登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 3
三方崩山 三方崩山(東海・北陸・近畿)
img

記録したユーザー

おこじょ さん

この登山記録の行程

07:21 登山口
08:09 標高1244m 見知らぬ分岐点
08:27 標高1372m 残り2.8kmの看板
08:53 標高1624m 樹林帯を抜ける
09:45 標高1956m 痩せ尾根が度を増してくる
10:24 三方崩山頂上
11:00 下山開始
12:01 標高1956m 樹林帯に入る
13:22 登山口

~DIY GPS データ~
平面距離 8.7km
沿面距離 9.4km
記録時間 06:19
最高高度 2077m
最低高度 812m
累計高度(+) 1415m
累計高度(-) 1415m
平均速度 1.4km/h
最高速度 6.5km/h


総距離 約8.7km 累積標高差 上り:約1,409m
下り:約1,436m
 人形山に行く気満々で計画したこの山行。登山口がある田向に着いたら、登山口までの道が、工事で車両通行止めだった…。しかも林道を入ってすぐ。ここで車を止めて歩いて行こうとなると、結構な距離を歩いて行かなければいけない。人形山を泣く泣く諦め、以前から登りたかった三方崩山に決定。三方崩山の登山口まで156号を引き返した。

 道の駅飛騨白山の道路の向かいにある林道に入り、ダート道を、九十九折で登っていく。この九十九折が結構な急カーブで、切り返さないと曲がりきれなかった。まもなくコンクリートの壁が目立つ登山口に出る。車は五台ほど停めれるスペースがあるが車は一台もない。

 登山口を入って直ぐは道が分かりにくいが、すぐにしっかりした道に出る。始めはブナの森を九十九折に登る。登山道は落ち葉が堆積した段差のない道。虫も出始め、小さなハエに集られながら進む。クマが居そうな雰囲気満点で鈴を鳴らしまくった。

 九十九折が終わり、尾根に出る。尾根道は、始め緩やかに登るが、1372m越えたあたりから、急坂になる。この急坂がなかなか応える。ゆっくりと息が上がる手前のペースで登った。

 樹林帯を超えると、三方崩山が初めてその雄姿を見せる。まだ遠い…。そして道が左右崩落した痩せ尾根になる。緊張が走る…。期待と不安が押し寄せる。不安の方が多かったかなぁ…。

 急登の場所にはロープと鎖があり、問題なく進める。道もしっかりと整備してあり進みやすい。高所になれてくると、だんだんと楽しくなってきた。景色も素晴らしい。天空の散歩のようだ。遠くに別山、御母衣湖、そして、今日登るはずだった人形山が望めた。登山道に雪渓は無く、その心配もなくなった。

 痩せ尾根を四十分ほど歩いたあたりから、油断のできないナイフリッジの場所が出てくる。緊張が走る…。この日風が吹いたりやんだりしていたが、暴風の時は厳しいと思う。高所恐怖症の人や登山初心者の人も恐怖心でいっぱいになると思う。滑落したらまず命はない。

 山頂付近は針葉樹林帯になっている。頂上は見晴らし抜群。この日霞んでいたが、北アルプス、御嶽山が望めるらしい。歩いてきた痩せ尾根が見渡せる。そしてここも絶壁…。隣の奥三方山へはクマザサが生い茂っていて登山道がない。

