登山記録詳細

バックカントリー
参考になった 2
烏ヶ山バックカントリー 烏ヶ山(中国・四国)
img

記録したユーザー

いずみやま さん
  • 日程

    2017年4月23日(日)

  • 登山口へのアクセス

    マイカー
    その他:ルート181号を勝山から新庄へ走り県道で蒜山に抜ける。内海峠を越えて下蚊屋から鏡ヶ成へ至る。奥大山休暇村の駐車場へ駐車する。

  • 天候

    快晴 6℃
    [2017年04月23日(日)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

鏡ヶ成Ⓟ8:30→8:31除雪ゲート→9:35尾根取付き9:45→10:30稜線上に到達→11:06ドロップポイント 昼食11:53→ドロップ→12:01カーラ谷下部→12:11夏道合流→12:27除雪ゲートへ下山→12:29Ⓟ  

3,993歩 3:56分
支度をしていたら、姫路から来られたお二人がバックカントリーSKIに来られた。ちょっと話をして出発する。舗装路を少し歩いて、除雪ゲートの横の残雪に取り付いた。

前回歩いたコース、雪のある所をよって登って行く。だいぶ雪が切れてきて、見通しよくルートを選択しないと、根曲がり竹の藪に突き当る。これから登るのはカーラ谷の植林帯の方がいいかもしれない。

今日のように青空が広がって明るい道なら、やはりブナの中が歩ける峠ルートが自分は好みだ。稜線から見た時カーラ谷を登ってこられるSKIヤーが見えたが、稜線に乗らないのであれば、カーラ谷を登る選択肢もあるのかな?

前回の経験から、4等三角点「西鴨」ピークの手前から谷筋を超えて稜線に続く尾根に取り付く予定。谷を詰めいよいよ尾根に取り付く。1,160m位9時50分だ。上着を脱ぎ、登行サポートをセットして、急な尾根筋に取り付いた。

格闘すること40分やっと1,300m付近の稜線乗った。最後はツボ足で登った。特に上部は急で斜面の幅もなくなり、斜行することさえ困難になるのだ。

稜線に乗るとすぐに南側の視界が開ける。先日滑った斜面が目の前だ。少し下って鞍部が前回ドロップ地点。今回はもう少し上からドロップしないと雪が無い。1段上に登るのだが、上部で雪が切れて夏道を利用しないと上に行けない。スキーのトップが両側のブッシュに絡まり、這いつくばって樹木のトンネルを潜る。

そしてもう1段上へ、夏道と雪の間に空間が出来始めていて足元の確保に注意が要る。本日のドロップポイント到着は10時58分。登り2時間半でした。

大山や矢筈ヶ山、南側の蒜山などを撮ってお昼。昼休憩を終えたとき下から姫路の2人パティ―が上がって来られた。少し話してからドロップイン。

斜面は急なうえに溝が出来てなかなか難しいシチュエーション。板が短く軽いので凸凹をよく拾う。慎重に横滑りを多用して落ちてゆく。

斜面が大きく傾斜があるのに斜度が感じられず、滑走が難しい。大きく斜行しながらシュテムターンで折り返しながら下って行く。

ほぼ下に着いた頃にしたから登ってきた単独スキーヤーとすれ違う。カーラ谷の底で、東へのトラバースに移り、2度ほど沢を渡って登った谷筋へ帰る。

後は尾根を下るだけなのだが、途中で谷筋に入ってしまった。狭い廊下状の谷を下り、どうなることかと心配したが、目の前に舗装路が見え、姫路のパーティーが帰って行くのが見えてほっとする。

