登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 1
両神山:剣ヶ峰〜西岳ピストン(清滝小屋泊) 両神山(関東)
img

記録したユーザー

VAN さん
  • 日程

    2020年5月29日(金)~2020年5月30日(土)

  • 登山口へのアクセス

    バス
    その他:秩父鉄道三峰口駅より小鹿野町営バス日向大谷行き

  • 天候

    1日目:晴れのち曇り、無風。2日目:晴れのち午後曇一時雷雨、無風のち東の風。
    [2020年05月29日(金)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

1日目:
【計画】
日向大谷口(09:50)・・・会所(10:25)・・・滝分岐(11:25)・・・白藤の滝(11:40)(12:20)・・・清滝小屋(13:05)
【実績】
日向大谷口(09:51)・・・会所(10:37)・・・滝分岐(11:38)・・・白藤の滝(11:47)(11:50)・・・弘法の井戸(12:18)(13:02)…清滝小屋(13:12)

2日目:
【計画】
清滝小屋(05:00)・・・両神神社(05:55)・・・梵天尾根分岐(06:25)・・・剣ヶ峰(06:30)(07:30)・・・東岳(08:05)・・・龍頭神社奥社(08:30)・・・西岳(09:10)(09:30)・・・龍頭神社奥社(10:10)・・・東岳(10:40)・・・剣ヶ峰(11:20)(11:40)・・・両神神社(12:00)・・・清滝小屋(12:35)・・・滝分岐(12:55)・・・会所(13:45)・・・日向大谷口(14:10)
【実績】
清滝小屋(04:45)・・・両神神社(05:27)・・・梵天尾根分岐(05:55)・・・剣ヶ峰(06:00)(06:19)・・・東岳(07:03)(07:18)・・・龍頭神社奥社(07:53)・・・西岳(08:14)(08:34)・・・龍頭神社奥社(08:57)・・・東岳(09:26)(09:55)・・・剣ヶ峰(10:41)(10:57)・・・両神神社(11:23)・・・清滝小屋(11:56)・・・滝分岐(記録忘れ)・・・会所(13:00)・・・日向大谷口(13:25)


総距離 約13.6km 累積標高差 上り:約2,228m
下り:約2,224m
緊急事態宣言が解除されたからといって新型コロナウィルスがなくなったわけでもなく、治療法が確立されたわけでもない。感染のリスクは常にある。今後はそういう前提の元での登山となる。
移動に公共交通機関を利用する私にとってはとても悩ましい。ハイシーズンの夏山などどうしたら良いものか。

今回の移動には電車と町営バスを利用したが、幸いにも空いていた。町営バス乗客は自分含め往路2名、復路4名だった。清滝小屋は小屋泊利用者は自分含め3名、他にテント泊2名ほどだった。
2日目は土曜日だったこともあり20数名ほどの登山者と行き違った。歩行中はマスクはしないが、両神山の山頂は狭いので、場合によってはマスクがあった方が良いと思った。

コース概況
日向大谷口〜清滝小屋:
 小鹿野町営バス、三峰口駅ー日向大谷口、片道400円。両神山荘は当面休業とのこと。物販もないのでバッチも買えない。駐車場料金はポストに入れる。
 七滝沢ルートは昨年の台風の影響で通行止め。薄川を何度か渡渉しながら登っていく。雨天時は増水の恐れあり。白藤の滝を見に降りてみたが、踏み跡が薄くザレているので慎重に。滝もそれほどのものでもないので、わざわざ見なくても問題はない。当初はここで昼食の予定だったが、薄暗くジメジメしてたので、弘法乃井戸に場所を変更した。
 清滝小屋はかつての営業小屋で今は無人。中はとても広い。床のゴザは擦り切れているもののきれいに保たれているので休むのに支障はない。持参したマットより上等なマットがあったので使わせてもらった。よく眠れた。室内は火器使用禁止。外に炊事場がある。水場があるが「飲用禁止」とある。誰も管理してないので水質を保証できない、とのことだと思う。トイレは新しくてきれい。

