登山記録詳細

雪山登山
参考になった 6
2020年登り納め 冬こそ荒島岳 純白の白山を望む 荒島岳(東海・北陸・近畿)
img

記録したユーザー

Yamakaeru さん
  • 日程

    2020年12月29日(火)

  • パーティ

    4人 (Yamakaeru さん 、ほか3名)

  • 登山口へのアクセス

    マイカー
    その他:勝原スキー場の駐車場。ただし、勝原スキー場はつぶれているため、ナビには勝原駅をセット。福井(大野)方面から来ると駅を過ぎて少し行ったところの右手。見落としやすいので注意。駐車場は30台程度。無料。トイレもあるが、冬季は閉鎖につき注意。

  • 天候

    晴れ

この登山記録の行程

駐車場(06:26)・・・荒島岳登山口標柱(07:13)・・・トトロの木(07:43)・・・白山ベンチ・・・シャクナゲ平(08:27)・・・もちが壁(08:52)・・・前荒島・・・中荒島岳・・・頂上(09:48)・・・中荒島岳・・・前荒島・・・もちが壁(10:16)・・・昼食(10:47~11:49)・・・シャクナゲ平・・・白山ベンチ・・・トトロの木(11:37)・・・荒島岳登山口標柱(11:56)・・・駐車場(12:40)


総距離 約8.6km 累積標高差 上り:約1,231m
下り:約1,262m
日の出前に駐車場に到着。既に駐車場の半分が埋まっていた。さすが百名山だけのことはある。
毎回書いているが、一等最初に荒島岳へ登った時には、正直どうして百名山に選ばれたのか全く理解できなかった。認識が一変したのは雪の荒島岳を知ってから。まるで装いが異なり、アルプス3,000m級の山を登っているようなダイナミックな風景に、荒島岳の奥深い百名山の実力を知った。それ以来、冬になると毎年必ず訪れる山になっている。
中出コースから登ろうという仲間の意見もあったが、最終的には一般的な勝原コースに決定。歩き慣れたコースであるが、駐車場から登山口になっているリフト跡までの距離が実に長く、いきなり体力がそがれる。出発時点では真っ暗闇だったが、リフト跡まで来る頃には太陽もすっかり昇り切り明るくなっていた。振り向くと、遠くに鋭く尖った純白の山が見えた。県境に跨がる三ノ峰を除くと福井県で最も高い経ヶ岳だ。朝日を浴びて美しさが際立っている。
ここでアイゼンを装着。歩く度、雪を噛む「きゅっ、きゅっ」という金属音が心地よい。
登山口から樹林帯に入る。ここからは尾根沿いにひたすら長い登りとなる。途中、トトロの樹のポイントを通る。以前は、立派な巨木が立っていたが、数年前の豪雪で根元から折れてしまい、今は看板と幹の一部が残っているのみとなっている。もともとなぜ故にトトロの名前が付いていたのか疑問だったが、名物の巨木が無くなってしまったのは寂しい限りだ。
白山ベンチに到着。看板は雪に埋もれて見えないが、見事な白山が樹の間から眺めることができる。白山ベンチを過ぎると、休憩ポイントとなるシャクナゲ平までの試練(急登)が始まる。アイゼンを効かせながら登っていく。ふと暗くなってきたと思ったら、いつの間にかねずみ色の雲がせり出している。つい数分前に真っ白な白山を眺めて今日はいけるぞ!と意気込んだばかりなのに、山の天気は変化が激しい。
急登を登り切ると、シャクナゲ平に到着。例年であれば樹氷に囲まれた素敵な場所なのに、先日の綿向山と同様少し早いのか、樹氷の「じゅ」の字もない。
シャクナゲ平を過ぎると、ようやく待ちにまった荒島岳の核心部に入る。雪の壁と化した「もちが壁」。ピッケルでバランスをとりながら、アイゼンの前歯をキックステップで打ち込みながら登っていく。
森林限界を超えて、視界が開ける。有り難いことに立ち込めていた暗雲がいつの間にか消えていて、青空が広がっていた。壁のような雪の斜面を登り高度を上げる度に青空が近づいてくる。開放感がたまらない。
もちが壁を登りきると、前荒島。もちが壁も大好きだが、前荒島から中荒島岳を経て山頂へたどり着くまでのコースは、荒島岳の中でも最高の雪山絶景ゾーンといえる。
山頂まで延びる雪のスロープ。どんな下手なアングルでシャッターを切っても必ず絵になる。このゴージャス感は登ってみないと味わえない。特に、荒島岳の山頂は360度の眺望に恵まれている。最初に目に入るのはやはり白山とそれに並ぶ別山のコンビ。名前の通りどの山よりも眩しいほどの純白を纏っている。右側に目を移していくと、遠方に乗鞍岳や御嶽山が確認できる。その奥には薄っすらと北アルプスも見える。大キレットのえげつないV字がここからでも確認できる。更に視線を移していくと、最後の最後で荒島岳に競り負け、ついには百名山から外れてしまったが、それでも相当の実力を持つ能郷白山。また、毎年の冬山に欠かせない銀杏峰と部子山も見える。下に視線を移すと低い山々の黒いシルエットが折り重なるように並んでいて、その山と山の間には絹のような優しい白の雲海が流れ込んでいて、まるで水墨画のような情景を醸し出している。
2020年。新型コロナの影響は山にも及び大変な一年だったが、雄大な自然を前にしていると、負けてられないという気分になってくる。登山納めに元気をくれた荒島岳に感謝だ。

