このエントリーをはてなブックマークに追加

保温着を重ねて幅広い場面に対応するミレー提案の新レイヤリング「アルファ ライト スウェット ジャケット」

YAMAKEI HEADLINE PICK UP GEAR
道具・装備 2020年10月25日

advertorial

『山と溪谷』の巻頭記事「YAMAKEI HEADLINE PICK UP GEAR」では、毎号、旬な登山装備を紹介している。
2020年11月号で紹介した、ミレーから発売の「アルファ ライト スウェット ジャケット」は、ミレーが提案するレイヤリングのために開発されたという、極薄のアクティブインシュレーション。その特徴に迫ってみよう。

文=佐藤慶典
写真=山田 薫 

 

 

初秋の低山ハイクから雪山まで、暖冬でも厳冬でも、さまざまなシチュエーションにフィットするレイヤリングとしてミレーが提案する「インシュレーションペアリング」。ベース、ミドル、アウターとレイヤリングするように、保温着も中厚や薄手をレイヤリングすることで、寒暖差や運動量の変化に幅広く対応するというもの。

この新システム実現のために開発されたのが「アルファ ライト スウェット ジャケット」。米軍にも採用される圧倒的な汗処理性能を備えた中綿「ポーラテックアルファ」を使用した極薄のアクティブインシュレーションだ。ストレッチ性があり、スウェット生地のようにしなやかで軽い着心地に加え、適度な保温性と通気性を備えている。肌寒いときは保温力を発揮し、汗ばむような状況では通気性を生かして蒸れを防いでくれるので、寒暖差の激しい秋冬の登山中、ずっと着続けられる。寒さが厳しいときは、同ブランドの「ブリーザー トイ フーディ」(29,000円+税)のような撥水機能と通気性を備える中厚のアクティブインシュレーションをアウターに組み合わせれば、耐候性が増し、微妙な体温調節も可能になる。休憩・停滞時はもちろん、行動中も快適が続き、年間を通して活躍するミレーの新たな提案だ。

 

ブリーザー トイ フーディと組み合わせれば、暖冬も厳冬もこなす万能の保温着になる

 

ミレー アルファ ライト スウェット ジャケット

 

価格
18,000円(税別)
カラー
ヘザーグレーなど2色
サイズ
XS~XL
重量
360ɡ(L)

詳細を見る

 

防寒具 雪山・冬山
教えてくれた人

山と溪谷編集部

『山と溪谷』2020年12月号の特集は「レベル別 本格雪山ベストルート」。
ピッケルとアイゼンを使って登る、本格雪山。そこには一面の銀世界が待っています。
初級、中級、上級のレベル別のガイドで、自分の技量に合った山、目標となる雪山を見つけましょう。

⇒ 『山と溪谷』最新号はこちら

同じテーマの記事
アクティブインサレーションの決定版「ドライ、だから温かい」を体感せよ/ファイントラック「ポリゴンアクト フーディ」
ファイントラックから発売された「ポリゴンアクト フーディ」は、厳冬期に対応する暖かさを保ちつつ、新開発の裏地により汗処理にもこだわっているという。その魅力を紹介しよう。
advertorial
Made in ItalyのバルトロGTに軽量で歩きやすいLITEタイプが誕生/ザンバラン「バルトロ ライトGT」
ザンバランから発売の「バルトロ ライトGT」は、人気のアルパインブーツ「バルトロGT」をベースにしたライトトレッキングブーツだ。日帰りから小屋泊登山、ライトウェイトな装備を背負った縦走など、軽快な歩行をサポートする。
advertorial
マグネット式の専用ケーブルで簡単充電!シンプル&利便性を追求した最新モデル/レッドレンザー「MH5」
レッドレンザーから発売の「MH5」は、最大光量400ルーメンの実用性と、付属する専用充電池で繰り返し利用できる手軽さが魅力のヘッドランプだ。USB給電が可能な環境なら、山小屋でも車での移動中でも場所を選ばず充電できる。
advertorial
さまざまなシューズづくりの技術と経験を駆使して生まれたライトハイクブーツの決定版/ラ・スポルティバ「TX5 GTX」
ラ・スポルティバから発売の「TX5 GTX」は、アプローチシューズとして開発され「歩く」ことに特化したモデルだが、荷物の少ない近郊ハイキングや、行動時間の長い日帰り登山などにも対応するライトハイクブーツだ。
advertorial
記事一覧 ≫