登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 3
玉置山(修験道結願の山) 玉置山(東海・北陸・近畿)
img

記録したユーザー

うめぞー さん
  • 日程

    2017年5月3日(水)

  • パーティ

    2人 (うめぞー さん 、ほか1名)

  • 登山口へのアクセス

    マイカー
    その他:マイカーにて折立(十津川村)バス停前にある南都銀行を左に入って少し進むと右側に駐車場があるので駐車して前の道を上り方向に進んで行くと竜王社がある、そこから400m先の左側に登山口がある。

  • 天候

    曇り
    [2017年05月03日(水)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

駐車場(9:30)・・・竜王社(9:50)・・・登山口(10:00)・・・玉置神社駐車場(11:30)・・・玉置神社(11:50)・・・玉置山山頂(12:20)・・・玉置神社駐車場(13:30)・・・竜王社(15:00)・・・駐車場(15:30)


総距離 約11.2km 累積標高差 上り:約1,353m
下り:約1,353m
今回はGWを利用していつもの友人と大峰奥駆道最終目的地とされる玉置山(玉置神社)に行ってきました。
ここを修験道の方は結願点(けちがんてんと読みます。)と呼び修行の最終日と定めたところから今回のタイトルにさせていただきました。
太古の時代から変わることのない原生林に覆われた山はとても素敵な山でした。
それではコース案内です。
マイカーで移動するのが一番良いのですがマイカーでは無理だという方のために行き方を公共交通機関での方法をお伝えしておきます。
ただし、この方法では日数が必要になります。
大和八木駅(近畿鉄道)から新宮行き特急バスに乗り、折立(おりたちと読みます。)バス停下車、南都銀行の左手から舗装路を上がって行きます。(玉置神社の看板があります。)
ただしバスだと約4時間ほどかかるので十津川温泉あたりで前泊してタクシーかバスで折立バス停に朝早く行くほうがいいでしょう。
マイカーの場合は同じく南都銀行の左側から入ったすぐ先に駐車場があるので停めさせていただきましょう。(右側に上下2箇所あります。)
ちなみにこのルート、急登続きなのとエスケープルートが一切ないのと山頂からの公共交通機関がないので完全な自己責任になります。
今回は出来るだけ詳細に紹介したいと思いますがガイドブックのコースタイムが7時間30分になっているので足腰に自信のない方は出来るだけ早朝からトライしてください。
駐車場で用意を済ませた我々は9時半頃に出発します。
ちなみにですが京都からならだいたい6時くらいに出れば3時間半ほどで着きます。
(若干の寄り道を含むので休憩しなければもう少し早いかもしれません。)
ただし、このあたりには一切トイレがありませんので手前の道の駅などで済ませておきましょう。(前泊なら宿で必ずです。)
駐車場の前の道(南都銀行からの続きの道)をひたすら上がります。
しばらくはアスファルトの坂道なのでゆっくり進んでください。
しばらく進むと目の前に竜王社と呼ばれる社があります。
山行の安全祈願を済ませ右横にある滝を見学します。(八大竜王様が祀られています。)
竜王社の右側にある橋にここから400mで登山口とあるので従い、橋を渡って進みます。
しばらく道なりに進むと左側に道標とともに登山口が現れます。
ちなみにここまでのアスファルトは車で玉置神社に行く人が通るので車には気をつけてください。(ほとんどが観光客なので道になれておられません。)
登山口は狭くて人一人がやっとの道なので一列で歩いてください。
ここからいきなり結構な上り坂になるので気をつけてください。
しばらく進むと車道と交わる地点につきます。
ちゃんと周囲を見ていると木の看板で「登山道は10m右から続く」と書かれているので従い車道を斜めに渡った先にある石段(道標もあります。)を上がります。
ここからさらに道は狭く足場も悪くなるので気をつけてください。
しばらく進むと道標もありますが十津川老人クラブが作成した味のある看板に従い、左に進みます。
ほんの少しだけ林道と交わりますがすぐに道標に導かれ急登が始まります。
ここからはしょっちゅう林道(作業道)と交わったり林道自体を歩いたりしますが基本車は作業車しか来ないような道(それも滅多に来ない)ですし道自体が土の道なので快適に歩くことができます。
ただし、道標も手作りの折立⇔玉置山みたいなものしかないので見落とさないようにしてください。(勘違いもしやすい看板がありますので気をつけてください。)
