登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 0
終活登山21 子の権現から飯能(関東)
img

記録したユーザー

独りぼっち さん

この登山記録の行程

西吾野(08:00)・・・子の権現(09:08~09:30)・・・スルギ(09:50)・・・前坂(11:07)・・・大高山(11:35~11:40)・・・天覚山(12:45~13:05)・・・東峠(13:20)・・・久須美坂(14:20)・・・車道出合(14:40)・・・多峯主山(15:15~15:30)・・・天覧山(15:54~16:00)・・・飯能駅(16:25)


総距離 約19.8km 累積標高差 上り:約1,392m
下り:約1,531m
今回のコースは高校時代からずっと考えてきたもの。今まで実行できなかったのは行動時間が長く公共交通手段が無かったこと。しかしTXという公共交通が完成したことで実行の目処が立った。
毎度のパターンであるが始発の列車に乗り込み、いざ目的の駅へ。前々日の雨が現地に与えた影響を考え、取り敢えず軽アイゼンを持参したが無駄になったのは幸運であった。
「西吾野」駅から「子の権現」までの半分近くが車道歩きという過酷な条件。前回訪れた時には無かった「東京スカイツリー展望台」がとってつけたようにできていた。話のネタに行ってみたが、確かに展望は良い。霞んでいたがかろうじて見えた。
「子の権現」の駐車場から今回の縦走路は始まる。道の状態は『この程度で点線(難路)?』と思うほどハッキリしていた。「スルギ」までは下り一辺倒で迷う所も無く到着。道標が朽ちており、ちょっと不安になるが地図を見れば迷うことは無い。北風を遮り且つ日差しが十分な休憩場所探しながら緩やかな上り下りを続ける。三角点を過ぎ、石地蔵が祀られている所で休憩(エアリアマップには「墓地」と記されている)。この真後ろは石灰石採掘場。『発破作業注意』の看板は興ざめ。ここから林道まで10分とかからない。
林道を5分ほど歩き道標に従って山道に戻る。下りばかりの足に「前坂」から「大高山」まで登りが結構キツい。「大高山」の展望は無しに等しく頂上は狭い。「天覚山」への途中にある「大岩」は北面を回るが、慣れた人なら直進しても問題なし。また上り下りが『これでもか』と続いて「天覚山」に到着。こちらは広く20人位なら十分に寛げそう。
「天覚山」から「東峠」までは『あれ?』思う間に着いてしまうので拍子抜け。ところが「久須美坂」までが長く「釜戸山」の分岐が唯一の目印。肝心の「久須美坂」はどこになるのか見当もつかないまま(それらしい道標はあった)。やがて道は住宅のすぐ裏手を辿る。犬を連れて山道を歩く人、庭で作業をする人、洗濯物が干してある庭など、生活臭満載のコース。『イノシシ注意』には笑えた。
「多峯主山」は低いが名前から幾つかの峯が連なっていることが分かる。しかも道のすぐ脇で住宅の造成を行っているから、気分は萎えてくる。太腿の筋肉が悲鳴を上げる頃、やっと山頂に到着。住宅地に近いせいか途中にバイオトイレ、頂上にはベンチが置かれ至れり尽くせりの状態。南面の展望は良く、夜来たら夜景がキレイと想像できる。
「天覧山」へは自転車でも通れるぐらいの広くて緩やかな道。『マムシに注意』の看板があるのには驚いた。頂上へは階段をひたすら5分ほど。こちらも南面の展望が良く、夜景がキレイそう。また展望台が設置されており、ピクニック気分で登るのも一興。頂上を後に「飯能駅」に向かう。山道と異なり里道は一段と判りにくい。地図を見たり人に聞いたりしながら駅に到着。
とにかく長かった。展望がきけば少しは楽しめたと思う。このコースの唯一の長所は里に近いこと。道を見失っても尾根伝いに下れば必ず集落にたどり着けること間違いなし。

