登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 1
剣山から三嶺・ミヤコザサの路(20.11.1-2) 剣山、次郎岌、高ノ瀬、平和丸、カヤハゲ、三嶺(中国・四国)
img

記録したユーザー

道遙か さん
  • 日程

    2020年11月1日(日)~2020年11月2日(月)

  • 利用した登山口

    名頃  

  • 登山口へのアクセス

    マイカー
    その他:見ノ越観光登山リフト脇の駐車場利用(無料)

  • 天候

    初日:ガスのち晴れのちガス、風強め、2日目:雨とガス

この登山記録の行程

【1日目】
西島駅(08:20)・・・御塔石(08:39)[休憩 5分]・・・御神水・・・頂上ヒュッテ(09:13)[休憩 22分]・・・剣山(09:38)[休憩 1分]・・・分岐・・・ジロウギュウ峠(10:00)・・・次郎笈(10:22)[休憩 10分]・・・合流点(10:45)[休憩 7分]・・・丸石(11:29)[休憩 1分]・・・奥祖谷二重かずら橋分岐(11:53)・・・高ノ瀬(12:40)[休憩 7分]・・・石立分岐(13:06)・・・平和丸(13:59)・・・白髪避難小屋(14:20)[休憩 32分]・・・白髪ノ別れ・・・カヤハゲ(東熊山)(15:38)・・・三嶺(16:36)[休憩 9分]・・・三嶺ヒュッテ(16:53)

【2日目】
三嶺ヒュッテ(07:35)・・・ダケモミの丘(08:15)・・・登山口(09:00)・・・名頃(09:30)[休憩 60分]

総距離 約20.1km 累積標高差 上り:約1,548m
下り:約2,357m
コースタイム 標準:10時間15分
自己:8時間54分
コースタイム倍率 0.87
写真で見たミヤコザサの縦走路を歩きたくて、避難小屋泊で剣山から三嶺を縦走。

剣山観光登山リフトトップから縦走開始。テントがないかわりに、色々な食材と、道中の水場が限られるので2日分の3.5Lを背負っての出発。たくさんルートがある中で、刀掛けの松、大剣神社、御神水と辿って山頂へ。強風とガスの木道をヒュッテまで行き、神社で登拝記念御守りを購入。

ガスで何も見えない中、次郎岌方面に下り始めると、俄にガスが晴れ笹に覆われた優美な次郎岌が姿を表す。この縦走で一番見たかった景色。次郎岌山頂に着く頃にはまたガスが出たので、あのタイミングで晴れてくれたことに感謝。この先は笹原の縦走路、一度大きく下り、丸石に登り返す。ガスが雨粒混じりになってきたのでレインを羽織って進む。丸石を過ぎると樹林帯だが、葉が落ちて明るい。

再びガスが晴れて日差しの中を気持ちよく進む。高ノ瀬まで200mほど登り返して振り返ると太郎と次郎が仲良く並んでいる。この辺りが本日の中間地点、三嶺はまだ遠い。軽く休憩してから、笹とススキの路を平和丸に向かう。標高1700m前後とは思えない穏やかな草原がとても気持ち良く、風がなければピクニックか昼寝でもしたいような長閑な場所。笹原越しの三嶺の眺望も良い。

白髪避難小屋でおでんとおはぎのランチ。温かい食事が身に沁みる。外はまたガスに覆われ、この後は下山まで展望は得られず。ランチ後、三嶺に向けて最後の5kmをゆっくり進む。カヤハゲまで緩やかに登り、三嶺直下は岩場や急斜面で一気に200mを登る。山頂付近はコメツツジの紅葉が綺麗。小広い三嶺山頂で小休止、上空のガスの向こうに青空の気配があるが晴れることはなく、暗くなる前に三嶺ヒュッテへ。立派な小屋で先着は10名ほど、2階を広々使わせてもらう。トイレは笹原を30mほど進んだ先にあり、笹で足元が濡れるのでレイン必須。コーヒーでひと息ついてから、野菜とチャーシューたっぷりの味噌ラーメンで夕食、静かに夜が更けていく。

翌朝、天気がもちそうなら天狗塚まで縦走しようと目論んでいたが、生憎窓の外からは雨音。ならば早立ち不要と、6時まで二度寝を決め込む。朝食はお汁粉、のんびり片付けて7時半出発。名頃への下山路は尾根筋の整備された路で、ダケモミの丘を過ぎた辺りから紅葉がどんどん鮮やかになり、小雨の中でも存外楽しい下山。登山口には9時半着、10:33の剣山行きバスまで休憩舎でコーヒーを淹れてまったり過ごした後、バスで見ノ越の駐車場まで戻った。

帰りは紅葉真っ盛りの祖谷渓をドライブして、祖谷そばを食べたり小便小僧の写真を撮ったりと、小雨の中でも徳島を満喫。塩江温泉郷に泊まり、快晴の翌日は四国霊場や源平合戦の古戦場・屋島を巡って四国遠征終了。

