登山記録詳細

ハイキング
参考になった 3
終活ハイキング17 九鬼山~高畑山(関東)
img

記録したユーザー

独りぼっち さん

この登山記録の行程

禾生(08:30)・・・九鬼山(09:45~55)・・・(道間違い)・・・九鬼山(10:55)・・・高指(12:06)・・・鈴ケ音峠(12:26)・・・(道間違い)・・・突坂峠(12:55)・・・大桑山(13:45)・・・高畑山(14:12~30)・・・倉岳山(15:14~25)・・・立野峠(15:45)・・・登山口(16:45)・・・JR梁川(17:15)


総距離 約18.0km 累積標高差 上り:約1,758m
下り:約1,891m
「禾生駅」から「九鬼山登山口」までの間にコンビニがある。ここで食料などを調達することができる。道標に従って歩けば問題なし。途中に趣のある富士急の橋の下を潜る。
登山口から山頂まで道は整備されており何の心配も無い。角度的にも急な所は無く、幼稚園児でも登ることができる。「九鬼山」頂から「富士山」の眺めは抜群。
本来、少し戻って「高畑山」を目指すのだが、思い込みで動いたため「馬立山」方面に行ってしまう。暫く迷い「九鬼山」に戻る。この段階で左足に『肉離れ』を発症。
「高畑山」のコースは指導標に従う。これには「鈴懸峠」とあるので不安になる。コースは全体的に若干の荒れ気味。藪が道の両側に迫り、倒木が多い。周囲を雑木で覆われているため展望は無いが左手後方に「富士山」が(たまに)望める。両側がスパッと切れた岩稜帯が1箇所。慣れない人は荷物を他の人に持ってもらうかザイルで補助してもらうしかない。途中の分岐点は残念なことに字が掠れて読みにくい。枯れ葉が道を覆っているため隠れた石に足をとられやすいので要注意。「高指」は標識だけ立派で展望は無し。
「鈴カ音峠」から車道を右へ向かう。途中NTT送信所へ向かう車道が本来の道。こちらへ向かえば良いが、これまた思い込みで右へ。暫く歩いて間違えたことに気づきU ターン。
「突坂峠」から「大桑山」の登り出しは結構な急坂だが5分ほど喘げば比較的緩やかになる。道の状況は「鈴カ音峠」までと大して変わらない。「大桑山」山頂まで急坂を2箇所こなす。ここの展望は無し。富士山も見えない。
山頂から急激に下り、ピークを2、3乗り越せば「高畑山」。「富士山」だけでなく「扇山」もキレイに見える。
「倉岳山」までは藪も少なく歩きやすい。ここからの「富士山」もキレイ。但し時間によると思う。この時は15時を回っていたため、写真はキレイにとれなかった。仕方なく「扇山」をバックに記念写真。
「立野峠」まで迷う場所はなし。標識はキレイで立て替えられたことが一目で分かる。ここから峠道にありがちなジグザグ状の道を下れば沢沿いに出る。唯一の『水場』は冬なのに使用可能だった。冬の16:00以後は沢沿いの道なので薄暗いと覚悟していたが、予想通り。途中、朽ち果て寸前のベンチがあったので休憩。沢を3、4回渡って右下に車道が見えてくる。ここから5分位で登山口に出る。長い距離と『肉離れ』の左足、『こむら返り』を発症した左右太腿を抱えての車道歩きはキツかった。更に駅の入口が分からず余計な体力を消耗した。ちなみに駅の入口は点滅信号のある横断歩道を上がった所。

登山中の画像
登山画像
里道は分かりにくい
登山画像
林道の分岐 非常に分かり易い
登山画像
九鬼山の南側も結構展望良い
登山画像
九鬼山からの富士山
登山画像
展望は無し
登山画像
ここは表示板通りに
登山画像
鈴ケ音峠の登山口
登山画像
ここを左 小さい表示板は無視して地図通りに
登山画像
展望は無し
登山画像
高畑山からの富士山
登山画像
ちょっと倍率を下げるとこんな感じ
登山画像
穴路峠の分岐点
登山画像
北側の眺めも良し
登山画像
倉岳山からの富士山
登山画像
標識は立派
登山画像
水場の標識
登山画像
水場 冬でも凍らない
登山画像
登山口の案内板「熊出没注意」は流行?
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、防水スタッフバック、スパッツ、ゲイター、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、タオル、防寒着、グローブ、手袋、軍手、着替え、地図(地形図・ルート図)、コンパス、メモ帳・筆記用具、腕時計、カメラ、ツエルト、健康保険証、ファーストエイド・医療品、ロールペーパー、非常食、行動食、テーピングテープ、軽アイゼン、GPS機器、ストーブ、カップ、コッヘル、カトラリー・武器
この山行で使った山道具
参考になった 3