急登を抜けたらしばらくは林道を歩きます。
ここが唯一気が休まる道かもしれません。
道幅も広いですし歩きやすく斜度もそれほどではありません。
しばらく林道を歩くと大きく右に曲がるところに道標が二つあります。
一つは上側に←玉置山 折立→とあり下側には作業道(玉置山)→とあります。
ここは写真にもアップしておきますが林道ではなく杣道のような上へ上がる道を選択してください。(不安になると思いますがこの道が正解です。)
道は相変わらず狭いですし危なっかしい場所が連続しますが我慢して進んでください。
道標もしっかりありますので(手作りのですが)道標を信じてください。
本当に林業の方の道のような道をひたすらあがります。
しばらく進むとまた作業道(林道)に交わるのでしばらくは作業道に付き合います。
そこから少し進んだ先から折立中学校の生徒会の方が作成されたお手製の看板が現れます。
都合3箇所ほどに設置されているのですがとても癒されますし距離が明確です。
本当にありがたいので大切にしていきたいものです。
ここからも本当にいいのかな?と思うような道ですが生徒会の道標に従い進みましょう。
しばらく進むと2回目の生徒会道標があります。
道は一本道ですが相変わらず狭くてこのあたりは崖に向かって斜めになっているため足を滑らせると場所によってはかなり危険です。
命の危険はあまりないでしょうが大怪我をする可能性はあります。
そこからしばらく進むと車道が見えてきます。
上に上がる道と斜め左に下る道がありますがどちらでも同じ場所に出ます。
上がるといってもほんの少しなのでここは疲れていても上がりましょう。
唯一ここにだけある丁石を拝見し、高台になっているので景色も眺めることができます。
堪能したら階段を下りて車道を渡ります。(横断歩道がないので車に気をつけてください。)
渡った先にある階段を上ったらそこからは気持ちのいい山道となります。
足場を気にすることもなく快適に進んでいくとまた車道に出ます。
右は駐車場(第二駐車場)なので左に進みます。
ほんの少し進んだ先が玉置神社の駐車場となり、すぐ右側にトイレがあります。
駐車場からの景色が素晴らしいので少しの間眺めます。
駐車場を抜けた先が玉置神社の入口となり大きな鳥居があります。
ただ、ここから本殿まではかなりありますので安心はできません。
最初こそ平坦な道ですが途中にある山の神が祀られた祠を越えた先から道は二手に分かれます。
右の道が一般的な参詣道でおすすめはこちらからですが疲れた方や足の悪い方は左の平坦な道から境内に入るといいでしょう。
右の道はいきなり階段の下りになります。
帰りのことを考えると憂鬱になるかもしれませんが上りが苦手な方は行きは一般道から帰りは平坦な道(この平坦な道は足の悪い方用なので車が通る場合があります。)からというパターンもあります。
最初から杉木立で大きな杉に圧倒されながら進んでいくと左側に神代杉が見えてきます。
境内からすぐそばに行くことが出来るのでやり過ごして進みます。
境内に入る手前に奈良県最大の大杉という看板があるので見に行きます。
結構な斜度の階段を下りていくので疲れた方はスルーしてもいいですが一見の価値はあります。
境内に戻ったらいよいよ玉置神社に参拝します。
ちなみに玉置神社は拝観料無料ですが社務所にある杉の一枚板に書かれた花鳥図を拝見するのには300円必要です。
本殿にお参りし神代杉を拝見し、御朱印もいただいた我々はいよいよ山頂に向かいます。
山頂へは三柱社、玉石社を経て進んでいきますが道は結構急登なので気をつけてください。
玉石社を越えて少し行くと道が左右に分かれていますがどちらでも大丈夫です。
まあ、基本は右回りなので右側から登頂し左側から降りる方がいいのではないかと思いますが人それぞれなので好きな方から進んでください。
分岐からしばらく進むと大峰奥駆道の道標があり、右側が広場になっています。
一等三角点、標高道標、沖見地蔵尊、平和の鐘などがある標高1076mの玉置山山頂です。
ほんの少し開けた場所から景色を眺めることができますが360°というわけではありません。
残念だったのはこの時期、シャクナゲの咲く時期なのですが少し早かったのかまだ咲いていませんでした。(シャクナゲで有名な山なんです。)
山頂の邪魔にならない場所で食事をいただき、元気が出た我々は来た道を引き返します。
上りと同じルートですが下りはさらに慎重に進んでください。
無事に下山した我々は早々と宿に入り温泉で疲れを癒して次の日の計画を立てます。
次の日は大日峠越えです。(熊野古道)
大日峠越えは別に紹介します。

