登山記録詳細

ハイキング
参考になった 0
2020年4月4日 由比駅から浜石岳に登りさった峠を経由して由比駅へ戻る 浜石岳(東海・北陸・近畿)
img

記録したユーザー

含鉄 さん
  • 日程

    2020年4月4日(土)

  • パーティ

    2人 (含鉄 さん 、ほか1名)

  • 登山口へのアクセス

    電車
    その他:東海道本線由比駅からスタートしゴールした。
    さった峠を含めて、麓には「登山者用の駐車場」は無いので列車利用が現実的なのかもしれない。

  • 天候

    晴れ
    [2020年04月04日(土)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

由比駅(07:50)…そば工房浜石付近(08:12)…浜石野外センター(09:07)…浜石岳山頂(09:33~09:47)…立花分岐(10:42)…立花池(10:56)…立花池入口(11:03)…さった峠(12:07)…由比駅(12:46)


総距離 約17.6km 累積標高差 上り:約1,346m
下り:約1,346m
*過去の登山記録の文を流用しています。

東海道本線の由比駅で列車を下車。
駅前の由比桜えび通りの看板アーチをくぐり通りを歩いて行くと、民家と民家の間に階段が何箇所か設けられているのでそれを登り、県道396号線に出たら食事処開花亭や西山入口バス停のある交差点を目指す。
交差点には浜石岳と書かれた案内があるので指示に従い、山のある方へ向かって行くと浜石岳が目の前に見える。

紛らわしそうな場所には浜石岳と書かれた看板があるので、注意してみていれば迷うような場所はそんなに無い。
そば工房浜石の辺りで民家が途切れ、代わりにミカン農園が目立つようになり里山の雰囲気がより強くなってくる。
早咲きの桜は既に葉桜に変わり、代わりに染井吉野と思われる桜の開花が進んでいた。
由比駅から浜石岳を往復する場合、舗装路をずっと歩き山頂直下の数十メートルのみ未舗装路を歩くという選択肢も出来るので、登山靴やトレッキングシューズで無くても登頂する事は可能だが、浜石岳とさった峠を歩く場合は未舗装路のハイキングコースになるのでトレッキングシューズもしくはそれと同等の靴を履いておいたほうが良い。
今回も自分はトレッキングシューズで歩いたが、剛性のあるトレッキングシューズで舗装路を歩く歩きにくさよりも、浜石岳~さった峠の未舗装路での頼もしさのほうが上回っていたと思う。
由比駅から浜石岳へ向かうコースは、勾配が非常にきついので一部のロードバイク乗りからも好んで走られているコースのようで、実際に歩いてみると登り坂では体力がごっそり奪われて、下り坂では足腰にかなり負担が掛かる事が分かる。
救いは舗装路という点で、登山やハイキングのムードを考えると人工物である舗装路というのは台無しになりそうだが、快適かつ速く歩くという点では舗装路のほうがやはり分があるように思う。

浜石岳山頂は、草原の広い山頂で開放感があるため眺望が素晴らしく、休日は多くのハイカーが訪れる人気の山である事も頷けるが、新型コロナウィルスの影響か以前よりもハイカーの姿はかなり少なくなっていた。
富士山や南アルプス、駿河湾や麓の市街地などあらゆるものが見える感じで、初めて訪れる人が歓喜の声を上げているのをよく耳にする。
染井吉野が咲く頃になると、徐々に気温が上がり遠方の景色は霞み始め見えづらくなるが、今回のハイキングは山頂から富士山も南アルプスもかろうじて見えたので良かった。

