登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 0
堂山から六ツ目山、伽藍山(高松市) 堂山、六ツ目山、伽藍山(中国・四国)
img

記録したユーザー

スイトン さん

この登山記録の行程

岡本駅(10:15)-南登山口(10:30)-龍王展望台(11:00)-堂山304峰(11:30)-六ツ目山(12:20-13:00)-高速登山口(13:20)-伽藍山登山口(13:35)-磨崖仏(13:50)-伽藍山(14:10)-狭箱山(14:30-14:50)-東登山口(15:00)-端岡駅(15:35)

高松西インター周辺に点在する「堂山」と「おむすび三山(六ツ目山、伽藍山、狭箱山)」を縦走してきました。

ことでん岡本駅をスタートして、堂山へ南登山口から登り始める。
堂山へは何本ものルートがあり、多くの人が繰り返し登っているので道はしっかりしており、道標も多い。この日の多くの人が登っていました。
堂山最初の峰になる龍王宮に30分ほどで到着。展望が素晴らしく北、東、南の高松市内が一望できます。多くの方が休憩していました(常連さんなんでしょう)。
ここから縦走路となります。堂山302m峰を経て堂山304m峰に。広い山頂ですがあまり展望はありません。

六ツ目山を目指して再び歩き始めます。ここからは、ぐっと人が少なくなります。
葉の落とした木々の間からこれから向かう六ツ目山が見えます。独立峰に近い存在なので、一旦下ってあそこまで再び登るのかと思うと、心が少し折れます。
六ツ目山への登りは、直登の急登。ロープにつかまり、汗だくで頑張ります。30分ほどの戦いで山頂へ。
六ツ目山頂には10人ほどのグループが食事中。こちらもここで昼食です。
ここは国分寺方面の展望が良く、讃岐富士(飯野山)も見えます。
しばしの休憩ののち、高松西インター近くの登山口へ下山します。

高速道路を横断して、この日3つ目の伽藍山へ。中腹の磨崖仏を見てから登り始めます。
少しスリルのある岩場を超えると伽藍山山頂。展望はほとんどありません。
そのまま進み、この日最後の狭箱山へ。小さな山ながら展望は良く、岩場の上で大休止です。
東側へ下山し、JR端岡駅に向かいました。

登山中の画像
登山画像
岡本駅
登山画像
岡本駅付近から堂山
登山画像
堂山 南登山口
登山画像
龍王宮展望台
登山画像
堂山304m峰
登山画像
左:伽藍山。右:六ツ目山
登山画像
六ツ目山への急登
登山画像
六ツ目山山頂
登山画像
高松市内方面の展望
登山画像
六ツ目山 高速登山口
登山画像
伽藍山
登山画像
伽藍山登山口
登山画像
磨崖仏
登山画像
伽藍山への入口
登山画像
伽藍山山頂
登山画像
狭箱山山頂
登山画像
左:六ツ目山、右:伽藍山
登山画像
伽藍山下山口
登山画像
端岡駅
登山画像
左から、狭箱山、伽藍山、六ツ目山、堂山
この山行で使った山道具
参考になった 0

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

スイトンさんの登山記録についてコメントする

登った山

類似するモデルコース

スイトン さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 0

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴時々曇
明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2020年2月26日 11時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW カリマー最上級モデル モニターレポート
カリマー最上級モデル モニターレポート 冬の栂海新道、八ヶ岳のバリエーションルートで使用した永山さんのモニターレポート。ウェアもバックパックも高評価!
NEW 神戸の背後に広がる山々。六甲山へ行こう
神戸の背後に広がる山々。六甲山へ行こう 気軽なハイキングを楽しむのもよし、本格派な登山やクライミングを楽しむのもよし。六甲山ならではの魅力を味わおう。
NEW 紅葉写真コンテスト2019結果発表!
紅葉写真コンテスト2019結果発表! 紅葉写真コンテストに沢山のご応募をありがとうございました。216の応募写真から受賞作品が決定!!
NEW 長野県佐久地域で夢のアウトドアライフ
長野県佐久地域で夢のアウトドアライフ 晴天率が高く、便利で暮らしやすいという佐久地域。移住を実現した方々や地域の魅力を紹介。移住セミナーも開催します!
NEW ギミック満載の防寒帽/山MONO語り
ギミック満載の防寒帽/山MONO語り 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載、今月はアウトドアリサーチの冬仕様の帽子を滝子山でチェック!
NEW 雪の浅間山と輝く樹氷を見に行こう!
雪の浅間山と輝く樹氷を見に行こう! 浅間山の絶景が待つ黒斑山スノーシューと、歴史を感じる街歩き。冬の小諸市の魅力を堪能する山旅の提案です。
NEW スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方
スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方 本格的な雪山登山は不安で二の足を踏んでいる…そんな人はスノーシューハイキングに行ってみましょう!
NEW 750mlサイズ新登場!サーモスの山専用ボトル
750mlサイズ新登場!サーモスの山専用ボトル 「もうちょっと」の声に応えた「ちょうどいい容量」の山専ボトル。「萩原編集長」の活用術もご紹介!
梅の香りの漂う早春の山への誘い
梅の香りの漂う早春の山への誘い 寒空にほんのりと漂う梅の花の香りは、五感で春を感じさせてくれる。今こそ梅の香りの漂う山へ――
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ 日本全国にはその数は50以上あるともいわれる「ご当地アルプス」。本場を彷彿とさせる!?
冬だ! 富士山の見える山へ行こう!
冬だ! 富士山の見える山へ行こう! 日本一の山・富士山は、空気の澄んだ冬はとくに美しい。西は和歌山から北は福島まで――、富士山の見える山を目指してみては?
春を見つける・感じる山、早春ハイキング
春を見つける・感じる山、早春ハイキング この時期にいち早く春を感じる山を6つ紹介。いち早く花開く場所、陽だまりと海と空を感じる場所など、春を満喫できる場所へ