登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 0
上野登山口から往復 伊吹山(東海・北陸・近畿)
img

記録したユーザー

ヤス さん
  • 日程

    2017年5月20日(土)

  • パーティ

    4人 (ヤス さん 、ほか3名)

  • 登山口へのアクセス

    マイカー
    その他:名神高速道路の関ヶ原ICより国道365号線を経由して、三之宮神社を目標に約20分走る。

  • 天候

    快晴
    [2017年05月20日(土)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

上野登山口(トイレ有り 9:00)・・・三合目(トイレ・休憩所有り 10:20)・・・五合目(11:00)・・・山頂(トイレ有り 12:40)
昼食休憩後(14:00)…五合目(15:20)・・・三合目(15:50)・・・上野登山口(16:50)。


総距離 約8.9km 累積標高差 上り:約1,180m
下り:約1,180m
上野登山口より往復。
3年前の4月19日に一度、上野登山口から登ったが、その時は気温もまだ高くなく、また花にはまだ早かったせいか、登山者も少なかった。
今回は5月だというのに平地では30℃を超え、往復の登山道で強い日射を受けた。上野登山口のある三之宮神社周辺は登山者で混雑しており、登山道の渋滞も覚悟したが、流れはスムーズであり、また空気が乾燥していたせいか蒸し暑さはなく汗もほとんどかかず、快適な登山であった。

【駐車場】
登山口のすぐ前の駐車場は約10台駐車可の狭い駐車場で、大多数の登山客は、三之宮神社周辺に多く点在する、自宅庭を駐車場に提供している民間駐車場に駐車することになるが、当日8時半過ぎには多くの駐車場がすでに満車状態だった。我々パーティは、登山口まで徒歩数分の500円/日の民間駐車場にわずかの空きを見付け駐車出来た。

【登山道】
 コース案内板などが整備されており、登山者も多いので道迷いする心配はない。
 登山道は、こぶし大やそれより大きい石がごろごろしており、坂道では滑り易い箇所も多いが、足元さえしっかり確認して歩けば危険個所はほとんどない。五合目からのジグザクの急坂がきついが、休みながらゆっくり歩けば、比較的気軽に登れる山だと思う。
 ベンチ、トイレを設けた休憩場所も一合目、三合目、五合目等に設けられていて、普段山登りをしていない人でも、適度に休みながら自分のペースで登頂できると思う。

 一合目までは樹林帯の中を歩くが、その先はスキー場のゲレンデの端を二合目まで歩き、更にその先、頂上までほとんど日影がないので、帽子等しっかりとした日除け対策が必要。その反面、米原市内、長浜、琵琶湖方面の眺望が非常に良かった。
 
【花など】
 登山道の両脇に、小さな紫のスミレの他、黄色い花のキジムシロ、キンバイソウ、紫のヤマエンゴサク、白いニリンソウなどがたくさん咲いていた。この季節だからなのか、背丈が低く花径が小さい種類の花が中心で、まだ「地味な花畑」という感じであった。

【山頂】
 登山道から3時間40分歩いて山頂部に到着。日本武尊(ヤマトタケルノミコト)の像の周辺を中心に登山客がたくさん居たが、山頂部は広い台地上になっていて、木製ベンチも多数設けられているので、それに座ってゆっくり昼食が食べられた。
 売店(山頂山小屋)も何軒かあり、伊吹そば、ソフトクリーム、まろやかな味の命水コーヒー、ビールなど何でもある。
 
 我々パーティは、日本武尊像から少し離れた一等三角点を囲んで登頂記念集合写真を撮ってから、近くのベンチで昼食。山小屋の売店と山頂部で時間を過ごした後、山頂から約2時間50分で上野登山口に戻った。
 気温は高かったものの空気が乾いていて、心地良い感じで、爽快な登山を楽しめた。

