御岳ビジターセンターからの現地情報 御岳山・大岳山周辺の情報

本日も「氷の花」ができていました。落葉して展望がよくなり日だまりハイクの時。一年で一番日が短い時期、下山時間に注意。

御岳ビジターセンター

▲ケーブルカー御岳山駅付近 光にあたるとまだまだ綺麗です! 紅葉はお早めに。(17.11.28 御岳ビジターセンター )

東京の天気予報
明日

晴のち曇
- / -
明後日


9℃ / 0℃
(日本気象協会提供:2017年12月12日 17時00分発表)
甲府の天気予報
明日


- / -
明後日


9℃ / -3℃
(日本気象協会提供:2017年12月12日 17時00分発表)
会員登録すると、付近の山の天気予報を見たり、メールによる天気や山岳情報を受信できたりするようになります。これを機会に、ぜひ会員登録しましょう。

⇒ログイン/会員登録

天気・気温

12/07(木) 快晴

周辺状況

今日は雲一つない快晴です。朝は寒く冷え込んでいます。
先日ケーブルカーの上の駅で朝-1℃でした。

紅葉は、ほぼ落葉し、初冬から晩秋の趣となりました。

木々の見通しがよくなりと野鳥観察とともに展望も良い時期です。
大岳山は富士山の大展望。、日の出山の関東平野一望など今のところ登山道の凍結もなく、天気が良いと日だまりハイクに良いでしょう。

今日も「氷の花」が観察されました。
明日は雨がふりそうてですが、冷え込む12月いっぱい期待できます。

※御岳山の「氷の花」は カメバヒキオコシという植物が冬枯れしたあと、地中から吸い上げた水分が寒さで凍結し、茎の裂け目から染み出てくると凍結して白く氷の花のように見えるものです。地中に水分がある時に氷点下の気温が続き、
朝の気温も氷点下の日に観察されます。雪が積もってしまうとみられません。
御岳山では12月が「氷の花」のピークです。

11/22にはカモシカも観察さました。
最近、よく出没するカモシカですが、体色が黒いためクマに間違われることもあります。

●野鳥
冬は、野鳥観察のベストシーズン。
山内では、カシラダカ、カヤクグリ、ジョウビタキ、ツグミ、アオジなどの冬鳥を見ることができます。
シジュウカラやエナガ、メジロ、コガラなどの混群も確認されています。

登山道

御岳山および大岳山周辺に大きな支障の連絡はありません。

<先週からの引き続きの注意>
●通行注意
・惣岳山付近 
伐採作業のため、誘導案内に従い、注意して歩いて下さい。
作業実施時期:平成29年2月~平成32年頃(予定)
※登山道等の詳細は、御岳ビジターセンターまでご確認下さい。

・大楢峠~鳩ノ巣間
越沢林道工事のため、大楢峠~鳩ノ巣間が車両通行止めとなります。
登山者は大楢峠からの迂回路(城山経由)をご利用下さい。
期間:平成29年10月2日~平成30年3月末まで
※登山道等の詳細は、御岳ビジターセンターまでご確認下さい。

・【かたらいの路羽村草花丘陵コース】
かたらいの路羽村草花丘陵コースは、台風21号の大雨による土砂崩落のため大澄山方面から浅間岳の区間が
通行止めとなっております。ご利用の皆様には大変ご迷惑をおかけいたしますが何卒よろしくお願いいたします。

●奥多摩エリアで「ピンクリボン」の目印について(御岳山周辺含む)
奥多摩エリアで「ピンクリボン」の目印は登山道以外の用途(仕事道)にもつけられています。
ピンクリボンを頼りに山行することは危険です。
先日、古里からの登山道で道迷いがありました。ご注意下さい。

装備

晩秋のハイキング装備、ルートによって登山装備が基本です。
防寒具はもちろんですが、手袋や帽子も欲しいところです。
寒暖の差が激しいので、気温の変化に対応できる服装でお越しください。
天気変わりやすいので、雨具はしっかりしたものを準備してください。
地図やライトはいつも用意しておきましょう。
登山靴で登りましょう。