浜石岳からさった峠へ向かうコースは、由比駅からのコースとは雰囲気がガラリと変わりゴツゴツとした未舗装路のハイキングコースとなる。
ただし、この山域は植林の山なので杉や檜といった人口の林の中を歩く事もあり、自然という雰囲気はかなり少ない。
浜石岳から海岸線へ向かうコースなので基本的には下りだが、微妙にアップダウンがあり体力が徐々に奪われていく感覚がある。
薄暗い植林帯の中を長々と歩くので不安になりやすいが、頻繁に浜石岳とさった峠を示す案内看板が置かれており道迷いの心配は少ないと思う。
コースは良く整備されており歩きやすい部類のハイキングコースだが、途中で倒木がコースを跨いでいる箇所が幾つかあったので注意。
今回は久し振りに立花池に寄る事にして立花分岐から池へ目指す事にしたが、分岐を過ぎると案内看板が少なくなりやや不安になる。
立花池は正直なところ見ていて面白みに欠ける池だと思うので、訪れたのは10年以上ぶりにだったと思う。
立花池を後にして、先程とは違うルートを歩き手書きで「浜石岳登山道 立花コース 浜石を愛する会」と書かれた看板の分岐点に着き、浜石岳とさった峠を結ぶ縦走路に戻ったという事を意味する。
つまり縦走路から立花池へ向かうには2つの選択肢があり、今回は別々の分岐を利用したという事になるので、少々紛らわしいから立花池に寄りたい場合は注意が必要だと思う。
元のルートに戻りさった峠を目指していくと、植林帯から竹林に変わりモノラックの軌道やゴンドラリフトのワイヤーが見えてくると、舗装路との合流が近くさった峠もかなり近付いてきている。
舗装路に出ると目の前に駿河湾が広がる絶景だが、富士山は既に雲に覆われてしまい残念。

舗装路に出てすぐの場所にさった峠を示す看板があるので、それに従い階段を降りて別の舗装路に出てさった峠を目指す。
途中道路工事をしている箇所があり、日中は警備員がいてハイカーなどがいると無線連絡をしているようだが、この日は警備員の姿は見えなかった。
自分が歩いている時に危険を感じるような場面は無かったが、落石が多い場所でもあるので一応注意して歩きたい。
駿河湾を横目に見ながらしばらく歩くとさった峠に着く。
さった峠は、富士山眺望の有名な名所なので日中は多くの観光客がいる。
絶景を眺めたら由比駅方面へ進む。

さった峠から由比駅までは距離があるが、下り坂が殆どなので体力をごっそり使うような場面はもう無い。
駿河湾やミカン農家を眺めながら歩いた後は、歴史を感じる旧家が並ぶ街の中を歩きやがて県道396号線との合流地点に出る。
歩道橋で県道396号線を渡ると由比桜えび通りに入り、由比駅は少し歩けば辿り着く。

登山中の画像
登山画像
東海道本線の由比駅で下車。
登山画像
由比駅前の桜えび通り。ここから富士市方面に少…
登山画像
県道396号線か食事処開花亭や西山入口バス停付近…
登山画像
東海道新幹線を陸橋で越える。
登山画像
そば工房浜石付近にある浜石岳と書かれた大きな…
登山画像
ちょっと一休みと書かれた場所だが、ハイキング…
登山画像
山桜の向こうに富士山。
登山画像
ラッパスイセン。
登山画像
中腹と言うにはかなり無理がある登山者用駐車場…
登山画像
山頂手前まで舗装路が続くので、勾配がきつい事…
登山画像
山頂手前の未舗装路。数十メートル歩けば山頂。
登山画像
浜石岳山頂からの眺望。
登山画像
山頂にある山座同定盤。
登山画像
山頂からの眺望。
登山画像
浜石岳山頂からさった峠を目指す。ここからしば…
登山画像
但沼分岐付近。さった峠を目指すには、この木橋…
登山画像
コースの状態は良く定期的に整備されている事が…
登山画像
立花の分岐。麓へ下れるコースのようだが、立花…
登山画像
立花池。植林帯の中にある静かな池だが、水質は…
登山画像
立花池入口の分岐。立花の分岐とは別の場所にあ…
登山画像
前の画像との構図違い。ここから再びさった峠を…
登山画像
稜線歩きの終盤にある竹林。春は育ち過ぎたタケ…
登山画像
長い稜線歩きが終わり舗装路に出る。
登山画像
すぐ近くにさった峠へ向かう階段があるので、看…
登山画像
さった峠。富士山は残念ながら雲に覆われてしま…
登山画像
さった峠から由比駅へ向かう。道路からは駿河湾…
登山画像
宿場町が近付いてくると、どなたかが植えたと思…
登山画像
由比の宿場町の間を歩く。
登山画像
由比駅に着きハイキング終了。
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、防水スタッフバック、ヘッドライト(+予備電池)、傘、タオル、防寒着、帽子、グローブ、手袋、軍手、着替え、地図(地形図・ルート図)、コンパス、腕時計、カメラ、ナイフ、ツエルト、健康保険証、ホイッスル、ファーストエイド・医療品、虫除け・防虫薬品類、熊鈴・熊除けスプレー、ロールペーパー、非常食、行動食、テーピングテープ、軽アイゼン、トレッキングポール、GPS機器、ストーブ、ライター、コッヘル
【その他】 ハイドレーション
参考になった 0

