山画像
馬越石トンネル上部
登山画像
オオイヌノフグリが咲いていた
参考になった 1

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

ブナ太郎さんの登山記録についてコメントする

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

ブナ太郎 さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 1

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴のち曇
明後日

曇時々晴
(日本気象協会提供:2020年2月18日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW グレゴリー「ズール/ジェイド」のレポート公開中
グレゴリー「ズール/ジェイド」のレポート公開中 5人目のモニター「そめや」さんは鈴鹿山脈の竜ヶ岳へ。冬の日帰り登山でジェイド38が快適だった理由とは?
NEW 神戸の背後に広がる山々。六甲山へ行こう
神戸の背後に広がる山々。六甲山へ行こう 気軽なハイキングを楽しむのもよし、本格派な登山やクライミングを楽しむのもよし。六甲山ならではの魅力を味わおう。
NEW カリマー最新3アイテム モニターレポート4人目
カリマー最新3アイテム モニターレポート4人目 最上級モデルのモニター4人目は九州在住の野崎さん。ヤブ岩バリエーションルートでの使用感は?
NEW 紅葉写真コンテスト2019結果発表!
紅葉写真コンテスト2019結果発表! 紅葉写真コンテストに沢山のご応募をありがとうございました。216の応募写真から受賞作品が決定!!
NEW 長野県佐久地域で夢のアウトドアライフ
長野県佐久地域で夢のアウトドアライフ 晴天率が高く、便利で暮らしやすいという佐久地域。移住を実現した方々や地域の魅力を紹介。移住セミナーも開催します!
NEW ギミック満載の防寒帽/山MONO語り
ギミック満載の防寒帽/山MONO語り 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載、今月はアウトドアリサーチの冬仕様の帽子を滝子山でチェック!
NEW 雪の浅間山と輝く樹氷を見に行こう!
雪の浅間山と輝く樹氷を見に行こう! 浅間山の絶景が待つ黒斑山スノーシューと、歴史を感じる街歩き。冬の小諸市の魅力を堪能する山旅の提案です。
NEW スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方
スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方 本格的な雪山登山は不安で二の足を踏んでいる…そんな人はスノーシューハイキングに行ってみましょう!
NEW 750mlサイズ新登場!サーモスの山専用ボトル
750mlサイズ新登場!サーモスの山専用ボトル 「もうちょっと」の声に応えた「ちょうどいい容量」の山専ボトル。「萩原編集長」の活用術もご紹介!
梅の香りの漂う早春の山への誘い
梅の香りの漂う早春の山への誘い 寒空にほんのりと漂う梅の花の香りは、五感で春を感じさせてくれる。今こそ梅の香りの漂う山へ――
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ 日本全国にはその数は50以上あるともいわれる「ご当地アルプス」。本場を彷彿とさせる!?
冬だ! 富士山の見える山へ行こう!
冬だ! 富士山の見える山へ行こう! 日本一の山・富士山は、空気の澄んだ冬はとくに美しい。西は和歌山から北は福島まで――、富士山の見える山を目指してみては?