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

独りぼっちさんの登山記録についてコメントする
  • ruko さん
    独りぽっち様
    九鬼山から倉岳山行ってこられたんですね。就活登山とは言葉のあやで素晴らしい行動力と思います。
    私は貴殿の大山北尾根に行こうと思っています。参考にさせていただきます。

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

独りぼっち さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 3

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇のち雨
明後日

曇一時雨
(日本気象協会提供:2019年7月20日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 吸汗・拡散・速乾! finetrackのドラウトゼファー
吸汗・拡散・速乾! finetrackのドラウトゼファー finetrackが独自に開発した生地を使用した「ドラウトゼファー」を専門店スタッフがフィールドテスト! その実力は?
NEW 「宝」の山で縁起をかつぎ、宝くじを買おう
「宝」の山で縁起をかつぎ、宝くじを買おう 全国にはゲンのいい名前の山がある。景観、眺望などから選んだ「宝」の名峰に登り、サマージャンボを買おう!
NEW カリマー「クーガー」がアップデート!モニター募集
カリマー「クーガー」がアップデート!モニター募集 中・大型バックパック「クーガー」は、パッド類を刷新しフィッティングや快適性が向上。モニターを5名募集中!
NEW 鈴木みきさんに聞く 「ジェイド」の魅力
鈴木みきさんに聞く 「ジェイド」の魅力 グレゴリーの女性用ザック「ジェイド」がリニューアル! イラストレーターの鈴木みきさんにその魅力と、山旅のコツを聞いた!
NEW レベル別! 飛騨から登る北アルプス登山ガイド
レベル別! 飛騨から登る北アルプス登山ガイド 小林千穂さんを案内役に、乗鞍、槍、双六、笠など6つの山を紹介! タイトルフォトは写真コンテストの作品から順番に!
NEW C3fitから「風が抜けるサポートタイツ」登場!
C3fitから「風が抜けるサポートタイツ」登場! メッシュパネルが生み出す通気性を、高橋庄太郎さんがフィールドテスト。暑い季節もサポートタイツを使いたい方、必見!
NEW サロモン「OUT NIGHT」レポート公開中!
サロモン「OUT NIGHT」レポート公開中! 雲取山〜笠取山を縦走したランブラーさん。実際に背負って感じた、従来の25L前後の軽量バックパックとの違いとは?
NEW 毎日が絶景! 小岩井大輔の富士山頂日記
毎日が絶景! 小岩井大輔の富士山頂日記 富士山頂でしか見られない絶景が、ほぼ毎日! 写真家・小岩井大輔の富士山頂日記は今年もCool!
王道の北アルプス縦走コースを歩こう
王道の北アルプス縦走コースを歩こう 森林限界を越えた稜線に、果てしなく続く縦走路。稜線歩きの醍醐味を思う存分楽しめる、北アルプスの縦走コースを紹介。
憧れの3000m峰に惜しい山に注目
憧れの3000m峰に惜しい山に注目 夏はやっぱり3000m峰に挑戦! と言いたいところだが、惜しい山にも3000m以上の魅力がたっぷりです。
名峰・那須岳登山へ! 個性豊かでダイナミックな山々
名峰・那須岳登山へ! 個性豊かでダイナミックな山々 活火山の茶臼岳、峻険な朝日岳、最高峰の三本槍岳ほか、花畑の稜線や温泉など魅力満載の那須連峰。ほかにも湿原・お花畑・温泉と...
NEW かゆいところに手が届く、総じて使いやすいザック
かゆいところに手が届く、総じて使いやすいザック オスプレーの大型バックパックで定番的人気商品の「アトモスAG 50」、高橋庄太郎さんが使ってみたインプレッションは?