登山記録詳細

雪山登山
参考になった 1
富士山5、6合目雪上訓練(2019冬山教室) 富士山5、6合目(関東)
img

記録したユーザー

サトゥ さん
  • 日程

    2020年2月7日(金)~2020年2月9日(日)

  • パーティ

    5人 (サトゥ さん 、ほか4名 )

  • 登山口へのアクセス

    マイカー
    その他:積雪のため中の茶屋までしか入れませんでしたが、翌日には除雪されたようです。ただし、路面は凍っています。

  • 天候

    1日目:晴、2日目:晴(朝-5℃)、3日目:晴(朝-14℃強風)
    [2020年02月07日(金)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

【1日目:往 路】
中の茶屋(12:45)・・・林道分岐(13:05)・・・大石茶屋小屋跡(13:30〔休憩10分〕)・・・馬返し(14:10〔休憩15分〕)・・・一合目(14:40)・・・二合目(15:20〔休憩10分〕)・・・林道登山道分岐(15:43〔休憩15分〕)・・・三合目(16:08〔休憩5分〕)・・・四合五勺(井上小屋跡;16:55〔休憩10分〕)・・・佐藤小屋(17:55)

【2日目:雪山訓練】

【3日目:復 路】
佐藤小屋(10:30)・・・四合五勺(井上小屋跡;10:55)・・・三合目(11:15〔休憩10分〕)・・・林道登山道分岐(11:35)・・・二合目(11:45)・・・一合目(12:05)・・・馬返し(12:12〔休憩13分〕)・・・大石茶屋小屋跡(12:45)・・・林道分岐(13:10)・・・中の茶屋(13:25)

実歩行時間÷コースタイム=412分÷435分=0.95


総距離 約15.4km 累積標高差 上り:約1,218m
下り:約1,218m
 神奈川県山岳連盟が開催する冬山教室2019の第3回目の講習の一環として、富士山の5,6合目で氷雪技術の訓練を行いました。

 同冬山教室は、全部で5回開催され、参加者は15人です。内容は、1回目がオリエンテーション(12月)、2回目が読図や気象などの座学とアイゼンや輪カンなど着脱や歩行方法などの実技(1月)、3回目が富士山五合目での氷雪技術の実戦訓練(2月)、4回目が谷川岳での雪洞構築泊で谷川岳往復(3月)、5回目が反省会と卒業式(3月)となっています。私は、第2班に配属され、講師の方が1人、班員が私を含めて4人です。

 今回の講習は第3回目で3日間に渡り行われました。1日目は麓(中の茶屋)から5合目(佐藤小屋泊)まで登り、2日目は氷雪上での歩き方、ピッケルの使い方、アイゼン歩行、滑落停止、確保技術、耐風姿勢などの訓練(佐藤小屋泊)、3日目はワカン歩行とラッセル訓練の後、下山という流れでした。この山行記録は、1日目の登りと3日目の下山の行程をまとめたものです。

 1日目、中の茶屋は積雪10~20cm程度でした。3合目辺りからアイゼンを履いて登りました。荷物が重かったせいか(約21kg)最後はヘロヘロになりましたが、やっとのことでたどり着いた佐藤小屋では暖かい暖炉と食事のおもてなしを受け、お酒が入ったこともあり疲れと寒さが吹き飛びました。

 2日目は、屏風尾根中腹(5~6合目間)で前述した氷雪技術の訓練を行いました。小屋の温度計で朝-5℃でしたが、ほとんど無風で陽射しにも恵まれ、訓練を行っていたこともあり汗ばむ場面もありました。化学系インナー手袋、ウール中間手袋、テムレス02で指先の冷えは感じませんでした。

 3日目は、小屋の温度計で朝-14℃、強風というコンディションでした。佐藤小屋の西側の樹林帯(5~6合目間)でのワカン訓練でしたが、動いていないと前述した手袋のレイヤリングでは指先が冷たさを感じました。K先生の心使いで我々の班は樹林帯を西に突っ切り雪原まで到達しましたが、雪原と山頂までの眺望の素晴らしさたるや、山頂まで行かなくても十分満足できるくらい感動しました。

 3日間に渡る訓練となりましたが、共に訓練してくれた先生や仲間、疲れて帰ってくると暖かい暖炉と美味しい食事でもてなしてくれた佐藤小屋の方々に、ただただ感謝するばかりです。3月に予定されている谷川岳の雪洞訓練に向け、よい準備ができました。