清滝小屋〜剣ヶ峰:
 鈴が坂から産体尾根に取り付くとクサリ場あり。危険個所は足場で階段が作ってある。剣ヶ峰山頂直下にクサリ場。山頂は狭い。3密注意。

剣ヶ峰〜東岳〜西岳:
 剣ヶ峰山頂の北に石碑あり。その先の尾根に進もうとすると崖になっている。正解は石碑の手前で東に下降し北にトラバースして尾根上に復帰する。ルート上にはピンクリボンがあるので見失わないこと。見失った時は手前のリボンまで戻ること。東岳までは比較的なだらかな稜線。東岳山頂は狭いが椅子テーブルあり。眺め良好。
 龍頭神社奥社から西岳までが本ルート核心部。深いキレットへ下降してまた登り返す。最大斜度80°くらいか。
手足の位置、バランスを一つ一つ確認しながら行く。この辺りにイワカガミの群生。西岳斜面は東岳側より幾分斜度は緩やか。手がかりも多い。西岳山頂は狭い。

 午後から天候が崩れそうな予報だったので幾分早く下山開始したが、間に合わず清滝小屋を過ぎたあたりで雷をともなう本降りの雨となった。日向大谷に着く頃にはやんだ。
 三峰口駅に着いてどこかの店でお金を落とそうと思っていたが、駅前は「焼肉屋そりまち」一件のみ開いていたのでビールともつ焼きを腹に入れて帰路に着く。

登山中の画像
  • 三峰口駅からスタート。
  • 小鹿野町営バスのバス停は駅を出て右手にある。
  • 三峰口駅のポストに登山届けを出したけど、これ機能してるのだろうか。
  • 町営バスは新しくてきれい。利用者は自分含め2名。バス内ではマスク着用。
  • 両神山荘は当面休業中。物販もなし。駐車料金は緑のポストに。
  • 鳥居をくぐり登山開始。
  • 石仏や碑がそこかしこに。信仰の山である。
  • 緑に染まる。
  • 会所。七滝沢ルート分岐。
  • 七滝沢ルートは現在通行止め。
  • メタリックシルバーな不動明王。
  • クワガタソウ。
  • フタリシズカ。
  • 白藤の滝に降りてみる。
  • 踏み跡薄い。慎重に。
  • …滝? 滝かな?
  • 弘法乃井戸で昼食。
  • 清滝小屋到着。大きな無人小屋。
  • 中も広い。
  • 炊事場の水。管理してないので保証できません、とのことだと思う。飲んだけど。
  • 何か生えてる。
  • 育つとマムシグサに。
  • 宿泊ノートを見て時間をつぶす。
  • 本日の寝床。マットは小屋のものをお借りした。持ってきた自前のマットより厚くて寝心地が良かった。
  • 夕食。
  • 翌朝。日の出と共に出発。
  • 両神神社。
  • コルリ(オス)。青い背中がよく見えず残念。
  • 梵天尾根(白井差新道)分岐。
  • 剣ヶ峰山頂直下のクサリ場。
  • 剣ヶ峰山頂。
  • 奥秩父方面。
  • 八ヶ岳連峰。
  • 富士山も見えた。
  • いざ八丁尾根へ。
  • 石碑。
  • メロン…。
  • この石碑の奥の尾根に誘われるが罠である。絶対進まないように。(進んだ)
  • 石碑の手前で東側に大きく下降しトラバースしながら尾根道に復帰する。
  • コゲラ。
  • コルリ(メス)?
  • 東岳山頂。
  • ここからクサリ場の連続。
  • イワカガミ。
  • 写真で高低差を伝えるのは難しい。
  • 核心部。龍頭神社奥社から大きく下降して画像正面の岩場を登り返す。
  • 龍頭神社奥社。
  • 東岳西岳間最低鞍部。狭いゴルジュが深く切れ落ちている。両神キレット。(勝手に命名)
  • 東岳側から見ると垂直に見えたがそれほどでもなかった。斜度45°くらい。
  • 東岳側を見返す。あそこを降りてきた。
  • 最後のアプローチ。
  • 西岳山頂。
  • 八丁峠方面。
  • 今回はピンクテープにとても助けられた。
  • 復路。気を抜かずに行く。
  • 武甲山、奥武蔵方面。
  • 再び東岳。ちょっと安心。
  • ここで昼食。
  • 再び剣ヶ峰。
  • 雲行きが怪しくなってきた。
  • キジムシロ。
  • コケリンドウ。
  • 清滝小屋通過。この辺で雨が降り出した。
  • 一時雷鳴轟く本降りに。レインウェアとザックカバー着用。カメラはしまう。
  • なんとか日向大谷口に到着。この頃には雨あがる。
  • バス待ちの時間で身支度を整える。画像奥の小屋のうらにジュース自販機あり。
  • 1510時のバスで三峰口駅まで。
  • 1720時の電車で帰路に着く。やたらと接続が悪い。
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、防水スタッフバック、スパッツ、ゲイター、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、傘、タオル、防寒着、帽子、グローブ、手袋、軍手、サングラス、着替え、地図(地形図・ルート図)、コンパス、メモ帳・筆記用具、腕時計、カメラ、登山計画書(控え)、ナイフ、修理用具、ツエルト、健康保険証、ホイッスル、ファーストエイド・医療品、虫除け・防虫薬品類、熊鈴・熊除けスプレー、ロールペーパー、非常食、行動食、テーピングテープ、トレッキングポール、GPS機器、シュラフ、マット(個人用)、ストーブ、燃料、ライター、カップ、コッヘル、カトラリー・武器、ローソク・ランタン
【その他】 モバイルバッテリー、ヘルメット
この山行で使った山道具
参考になった 1