帰路、登山口から近い、伊吹薬草の里文化センターの日帰り入浴に寄ってさっぱり出来た。登山帰りに寄る人が多いようで、混雑していた。大人600円。

登山中の画像
登山画像
駐車場からも伊吹山が見える(中央の台形の山)
登山画像
上野登山口そばの三之宮神社では境内で待ち合わ…
登山画像
三之宮神社そばの登山口。山頂まで6kmと表示され…
登山画像
最初は石がごろごろした林の中の登山道を進む。
登山画像
登山口から30分ほどで一合目に到着。スキー場の…
登山画像
三合目の休憩所(トイレもある)から、五合目に…
登山画像
五合目休憩所に向かう途中、三合目休憩所を振り…
登山画像
五合目休憩所から山頂部とその手前の避難小屋を…
登山画像
急坂のジグザク道の途中にある避難小屋で一休み。
登山画像
八合目通過。ジグザグ道はまだまだ続くが山頂ま…
登山画像
小さなスミレが登山道脇にたくさん咲いていた。
登山画像
山頂手前からの下を眺める。ここまで通過してき…
登山画像
往路は、登山口から3時間40分で山頂一等三角点に…
登山画像
日本武尊さんに3年ぶりに再会。
登山画像
面白い花の形のヤマエンゴサク(山延胡索)
登山画像
たくさん咲いていたニリンソウ
登山画像
復路は、頂上から2時間50分で上野登山口に無事に…
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、スパッツ、ゲイター、傘、タオル、防寒着、帽子、着替え、地図(地形図・ルート図)、メモ帳・筆記用具、腕時計、カメラ、健康保険証、ファーストエイド・医療品、ロールペーパー、非常食、行動食
参考になった 0

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

ヤスさんの登山記録についてコメントする

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

ヤス さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 0

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇時々晴
明後日

(日本気象協会提供:2019年3月21日 11時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 小雀陣二さんも納得! グレゴリー最新モデル 
小雀陣二さんも納得! グレゴリー最新モデル  通気性を重視したグレゴリーの「ズール(ZULU)」がアップデート。背面やポケットなど、小雀陣二さんがチェックしました!
NEW カリマーの定番リュックがリニューアル!
カリマーの定番リュックがリニューアル! 新しくなったカリマー「リッジ」はどこが違う? ポケットの刷新やカラーの新調など注目ポイントをチェック!
NEW 軽量アウターシェルを復刻! サンダージャケット
軽量アウターシェルを復刻! サンダージャケット マーモットからこの春に登場する「サンダージャケット」は、90年代のモデルを元に、最新の素材・技術で復刻! 詳しくはこちら
NEW 週末+1日で別世界へ! トレイル天国・香港の旅
週末+1日で別世界へ! トレイル天国・香港の旅 香港が「トレイル天国」って知ってましたか? たった3日間の休みで海外トレッキングを堪能できる香港の山旅、その魅力を紹介!
NEW MSRのスノーシューを、湯ノ丸山でチェック!
MSRのスノーシューを、湯ノ丸山でチェック!	高橋庄太郎さんの「山MONO語り」。今月は、ラチェット式で着脱便利、登り下りも良好なMSRのスノーシューを湯ノ丸山で試す...
花の季節の前奏曲、カタクリの花が咲く山へ
花の季節の前奏曲、カタクリの花が咲く山へ 種から7年目でようやく花咲く、春を告げる山の妖精――。ひたむきで美しいカタクリの群落がある山を紹介!
サクラ咲く山で花見登山! オススメ桜の名所の山
サクラ咲く山で花見登山! オススメ桜の名所の山 街でサクラが散るころに始まるサクラの花見登山。山の斜面をピンク色に染める、桜の名所の登山ポイントを紹介
登山者はどんなカメラを使って何を撮ってる?
登山者はどんなカメラを使って何を撮ってる? 山で美しい景色の写真を撮るために、どんなカメラを使ってるのか? 撮った画像はどうしてる? 登山者のデジカメ事情意識調査!
NEW 特集 スノーシューで雪山を楽しもう!
特集 スノーシューで雪山を楽しもう! 冬到来、雪の山をスノーシューで楽しんでみては? スノーシュー体験ルポや、エリアガイド、スノーシューツアーも紹介!
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山 のどかな里山を囲むように山々が連なる、埼玉県南西部・秩父・奥武蔵の山々。冬から春は、とく魅力がタップリ!
YAMASTAデザインスタンプコンテスト
YAMASTAデザインスタンプコンテスト 登山の記念にチェックイン! 山のスタンプラリーアプリ「ヤマスタ」。あなたのデザインが山のスタンプになります!
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ 日本全国にはその数は50以上あるともいわれる「ご当地アルプス」。本場を彷彿とさせる!?