注意

天気次第ですが土日休日は紅葉見物客で混雑します。御岳山が一年で一番混雑する時期です。
特にケーブル利用は混雑するので、早朝スタート予定でも待つことがあります。
駐車場は朝一番ケーブル前から満車状態です。

●日没が早くなっています。下山時間に注意。
14時半過ぎると、日の光は夕方を感じさせる斜光線です。
15時までには安全圏にいるようにしましょう。日没前か気温も下がります。
夏のつもりで行動することはやめましょう。ライトや防寒具の携行もお願いします。特にライトなしは危険です。
ケーブルカー利用の方は最終時間の確認を

●*山岳事故が多発しています
無理のない登山計画、十分な装備で安全登山をお願い致します

●クマに注意
・10月27日 大楢峠周辺で、ツキノワグマが目撃されました。
・7月19日 8時10分頃  大塚山、古里方面の巻道分岐付近にて、1頭
・5月4日 17時頃  JR御嶽駅から惣岳山の間にて、親子2頭。

その他のお知らせ

●御岳ビジターセンター
http://mitakevc929.ec-net.jp/
ビジターセンターにお問い合わせ頂ければ最新情報をお知らせします。
御岳ビジターセンター 電話0428-78-9363
ビジターセンターの開館時間 09:00~16:30
休館日 月曜休館 (但し祝日の場合はその翌日)、年末年始。
・ビジターセンター前の給水は休館日も利用できます。
・御岳周辺の地図も配布しています。

●イベント
詳細は http://mitakevc929.ec-net.jp/bosyuu.html

・自然教室 山の素材でナチュラルリースを作ろう!
実施日  12月16日(土)
ビジターセンターに集合した後は山の中をゆっくり散策しながらリースの素材探しへ。
可愛らしいツガやヒノキの実、そして松ぼっくりも。
散策後はビジターセンターでリース作りへ。クリスマスが待ち遠しくなるナチュラルリース作りです。
応募締切 12月4日(月)

・自然教室 冬の御岳山でバーナークッキング
実施日 2018年1月13日(土)
山登りでも、やっぱり温かく美味しいものを作って食べたい!
でも食材のパッキングが心配、できるだけ荷物は軽くしたい。
こんな問題を一気に解決します。
締切  2017年12月26日(火)

<ビジター周辺の情報>
●御岳登山鉄道(ケーブルカー)
https://www.mitaketozan.co.jp/
時刻表や、イベントなどの情報。

●武蔵国御嶽神社
http://musashimitakejinja.jp/

昨年の今頃の様子は? ※ 詳細は登録会員の方限定。 ⇒会員登録はこちら

御岳ビジターセンター周辺の最近の様子  ※ クリックすると拡大します

  • ケーブルカー御岳山駅付近 光にあたるとまだまだ綺麗です! 紅葉はお早めに。
  • ビジターセンターの窓からの景色 もう晩秋の雰囲気。窓からの野鳥の観察はしやすい!
  • カメバヒキオコシにできた氷の花 御岳山集落内で見られます。
  • カメバヒキオコシにできた氷の花
  • ケーブルカー御岳山駅からビジターセンターへの道の紅葉
モミジの紅葉はまだ見られます
  • 御岳山と奥の院 奥の院など標高の高い所は落葉しています
  • 蔵御岳神社の紅葉 燃えるような神社の赤と紅葉の赤が楽しめます。
  • 蔵御嶽神社の紅葉 緑・赤・黄色・オレンジ・茶色…なんてにぎやか!
  • 御岳渓谷の紅葉が見頃です
  • 御岳ビジターセンター前のオオモミジが見頃です。
  • 山の宝石 ツルリンドウの実
  • 山の宝石 オトコヨウゾメの実
御岳ビジターセンター