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

含鉄さんの登山記録についてコメントする

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

含鉄 さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 0

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇時々晴
明後日

曇時々晴
(日本気象協会提供:2020年8月11日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 山の麓に住む。長野県大町市に移住した家族の物語
山の麓に住む。長野県大町市に移住した家族の物語 山好きが高じて長野県大町市に移住した家族のインタビューを再掲載。オンライン移住相談会や現地見学会も開催!
NEW 新素材&定番! レインウェアの2アイテムを比較
新素材&定番! レインウェアの2アイテムを比較 ザ・ノース・フェイスのレインウェア2つをギアライターが雨の中でテスト。新素材と定番、それぞれの特徴をチェックしよう!
NEW グレゴリー「スタウト/アンバー」のモニターレポートをチェック!
グレゴリー「スタウト/アンバー」のモニターレポートをチェック! 背面長が調整できるザックの背負い心地は? モニターレポート1人目のめりぃさんは那須岳に登ってその“スゴさ”を実感!
NEW 御嶽山の登山道を守る活動 参加者募集!
御嶽山の登山道を守る活動 参加者募集! 岐阜県で御嶽山の登山道を守る取り組みがスタート。編集長萩原、五の池小屋主人と登る特別企画で参加者を募集!
NEW 高橋庄太郎さんがシーツ2種をチェック!
高橋庄太郎さんがシーツ2種をチェック! コロナ禍の山小屋泊でニーズが高まるシーツ。2種を取り寄せ、寝心地をチェック。シーツ選びの参考に!
ロープウェイで登れる百名山
ロープウェイで登れる百名山 ロープウェイやリフトなどを使って、一気に標高を稼げる百名山はいくつあるかご存知?
山のテッペンで泊まる醍醐味を味わう
山のテッペンで泊まる醍醐味を味わう 山頂からの星空、日の出、日没を味わいたいなら、山頂に泊まるのがいちばん! 山頂に泊まれる山をピックアップ!
山小屋を支援しよう【山小屋エイド基金】
山小屋を支援しよう【山小屋エイド基金】 コロナ禍で営業できない山小屋を支援するため、クラウンドファンディングを立ち上げました。ご協力をお願いします(外部リンク)
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS スマートフォンの普及で高価で手の届かなかったGPS機器が誰でも使える! 初心者向けのノウハウから裏技まで、登山アプリとス...
山岳防災気象予報士が教える山の天気
山岳防災気象予報士が教える山の天気 気象遭難を避けるためには、天気についてある程度の知識と理解は持ちたいもの。登山が知っておくべき、山と天気の関係を解説。
田中陽希さんの3百名山の旅を一気読み
田中陽希さんの3百名山の旅を一気読み 2018年1月から「日本3百名山ひと筆書き」に挑戦中の田中陽希さん。掲載してきた旅先インタビューをまとめました
萩原編集長のヒマラヤ未踏峰挑戦記
萩原編集長のヒマラヤ未踏峰挑戦記 NHKのTV番組でおなじみ萩原編集長、2013年秋にはネパール・ヒマラヤ未踏峰、「アウトライアー」に総隊長として参加。そ...