登山記録詳細

ハイキング
参考になった 1
京都北山 天童山~岩屋橋 天童山(東海・北陸・近畿)
img

記録したユーザー

K-TAN さん
  • 日程

    2016年7月2日(土)

  • 登山口へのアクセス


    その他:往路:大阪ー(JR\560)-京都ー(JRバス\1180)ー周山ー(タクシ\1600)ーー山国(東林寺)
    復路:岩屋橋ー(もくもく号\500)ー北大路駅-(地下鉄\260)ー京都ー(JR\5630)ー大阪

  • 天候

    晴れ

この登山記録の行程

09:33 出発
09:49 登山道に合流(仲江分岐)
10:51 パラグライダー場
11:33 天童山到着
11:47 1本目の関電反射板
11:53 2本目の関電反射板
12:08 飯森山中腹で断念
12:21 林道出合い
13:07 大森キャンプ場
13:10 岩屋橋分岐
13:45 薬師峠
14:09 岩屋不動
14:32 岩屋橋


総距離 約11.8km 累積標高差 上り:約1,485m
下り:約1,440m
京都北山、天童山ー飯盛山ー岩屋橋のルートを計画
京都駅7:50のJRバスで周山へ1時間15分。周山から京北バス9:45分で山国へと思い、京北ウッディタウン前でJRバスを降り、そのバス停が京北バスの停留場になっている。時刻を確認すると、あれー!、土曜日は山国行きのバスはない!、どうにかいけないか?と思案。そうだタクシーがある。スマホで調べてみると、周山タクシーがあった。電話して呼んで山国の東林時まで\1600。ちょっと痛い出費だ。

東林寺から登山口を探してうろうろ、すこし南に下ったところに、林道の入口があった。ゲートを開けて、入ってみると、これは墓地への道路、墓地から上には道がないが、なんとか登れるし、なんとこんなところにもテーピングがある。みんな思うことは同じようだ。道なき道をしばらく上ると、道らしい切れ目が斜面に見えたので、その方向に登っていくと、仲江分岐に出会う。ここから、パラグライダー場までショートカットができるが、道標には、荒れた道と書かれている。まあ、いいかと思ったが、その下にヒル多いと書かれていた。ありゃ、ヒルはいやだなあ。鈴鹿で散々な目に合った事を思い出す。軟弱コースを登ることにした。

パラグライダー場は素晴らしい景色がまっていた。素通りするのはもったいないので、おにぎりをほうばりながら、景色を堪能。と言っても今日は時間がないので、ゆっくりもしていられない。
今日は岩屋橋からの足が雲ケ畑バスしかなく、15:10に乗らなければならない。

天童山へのルートは道標もなく、踏み後も薄いので、道なき道を進む感じでとても不安だ、しかし尾根道なので、迷うことはない。
天童山まですぐかと思ったが、地図通り、40分かかった。天童山は全く景色はないので、そのままスルーした。

全行程12kmで、山と高原地図では、15:10のバスに乗るためには、昼飯食べる時間もない、地図の時間は多めに設定されていると思っていたが、天童山で結局記載の時間通りだったので、まったく余裕がない状態。そのあと、飯盛山の中腹まで登ってみたが、かなりの斜面を登らなければならず、往復30分以上かかる。この時点では、この時間は致命的になる可能性があったので、中腹で断念した。

ここから、下るルートの道標がなく、杉林でgpsも誤動作している状態
かなり不安になるが、しばらく下ると、テーピングがあったので安心。途中gpsが受信できて、計画ルート通りであるのを確認してからは、一気に下っていく。林道に出て、そのままアスファルトの道に変わって、大森キャンプ場に着く。キャンプ場の少し先の左に橋があり、右の電柱の上に岩屋橋の道標がある。左に曲がって、最初の二股分岐を左側に取る。道標がないので、まっすぐ行きそうになるが、左側にテーピングがあるので、それに気が付くと、間違えないで済む。

そのあと途中左に折れる道がある、ここもまっすぐ行きそうになるが、テーピングも道標もないので、gpsだけが頼り。

20分程登ると、薬師峠に到着。六体地蔵があり、少し広場になっているので、杉林の中で休憩。

ここから岩屋不動までは気持ちのいい、沢歩きなので、新緑とせせらぎのBGMで楽しみながら下る。
岩屋不動からは、林道を25分ほど下る。

岩屋橋では40分程時間が余ったので、広場で昼飯を食べることにした。他の登山客も集まってきて、総勢7名になった。

雲畑バスのもくもく号は8人乗り、北大路駅までのバス停で登山客が待っていたが。2人連れなので、乗れないが、運転手が、後でタクシーが来るので、もう少し待ってほしいと言っていたので、いずれにしても乗ることはできるようだ。

