宮之浦岳みやのうらだけ

百名山 花の百名山 九州百名山

宮之浦岳

写真:足利武三  黒味岳からの宮之浦岳(右)と永田岳
 屋久島のほぼ中央に位置し、九州の最高峰。山体は四万十層の基盤岩に貫入した花崗岩で、山容は女性的である。
 屋久島は九州本土最南端の佐多岬から70kmの黒潮洗う中にある。南北25km、東西27km、周囲わずか105kmのハート型をしたこの島には、1500m以上の高峰が11座、1000mを超える山が30座以上もあり、洋上のアルプスである。
 海岸線からは、宮之浦岳などの高峰は見ることができないので、奥岳とも呼ばれ、これらを囲む前衛の峰を前岳と呼ぶ。また、宮之浦岳、永田岳、黒味岳を三岳(みたけ)、または御岳と呼び、翁岳、安房岳(あんぼうだけ)、投石岳(なげしだけ)、筑紫岳(ちくしだけ)を含めて八重岳とも呼んでいる。
 屋久島の骨格をなす山々の稜線は、宮之浦岳からほぼ四方に延びる。全山花崗岩からなり、山頂近くは風化、浸食された奇岩、怪石が多い。一帯は低いヤクザサに覆われ、矮小化したヤクシマシャクナゲが点在し、花期の6月上旬には登山者の目を楽しませてくれる。
 豊富な雨量により渓谷も発達し、山肌を深く浸食しながら島の中央から無数の河川が海に注ぐ。宮之浦岳を源流とする宮之浦川、小揚子川、安房川などは日本有数の峻険な谷である。
 山頂西側の花崗岩の割れ目には、彦火火出見尊(ひこほほでみのみこと)を祭る宝珠大権現の社があり、宮之浦にある益枚(やく)神社の奥宮として、古くから島民の岳参り信仰の中心となった。春は日帰りで五穀豊穣、国家安穏、延命息災を祈願し、秋は大願成就のため2泊3日で参詣した。必ず各集落から参拝し、女人禁制で登られていた。
 昭和40年代まで安房川中流域小杉谷を中心に、伐採が盛んに行われた。島の南東の安房集落から小杉谷まで軌道が敷かれ、トロッコによって屋久杉を運搬していた。現在では輸送手段がトラックに変わり、島の四周に林道が延び、これを利用した登山コースが多い。
 花崗岩の山頂からの展望は抜群。島とは思えない雄大なスケールで、島の山岳はもとより、晴天時には遠く九州本土佐田岬や開聞岳、口永良部(くちのえらぶ)島、種子島も浮かんで見える。
 島の中央宮之浦岳への登山道は四方に拓かれ、代表的なコースは、楠川―小杉谷―縄文杉を眺め、宮之浦岳まで約20km、12時間。永田―鹿之沢―永田岳―宮之浦岳は約14km、9時間。他に栗生―花山歩道―鹿之沢。湯泊―湯泊歩道―花之江河(はなのえごう)―宮之浦岳。尾之間―尾之間歩道―花之江河。屋久杉ランド―安房歩道―花之江河などがあるが、一般日帰りコースは、淀川登山口(よどごうとざんぐち)―花之江河―宮之浦岳、約8km、所要5時間などである。山小屋は淀川、石塚、鹿之沢、高塚にある。

DATA

別名: 奥岳
山域: 屋久島
都道府県: 鹿児島県
標高: 1,936m
2万5千図: 宮之浦岳

※ 宮之浦岳の紹介文についての注意点

現在の周辺の雨雲を確認する

宮之浦岳に行くモデルコース

  • 世界自然遺産の屋久島で九州最高峰に登る
    体力度: ★★★ 危険度: ★★ 14時間15分 1泊2日
    淀川登山口・・・淀川小屋・・・花之江河・・・投石平・・・宮之浦岳・・・焼野三差路・・・永田岳・・・焼...
  • 宮之浦岳・永田岳 2泊3日
    体力度: ★★★★ 危険度: ★★★ 16時間5分 2泊3日
    【1日目】紀元杉・・・淀川登山口・・・淀川小屋【2日目】淀川小屋・・・花之江河・・・黒味分れ・・・投...
  • 宮之浦岳 3泊4日
    体力度: ★★★★ 危険度: ★★ 16時間25分 3泊4日
    【1日目】白谷雲水峡登山口・・・白谷小屋【2日目】白谷小屋・・・辻峠・・・太鼓岩・・・辻峠・・・楠川...

