登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 1
吾妻山~比婆山ピストン 吾妻山・比婆山御陵(中国・四国)
img

記録したユーザー

大山クガイソウ さん

この登山記録の行程

池の原(09:40)・・・吾妻山(10:24)[休憩 20分]・・・横田別(11:12)・・・出雲烏帽子山(11:45)・・・分岐(11:51)・・・御陵(12:10)[休憩 70分]・・・分岐(13:32)・・・出雲烏帽子山・・・横田別(13:52)[休憩 10分]・・・吾妻山(14:47)[休憩 20分]・・・池の原(15:35)

総距離 約8.8km 累積標高差 上り:約813m
下り:約813m
コースタイム 標準:3時間25分
自己:3時間55分
コースタイム倍率 1.15
始めて訪れた吾妻山、今回のルートは池の原から吾妻山、出雲烏帽子山、比婆山御陵へのピストン。

吾妻山の登り下りでは、イブキトラノオ・ササユリ・シモツケ・オオバギボウシなどたくさんの花を楽しむことができた。タイミングがよかったのか、一度の山行でこんなにたくさんのササユリを見ることができたのは、初めてである。また、山頂からの眺望も素晴らしい。

一端下った大膳原も、吾妻山・比婆山を眺めながらのんびり歩くことができた。大膳原を境に植生が変わり、花は少なくなってきた。

出雲烏帽子山・比婆山は樹林帯となり、眺望はないが、ブナ林の中を気持ちよく歩くことができた。

眺望もよく、たくさんの花と出会い、登山道も変化があり歩いていて気持ちがいい。御陵で出会った方のお話によると、県民の森からのルートも変化のある縦走を楽しむことができるとのこと。ぜひ違う季節に、また訪れてみたいものである。

登山中の画像
  • 池の原から望む吾妻山
  • イブキトラノオ
  • ウツギ
  • たくさんのササユリ
  • ササユリ
  • オオバギボウシ
  • オオバギボウシのつぼみ
  • シモツケ
  • アジサイ?
  • 吾妻山山頂
  • 山頂広場
  • ロッジ方向
  • 大倉山・花見山方向
  • 比婆山の後ろに道後山
  • 大山方向
  • 三瓶山方向
  • 大膳原・比婆山方向
  • コバノフユイチゴ
  • ナデシコ
  • ウツボグサ
  • 大膳原から望む比婆山
  • 大膳原から望む吾妻山
  • 烏帽子山への登り
  • 烏帽子山
  • 御陵へ
  • 御陵
参考になった 1

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

大山クガイソウさんの登山記録についてコメントする

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

大山クガイソウ さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 1

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇一時雨
明後日

(日本気象協会提供:2020年7月5日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 御嶽山の登山道を守る活動 参加者募集!
御嶽山の登山道を守る活動 参加者募集! 岐阜県で御嶽山の登山道を守る取り組みがスタート。編集長萩原、五の池小屋主人と登る特別企画で参加者を募集!
NEW 雨の季節に。パタゴニア「レインシャドー」が復活
雨の季節に。パタゴニア「レインシャドー」が復活 パタゴニアがレインシェル「レインシャドー」シリーズを一新! リサイクル素材、3層構造のストレッチ生地でより快適に!
NEW 後ろが長い傘をチェック!【山MONO語り】
後ろが長い傘をチェック!【山MONO語り】 高橋庄太郎さんの連載は、ユーロシルムの「後ろが長い軽量傘」を雨の中で。ザックを覆うような構造や使用感のレポート
NEW 山小屋を支援しよう【山小屋エイド基金】
山小屋を支援しよう【山小屋エイド基金】 コロナ禍で営業できない山小屋を支援するため、クラウンドファンディングを立ち上げました。ご協力をお願いします(外部リンク)
萩原編集長のヒマラヤ未踏峰挑戦記
萩原編集長のヒマラヤ未踏峰挑戦記 NHKのTV番組でおなじみ萩原編集長、2013年秋にはネパール・ヒマラヤ未踏峰、「アウトライアー」に総隊長として参加。そ...
山道具の買い方・選び方はプロに訊け
山道具の買い方・選び方はプロに訊け 数ある登山道具の中から、自分にピッタリの用具を選ぶには? 登山用具を知り尽くしたプロショップのスタッフが、そのツボを説明...
梅雨時期こそ登りたい、登るべき山
梅雨時期こそ登りたい、登るべき山 雨降りの中で登山をするのは、やはりオススメできないが、梅雨時の今こそ登りたい山はたくさんある!
登山ボディをしっかり作ってから山へ!
登山ボディをしっかり作ってから山へ! 登山自粛、自宅待機で、すっかり鈍ってしまった身体を、チェック&メンテナンスしたから山へ向かいましょう!
NEW 大自然のダイナミズムに触れる北海道の山
大自然のダイナミズムに触れる北海道の山 北海道の山々から厳選! 踏破したい憧れの名山&コース7選
高山植物の女王・コマクサに会える山へ
高山植物の女王・コマクサに会える山へ ほかの植物が生息できないような砂礫地で、孤高に、可憐な姿を見せるコマクサ。殺風景な風景に力強く咲く「女王」を見られる山へ...
新緑が輝く季節、緑を満喫する山
新緑が輝く季節、緑を満喫する山 山肌の色が枯野色から緑色へと急激に変わる季節。山の緑が最も美しい時期に、緑にこだわって行くのにオススメの山。
レンゲツツジが山肌を彩る季節です
レンゲツツジが山肌を彩る季節です 初夏の時期、山肌を朱色に染めるレンゲツツジ。例年は6月下旬がピークだが、今年は今が最盛期。行くなら今でしょ!