登山中の画像
登山画像
ここを右
登山画像
道標に従う
登山画像
子の権現の展望台
登山画像
かろうじてスカイツリーが見える
登山画像
セオリー通り
登山画像
スルギ右が来た方向 左に向かう
登山画像
展望はきかない
登山画像
林道出合の道標
登山画像
こんな道を歩いてきた
登山画像
林道を若干下る
登山画像
林道からの展望は良い
登山画像
前坂の看板
登山画像
大高山の山頂
登山画像
展望はこれだけ
登山画像
天覚山の山頂にて
登山画像
飯能市の展望は良い
登山画像
東峠の看板 ここからが長い
登山画像
車道出合
登山画像
多峯主山の登山口
登山画像
多峯主山へ 樹林帯が多い
登山画像
バイオトイレが設置されている
登山画像
多峯主山の頂上
登山画像
来し方を振り返る
登山画像
飯能市街
登山画像
天覧山へはこんな調子
登山画像
杉チップ マムシ注意の看板
登山画像
奥多摩方面
登山画像
天覧山の山頂
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、防水スタッフバック、スパッツ、ゲイター、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、タオル、防寒着、グローブ、手袋、軍手、着替え、地図(地形図・ルート図)、コンパス、メモ帳・筆記用具、腕時計、カメラ、修理用具、ツエルト、健康保険証、ホイッスル、ファーストエイド・医療品、ロールペーパー、非常食、行動食、軽アイゼン、トレッキングポール、GPS機器、ストーブ、燃料、ライター、カップ、コッヘル
この山行で使った山道具
参考になった 0

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

独りぼっちさんの登山記録についてコメントする

関連する現地最新情報

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

独りぼっち さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 0

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇時々雨
明後日

曇一時雨
(日本気象協会提供:2019年7月18日 11時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 「宝」の山で縁起をかつぎ、宝くじを買おう
「宝」の山で縁起をかつぎ、宝くじを買おう 全国にはゲンのいい名前の山がある。景観、眺望などから選んだ「宝」の名峰に登り、サマージャンボを買おう!
NEW カリマー「クーガー」がアップデート!モニター募集
カリマー「クーガー」がアップデート!モニター募集 中・大型バックパック「クーガー」は、パッド類を刷新しフィッティングや快適性が向上。モニターを5名募集中!
NEW 鈴木みきさんに聞く 「ジェイド」の魅力
鈴木みきさんに聞く 「ジェイド」の魅力 グレゴリーの女性用ザック「ジェイド」がリニューアル! イラストレーターの鈴木みきさんにその魅力と、山旅のコツを聞いた!
NEW レベル別! 飛騨から登る北アルプス登山ガイド
レベル別! 飛騨から登る北アルプス登山ガイド 小林千穂さんを案内役に、乗鞍、槍、双六、笠など6つの山を紹介! タイトルフォトは写真コンテストの作品から順番に!
NEW C3fitから「風が抜けるサポートタイツ」登場!
C3fitから「風が抜けるサポートタイツ」登場! メッシュパネルが生み出す通気性を、高橋庄太郎さんがフィールドテスト。暑い季節もサポートタイツを使いたい方、必見!
NEW サロモン「OUT NIGHT」レポート公開中!
サロモン「OUT NIGHT」レポート公開中! 雲取山〜笠取山を縦走したランブラーさん。実際に背負って感じた、従来の25L前後の軽量バックパックとの違いとは?
NEW 毎日が絶景! 小岩井大輔の富士山頂日記
毎日が絶景! 小岩井大輔の富士山頂日記 富士山頂でしか見られない絶景が、ほぼ毎日! 写真家・小岩井大輔の富士山頂日記は今年もCool!
王道の北アルプス縦走コースを歩こう
王道の北アルプス縦走コースを歩こう 森林限界を越えた稜線に、果てしなく続く縦走路。稜線歩きの醍醐味を思う存分楽しめる、北アルプスの縦走コースを紹介。
憧れの3000m峰に惜しい山に注目
憧れの3000m峰に惜しい山に注目 夏はやっぱり3000m峰に挑戦! と言いたいところだが、惜しい山にも3000m以上の魅力がたっぷりです。
名峰・那須岳登山へ! 個性豊かでダイナミックな山々
名峰・那須岳登山へ! 個性豊かでダイナミックな山々 活火山の茶臼岳、峻険な朝日岳、最高峰の三本槍岳ほか、花畑の稜線や温泉など魅力満載の那須連峰。ほかにも湿原・お花畑・温泉と...
NEW かゆいところに手が届く、総じて使いやすいザック
かゆいところに手が届く、総じて使いやすいザック オスプレーの大型バックパックで定番的人気商品の「アトモスAG 50」、高橋庄太郎さんが使ってみたインプレッションは?
高山植物の女王・コマクサに会える山へ
高山植物の女王・コマクサに会える山へ ほかの植物が生息できないような砂礫地で、孤高に、可憐な姿を見せるコマクサ。殺風景な風景に力強く咲く「女王」を見られる山へ...