宮之浦岳周辺の最新情報

登山口情報

  • 白谷雲水峡登山口 
  • 永田歩道登山口 
  • 紀元杉 
  • 荒川登山口 

  • 【白谷雲水峡登山口】
    白谷雲水峡登山口へはバスやタクシーで向かう。午前中の早い時間にバス便があるので、バスも利用しやすい。
    屋久島では、フェリーで車を持ち込んだり、レンタカーを借りると行動範囲が広がる。

  • 【永田歩道登山口】
    バスやタクシーで向かう。午前中の早い時間にバス便があるので、バスも利用しやすい。
    屋久島では、フェリーで車を持ち込んだり、レンタカーを借りると行動範囲が広がる。

  • 【紀元杉】
    宮之浦岳へと続く登山口の紀元杉へは、バスやタクシーで向かう。午前中の早い時間にバス便があるので、バスも利用しやすい。
    屋久島では、フェリーで車を持ち込んだり、レンタカーを借りると行動範囲が広がる。

  • 【荒川登山口】
    縄文杉・宮之浦岳への登山口となる荒川登山口へはバスやタクシーで向かう。午前中の早い時間にバス便があるので、バスも利用しやすい。
    荒川登山口はマイカー規制があるため、屋久杉自然館からバスに乗る

周辺にある山小屋

  • 鹿之沢小屋 
  • 新高塚小屋 
  • 石塚小屋 
  • 高塚小屋 
  • 淀川小屋 

  • 【鹿之沢小屋】
    無人小屋
    場所: 永田岳山頂西方
    電話: 0997-43-5900
    FAX: 0997-42-5905
    営業期間: 通年(無人)

  • 【新高塚小屋】
    無人小屋
    場所: 高塚小屋から1時間、宮之浦岳から3時間
    電話: 0997-43-5900
    FAX: 0997-42-5905
    営業期間: 通年(無人)

  • 【石塚小屋】
    無人小屋
    場所: 花之江河東部
    電話: 0997-43-5900
    FAX: 0997-42-5905
    営業期間: 通年(無人)

  • 【高塚小屋】
    無人小屋
    場所: 大株歩道・高塚山西方
    電話: 0997-43-5900
    FAX: 0997-42-5905
    営業期間: 通年(無人) 別称レモンガス赤津新太郎小屋

  • 【淀川小屋】
    無人小屋
    場所: 荒川上流淀川沿い
    電話: 0997-43-5900
    FAX: 0997-42-5905
    営業期間: 通年(無人)

宮之浦岳に関連する登山記録

もっと見る

宮之浦岳の近くの山

宮之浦岳に関連する登山ツアー

19年03月23日(土) 関東 ・3日間 トラベルギャラリー
【初心者のための山歩き教室】世界遺産・屋久島 宮之浦岳と白谷雲水峡
19年05月30日(木) 北陸・信越・東海 ・4日間 クラブツーリズム・あるく
<登山中級B>『日本百名山 宮之浦岳~縄文杉~白谷雲水峡 縦走4日間』

関連するツアーを探す

宮之浦岳の関連書籍

  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍

[▲ページトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴時々曇
明後日

(日本気象協会提供:2019年2月19日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 電池持ちが向上! カシオのスマートウォッチ
電池持ちが向上! カシオのスマートウォッチ カシオ「PROTREK Smart」の最新版が登場! 電池持ちを向上させるモードで2泊3日の登山にも対応。詳しくはこちら...
NEW あなたの意見を大雪山国立公園の運営に!
あなたの意見を大雪山国立公園の運営に! 北海道・大雪山での協力金に関する意識調査アンケートにご協力ください。行ったことのない人も、ぜひご参加を!
NEW 極寒の北横岳で厚手ダウンジャケットを試す
極寒の北横岳で厚手ダウンジャケットを試す 山岳ライター高橋庄太郎さんの「山MONO語り」。体感気温-20℃、ハードシェルを備えたダウンジャケットは果たして…。
NEW 特集 スノーシューで雪山を楽しもう!
特集 スノーシューで雪山を楽しもう! 冬到来、雪の山をスノーシューで楽しんでみては? スノーシュー体験ルポや、エリアガイド、スノーシューツアーも紹介!
NEW 紅葉写真コンテスト結果発表!
紅葉写真コンテスト結果発表! 皆さんから投稿いただいた、紅葉写真コンテスト、いよいよ結果発表! 美しい秋の山の風景をご堪能あれ!
NEW 何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山 のどかな里山を囲むように山々が連なる、埼玉県南西部・秩父・奥武蔵の山々。冬から春は、とく魅力がタップリ!
梅の香りの漂う早春の山への誘い
梅の香りの漂う早春の山への誘い 寒空にほんのりと漂う梅の花の香りは、五感で春を感じさせてくれる。今こそ梅の香りの漂う山へ――
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ 日本全国にはその数は50以上あるともいわれる「ご当地アルプス」。本場を彷彿とさせる!?
2019年に登るべき山、大集合!
2019年に登るべき山、大集合! 新元号が始まる2019年、今年はどんな山に登ろうかと計画している人――、標高の山、干支「猪」の山など大集合!
気軽に楽しめるけど、意外と手強い筑波山
気軽に楽しめるけど、意外と手強い筑波山 「東の筑波、西の富士」と称えられる茨城のシンボル、筑波山。春夏秋冬・東西南北、いつでも・どこからでも楽しめる山。
冬だ! 富士山の見える山へ行こう!
冬だ! 富士山の見える山へ行こう! 日本一の山・富士山は、空気の澄んだ冬はとくに美しい。西は和歌山から北は福島まで――、富士山の見える山を目指してみては?
冬季営業の山小屋をご紹介!
冬季営業の山小屋をご紹介! 冬季の山小屋営業情報をピックアップ! 冬山を楽しみたい登山者のみなさま、ぜひご利用ください!