連絡先:0428-78-9363
営業期間
9:00~16:30(月曜日休館・月曜日が祝日の場合は翌日)
関連山域

ユーザーからの御岳山・大岳山周辺の情報

もっと見る

周辺の現地最新情報

  • 高尾ビジターセンター ~高尾山
    高尾ビジターセンター
    晩秋。今年は黄色に色づく木々がまだきれいに見られますが、それも今週いっぱいでしょうか。16時半にはライト必要な夕暮れです。
    17年12月05日(火)
    東京都奥多摩ビジターセンター ~奥多摩
    東京都奥多摩ビジターセンター
    紅葉はほぼ終わり、晩秋の趣。一年で一番日没が早い時期。日だまりハイクでも16時前の下山を。防寒に手袋や帽子の準備も。
    17年12月07日(木)
  • 雲取山荘 ~雲取山
    雲取山荘
    山荘前は積雪2cm。今冬水不足なので、水はできるだけお持ちください。
    17年12月12日(火)

関連のモデルコース

御岳ビジターセンター周辺の関連書籍

  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴のち曇
明後日

(日本気象協会提供:2017年12月12日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 生涯保証をうたう「ダーン タフ」など掲載中!
生涯保証をうたう「ダーン タフ」など掲載中! 抜群のタフさとクッショ性が特長のソックスブランド「ダーン タフ」など登山用ソックスを大特集!
NEW 3種の生地を使い分けた最強の行動保温着
3種の生地を使い分けた最強の行動保温着 保温性と通気性に、快適性までプラスした最強の行動保温「エイサームフーデッドジャケット」をワンゲル編集部がチェック!
NEW 雪が早い今年こそ! スノーシューで楽しもう
雪が早い今年こそ! スノーシューで楽しもう 用具レンタル、現地ツアーなどもあり、誰でも楽しめるスノーシュー。みなさんもトライしませんか?
NEW みなかみ町でスノーシューを満喫!
みなかみ町でスノーシューを満喫! 東京から1時間半、雪の多い谷川岳・水上エリアでは無数のフィールドでスノーシューが楽しめる。1月のイベントも注目!
NEW メリノウール製ミッドレイヤーをテスト
メリノウール製ミッドレイヤーをテスト 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載「山MONO語り」は、アイスブレーカーのミッドレイヤーを晩秋の奥秩父でテスト
NEW 遭難体験・ヒヤリハット体験のアンケート
遭難体験・ヒヤリハット体験のアンケート 日本大学工学部の嶌田研究室と共同でアンケートを行っています。安全登山の研究のために、ぜひご協力ください!
渋滞の心配なし! 駅から歩いてらくらく登山。
渋滞の心配なし! 駅から歩いてらくらく登山。 日没時間が早まる時期は、アクセス時間を減らして行動時間を長くするような登山にしたい。「電車で行ける・帰れる山」で時間を短...
いよいよ紅葉真っ盛りの高尾山
いよいよ紅葉真っ盛りの高尾山 都民の憩いの場として、登山者のみならず、多くの人を魅了する高尾山。その魅力がぎっしり詰まった「高尾山ナビ」に注目
日本昔ばなしで見た、あの山はここだ!
日本昔ばなしで見た、あの山はここだ! 山にはさまざまな伝説が残っている。山の名前の由来や、山にまつわる物語を紐解いてみると・・・。伝説・悲話・昔話の舞台となっ...
山形から行く飯豊山の山旅 レポート掲載
山形から行く飯豊山の山旅 レポート掲載 7月、4名のモニター参加者と飯豊山へ。急登から長く続く稜線、圧倒的なお花畑…、その魅力を充分に味わった山旅ルポ。
紅葉は山を下り、街でも色づく季節
紅葉は山を下り、街でも色づく季節 紅葉シーズンも最終盤。どんな秋の山を楽しみましたか? みなさんの秋の報告をご覧ください。
奥多摩の山々は秋から冬へ――
奥多摩の山々は秋から冬へ―― 首都圏からの登山者を満足させる地・奥多摩は、いよいよ紅葉は終盤。稜線上では霧氷が付く時期となってきた