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

VANさんの登山記録についてコメントする

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

VAN さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 1

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇時々晴
明後日

曇時々晴
(日本気象協会提供:2020年8月11日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 山の麓に住む。長野県大町市に移住した家族の物語
山の麓に住む。長野県大町市に移住した家族の物語 山好きが高じて長野県大町市に移住した家族のインタビューを再掲載。オンライン移住相談会や現地見学会も開催!
NEW 新素材&定番! レインウェアの2アイテムを比較
新素材&定番! レインウェアの2アイテムを比較 ザ・ノース・フェイスのレインウェア2つをギアライターが雨の中でテスト。新素材と定番、それぞれの特徴をチェックしよう!
NEW グレゴリー「スタウト/アンバー」のモニターレポートをチェック!
グレゴリー「スタウト/アンバー」のモニターレポートをチェック! 背面長が調整できるザックの背負い心地は? モニターレポート1人目のめりぃさんは那須岳に登ってその“スゴさ”を実感!
NEW 御嶽山の登山道を守る活動 参加者募集!
御嶽山の登山道を守る活動 参加者募集! 岐阜県で御嶽山の登山道を守る取り組みがスタート。編集長萩原、五の池小屋主人と登る特別企画で参加者を募集!
NEW 高橋庄太郎さんがシーツ2種をチェック!
高橋庄太郎さんがシーツ2種をチェック! コロナ禍の山小屋泊でニーズが高まるシーツ。2種を取り寄せ、寝心地をチェック。シーツ選びの参考に!
ロープウェイで登れる百名山
ロープウェイで登れる百名山 ロープウェイやリフトなどを使って、一気に標高を稼げる百名山はいくつあるかご存知?
山のテッペンで泊まる醍醐味を味わう
山のテッペンで泊まる醍醐味を味わう 山頂からの星空、日の出、日没を味わいたいなら、山頂に泊まるのがいちばん! 山頂に泊まれる山をピックアップ!
山小屋を支援しよう【山小屋エイド基金】
山小屋を支援しよう【山小屋エイド基金】 コロナ禍で営業できない山小屋を支援するため、クラウンドファンディングを立ち上げました。ご協力をお願いします(外部リンク)
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS スマートフォンの普及で高価で手の届かなかったGPS機器が誰でも使える! 初心者向けのノウハウから裏技まで、登山アプリとス...
山岳防災気象予報士が教える山の天気
山岳防災気象予報士が教える山の天気 気象遭難を避けるためには、天気についてある程度の知識と理解は持ちたいもの。登山が知っておくべき、山と天気の関係を解説。
田中陽希さんの3百名山の旅を一気読み
田中陽希さんの3百名山の旅を一気読み 2018年1月から「日本3百名山ひと筆書き」に挑戦中の田中陽希さん。掲載してきた旅先インタビューをまとめました
萩原編集長のヒマラヤ未踏峰挑戦記
萩原編集長のヒマラヤ未踏峰挑戦記 NHKのTV番組でおなじみ萩原編集長、2013年秋にはネパール・ヒマラヤ未踏峰、「アウトライアー」に総隊長として参加。そ...