登山中の画像
登山画像
よく見ないと埋もれていますがまずは玉置神社方…
登山画像
駐車場はこんな感じです。
登山画像
しばらくはアスファルトの道を進みます。
登山画像
玉置神社方面の看板があります。
登山画像
竜王社が見えてきました。
登山画像
竜王社のとなりにはこんな素敵な滝があります。
登山画像
竜王社に祭祀されているのは八大龍王様です。
登山画像
竜王社のとなりの橋にやっと登山口の情報が記載…
登山画像
この橋から約400m先に登山口があります。
登山画像
登山口には道標があります。
登山画像
登山道はこんな感じの狭い道です。
登山画像
一回だけは車道と交わるので注意が必要です。
登山画像
この看板を見て登山道を確認してください。
登山画像
次の登山道です。結構キツい上りです。
登山画像
登山道はこんな感じなので注意が必要です。
登山画像
基本の道標です。
登山画像
老人クラブが作成した道標は味があります。
登山画像
老人クラブの道標に従いこちらへ進みます。
登山画像
基本、山歩きはルートを正確に進むことが大切な…
登山画像
標高は1000m程ですが意外と急登が続きます。
登山画像
道は整備されているわけではないので足元注意し…
登山画像
林道と交わる場所もあるので間違えないようにし…
登山画像
この辺りからこんな感じの道標が主になります。
登山画像
林道(作業道)も時々歩くことになります。
登山画像
林道を歩く間はこんな感じで道標が示唆してくれ…
登山画像
山道は狭く危険な道なので林道を歩く間はホッと…
登山画像
道標が林道を示唆している間は林道を歩いてくだ…
登山画像
この辺りはしばらく林道歩きです。
登山画像
この道標をよく覚えて置いてください。上の道標…
登山画像
こちらに進むと林道歩きになるので間違えていま…
登山画像
一見すると違うように思いますがこちらが正しい…
登山画像
こんな道なので不安になると思いますが正しいル…
登山画像
崖を切り開いたような道です。
登山画像
まるで杣道のようです。
登山画像
道標があるので安心できます。
登山画像
少しでも道幅があると安心できます。
登山画像
作業道と書かれていますが登山道です。
登山画像
作業道という名の林道が続きます。
登山画像
折立中学校の作成した道標があります。
登山画像
先程の道標が無ければこんな道が登山道とは思わ…
登山画像
2回目の折立中学校の道標です、癒されます。
登山画像
一見すると普通の山道ですがよく見ると斜めにな…
登山画像
写真では分かりにくいですが足が滑りやすい道で…
登山画像
だんだん狭くなってきました。
登山画像
前方が開けてきました。
登山画像
道標に従い上に上がりましょう。
登山画像
上った先にはここにしかない丁石があります。
登山画像
道標に従い今度は階段を下ります。
登山画像
階段を下った先は車道なので車に注意して渡りま…
登山画像
今度は階段を上がります。
登山画像
階段の上からこんな景色を見ることができます。
登山画像
ここからはやっと山道らしい良い道です。
登山画像
道標から先は駐車場です。
登山画像
こちらへ進みます。
登山画像
こちらは第二駐車場です。
登山画像
意外と駐車場からこんな景色が楽しめます。
登山画像
玉置神社の入り口に着きました。
登山画像
入り口にある案内看板ですがあまり役には立ちま…
登山画像
玉置神社の一の鳥居です。
登山画像
山の神様が祀られています。もちろんご挨拶しま…
登山画像
鳥居のある方が一般参詣道です。左側は足の悪い…
登山画像
神社への道です。素敵な道です。
登山画像
この辺りは杉の群集地となっています。
登山画像
神代杉が見えてきました。
登山画像
間近で見るとど迫力です。
登山画像
境内に入る前に大杉を見に行きます。
登山画像
大杉です。この木もまたど迫力です。
登山画像
奈良県下最大の杉だそうです。
登山画像
巨木好きな私はテンション上がりまくりです。
登山画像
素晴らしい大木がそこら中にあります。
登山画像
こちらも巨木なのに名前はありません。
登山画像
巨木を堪能したらいよいよ玉置神社に入ります。
登山画像
見てください、こんな迫力のある木がそこら中に…
