登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 0
山名ネット初公開・愛媛の一等三角点低山回遊 大平山(愛南町)(中国・四国)
img

記録したユーザー

マローズ さん
  • 日程

    2014年12月23日(火)

  • 登山口へのアクセス

    マイカー
    その他:宿毛市の中心街の一角、国道56号宿毛バイパスの長田町交差点から県道7号に折れる。
    県境を越えて愛南町側に入ると、新脇本橋手前で右折する。
    白山神社の鳥居の向かいの広場に、邪魔にならないように駐車する。

  • 天候

    晴れ時々曇り
    [2014年12月23日(火)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

登山口10:25・・・林道10:43・・・林道を往復して10分ほど費やす・・・170mピーク北のコル11:03・・・稜線11:37・・・北向きの尾根の途中で休止11:57~12:27・・・切通しの尾根の突端12:34・・・林道に下りるルートを十数分ほど探る・・・林道12:57・・・林道分岐13:01・・・支尾根取付き部13:07・・・大平山で休止13:15~13:36・・・林道分岐13:46・・・峠から少し藪尾根上を往復13:54~14:04・・・277.5m三角点東のコル14:24・・・277.5m三角点14:29・・・途中10分以上休止・・・県道15:20・・・往路の登山口15:47

[潮風受ける一等三角点峰と二つの無名峠]
一等三角点に関する書籍は沢山出版され、各県の一等三角点峰も広く知られているが、中には山名が詳らかになっていない山もある。愛媛県で言えば、愛南町の脇本海岸の北方にある標高393.1mの点名「一本松」というスーパー低山である。この山名はネット検索しても出てこないが、大平山という。

マイナー山だけに展望は優れないが、海岸に比較的近いこともあり、冬場でも優しい潮風がそよいでおり、稜線下を走る林道からは、太平洋を遠望できる箇所もある。
その林道が近年稜線直下まで延びたせいで、ピークハントとしては登り甲斐のない山になってしまったが、東西にある無名の峠の峠道が残存しており、それを利用することで、歩き甲斐のある回遊コースとなった。
その峠道は海辺の山特有のシダ道になっている箇所もあり、潮風を受けながら「南国の海山歩き」を体感できる。

[コース]
地形図を見ると、脇本から上がる峠道は白山神社横から延びているように思えるが、社殿まで上がっても道らしきものは見えない。そこで裏の藪に分け入って少し進むと、小径が東下から上がって来ていた。これは国土地理院のミスプリなのか、それとも神社からその道に接続される道が廃道化しているのか。
地形図の破線は尾根の東側を上がっているが、実際は尾根上や西直下を上がっている。峠道は一応、刈り分けされているが、かなり荒れており、藪漕ぎほどではないにしても、木の枝や藪を手で払い除けながら登らないといけない。
利用した地形図が最新のものではなかったので、この時は分からなかったのだが、林道が西方から上がってきているため、林道より下方の峠道が廃れているのである。

何分か尾根の西直下を上がると分岐に到った。東の尾根へ上がる道が本道のように思えるが、シダの藪で通行不可のため、直進すると、土砂崩れ跡のような箇所に達し、そこから先、踏み跡はなくなっていた。その土砂崩れ跡の上部の北側が明るくなっていたため、そこへ登れば藪もないだろうと思い、急斜面を這い上がって行くと林道に出た。
林道から上の峠道も荒れているのではないかと思い、林道を少しの間、歩いてみたが、尾根から遠ざかるように感じられたため引き返し、尾根に接した広場風になっている箇所から尾根に乗った。意外にもこちらの峠道は荒れていない、普通に歩ける。

170mピークが近づくと道の片側が一旦竹林になる。そのピーク北のコルに乗った辺りは、峠道が若干不明瞭になっているが、少し北に進めば、前方左に峠道の続きが現れる。以後、きれいな道になる。道沿いの植林の造林作業等で歩かれているのだろう。
峠道は山襞に沿ってくねくねと進むが、道が右急カーブを描く地点、つまり、支尾根が西側に張り出している箇所は、地形図で見るよりも張り出し感がある。
道沿いの植林がなくなり、若干藪っぽくなると、ほどなく稜線に達する。ここは峠の東方のコルだが、すぐ北側に林道が走っているため、峠のような錯覚に陥る。この林道は最新の地形図(平成14年発行)にも記載されていない。

