登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 0
和気アルプス 神ノ上山、和気富士(中国・四国)
img

記録したユーザー

nekotugura さん

この登山記録の行程

金剛川河川敷(8:52)・・・和気中学校・・・登山口・・・獣フェンス(2ヶ所)・・・山の学校(9:28)・・・馬の背(9:56)・・・白岩様展望所(10;01)・・・神ノ上山山頂(10:21、休憩、10:30)・・・奥ノ峰(10:56)・・・ジャンダルム(11:09)・・・涸沢峰(11:32)・・・〈昼食11:40~12:00〉・・・穂高山(12:04)・・・間ノ峰・・・前ノ峰(12:19)・・・岩山(12:31)・・・観音山(12:52)・・・烏帽子岩(13:00)・・・和気富士(13:13)・・・登山口(13:35)・・・金剛川河川敷(13:43)

和気アルプス、リベンジ登山。金剛川河川敷に駐車。河川敷の道を東に進み、安養寺橋手前で県道に上がる。県道を渡り、和気中学校に向かう。中学校裏(生徒の駐輪場そば)に登山口。獣フェンスを通り、墓地へ。墓地を過ぎて、二つ目の獣フェンスを通り、山の学校へ。「山の学校」って何だったの?荒れた空地に和気アルプスの案内板と廃トイレが有る・・・。ここから「七曲」の急な山道を登り尾根へ、縦走コース(裏銀座)に合流。岩場の尾根道は見晴らしが良くて楽しい。白岩様展望所を過ぎると樹林帯に入る。しばらく傾斜の緩い道、この辺りには金剛寺という山岳寺院があったらしい。三差路を神ノ上山方面へ。神ノ上山山頂からは那岐山が見えた。異常な程の暖冬、那岐山も真っ白にはなっていなかった。山頂から三差路まで戻り、和気富士方面へ、縦走コース(表銀座)を進む。奥ノ峰までは樹林帯の道。奥ノ峰からアップダウンの登山道。ジャンダルムを過ぎて鞍部に下り、涸沢峰へ登り返す。ここはかなりの急登、北側の斜面なので道も滑りやすくなっている。(和気富士から登る時は、この急斜面の下りは要注意。)涸沢峰、竜王山分岐に到着。3年前、㋈の暑い日に和気富士からここまで来たのだが、あまりの暑さとちょっとした忘れ物のために神ノ上山を断念、竜王山へエスケープ。軽い熱中症?とシャリバテで竜王山頂上からの下りで変なこけ方をして左膝の靭帯を痛めたという因縁の場所。だから今日はリベンジ登山。見晴らしの良い場所でお昼を取りたかったが、風が冷たい。尾根道脇の木陰で風を避けて昼食。昼食後、穂高山へ、ここからの竜王山バットレスの眺めは圧巻!、低山にいることを忘れてしまいそうだ。前ノ峰、岩山と展望の良い岩尾根を行く。観音山に着くと「和文字」の火床がある。観音山まで来たらあと少し、烏帽子岩を通って、和気富士頂上に到着。住吉社の小祠とテレビ局の施設と北曽根城址がある。急坂を下りて赤い鳥居のある和気富士登山口に着く。県道に出て、題目岩の前を通り、金剛川河川敷へ帰る。和気アルプスは和気富士から登り、山の学校へ下るのが一般的。だけど、そのコースは最後に舗装道路を長く歩くことになる。疲れた足で硬い舗装道路を歩くのが嫌なので逆回りのコースにした。急な登り下りも少なく膝の悪い私には正解のコースだった。岡山にもご当地アルプスがいろいろあるが、「和気アルプス」はその名に恥じない。地元の藤本氏が地権者の承諾を得て、私費を投じて整備された登山道だとか。すごい!穂高山、涸沢峰などチャーミングな名称、ミニアルプス感のある楽しい縦走が満喫できる。初心者から熟練者までそれぞれが楽しめるコース設定も魅力的だ。

登山中の画像
登山画像
山の学校にある案内板
登山画像
馬の背
登山画像
白岩様展望所
登山画像
神ノ上山山頂
登山画像
奥ノ峰
登山画像
ジャンダルム
登山画像
涸沢峰
登山画像
尾根道からの竜王山と小龍王
登山画像
穂高山
登山画像
岩山
登山画像
観音山の火床と吉井川
登山画像
烏帽子岩
登山画像
和気富士頂上の住吉社
登山画像
和気富士登山口
参考になった 0

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

nekotuguraさんの登山記録についてコメントする

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

nekotugura さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 0

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴時々曇
明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2020年4月1日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW グレゴリーの中・大型ザック「スタウト&アンバー」モニター募集!
グレゴリーの中・大型ザック「スタウト&アンバー」モニター募集! 背面長が無段階に調整できる「スタウト&アンバー」がアップデートにより快適性が向上!モニター4名を募集します
NEW 好日山荘で聞いた! グレゴリーバックパックの選びかた
好日山荘で聞いた! グレゴリーバックパックの選びかた 銀座 好日山荘のスタッフに、グレゴリーの登山用ザックについて、それぞれの特徴を聞きました。ザック選びの参考に!
NEW 新しい「トレントシェル」をフィールドテスト
新しい「トレントシェル」をフィールドテスト パタゴニアの定番レインウェア「トレントシェル」が、3層生地で耐久性アップ! 山岳ガイド佐藤勇介さんがフィールドでテスト
NEW マウンテンハードウェアの最新ウェアを試す!
マウンテンハードウェアの最新ウェアを試す! 高橋庄太郎さんの「山MONO語り」。今回はアクティブインサレーション「コアシラスハイブリッドフーディ」をレポート
NEW 海を渡り、山に登ろう。いざ、島の山へ
海を渡り、山に登ろう。いざ、島の山へ 全国各地の島の山から6山を厳選して紹介! いざ、海を渡り、山へ。
登山は「下山」してからが楽しい!?
登山は「下山」してからが楽しい!? 登山後、すなわち下山後の楽しみの1つが山麓グルメ。ご当地名物料理から、鄙びた食堂の普通の料理まで、その楽しみ方を指南!
安全登山に向けて、これからの登山情報収集術
安全登山に向けて、これからの登山情報収集術 ITジャーナリスト、山岳ガイド、書籍の著者の方々に話を聞きながら、安全に山を登るための情報収集の方法について、改めて考え...
サクラ咲く山で花見登山! オススメ桜の名所の山
サクラ咲く山で花見登山! オススメ桜の名所の山 街でサクラが散るころに始まるサクラの花見登山。山の斜面をピンク色に染める、桜の名所の登山ポイントを紹介
花の季節の前奏曲、カタクリの花が咲く山へ
花の季節の前奏曲、カタクリの花が咲く山へ 種から7年目でようやく花咲く、春を告げる山の妖精――。ひたむきで美しいカタクリの群落がある山を紹介!
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山 のどかな里山を囲むように山々が連なる、埼玉県南西部・秩父・奥武蔵の山々。
春、花に会いに低山へでかけませんか?
春、花に会いに低山へでかけませんか? 暖かくなって、春の芽吹きが始まります。風のさわやかな低山を歩き、春を感じてみましょう。春を告げる花があなたを待っています...
春~初夏にツツジがキレイな山
春~初夏にツツジがキレイな山 花数が多いうえに花も大振りで存在感がある山、ツツジ。一斉に咲くと、ピンク、赤紫、白などの色が山の斜面を染める。