登山記録詳細

雪山登山
参考になった 0
家の串東尾根から家の串山 武尊山(上信越)
img

記録したユーザー

与一 さん
  • 日程

    2020年4月9日(木)

  • 登山口へのアクセス

    マイカー
    その他:道路に雪無し。逢瀬橋手前で西俣沢林道、橋を渡って東俣沢林道はゲートが閉じている。武尊牧場スキー場の駐車場までは車で入れるが、その上にはゲートが設置してある。

  • 天候

    曇り、昼頃から晴れ

この登山記録の行程

逢瀬橋(5:50)・・・P1555(7:45)・・・P1901(9:30)・・・家の串山(10:50/11:15)・・・P1901(12:10)・・・P1555(13:00)・・・逢瀬橋(14:00)


総距離 約11.5km 累積標高差 上り:約1,185m
下り:約1,191m
取り付き
 逢瀬橋から西俣林道の100mほど先の沢が流れ込む場所から尾根に入る。30mほど登ると林道跡が横切っていたので、これをたどる。(沢から上がらず林道先にこの廃道の分岐がありそう)

枝尾根
 しばらく林道跡をたどって行き、林道消失点から落ち葉と小枝が堆積したやや急な斜面につけられた鹿道を枝尾根まで登る。登りきる手前がちょっと急。枝尾根上は広い雑木林状で藪も少なく歩きやすい。残雪がまばらにあるが、雪を避けて歩く。少し急な斜面を登るが冬靴が適していて楽に歩ける。

主稜下部(家の串尾根)
 主稜に合流すると一面雪景色となる。早朝で表面が凍っているのでツボ足で歩くが、落とし穴が出始めたあたりでわかんを装着(以降わかんで往復)。標高2050m付近までやや西に回り込むような平地のように見える広い尾根となっている。この付近には古い赤ペンキがついている。

主稜中間部
 尾根が狭くなると南側に雪庇が張り出した稜線に変わる。傾斜は緩いが、雪庇のたもとが風により進路と直角に波打っていて、波の縁が垂直なのでいちいち乗り越えるのに消耗する。やや北側の藪に逃げることもできる。

主稜上部
 1950mから2050m付近が核心部で3つに分かれる。最初は急斜面で上部に小さな雪庇が張り出している。雪に隠れた岩の基部にシュルンド状の空洞ができ、新雪で隠されているので、ピッケルをゾンデ代わりに使い慎重に。登り切ったら雪庇を崩してリッジに這い上がる。次は藪に覆われたリッジ状に不安定な雪がついている核心部。単独なので無理をせず、リッジのやや北側の灌木を伝って通過する。雪が固いのでピッケル&藪頼み。いったん平たんになるが、すぐに家の串山頂直下の急なしかしきれいな雪面となる。ピッケルでホールドを確保し、足場を固めながら登れば難しくない。登りきると広く平たんになる。

山頂
 雪に埋まって穂先を出す栂の林を抜けると、雪から首を出す道標と、周囲の山々が目に飛び込んでくる。家の串山頂を示す朽ちそうな標識も立っていた。360度の眺望が楽しめるが、雲が多くすっきりしていなかった。

下山(家の串尾根)
 核心部は、スタンスを切りながら登ったおかげで、比較的容易に下れた。前向きでも降りられそうな場所でもスタンスが2段に崩れ、前のめりに転倒しかけたのでバックステップ。30mロープはいつでも出せるよう、末端をザックの背から服の背中に入れておいたが、使わなかった。
 
 広い尾根は下ると緩く右カーブしているが、広すぎて主尾根が分かりにくい。地図を見た限りではわかると思っていたが、2度ルートミスをした。気が付くと隣の尾根が下る尾根より高くなっていて、初めて枝尾根に入り込んだことに気が付く。視界があってもこうなので、視界がないと要注意。朝の自己トレースは凍っていて薄いうえに、日差しで溶けて鹿道と区別がつきにくく見失いがち。ただし、間違っても荒砥沢に迷い込まない限り、大ごとにはならないだろうと考えている。