このルートは、京都トレイルと書かれている割には、道標が少ない、踏み後もよくわからない、しっかりとした地図、とGPSは必須だ。

11.7Km 5時間 かなり強行な行程だった。

登山中の画像
  • 山国の東林寺
  • 東林寺を少し道なりに下ったところで、林道入口を見つけた、民家の前の舗装広場の奥にあるので、道路からは見えない ゲートを開けて入っていく
  • 林道を登っていくと墓地に出る。墓地から上には道がないが、なんとか進めるのでさらに登っていく。テーピングもあった
  • 道にでる
  • 仲江分岐だった。ショートカッルルートはヒルがいるらしいので、軟弱コースを進むことにした
  • 竜ケ坂を上っていくと、パラグライダー場への分岐があるので180度折り返して登っていく
  • パラグライダー場は絶景です。 昼にはまだ早いので、おにぎりをほうばり、景色を堪能
  • 天童山までの道は、尾根道でなければ迷ってしまう。道があるようで無い。無いようである
  • 天童山へ近道がある。左に進む
  • 天童山到着 景色はないので、スルーする
  • 1つ目の関電反射板
  • 二つ目の関電反射板
  • 二つ目の反射板から谷へ降り、上り返したところが飯森山だが、中腹から傾斜が相当きつくなるので、時間もないからあきらめた
  • 谷へ戻って、下る道を探したが、道標なし、テーピングなし。もしかして踏み後か?と思うみちを見つけたので、恐る恐る下ってみる
  • テーピング見つけた、GPSも受信できたので、計画ルートだと確認。一気に駆け降りる
  • 林道に出合う
  • 広い林道、途中からアスファルトになる
  • 大森キャンプ場
  • 岩屋橋分岐、行き過ぎたので振り返る 右の橋を渡っていく
  • 二股、よく見ると左の木にテーピング有り 左にすすむ 
  • ここは左に進む
  • 薬師峠到着
  • 薬師峠からの下りは気持ちの良い谷歩きが続く
  • 岩屋不動
  • 岩屋橋
  • もくもく号 8人乗りで7人乗車
参考になった 1

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

K-TANさんの登山記録についてコメントする

登った山

類似するモデルコース

K-TAN さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 1

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇のち晴
明後日

曇時々晴
(日本気象協会提供:2021年1月23日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 冬の必携装備! チェーンスパイクの新モデル
冬の必携装備! チェーンスパイクの新モデル ブラックダイヤモンドから新登場の3つのチェーンスパイク。元ガイドの保科雅則さんと、12月下旬の八ヶ岳でチェックしました。
NEW パタゴニアの新しいテクニカルフリース
パタゴニアの新しいテクニカルフリース パタゴニアのRシリーズに、寒冷下での活動に適したジグザグ織りの新モデルが登場。アンバサダー3人の使い方にも注目! 
NEW 悠久の大自然を体験 秋田白神山地レポート
悠久の大自然を体験 秋田白神山地レポート 小林千穂さんと、公募で選ばれた6名が秋田白神山地へ。ベテランガイドと五感で楽しんだモニターツアーをレポートします!
NEW 六甲山に登ろう。六甲山ナビOPEN!
六甲山に登ろう。六甲山ナビOPEN! 神戸のシンボル、六甲山。初心者向けの六甲山登山情報を掲載するWEBサイト「六甲山ナビ」が12月18日にオープン!
NEW スノーシューで 雪山を楽しもう!
スノーシューで 雪山を楽しもう! この冬は真っ白でふかふかの雪の上を歩くスノーシューハイキング! おすすめエリアや楽しみ方を紹介します。
NEW 晩秋の蒜山で最新保温ウェアを試す【山MONO語り】
晩秋の蒜山で最新保温ウェアを試す【山MONO語り】 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載。今回は新素材を使ったノローナのアクティブインサレーションをチェック!
NEW アルプス山麓5市町村 移住者に聞く【山の麓に住む】
アルプス山麓5市町村 移住者に聞く【山の麓に住む】 北アルプスの山麓、小谷・白馬・大町・松川・池田の5市町村で暮らす。5人の移住者に仕事、遊び、暮らしについて聞きました。
NEW 山で見つけた「巨岩」「奇岩」フォトコン開催中
山で見つけた「巨岩」「奇岩」フォトコン開催中 なぜ、ここにこんな岩が? スマホの中に、そんな巨岩・奇岩の写真がありましたら、ぜひご投稿ください!
NEW 初心者から楽しめる、関西の日帰り登山コース
初心者から楽しめる、関西の日帰り登山コース 3~4時間で気軽に登れる、滋賀・京都・奈良・大阪・兵庫にある人気・定番コース6選
紅葉フォトコンテスト、開催中!
紅葉フォトコンテスト、開催中! 紅葉シーズンも終盤、街の街路樹の木々も色づいてきました。今は標高1000m以下の山が、紅葉の見頃です!
登山は「下山」してからが楽しい!?
登山は「下山」してからが楽しい!? 登山後、すなわち下山後の楽しみの1つが山麓グルメ。ご当地名物料理から、鄙びた食堂の普通の料理まで、その楽しみ方を指南!
渋滞の心配なし! 駅から歩いてらくらく登山。
渋滞の心配なし! 駅から歩いてらくらく登山。 日没時間が早まる時期は、アクセス時間を減らして行動時間を長くするような登山にしたい。「電車で行ける・帰れる山」で時間を短...