登山画像
大杉は大きくて全体を写し出せませんでした。
登山画像
何回も振り返るほど心を奪われる大木です。
登山画像
玉置神社の説明看板です。
登山画像
玉置神社です。
登山画像
神代杉の前に夫婦杉を拝見します。
登山画像
夫婦杉も迫力があります。
登山画像
神代杉が見えてきました。
登山画像
神代杉は樹齢3000年を優に超えているので柵で保…
登山画像
さあ、山頂に向かいましょう。
登山画像
こちらは玉石社にある大杉です。
登山画像
玉石社には色々な伝承があります。
登山画像
ご親切にどちらでもいいと書かれています。
登山画像
我々は右からトライします。
登山画像
山頂に到着しました。
登山画像
山頂にはお地蔵様が鎮座されています。
登山画像
山頂からの景色です。
登山画像
この道標は大峯奥駈道の道標です。
登山画像
山頂は結構広いですが休憩は違う場所の方が迷惑…
登山画像
標高石柱です。
登山画像
お地蔵様の前には平和の鐘があります。ちなみに…
登山画像
頂上で昼休憩を終えた我々は左から下ります。
登山画像
行きに上った右側の道が見えてきました。
登山画像
行きは観光客がたくさんいたので撮れませんでし…
登山画像
玉石社前です。
登山画像
玉石社も巨木が聳えています。
登山画像
玉石社の巨木です。
登山画像
登山道はこんな感じです。
登山画像
結構キツいのでゆっくり進んでください。
登山画像
神域の中にある山道は身が引き締まる思いです。
登山画像
下りてきた道を振り返ります。
登山画像
杉の木の根元に夫婦地蔵様が祀られています。
登山画像
山道にある鳥居が幻想的です。
登山画像
なんとも愛らしいお地蔵様が鎮座されています。
登山画像
こちらの社は水神様が祀られています。
登山画像
こちらは三柱社です。
登山画像
玉置神社の境内にある案内看板の方がよく分かり…
登山画像
境内を抜けて参詣道を進みます。
登山画像
この辺り一帯は県指定の天然記念物に指定されて…
登山画像
神代杉にさようならと挨拶します。
登山画像
この木も名前はありませんがかなりの大木です。
登山画像
参詣道の帰り道は上りです。
登山画像
参詣道の入り口まで戻ってきました。
登山画像
杉の巨樹群の石碑です。
登山画像
この岩は実は溶岩です。
登山画像
先程の溶岩の説明看板です。
登山画像
説明看板を見てから改めて見ると迫力があります。
登山画像
よく見ると確かに溶岩のようです。
登山画像
名残惜しいですがそろそろ下山します。
登山画像
山の神様に感謝して下りて行きます。
登山画像
杭状溶岩の石碑です。
登山画像
この日は終日曇りでしたがそれなりに景色を楽し…
登山画像
分岐の丘が見えてきました。
登山画像
帰路は急坂を下りますので注意が必要です。
登山画像
よく見ると確かに急登だったのが分かります。
登山画像
行きと違って帰り道は道標を見落とさないように…
登山画像
注意が必要な場所をアップしておきますので参考…
登山画像
ここも見落とさないように注意してください。
登山画像
折立中学校の道標に癒されます。
登山画像
すごく綺麗な木がありました。
登山画像
切り落ちた方へは足を滑らさないように注意して…
登山画像
林道から急に山道に入るので道標を見落とさない…
登山画像
例えばこんな感じです。左側に入ります。
登山画像
疲れた足には厳しい下りが続きます。
登山画像
無事に下山して今日歩いた山を振り返ります。お…
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、防水スタッフバック、スパッツ、ゲイター、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、傘、タオル、防寒着、帽子、グローブ、手袋、軍手、サングラス、着替え、地図(地形図・ルート図)、コンパス、メモ帳・筆記用具、腕時計、カメラ、登山計画書(控え)、ナイフ、修理用具、ツエルト、健康保険証、ホイッスル、ファーストエイド・医療品、虫除け・防虫薬品類、ロールペーパー、非常食、行動食、テーピングテープ
この山行で使った山道具
参考になった 3

