登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 0
‘15年上半期ベスト山行・南アレ~雨ケ森 南アレ~雨ケ森(仁淀川町)(中国・四国)
img

記録したユーザー

マローズ さん
  • 日程

    2015年5月5日(火)

  • 登山口へのアクセス

    マイカー
    その他:いの町の仁淀川橋東袂から国道194号に入り、下八川から国道439号に左折。新大峠トンネルで仁淀川町に入り、富岡トンネルを抜けた所で、北の県道362号・安居公園線に折れる。
    土居の八所河内神社が右手にある三叉路を左折し、安居小学校跡西の三叉路に突き当たると西に折れる。成川西谷川を南に渡った先の三叉路では右折し、林道成川・樫山線に入る。三つ、顕著な谷を過ぎた先の尾根を回りこんだ所に登山口がある。

  • 天候

    晴れ
    [2015年05月05日(火)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

登山口10:19・・・749.8m三角点で休止11:08~11:18・・・高度計高度955m地点で休止11:49~12:09・・・南アレで小休止13:19~13:23・・・高度計高度1280m地点で休止13:32~13:41・・・雨ケ森で大休止13:57~14:37・・・1123m峰の北西のピークで休止15:11~15:28・・・途中、ルートを誤って南に下り、17時台に登山口に戻りつく。


総距離 約7.4km 累積標高差 上り:約1,093m
下り:約1,094m
多くの無名峰は展望が優れないが、尾根続きの有名峰とセットで登ることにより、満足感のある山行をすることができる。石鎚山系等のパノラマを誇る仁淀川町の有名峰・雨ケ森(1390m)は三つのコースが自治体によって整備されているが、未整備で且つ、最も難コースである西ヤブコースの標高1290m地点に岳人には知られていない超マイナー山・南アレがある。

昔は展望が良かったようだが、展望がなくとも笹原の山頂は明るく、また登山中、絶えず谷風が吹いているため、ゆっくり登れば急登続きとは言え、ある程度快適な登山ができる。
4月下旬頃は中腹にヤマツツジ、雨ケ森山頂付近にはミツバツツジが咲き誇る。
このコースは’03年に国土調査がなされており、地形図(上土居)にも記載されているが、帰路、尾根の分岐でルートを誤ったので、910mや1100m地点の尾根の合流点には赤テープを付けておいた方が無難。

登山口側の急カーブ沿いが広くなっているので、そこに駐車する。
国土調査されてから12年も経っているため、最初の内は、膝から太腿位の深さの藪になっている。しかしそんな藪はほどなく終わり、植林帯に入ると涼しくなる。が、道の片側だけが植林であったり、植林と雑木が交互に現れるので、無味乾燥としている訳ではない。
途中、東側の展望が開け、宮ケ平集落上の971m峰を間近に望める箇所がある。

1123mピーク周辺は一旦尾根が緩やかになるが、再び急登になってからほどなくして、きれいな笹原道になったような記憶がある。そうなると尾根道が国有林と民有林との境界になり、境界目出し標が現れるようになる。
その目出し標の内、自然石である「二〇」番石標の1m少々北が南アレの山頂。これまでの登山道と同様、きれいな笹原に覆われており、平坦で如何にも「山頂」という雰囲気がある。読図力がない者でも、そこが山頂であることが分かるだろう。

南アレの先も尾根が緩やかになっているが、再び急登になると踏み跡はやがて消えていく。しかし森林官が尾根上の藪や灌木を刈っているため、笹原の尾根は登り易い。
花期が終わろうとしているミツバツツジ群が現れると、間もなく雨ケ森山頂に出る。

‘96年8月、岩柄コース(途中から南アレに登るルートがあるらしいが未確認)で雨ケ森に登頂した際は、ガスっていて、山頂からは何も見えなかったが、GW頃ならガスることは少なく、胸のすく大展望が広がる。筒上山、手箱山、石鎚山(弥山)は特徴的な山容をしているから、遠望してもすぐ比定することができる。

三角点の側にある石室は岩伽羅神社跡。かつては毎年祭礼登山が行われていたが、高齢化に伴い、神社は麓に下ろされた。
有名峰だけあり、山頂でくつろいでいると、一つのパーティが通り過ぎて行った。恐らく岩柄コースを登って樫山コースを下山するのだろう。

樫山コースは「仁淀ブルー」で有名な県屈指の渓谷・安居渓谷へ下りているが、渓谷を挟んだ東に聳えるマイナー山・宝来山(1051m)の登山記録もいずれ投稿したい。

帰路、気が付くとルートを誤っていた。南の支尾根に入りこんだようである。しかしこちらの尾根も急勾配故、引き返す気力はない。
ある程度下った所で東に藪漕ぎしながら斜面をトラバースして行き、586m峰東の谷に下り、取水管理道を下って林道へ出た。