 痩せ尾根を下る途中、雨が降ってきた。樹林帯では、落ち葉が堆積した坂道なので、滑りに滑った。

 山名通りの三方が大崩落しているこの山。スリルを求めたい人には、うってつけの山だと思う。白山地帯特有の植物も見られ楽しませてくれる。人形山には、いつ行けるかな…

登山中の画像
登山画像
登山口
登山画像
ブナ林をクマ鈴ならしながら進む
登山画像
ブナ林を越え三方崩山が現れる
登山画像
道が痩せ尾根になる
登山画像
イワカガミ
登山画像
気持ちい尾根歩き
登山画像
振り返ると歩いた尾根
登山画像
急登には鎖があり安心
登山画像
オオバキスミレ
登山画像
小さな上り下りを繰り返し頂上を目指す
登山画像
もう少し…
登山画像
コバイケイソウまだ早い
登山画像
慎重に
登山画像
頂上付近は針葉樹林帯
登山画像
頂上のスペース
登山画像
頂上から歩いてきた尾根が見渡せる相当な痩せ方…
登山画像
青文字が映える
登山画像
下山開始ここを落ちると大白川までいってしまい…
登山画像
下山時も油断ならない…白ガレナイフリッジ
登山画像
油断できないナイフリッジ
登山画像
これは…
登山画像
ムラサキヤシオツツジ
登山画像
下山途中雨が降りだす
登山画像
完璧な造形…
登山画像
到着!
参考になった 3

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

登った山

おこじょ さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 3

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

明後日

(日本気象協会提供:2019年7月19日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 吸汗・拡散・速乾! finetrackのドラウトゼファー
吸汗・拡散・速乾! finetrackのドラウトゼファー finetrackが独自に開発した生地を使用した「ドラウトゼファー」を専門店スタッフがフィールドテスト! その実力は?
NEW 「宝」の山で縁起をかつぎ、宝くじを買おう
「宝」の山で縁起をかつぎ、宝くじを買おう 全国にはゲンのいい名前の山がある。景観、眺望などから選んだ「宝」の名峰に登り、サマージャンボを買おう!
NEW カリマー「クーガー」がアップデート!モニター募集
カリマー「クーガー」がアップデート!モニター募集 中・大型バックパック「クーガー」は、パッド類を刷新しフィッティングや快適性が向上。モニターを5名募集中!
NEW 鈴木みきさんに聞く 「ジェイド」の魅力
鈴木みきさんに聞く 「ジェイド」の魅力 グレゴリーの女性用ザック「ジェイド」がリニューアル! イラストレーターの鈴木みきさんにその魅力と、山旅のコツを聞いた!
NEW レベル別! 飛騨から登る北アルプス登山ガイド
レベル別! 飛騨から登る北アルプス登山ガイド 小林千穂さんを案内役に、乗鞍、槍、双六、笠など6つの山を紹介! タイトルフォトは写真コンテストの作品から順番に!
NEW C3fitから「風が抜けるサポートタイツ」登場!
C3fitから「風が抜けるサポートタイツ」登場! メッシュパネルが生み出す通気性を、高橋庄太郎さんがフィールドテスト。暑い季節もサポートタイツを使いたい方、必見!
NEW サロモン「OUT NIGHT」レポート公開中!
サロモン「OUT NIGHT」レポート公開中! 雲取山〜笠取山を縦走したランブラーさん。実際に背負って感じた、従来の25L前後の軽量バックパックとの違いとは?
NEW 毎日が絶景! 小岩井大輔の富士山頂日記
毎日が絶景! 小岩井大輔の富士山頂日記 富士山頂でしか見られない絶景が、ほぼ毎日! 写真家・小岩井大輔の富士山頂日記は今年もCool!
王道の北アルプス縦走コースを歩こう
王道の北アルプス縦走コースを歩こう 森林限界を越えた稜線に、果てしなく続く縦走路。稜線歩きの醍醐味を思う存分楽しめる、北アルプスの縦走コースを紹介。
憧れの3000m峰に惜しい山に注目
憧れの3000m峰に惜しい山に注目 夏はやっぱり3000m峰に挑戦! と言いたいところだが、惜しい山にも3000m以上の魅力がたっぷりです。
名峰・那須岳登山へ! 個性豊かでダイナミックな山々
名峰・那須岳登山へ! 個性豊かでダイナミックな山々 活火山の茶臼岳、峻険な朝日岳、最高峰の三本槍岳ほか、花畑の稜線や温泉など魅力満載の那須連峰。ほかにも湿原・お花畑・温泉と...
NEW かゆいところに手が届く、総じて使いやすいザック
かゆいところに手が届く、総じて使いやすいザック オスプレーの大型バックパックで定番的人気商品の「アトモスAG 50」、高橋庄太郎さんが使ってみたインプレッションは?