登山記録詳細

雪山登山
参考になった 2
思いがけない雪山登山 蓼科山(八ヶ岳周辺)
img

記録したユーザー

ヤマちゃん さん
  • 日程

    2020年10月18日(日)

  • 利用した登山口

    蓼科山七合目  

  • パーティ

    2人 (ヤマちゃん さん 、hrm-ymr さん)

  • 登山口へのアクセス

    マイカー
    その他:車山高原スカイパークHに前泊

  • 天候

    曇り時々晴れ

この登山記録の行程

蓼科山七合目(08:49)・・・蓼科山荘(10:10)[休憩 10分]・・・蓼科山(10:44)[休憩 48分]・・・蓼科山荘(12:17)[休憩 46分]・・・蓼科山七合目(14:07)

総距離 約4.6km 累積標高差 上り:約632m
下り:約632m
コースタイム 標準:3時間30分
自己:3時間34分
コースタイム倍率 1.02
17・18日の土日は常念小屋が予約できたので、常念岳をやろうと思っていたのに残念な天気予報であえなくキャンセル・・・。
日曜日は晴れ予報になったので嫁さんと検討した結果、Go Toを使って車山高原のスカイパークホテルを予約して蓼科山を登ることにした。
土曜日の朝9時前に自宅を出発して12時過ぎに諏訪ICを下り、諏訪・茅野で時間をつぶすもずっと雨・・・。
仕方がないので16時前にチェックイン。
晩ご飯後にYamapを見ると蓼科山は降雪との情報が・・・。
こういう時にタイムリーに情報を上げていただいているとホントにありがたい。
が、まさか雪とは想像してなかったのでアイゼン等の雪山装備はなし。
登れるのか? と心配してもしょうがないので、翌日の天気を期待して車山でご来光を見るために10時に就寝。
翌朝、準備をして5時半始発のリフトで労せずして車山山頂に到着。
山頂からは360°の眺望が広がり、情報通り北・中央・南 それぞれのアルプスや八ヶ岳・御嶽山・浅間山・富士山といった山々は雪化粧している。
目指す蓼科山も真っ白だ。
ホテルに戻って朝食後に出発し、8時半に7合目登山口Pに到着。
既に残り4~5台とほぼ満車状態である。
アイゼン無しで不安だったが、登山者も多く無理せず行けるところまで行って最悪は途中撤退の覚悟で8時40分にスタート。
鳥居をくぐって登山道に入る。
しばらくはなだらかな樹林帯を進む。
途中昨日の雨が登山道を流れてるが、概ね歩きやすい登山道である。
2100mあたりから雪が付き始めて2250mからは完全に雪山である。
登山者が多くトレースははっきりしているが、アイゼン無しでの雪の付いた岩場なので慎重に登る。
周りを見るとアイゼンを使用している登山者の方が少なく、予想外の雪だったことが良くわかる。
10時に蓼科山荘に到着。
ここから更に岩場の急傾斜となるので気を引き締めて進む。
限られたトレースを進むので上り下りで譲り合いながら慎重に登っていく。
途中振り返ると絶景が望める。
2400mを過ぎると樹林帯を抜けて傾斜も徐々に緩くなり10時43分に山頂ヒュッテに到着しそのまま山頂に無事登頂。
広い山頂は一面 雪原となっている。
山頂標識(もう少しなんとかならないものか??)と一等三角点でパチリ。
風も出てきたのでお鉢回りは断念してしばし撮影をしてから、昼ご飯には少し早いのでヒュッテでおでんを頂いた。
11時半に下山開始。
下りは高度感もあり、滑るとアウトなので登りより更に慎重に進む。
12時過ぎに小屋に戻りここでお昼ご飯にした。
いつも通りカップ麺と食後のコーヒー。
ここは風が遮られているので風の強い時はここでの昼食がおすすめである。
1時間ほどまったりしてお決まりの山バッチを購入してから下山。
登りの時より雪が踏み固められており神経を使う。
登山道に雪がなくなっても木から爆弾(笑)が落ちてくるので要注意だ!!。
結果的に登りとほぼ同じタイムで無事下山した。
ほぼ満車だった車は半分以下になっており、撤退者も多かったのではないかと思われる。
帰りはリフト乗り場前の池の平ホテルの日帰り入浴で体を温めて帰宅した。
今回は思いがけないノンアイゼンでの雪山登山だった。
登りの危険性は低いが、下りはかなり神経を使い、滑らぬように一歩づつ確実に踏ん張る必要があり、当然翌日の太ももが悲鳴を上げていることは言うまでもない・・・。
最近天気に恵まれず久しぶりに眺望を満喫でき、また良い経験の出来た山行だった。

