山道具詳細

参考になった 2
GORE-TEX ロングスパッツ モンベル(mont-bell )
お気に入り度
カテゴリー
冬山用品

記録したユーザー

すてぱん さん
購入年 2016年
購入価格 5,400円
重量 225g (グラム)
スペック
もうひとつの点
数回の使用を経て、ジッパーを閉じるのに手間取るとを感じた。無論慣れの問題もあるが、雪山で風に吹かれている際に装着に手間がかからないにこしたことはない。仮に買い換える機会があれば、ベロクロテープタイプを選ぶだろう。
モノがたり
残雪期の北アルプスに登るに際して購入。他に同じブランドのGORE-TEXライトスパッツも持っているが、本格的なアイゼンを装着するにあたって、爪でスパッツを裂いてしまう恐れがあり、より丈夫な(その代わり重い)このスパッツを購入した。

アクアテクトのジッパー、ベロクロテープ、両者を組み合わせたものと3種類あった。一番確実なのが、ジッパーとベロクロテープの組み合わせ、装着が簡単なのがベロクロテープとのことだったが、前者は手間が、後者はテープに雪が付いてしまった時の信頼感にかける気もした。もっとも、私が雪山に登る場合は営業小屋からの出発だろうから、暖かく安定した場所で装着できるはずで、どれを選んでも良かったのだろう。

参考になった 2

※この山道具レビューが、あなたの購入計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

GORE-TEX ロングスパッツのほかの人のレビュー

もっと見る

すてぱんさんが登録したほかの道具を見る

もっと見る

GORE-TEX ロングスパッツで行った山の記録

もっと見る

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇のち雨
明後日

曇時々晴
(日本気象協会提供:2019年8月19日 11時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW プレゼント盛りだくさんの大アンケート!
プレゼント盛りだくさんの大アンケート! みなさんはどんな山道具を使ってますか? 情報源は? 購入方法は? プレゼントも当たる大アンケートにご協力お願いします
NEW ホーボージュンさんが語るグレゴリー「バルトロ」
ホーボージュンさんが語るグレゴリー「バルトロ」 『山と溪谷』の連載「GTR」を担当するホーボージュンさんが、その裏話と、グレゴリーの大型バックパックについて語る!
NEW 移住説明会も開催! 大町市に移住した家族の物語
移住説明会も開催! 大町市に移住した家族の物語 子育ての環境を優先して長野県大町市に移住したという屋田さんご家族。自然が近く、生活も便利という大町暮らしを聞いた。
NEW トラブル知らずの快眠ギア。ニーモ ケヤン35&スイッチバック
トラブル知らずの快眠ギア。ニーモ ケヤン35&スイッチバック 画期的な新商品が、すべての登山者に快眠を約束してくれる。ニーモの革新的シュラフと高機能マットを紹介。
NEW 吸汗・拡散・速乾! finetrackのドラウトゼファー
吸汗・拡散・速乾! finetrackのドラウトゼファー finetrackが独自に開発した生地を使用した「ドラウトゼファー」を専門店スタッフがフィールドテスト! その実力は?
NEW 760g! 最新ソロテントをテスト/山MONO語り
760g! 最新ソロテントをテスト/山MONO語り 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載では、ダブルウォール自立式のニーモ「ホーネットストーム1P」をテスト! その実力は?
レベル別! 飛騨から登る北アルプス登山ガイド
レベル別! 飛騨から登る北アルプス登山ガイド 小林千穂さんを案内役に、乗鞍、槍、双六、笠など6つの山を紹介! タイトルフォトは写真コンテストの作品から順番に!
カリマー「クーガー」がアップデート!
カリマー「クーガー」がアップデート! 中・大型バックパック「クーガー」は、パッド類を刷新しフィッティングや快適性が向上。
NEW 毎日が絶景! 小岩井大輔の富士山頂日記
毎日が絶景! 小岩井大輔の富士山頂日記 富士山頂でしか見られない絶景が、ほぼ毎日! 写真家・小岩井大輔の富士山頂日記は今年もCool!
NEW ロープウェイで登れる百名山
ロープウェイで登れる百名山 ロープウェイやリフトなどを使って、一気に標高を稼げる百名山はいくつあるかご存知?
王道の北アルプス縦走コースを歩こう
王道の北アルプス縦走コースを歩こう 森林限界を越えた稜線に、果てしなく続く縦走路。稜線歩きの醍醐味を思う存分楽しめる、北アルプスの縦走コースを紹介。
憧れの3000m峰に惜しい山に注目
憧れの3000m峰に惜しい山に注目 夏はやっぱり3000m峰に挑戦! と言いたいところだが、惜しい山にも3000m以上の魅力がたっぷりです。