登山中の画像
登山画像
朝が開けてきました。でも、まだ登山口前。遠い…
登山画像
リフト跡。この先に登山口。
登山画像
今は幹だけ。無残なトトロの樹。
登山画像
シャクナゲ平に到着。樹氷がない。冬になるとこ…
登山画像
もちが壁から振り返って。
登山画像
うひょー。北アルプスまで見える。
登山画像
天国へと続く雪のスロープ。
登山画像
感無慮。
登山画像
山頂。我らが白山をバックに。
登山画像
一年いろいろありましたが、心が浄化されますね。
登山画像
勿体ないですが、下山です。
登山画像
銀杏峰と部子山の上に飛行機雲が。。。
登山画像
下山後の年越しうどんパーティー。隊長&シェフ…
参考になった 6

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

Yamakaeruさんの登山記録についてコメントする
  • shou さん
    福井県人たるもの荒島を愛さないといけないですね

  • Yamakaeru さん
    「あ」、、、「あらしまは、郷土のシンボル、百名山」
    福井かるたは、これで始まります。上毛かるたみたいな。


    嘘ですが。

  • レオ さん
    シャクナゲ平では展望をあきらめでましたが、絶景が見れては本当によかったです。最高の登り納めでした。

  • Yamakaeru さん
    いやー本当に最高でした。荒島の絶景で年越しとはこれ以上ない贅沢な日でした。

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

Yamakaeru さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 6

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇時々晴
明後日

曇時々晴
(日本気象協会提供:2021年3月3日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 軽量の燃焼装備でコーヒーとラーメンを【山MONO語り】
軽量の燃焼装備でコーヒーとラーメンを【山MONO語り】 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載。今月はエスビット「ポケットストーブ・ミディアムWS」を三瓶山で。その実力は?
NEW 長野県東部で充実の暮らしを【山の麓に住む】
長野県東部で充実の暮らしを【山の麓に住む】 浅間山、八ヶ岳連峰に近く、晴天率が高く、暮らしやすい。長野県東部の佐久地域の魅力と先輩移住者のインタビューを掲載。
NEW 決定! 紅葉写真コンテスト2020
決定! 紅葉写真コンテスト2020 紅葉写真コンテスト結果発表! みなさんが美しい秋の山で感じた風景をご堪能ください。
山と溪谷社90周年記念シェラカップ
山と溪谷社90周年記念シェラカップ 山と溪谷社は創業90周年を迎えました。オリジナルシェラカップを作成しましたので、数量限定で販売いたします。
NEW スノーシューで 雪山を楽しもう!
スノーシューで 雪山を楽しもう! この冬は真っ白でふかふかの雪の上を歩くスノーシューハイキング! おすすめエリアや楽しみ方を紹介します。
梅の香りの漂う早春の山への誘い
梅の香りの漂う早春の山への誘い 寒空にほんのりと漂う梅の花の香りは、五感で春を感じさせてくれる。今こそ梅の香りの漂う山へ――
花の季節の前奏曲、カタクリの花が咲く山へ
花の季節の前奏曲、カタクリの花が咲く山へ 種から7年目でようやく花咲く、春を告げる山の妖精――。ひたむきで美しいカタクリの群落がある山を紹介!
「意識」することで山での膝痛を予防しよう
「意識」することで山での膝痛を予防しよう 登山での膝痛は登山前や登山中の「意識」によっても、予防することができるという。そのカギとなる「登山の基本」を確認していく
渋滞の心配なし! 駅から歩いてらくらく登山。
渋滞の心配なし! 駅から歩いてらくらく登山。 日没時間が早まる時期は、アクセス時間を減らして行動時間を長くするような登山にしたい。「電車で行ける・帰れる山」で時間を短...
おとな女子登山部によるリレー連載
おとな女子登山部によるリレー連載 好日山荘女性スタッフ有志による「おとな女子登山部」のリレー連載。メンバーの経験に基づくノウハウが満載!
田中陽希さんの3百名山の旅を一気読み
田中陽希さんの3百名山の旅を一気読み 2018年1月から「日本3百名山ひと筆書き」に挑戦中の田中陽希さん。掲載してきた旅先インタビューをまとめました
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS スマートフォンの普及で高価で手の届かなかったGPS機器が誰でも使える! 初心者向けのノウハウから裏技まで、登山アプリとス...