登山中の画像
登山画像
車山からの蓼科山
登山画像
車山からのご来光
登山画像
7合目Pと蓼科山
登山画像
7合目登山口
登山画像
登山道序盤1
登山画像
登山道中盤
登山画像
2100mあたりから雪が付き始める
登山画像
2250mを越えると雪山に
登山画像
蓼科山荘
登山画像
更に雪深く
登山画像
振り返ると絶景
登山画像
登頂
登山画像
一等三角点
登山画像
八ヶ岳
登山画像
御嶽山
登山画像
山頂雪原
登山画像
下りはより慎重に!!
登山画像
無事下山
登山画像
帰りの諏訪湖SAからの八ヶ岳のアーベントロート
参考になった 2

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

関連する現地最新情報

  • 黒百合ヒュッテ~天狗岳
    黒百合ヒュッテ
    登山道に積雪はありません。日没が早くなっているので早めの行動をお願いします
    20年11月26日(木)
    高見石小屋 ~八ヶ岳・白駒池
    高見石小屋
    国道299号線の麦草峠は11/19より冬期通行止め。登山道に積雪はありませんが凍結に注意してください
    20年11月24日(火)
  • 北横岳ヒュッテ~北八ヶ岳
    北横岳ヒュッテ
    北八ヶ岳ロープウェイの営業時間は9時~16時、11/24からは点検運休となります。時間的に無理のない登山計画で入山を
    20年11月19日(木)
    オーレン小屋 ~硫黄岳・夏沢峠
    オーレン小屋
    今シーズンの営業は10月31日泊まで。先日の雪が、途中の森林限界付近、日陰のところなどに残って凍っています
    20年10月30日(金)

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

ヤマちゃん さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 2

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴時々曇
明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2020年11月29日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW モニター特派員募集中!秋田県森吉山でスノーシュー
モニター特派員募集中!秋田県森吉山でスノーシュー スノーシュートレッキングで森吉山の樹氷を鑑賞し、マタギの文化に触れる山旅へ。モニター特派員2名を募集中。
NEW 六甲山トレッキング入門ツアー第2弾
六甲山トレッキング入門ツアー第2弾 六甲山の魅力と、登山の楽しさや技術を学ぶ、神戸在住・在勤・在学者限定のトレッキング入門ツアー第2弾を12月20日に開催。...
NEW 冬の岩稜で実感! 行動保温着の快適さ
冬の岩稜で実感! 行動保温着の快適さ 冬のバリエーションで真価を発揮したfinetrack「ポリゴンアクト」。フィールドテストしたヨシキ&P2の吉野さんに聞い...
NEW アルプス山麓5市町村 移住者に聞く【山の麓に住む】
アルプス山麓5市町村 移住者に聞く【山の麓に住む】 北アルプスの山麓、小谷・白馬・大町・松川・池田の5市町村で暮らす。5人の移住者に仕事、遊び、暮らしについて聞きました。
NEW 雪・岩・滑走に 最強のGORE-TEX PRO
雪・岩・滑走に 最強のGORE-TEX PRO 耐久性が高い防水透湿素材「GORE-TEX PRO」がさらに進化。環境負荷の軽減も。各ブランドの採用アイテムをチェック!
NEW 今年、長野県の山に登った方へのアンケート
今年、長野県の山に登った方へのアンケート 長野県では、7~10月に長野県内で登山をした方を対象に、登山計画書についてのアンケートを行っています。ご協力をお願いしま...
NEW 秋冬クロージング PICK UP!ザ・ノース・フェイス
秋冬クロージング PICK UP!ザ・ノース・フェイス ミッドにもシェルにもなる通気性に優れた中綿入りジャケット「FL ベントリックス ジャケット」を紹介!
NEW マックパックのウェカ50をテント泊山行で
マックパックのウェカ50をテント泊山行で 高橋庄太郎さんの連載「山MONO語り」。今月はマックパック「ウェカ」。新登場の50リットルモデルを、テント泊山行でテスト...
NEW 山で見つけた「巨岩」「奇岩」フォトコン開催中
山で見つけた「巨岩」「奇岩」フォトコン開催中 なぜ、ここにこんな岩が? スマホの中に、そんな巨岩・奇岩の写真がありましたら、ぜひご投稿ください!
NEW 初心者、ファミリーにもおすすめ。首都圏日帰りハイキング
初心者、ファミリーにもおすすめ。首都圏日帰りハイキング 駅やバス停起点でアクセスしやすい、初心者におすすめの日帰りコース7選
紅葉フォトコンテスト、開催中!
紅葉フォトコンテスト、開催中! 紅葉シーズンも終盤、街の街路樹の木々も色づいてきました。今は標高1000m以下の山が、紅葉の見頃です!
登山+紅葉+寺社仏閣で心落ち着く秋を愉しむ
登山+紅葉+寺社仏閣で心落ち着く秋を愉しむ 日本の山には、山岳仏教の修験の場として栄えた場所が数多い。参道沿いやの艶やかな紅葉は、繊細で心が落ち着くような美しさがあ...