最後に谷から笹薮をかき分けて除雪ゲーとの脇に飛び出した。車が数台止まっていて藪から飛び出し驚かせたかな?(◎_◎;)・・・下りは40分弱でした。

登山中の画像
登山画像
これから登る烏ヶ山
登山画像
林の向こうに烏ヶ山
登山画像
雪があるところを選んで登行
登山画像
オオカメノキの芽
登山画像
三角点ピークを右に見て尾根に取り付く
登山画像
尾根を登る
登山画像
大山が見えて来た
登山画像
途中まで登り振り返る
登山画像
稜線に乗る
登山画像
東大山が見える
登山画像
カーラ谷と鏡ヶ成 向こうに蒜山
登山画像
振子山から矢筈ヶ山
登山画像
谷を登って来るスキーヤー
登山画像
ドロップイン
登山画像
滑った斜面を見上げる
登山画像
帰り道 トラバース中
登山画像
今日の鏡ヶ成
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、ザック、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、帽子、グローブ、手袋、軍手、サングラス、地図(地形図・ルート図)、コンパス、メモ帳・筆記用具、腕時計、カメラ、ナイフ、修理用具、ツエルト、ホイッスル、ファーストエイド・医療品、熊鈴・熊除けスプレー、ロールペーパー、テーピングテープ、トレッキングポール、GPS機器、ストーブ、燃料、カップ、コッヘル、アウタージャケット、スコップ、プローブ・ゾンデ
この山行で使った山道具
参考になった 2

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

いずみやまさんの登山記録についてコメントする

関連する現地最新情報

  • 休暇村 奥大山~大山
    休暇村 奥大山
    登山はさまざまな感染症対策と空符をしましょう。大山ユートピア登山道は一部要注意
    20年05月29日(金)

いずみやま さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 2

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇時々晴
明後日

曇時々晴
(日本気象協会提供:2020年6月1日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW ストレスフリーの着心地!モンチュラの軽量レインジャケット
ストレスフリーの着心地!モンチュラの軽量レインジャケット しなやかな生地感と袖の立体裁断が特徴の「パックマインドジャケット」をワンダーフォーゲル編集部がチェック!
NEW 4つの脚の高さを自在に変えられるULテーブル
4つの脚の高さを自在に変えられるULテーブル 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載。「factory-b」というブランドのULテーブル。不整地でも水平を作れるその仕組とは...
保温力・保冷力を活かし「サーモス」で山ごはん!
保温力・保冷力を活かし「サーモス」で山ごはん! 真空断熱の保温・保冷力を活かした「山ごはんレシピ」。多くの方からレシピのアイディアを投稿いただきました!
NEW 関東近郊で楽しむ高原ハイキング
関東近郊で楽しむ高原ハイキング 初心者やファミリーでも山歩きを気軽に楽しめる長野・群馬・栃木の高原6選
登山は「下山」してからが楽しい!?
登山は「下山」してからが楽しい!? 登山後、すなわち下山後の楽しみの1つが山麓グルメ。ご当地名物料理から、鄙びた食堂の普通の料理まで、その楽しみ方を指南!
身近な花の物語、知恵と工夫で生き抜く姿
身近な花の物語、知恵と工夫で生き抜く姿 『花は自分を誰ともくらべない』の著者であり、植物学者の稲垣栄洋さんが、身近な花の生きざまを紹介する連載。
理論がわかれば山の歩き方が変わる!
理論がわかれば山の歩き方が変わる! 山での身体のトラブルや疲労の多くは、歩き方の密接に結びついている。あるき方を頭で理解して、疲れにくい・トラブルを防ぐ歩行...
山岳防災気象予報士が教える山の天気
山岳防災気象予報士が教える山の天気 気象遭難を避けるためには、天気についてある程度の知識と理解は持ちたいもの。登山が知っておくべき、山と天気の関係を解説。
登山ボディをしっかり作って山へ!
登山ボディをしっかり作って山へ! 身体のリセット・メンテナンスの面から登山のトレーニングを指南。登山のための身体づくりを目指そう!
知らないと損する山岳保険の知識
知らないと損する山岳保険の知識 自立した登山者なら必ず加入しておきたい「山岳保険」、その内容や詳細について、どれだけの人が知っているでしょうか?
サクラ咲く山で花見登山! オススメ桜の名所の山
サクラ咲く山で花見登山! オススメ桜の名所の山 街でサクラが散るころに始まるサクラの花見登山。山の斜面をピンク色に染める、桜の名所の登山ポイントを紹介
花の季節の前奏曲、カタクリの花が咲く山へ
花の季節の前奏曲、カタクリの花が咲く山へ 種から7年目でようやく花咲く、春を告げる山の妖精――。ひたむきで美しいカタクリの群落がある山を紹介!