ここからは忠実に稜線上を辿るが、やはりさきほどまでの峠道よりは尾根道はやや荒れ気味。根元から抉れて倒れている木もある。
旧城辺町と旧一本松町との境界の尾根を離れ、北に派生する尾根を進んで行くと、いきなり崖に突き当たった。何と尾根が林道によって分断されている。しかも突端から下は高さ十数m以上の絶壁の切通しとなっている。普通なら尾根から林道に下りる踏み跡があるので、斜面を探ってみたが、見当たらない。藪漕ぎが厳しい、密生度の高い藪に覆われている。
十数分以上探ってみたが、林道に下りられないことが分かり、引き返すことにした。
少し南に引き返すと、西側斜面が植林帯になっていたので、適当に下ると林道に出ることができた。

前述の林道の切通し手前まで来ると、林道の支道が北西に分岐しており、その又の部分から北側の尾根に上がれそうだったが、見上げた所、藪っぽく見えたので、支道を進むことにした。尚、この辺りからは南西に展望が開けており(コース中唯一の展望ポイント)、旧町界尾根越しに深浦湾を遠望できる。天気が良ければ、太平洋の水平線も望めることだろう。余談だが、昭和20年、深浦湾南岸に海軍の水中特攻基地が設営され、十数本の横穴壕が掘られ、蛟竜が配備されていた。

支道が大平山から西に張り出す尾根に接する地点で、その尾根に上がった。最初は尾根の片側が植林帯だったので藪もなく、登り易かったのだが、植林が途絶えるといきなり、猛烈な藪の密林となった。
灌木の藪を何とかクリアして狭い山頂に達すると、三角点の側に一本の登頂記念板が立てられていた。しかし山名表記ではなく、三角点名表記になっている。山名が分からないのに登頂して、記念板を設置する、という行動が今一つ理解できない。一等三角点だからなのか。
山頂の周囲も藪だらけだが、空は開けているので明るい。潮風もそよいでいる。

復路もまた熾烈な藪漕ぎをしないといけないのか、と悩んでいると、山頂から南東に薄い踏み跡があるのが見えた。木々に青いナイロンテープが付けられているから、三角点再測量ルートだろう。尾根の西直下を走るこの踏み跡は、尾根に乗ると比較的明瞭な尾根道になった。
林道の切通し部に突き当たると直角に右に折れ、踏み跡は再び薄くなって林道沿いを下って行き、往路の林道の本道と支道との分岐に出た。
ここから林道を、往路、本来辿るはずだった峠下まで進むことにした。林道から峠に上がり、尾根を277.5m三角点西の峠まで辿ろうと思ったのである。しかし実際に峠に上がってみると、尾根上は藪化していた。そこでまた林道に下り、林道が西方の峠に近づいた所で、再び尾根に乗ることにした。

地形図に未記載の林道は大きく蛇行を繰り返しながら、緩やかに下って行く。
277.5m三角点東のコルに林道が接したため、そこで尾根に乗ると、今度は藪がなく、すんなり三角点に登頂できた。そこから西に下るとすぐ前述の峠に出る。こちらの峠道は往路の峠道とは違い、踏み跡程度。所々シダが藪化しているが、藪漕ぎするほどではない。
180mピークの箇所は、地形図の破線は尾根上を通っているが、実際はピークの西下から南、そして東へと巻いている。南側の部分はやや藪化している。
道の西沿いに畑跡か何かの石積みが現れると、いきなり道が消える。西と東、どちらにも踏み跡は見当たらない。
仕方なく藪化した段々畑跡の中を西寄りに下って行くと、別荘のような高台の建物の裏に出た。すぐ下には県道と宿毛湾が広がっている。本来の峠道のルートは、この建物の北側から南西に下りていた。
県道に下りると、後は駐車場所まで引き返すのみ。県道から見渡す宿毛湾の鮮やかな青が清涼剤になる。

ps:多分、これで今年の登山記録の投稿は終了すると思います。まだ今年の山行(岳人未踏峰含む)で投稿してないものもありますが、それはまた来年。
この年末年始は、愛南町の海辺のスーパー低山や海軍の特攻基地跡、高角砲台跡、防空監視哨跡等を探索する予定。
それではみなさん、良いお年を。