Ps:5月末に仁淀川町の庵沢山で負傷した足はまだ完治していませんが、もうこれ以上登山できないのは耐えられないため、ステー(支柱)入りの足首サポーターを装着し、最近登山を再開しました。

登山中の画像
登山画像
登山口
登山画像
ヤマツツジ
登山画像
宮ケ平(安居林用軌道廃線跡が残る)上の山
登山画像
749.8m三角点(斜面)
登山画像
檜の地表の根の上に雑木の根が
登山画像
南アレを望む
登山画像
南アレ山頂
登山画像
雨ケ森山頂
登山画像
石鎚弥山をズームで
登山画像
宝来山下方の林道より望む雨ケ森
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、スパッツ、ゲイター、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、帽子、グローブ、手袋、軍手、地図(地形図・ルート図)、コンパス、メモ帳・筆記用具、腕時計、カメラ、ナイフ、ファーストエイド・医療品、虫除け・防虫薬品類、行動食
この山行で使った山道具
参考になった 0

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

マローズさんの登山記録についてコメントする

登った山

類似するモデルコース

マローズ さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 0

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇のち雨
明後日

曇時々雨
(日本気象協会提供:2019年6月25日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW レベル別! 飛騨から登る北アルプス登山ガイド
レベル別! 飛騨から登る北アルプス登山ガイド 小林千穂さんを案内役に、乗鞍、槍、双六、笠など6つの山を紹介! タイトルフォトは写真コンテストの作品から順番に!
NEW C3fitから「風が抜けるサポートタイツ」登場!
C3fitから「風が抜けるサポートタイツ」登場! メッシュパネルが生み出す通気性を、高橋庄太郎さんがフィールドテスト。暑い季節もサポートタイツを使いたい方、必見!
NEW ココヘリ。遭難者を探し出す捜索ヘリサービス
ココヘリ。遭難者を探し出す捜索ヘリサービス 「会員制捜索ヘリサービス“ココヘリ”」。発信される電波で位置を特定、万が一、登山者が動けなくても探し出せる!
NEW 花の盛期に訪れた森吉山。北秋田の魅力を紹介
花の盛期に訪れた森吉山。北秋田の魅力を紹介 秋田県にある花の名山・森吉山。最盛期を迎えた山上のお花畑と山麓の豊かな森。マタギ文化にも触れた2泊3日の山旅を掲載!
NEW グレゴリー「ズール」&「ジェイド」は通気性と速乾性が魅力的!
グレゴリー「ズール」&「ジェイド」は通気性と速乾性が魅力的! 今回のモニター企画で最後を飾るのは、暑い大野山でも背中の汗が気にならなかったという、O.N.さんのレポートです!
高山植物の女王・コマクサに会える山へ
高山植物の女王・コマクサに会える山へ ほかの植物が生息できないような砂礫地で、孤高に、可憐な姿を見せるコマクサ。殺風景な風景に力強く咲く「女王」を見られる山へ...
NEW サロモンから独創的なバックパック登場!
サロモンから独創的なバックパック登場! あなたの登山をより軽快にするバックパックシリーズ「OUT」の特徴をチェック!
尾瀬の自然に会いに行こう!「尾瀬ナビ」公開
尾瀬の自然に会いに行こう!「尾瀬ナビ」公開 のんびり湿原散策に爽快な山登り…。尾瀬のシーズンが始まります。尾瀬をもっと楽しめるキャンペーンもご紹介。
梅雨時期こそ登りたい、登るべき山
梅雨時期こそ登りたい、登るべき山 雨降りの中で登山をするのは、やはりオススメできないが、梅雨時の今こそ登りたい山はたくさんある!
NEW コンパクトに収納! ドリッパー&クッカーセット
コンパクトに収納! ドリッパー&クッカーセット 連載「高橋庄太郎の山MONO語り」。わずか285gの「チタンドリッパー&クッカーセット」を使い、山で本格コーヒーを味わう...
レンゲツツジが山肌を彩る季節です
レンゲツツジが山肌を彩る季節です 初夏の時期、山肌を朱色に染めるレンゲツツジ。例年は6月下旬がピークだが、今年は今が最盛期。行くなら今でしょ!
NEW 登山中の飲料に関するアンケート
登山中の飲料に関するアンケート みなさんは山で何を飲んでいますか? 飲料に関するアンケートにご協力ください。抽選で5名様にプレゼントあり!