時節柄、どうしようか迷ったが、ルートでは結局誰とも会わなかったし、駐車スペースで釣り師1名と出会ったが、十分な距離を保っていたのでご勘弁。

登山中の画像
登山画像
小発電所前の道路のカーブが広くなっている。(…
登山画像
林道は側壁が高くなっていて、この場所まで取り…
登山画像
写真中央に廃道が見える。歩けばわかる。
登山画像
枝尾根
登山画像
テン?
登山画像
家の串尾根に上がる
登山画像
平たん部に赤ペンキ
登山画像
広く気持ちが良い
登山画像
雪庇が出始める
登山画像
1901mピークと思っていたがずっと手前だったピ…
登山画像
小さいが見事な雪庇。
登山画像
尾根上部の急傾斜核心部。見えているのは家の串…
登山画像
第一の核心
登山画像
第二の核心
登山画像
ちょっと苦労して肩に乗る
登山画像
最後の登り
登山画像
登り切ったら道標が
登山画像
家の串山を示す標識が今にも壊れそう
登山画像
前武尊
登山画像
尾瀬方面
登山画像
沖武尊と中ノ岳
登山画像
剣ヶ峰への稜線の向こうに谷川岳
登山画像
武尊避難小屋への稜線も上部の下りは厳しそう。…
登山画像
本日の核心を振り返る。
登山画像
雪庇帯を振り返る
登山画像
1850m付近の小ピークのダケカンバ。気持ちの良…
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、ザック、防水スタッフバック、スパッツ、ゲイター、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、タオル、防寒着、帽子、グローブ、手袋、軍手、サングラス、着替え、地図(地形図・ルート図)、コンパス、メモ帳・筆記用具、腕時計、カメラ、登山計画書(控え)、ナイフ、ツエルト、健康保険証、ホイッスル、ファーストエイド・医療品、ロールペーパー、非常食、行動食、トレッキングポール、GPS機器、アウタージャケット、オーバーパンツ、目出し帽・バラクラバ、オーバーグローブ、冬山用登山靴、アイゼン、ピッケル、ワカン、ゴーグル、ザイル、ロープ、スリング(シュリンゲ)
この山行で使った山道具
参考になった 0

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

与一さんの登山記録についてコメントする

与一 さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 0

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇一時雨
明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2020年11月23日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 六甲山トレッキング入門ツアー第2弾
六甲山トレッキング入門ツアー第2弾 六甲山の魅力と、登山の楽しさや技術を学ぶ、神戸在住・在勤・在学者限定のトレッキング入門ツアー第2弾を12月20日に開催。...
NEW 冬の岩稜で実感! 行動保温着の快適さ
冬の岩稜で実感! 行動保温着の快適さ 冬のバリエーションで真価を発揮したfinetrack「ポリゴンアクト」。フィールドテストしたヨシキ&P2の吉野さんに聞い...
NEW アルプス山麓5市町村 移住者に聞く【山の麓に住む】
アルプス山麓5市町村 移住者に聞く【山の麓に住む】 北アルプスの山麓、小谷・白馬・大町・松川・池田の5市町村で暮らす。5人の移住者に仕事、遊び、暮らしについて聞きました。
NEW 雪・岩・滑走に 最強のGORE-TEX PRO
雪・岩・滑走に 最強のGORE-TEX PRO 耐久性が高い防水透湿素材「GORE-TEX PRO」がさらに進化。環境負荷の軽減も。各ブランドの採用アイテムをチェック!
NEW 今年、長野県の山に登った方へのアンケート
今年、長野県の山に登った方へのアンケート 長野県では、7~10月に長野県内で登山をした方を対象に、登山計画書についてのアンケートを行っています。ご協力をお願いしま...
NEW 秋冬クロージング PICK UP!ブラックダイヤモンド
秋冬クロージング PICK UP!ブラックダイヤモンド ウールの弱点を克服したアンダーウエア「メンズ ソリューション150メリノベースレイヤー クルー」の機能とは?
NEW マックパックのウェカ50をテント泊山行で
マックパックのウェカ50をテント泊山行で 高橋庄太郎さんの連載「山MONO語り」。今月はマックパック「ウェカ」。新登場の50リットルモデルを、テント泊山行でテスト...
NEW 初心者、ファミリーにもおすすめ。首都圏日帰りハイキング
初心者、ファミリーにもおすすめ。首都圏日帰りハイキング 駅やバス停起点でアクセスしやすい、初心者におすすめの日帰りコース7選
紅葉フォトコンテスト、開催中!
紅葉フォトコンテスト、開催中! 紅葉シーズンも終盤、街の街路樹の木々も色づいてきました。今は標高1000m以下の山が、紅葉の見頃です!
登山+紅葉+寺社仏閣で心落ち着く秋を愉しむ
登山+紅葉+寺社仏閣で心落ち着く秋を愉しむ 日本の山には、山岳仏教の修験の場として栄えた場所が数多い。参道沿いやの艶やかな紅葉は、繊細で心が落ち着くような美しさがあ...
登山は「下山」してからが楽しい!?
登山は「下山」してからが楽しい!? 登山後、すなわち下山後の楽しみの1つが山麓グルメ。ご当地名物料理から、鄙びた食堂の普通の料理まで、その楽しみ方を指南!
渋滞の心配なし! 駅から歩いてらくらく登山。
渋滞の心配なし! 駅から歩いてらくらく登山。 日没時間が早まる時期は、アクセス時間を減らして行動時間を長くするような登山にしたい。「電車で行ける・帰れる山」で時間を短...