登山中の画像
登山画像
中の茶屋
登山画像
大石茶屋小屋前
登山画像
馬返しに至るまでの状況
登山画像
馬返し
登山画像
一合目
登山画像
二合目
登山画像
林道分岐
登山画像
三合目
登山画像
三合目から奥秩父方面を望む
登山画像
四合五勺(井上小屋跡)
登山画像
五合目(佐藤小屋)
登山画像
佐藤小屋から御坂山塊、奥秩父の眺望
登山画像
滑落停止や確保技術を訓練した斜面
登山画像
訓練時の状況
登山画像
室内講義
登山画像
佐藤小屋の早朝の様子
登山画像
5~6合目付近から山頂を望む
登山画像
5~6合目付近から中腹を望む
登山画像
雪原を行く
登山画像
南アルプス北部、八ヶ岳、奥秩父方面を望む
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、ザック、防水スタッフバック、スパッツ、ゲイター、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、タオル、防寒着、帽子、グローブ、手袋、軍手、サングラス、着替え、地図(地形図・ルート図)、コンパス、メモ帳・筆記用具、腕時計、カメラ、登山計画書(控え)、ナイフ、修理用具、ツエルト、健康保険証、ファーストエイド・医療品、ロールペーパー、非常食、行動食、テーピングテープ、トレッキングポール、GPS機器、ストーブ、燃料、ライター、カップ、コッヘル、カトラリー・武器、アウタージャケット、オーバーパンツ、目出し帽・バラクラバ、オーバーグローブ、冬山用登山靴、アイゼン、ピッケル、ワカン、スコップ、カラビナ、環付きカラビナ、スリング(シュリンゲ)、ハーネス、ヘルメット
この山行で使った山道具
参考になった 1

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

サトゥさんの登山記録についてコメントする
  • Uchi さん
    装備に加え訓練を受けた、後姿に安心感が漂うなぁ
    一歩一歩雪山山頂目指して突き進め!
    そして無事に帰って来い!

    日程は結構ゆとりあるんだね
    1日目夕方から、2日目だけ参加してもイイぞ、と思った

  • サトゥ さん
    技術はまだまだですが、山はキレイで、大迫力でした!

    雪あり、暖炉あり、お酒あり、Uchiさんの好きなものばかりですよヽ( ̄▽ ̄)ノ

    毎年、参加されてる人もいたそうです。
    来年度いかがですか?
    メチャクチャ楽しいですよ(* ̄∇ ̄)ノ

  • SND14 さん
    山小屋2泊してたんだね。
    冬山は天候でコンディションが激変するね。
    晴れてるときは本当に素晴らしいけど、風とか雪とか怖いなあ。。。
    しっかり雪山スキルアップしてるようなので、次の谷川岳も期待してるよ!

  • サトゥ さん
    本当にキレイでした!
    なんかスキーやボードで滑りたくなっちゃう感じです
    ( ̄~ ̄;)

    今、天神平スキー場は、積雪180cmだそうです
    Σ( ̄ロ ̄lll)
    雪洞訓練、楽しみです!!

サトゥ さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 1

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇のち雨
明後日

曇一時雨
(日本気象協会提供:2020年3月30日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 好日山荘で聞いた! グレゴリーバックパックの選びかた
好日山荘で聞いた! グレゴリーバックパックの選びかた 銀座 好日山荘のスタッフに、グレゴリーの登山用ザックについて、それぞれの特徴を聞きました。ザック選びの参考に!
NEW 新しい「トレントシェル」をフィールドテスト
新しい「トレントシェル」をフィールドテスト パタゴニアの定番レインウェア「トレントシェル」が、3層生地で耐久性アップ! 山岳ガイド佐藤勇介さんがフィールドでテスト
NEW 海を渡り、山に登ろう。いざ、島の山へ
海を渡り、山に登ろう。いざ、島の山へ 全国各地の島の山から6山を厳選して紹介! いざ、海を渡り、山へ。
登山は「下山」してからが楽しい!?
登山は「下山」してからが楽しい!? 登山後、すなわち下山後の楽しみの1つが山麓グルメ。ご当地名物料理から、鄙びた食堂の普通の料理まで、その楽しみ方を指南!
安全登山に向けて、これからの登山情報収集術
安全登山に向けて、これからの登山情報収集術 ITジャーナリスト、山岳ガイド、書籍の著者の方々に話を聞きながら、安全に山を登るための情報収集の方法について、改めて考え...
サクラ咲く山で花見登山! オススメ桜の名所の山
サクラ咲く山で花見登山! オススメ桜の名所の山 街でサクラが散るころに始まるサクラの花見登山。山の斜面をピンク色に染める、桜の名所の登山ポイントを紹介
花の季節の前奏曲、カタクリの花が咲く山へ
花の季節の前奏曲、カタクリの花が咲く山へ 種から7年目でようやく花咲く、春を告げる山の妖精――。ひたむきで美しいカタクリの群落がある山を紹介!
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山 のどかな里山を囲むように山々が連なる、埼玉県南西部・秩父・奥武蔵の山々。
春、花に会いに低山へでかけませんか?
春、花に会いに低山へでかけませんか? 暖かくなって、春の芽吹きが始まります。風のさわやかな低山を歩き、春を感じてみましょう。春を告げる花があなたを待っています...
春~初夏にツツジがキレイな山
春~初夏にツツジがキレイな山 花数が多いうえに花も大振りで存在感がある山、ツツジ。一斉に咲くと、ピンク、赤紫、白などの色が山の斜面を染める。
箱根――、火山が生んだ恵みの数々を満喫
箱根――、火山が生んだ恵みの数々を満喫 20km四方とコンパクトなエリアに、ユニークで魅力ある山容を作りだしている箱根。登山と同時に、温泉や海の幸も楽しんじゃお...
春の息吹を感じ始めた奥多摩の山々
春の息吹を感じ始めた奥多摩の山々 首都圏からの登山者を満足させる地・奥多摩は、春の訪れを感じるようになってきた