登山中の画像
  • 大剣神社
  • 剣山山頂にはガスの中での登頂
  • その5分後、一気にガスが晴れ
  • 次郎岌の優美な姿が!
  • 振り返る剣山も青空
  • 三嶺方面の縦走路
  • 丸石を過ぎて樹林帯へ
  • 丸石避難小屋
  • 高ノ瀬手前から振り返る剣山と次郎岌の兄弟
  • 高ノ瀬
  • ミヤコザサの稜線
  • 平和丸辺り、笹越しに三嶺
  • カヤハゲと三嶺
  • 白髪避難小屋、時間切れでガス
  • 三嶺山頂
  • コメツツジの紅葉
  • 翌朝は雨、三嶺避難小屋
  • 名頃への下山路、分県登山ガイドで迷いやすいとされている直角ターンには指導標
  • ダケモミの丘
  • 雨で黄葉が瑞々しい
  • 名頃も紅葉真っ盛り
  • 名頃バス停
  • 落合集落のそば道場で、祖谷そばとおでん
  • 祖谷渓も紅葉中
  • 山肌のパッチワークが見事
  • ひの字渓谷
  • 小僧の像、なかなかの高度感
  • 翌日、八十八番札所・大窪寺
  • 銀杏のブーケ
  • 大窪寺奥の院への途中から、黄色が大窪寺の大銀杏
  • 庭園は紅葉が見頃
  • 山門
  • 八十六番札所・志度寺、緑豊かな境内
  • 屋島から瀬戸内海
参考になった 1

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

道遙かさんの登山記録についてコメントする

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

道遙か さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 1

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴時々曇
明後日

曇時々晴
(日本気象協会提供:2021年1月20日 11時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 冬の必携装備! チェーンスパイクの新モデル
冬の必携装備! チェーンスパイクの新モデル ブラックダイヤモンドから新登場の3つのチェーンスパイク。元ガイドの保科雅則さんと、12月下旬の八ヶ岳でチェックしました。
NEW パタゴニアの新しいテクニカルフリース
パタゴニアの新しいテクニカルフリース パタゴニアのRシリーズに、寒冷下での活動に適したジグザグ織りの新モデルが登場。アンバサダー3人の使い方にも注目! 
NEW 悠久の大自然を体験 秋田白神山地レポート
悠久の大自然を体験 秋田白神山地レポート 小林千穂さんと、公募で選ばれた6名が秋田白神山地へ。ベテランガイドと五感で楽しんだモニターツアーをレポートします!
NEW 六甲山に登ろう。六甲山ナビOPEN!
六甲山に登ろう。六甲山ナビOPEN! 神戸のシンボル、六甲山。初心者向けの六甲山登山情報を掲載するWEBサイト「六甲山ナビ」が12月18日にオープン!
NEW スノーシューで 雪山を楽しもう!
スノーシューで 雪山を楽しもう! この冬は真っ白でふかふかの雪の上を歩くスノーシューハイキング! おすすめエリアや楽しみ方を紹介します。
NEW 晩秋の蒜山で最新保温ウェアを試す【山MONO語り】
晩秋の蒜山で最新保温ウェアを試す【山MONO語り】 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載。今回は新素材を使ったノローナのアクティブインサレーションをチェック!
NEW アルプス山麓5市町村 移住者に聞く【山の麓に住む】
アルプス山麓5市町村 移住者に聞く【山の麓に住む】 北アルプスの山麓、小谷・白馬・大町・松川・池田の5市町村で暮らす。5人の移住者に仕事、遊び、暮らしについて聞きました。
NEW 山で見つけた「巨岩」「奇岩」フォトコン開催中
山で見つけた「巨岩」「奇岩」フォトコン開催中 なぜ、ここにこんな岩が? スマホの中に、そんな巨岩・奇岩の写真がありましたら、ぜひご投稿ください!
NEW 初心者から楽しめる、関西の日帰り登山コース
初心者から楽しめる、関西の日帰り登山コース 3~4時間で気軽に登れる、滋賀・京都・奈良・大阪・兵庫にある人気・定番コース6選
紅葉フォトコンテスト、開催中!
紅葉フォトコンテスト、開催中! 紅葉シーズンも終盤、街の街路樹の木々も色づいてきました。今は標高1000m以下の山が、紅葉の見頃です!
登山は「下山」してからが楽しい!?
登山は「下山」してからが楽しい!? 登山後、すなわち下山後の楽しみの1つが山麓グルメ。ご当地名物料理から、鄙びた食堂の普通の料理まで、その楽しみ方を指南!
渋滞の心配なし! 駅から歩いてらくらく登山。
渋滞の心配なし! 駅から歩いてらくらく登山。 日没時間が早まる時期は、アクセス時間を減らして行動時間を長くするような登山にしたい。「電車で行ける・帰れる山」で時間を短...