登山中の画像
登山画像
登山口
登山画像
白山神社参道伏石
登山画像
170mピーク北のコル
登山画像
カーブを描く峠道
登山画像
稜線に乗った地点
登山画像
林道分岐(三角点再測量コース登山口)
登山画像
右奥に深浦湾
登山画像
大平山西の尾根道
登山画像
大平山一等三角点
登山画像
三角点再測量コースの尾根道
登山画像
277.5m三角点東のコル上り口(左側)
登山画像
277.5m三角点
登山画像
277.5m三角点西の峠
登山画像
復路の峠道
登山画像
宿毛湾を見下ろす
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、防寒着、帽子、グローブ、手袋、軍手、地図(地形図・ルート図)、コンパス、メモ帳・筆記用具、腕時計、カメラ、ナイフ
この山行で使った山道具
参考になった 0

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

マローズさんの登山記録についてコメントする

マローズ さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 0

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇のち雨
明後日

曇一時雨
(日本気象協会提供:2020年2月23日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW カリマー最上級モデル モニターレポート
カリマー最上級モデル モニターレポート 冬の栂海新道、八ヶ岳のバリエーションルートで使用した永山さんのモニターレポート。ウェアもバックパックも高評価!
NEW 神戸の背後に広がる山々。六甲山へ行こう
神戸の背後に広がる山々。六甲山へ行こう 気軽なハイキングを楽しむのもよし、本格派な登山やクライミングを楽しむのもよし。六甲山ならではの魅力を味わおう。
NEW 紅葉写真コンテスト2019結果発表!
紅葉写真コンテスト2019結果発表! 紅葉写真コンテストに沢山のご応募をありがとうございました。216の応募写真から受賞作品が決定!!
NEW 長野県佐久地域で夢のアウトドアライフ
長野県佐久地域で夢のアウトドアライフ 晴天率が高く、便利で暮らしやすいという佐久地域。移住を実現した方々や地域の魅力を紹介。移住セミナーも開催します!
NEW ギミック満載の防寒帽/山MONO語り
ギミック満載の防寒帽/山MONO語り 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載、今月はアウトドアリサーチの冬仕様の帽子を滝子山でチェック!
NEW 雪の浅間山と輝く樹氷を見に行こう!
雪の浅間山と輝く樹氷を見に行こう! 浅間山の絶景が待つ黒斑山スノーシューと、歴史を感じる街歩き。冬の小諸市の魅力を堪能する山旅の提案です。
NEW スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方
スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方 本格的な雪山登山は不安で二の足を踏んでいる…そんな人はスノーシューハイキングに行ってみましょう!
NEW 750mlサイズ新登場!サーモスの山専用ボトル
750mlサイズ新登場!サーモスの山専用ボトル 「もうちょっと」の声に応えた「ちょうどいい容量」の山専ボトル。「萩原編集長」の活用術もご紹介!
梅の香りの漂う早春の山への誘い
梅の香りの漂う早春の山への誘い 寒空にほんのりと漂う梅の花の香りは、五感で春を感じさせてくれる。今こそ梅の香りの漂う山へ――
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ 日本全国にはその数は50以上あるともいわれる「ご当地アルプス」。本場を彷彿とさせる!?
冬だ! 富士山の見える山へ行こう!
冬だ! 富士山の見える山へ行こう! 日本一の山・富士山は、空気の澄んだ冬はとくに美しい。西は和歌山から北は福島まで――、富士山の見える山を目指してみては?
春を見つける・感じる山、早春ハイキング
春を見つける・感じる山、早春ハイキング この時期にいち早く春を感じる山を6つ紹介。いち早く花開く場所、陽だまりと海と空を感じる場所など、春を満喫できる場所へ