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

うめぞーさんの登山記録についてコメントする

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

うめぞー さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 3

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇時々晴
明後日

(日本気象協会提供:2020年4月6日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW グレゴリーの中・大型ザック「スタウト&アンバー」モニター募集!
グレゴリーの中・大型ザック「スタウト&アンバー」モニター募集! 背面長が無段階に調整できる「スタウト&アンバー」がアップデートにより快適性が向上!モニター4名を募集します
NEW 好日山荘で聞いた! グレゴリーバックパックの選びかた
好日山荘で聞いた! グレゴリーバックパックの選びかた 銀座 好日山荘のスタッフに、グレゴリーの登山用ザックについて、それぞれの特徴を聞きました。ザック選びの参考に!
NEW 新しい「トレントシェル」をフィールドテスト
新しい「トレントシェル」をフィールドテスト パタゴニアの定番レインウェア「トレントシェル」が、3層生地で耐久性アップ! 山岳ガイド佐藤勇介さんがフィールドでテスト
NEW マウンテンハードウェアの最新ウェアを試す!
マウンテンハードウェアの最新ウェアを試す! 高橋庄太郎さんの「山MONO語り」。今回はアクティブインサレーション「コアシラスハイブリッドフーディ」をレポート
NEW 海を渡り、山に登ろう。いざ、島の山へ
海を渡り、山に登ろう。いざ、島の山へ 全国各地の島の山から6山を厳選して紹介! いざ、海を渡り、山へ。
登山は「下山」してからが楽しい!?
登山は「下山」してからが楽しい!? 登山後、すなわち下山後の楽しみの1つが山麓グルメ。ご当地名物料理から、鄙びた食堂の普通の料理まで、その楽しみ方を指南!
安全登山に向けて、これからの登山情報収集術
安全登山に向けて、これからの登山情報収集術 ITジャーナリスト、山岳ガイド、書籍の著者の方々に話を聞きながら、安全に山を登るための情報収集の方法について、改めて考え...
サクラ咲く山で花見登山! オススメ桜の名所の山
サクラ咲く山で花見登山! オススメ桜の名所の山 街でサクラが散るころに始まるサクラの花見登山。山の斜面をピンク色に染める、桜の名所の登山ポイントを紹介
花の季節の前奏曲、カタクリの花が咲く山へ
花の季節の前奏曲、カタクリの花が咲く山へ 種から7年目でようやく花咲く、春を告げる山の妖精――。ひたむきで美しいカタクリの群落がある山を紹介!
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山 のどかな里山を囲むように山々が連なる、埼玉県南西部・秩父・奥武蔵の山々。
春、花に会いに低山へでかけませんか?
春、花に会いに低山へでかけませんか? 暖かくなって、春の芽吹きが始まります。風のさわやかな低山を歩き、春を感じてみましょう。春を告げる花があなたを待っています...
春~初夏にツツジがキレイな山
春~初夏にツツジがキレイな山 花数が多いうえに花も大振りで存在感がある山、ツツジ。一斉に咲くと、ピンク、赤紫、白などの色が山の斜面を染める。