屋久島ガイド協会からの現地情報 宮之浦岳・白谷雲水峡周辺の情報

10月中旬~11月は好天に恵まれる機会が多く、奥岳への登山も人気の時期となります

屋久島ガイド協会

▲宮之浦岳からの眺望(18.11.07 屋久島ガイド協会 )

鹿児島の天気予報
明日


20℃ / 10℃
明後日

曇のち雨
21℃ / 14℃
(日本気象協会提供:2018年11月13日 17時00分発表)
会員登録すると、付近の山の天気予報を見たり、メールによる天気や山岳情報を受信できたりするようになります。これを機会に、ぜひ会員登録しましょう。

⇒ログイン/会員登録

天気・気温

11/08(木)  
●宮之浦岳(標高1936m)
11月7日 天気:晴れ 山頂の気温:15℃(11:30 標高1936m) 風:西風 登山者数:約15名 

●白谷太鼓岩(標高1080m)
11月6日 天気:晴れ 太鼓岩の気温:16℃(11:00 標高1080m) 風:北の微風 登山者数:約200名

周辺状況

先週に引き続き秋晴れが続いています。
今週は気温も高く、9月上旬並みの暖かさとなった日もありました。
雨のイメージが強い屋久島ですが、10月中旬~11月は好天に恵まれる機会が多く、奥岳への登山も人気の時期となります。
ここ3週間ほどまとまった降雨がないため、8日現在、宮之浦岳ルート上部の水場はほとんど枯れた状態となっています。
また、放射冷却で冷え込んだ日には木道に霜が降りる時期となりました。

常緑樹が優勢な屋久島では山を一面いろどる様な紅葉は期待できませんが、山のあちこちで小さな秋を感じることができます。
苔の森に散らばるカエデやヤマザクラの落葉は美しく、太鼓岩からは秋色に染まった森を眺望できます。

水辺の薄暗い場所ではホソバハグマが小さな花を咲かせています。
キク科の植物であるホソバハグマはたんぽぽの綿毛のような種子を作りますが、種子分散は主に水流によって行われるため、水流沿いに生育する個体群では、綿毛は種子分散にあまり意味がないことが最近の研究で分かっています。

11月1日現在の日の出は6:38、日の入りは17:24 です。

登山道

(縄文杉ルート)
・3月1日から11月30日までの間、町道荒川線入口(荒川三叉路)から荒川登山口の区間は、通行規制がかかり、一般車の通行が不可になります。
バスやタクシーなどの交通機関を利用してください。
詳しくは、屋久島山岳部車両運行対策協議会で確認できます。
http://www.yakushima-town.jp/sangaku-syaryou/

屋久島の道路通行規制情報はこちら
http://www2.pref.kagoshima.jp/dourokisei/cgi-bin/mapframe.cgi?num=yakushima

(縦走ルート)
・暴風の恐れがあります。特に投石平付近は強風の吹きやすい場所です。天気予報を確認して必要に応じた装備を準備してください。

装備

・縄文杉ルートでも気温20℃以下、奥岳ルートでは15℃以下になることがあります。衣類は速乾性素材、防水、防寒、防風の装備をしっかり用意してください。
・屋久島での登山は予想以上に行動時間がかかることがありますので、日帰り登山でもヘッドライト、予備電池は必須です。奥岳登山時は万が一のビバーク装備をお忘れなく。
・登山中、混雑時やトイレ設備の故障などに備え、携帯トイレを持参することをお勧めしています。縦走ルートでは必ずお持ちください。携帯トイレは島内でも販売しております。

注意

・着替え、防寒着をしっかりと用意し、登山中の体調管理に十分気をつけましょう。
・避難小屋でネズミの被害が出ています。食料やゴミ類は、密閉容器に入れたり、壁に吊るしておくなど、管理に気をつけましょう。
・屋久島では、登山グッズレンタルショップのほか幾つかのホテル、エコツアー会社などで登山グッズのレンタルを行っています。装備に不安のある方はご利用ください。

その他のお知らせ

その他、登山道、周辺の状況など詳しい情報につきましては、
株式会社屋久島ガイド協会(0997-49-4191)までお気軽にお問い合わせ下さい。

【山岳部環境保全協力金について】
2017年3月より、「世界遺産屋久島 山岳部環境保全協力金」制度が始まりました。
みなさまから任意でご協力いただいた協力金は屋久島の環境保全に使われます。登山口や観光協会等での納入が可能です。
世界遺産・屋久島の環境を守るため、ご協力を宜しくお願いいたします。詳しくは下記をご覧下さい。
http://yakushima-tozan.com/

昨年の今頃の様子は? ※ 詳細は登録会員の方限定。 ⇒会員登録はこちら

屋久島ガイド協会周辺の最近の様子  ※ クリックすると拡大します

  • 宮之浦岳からの眺望
  • 白谷雲水峡
  • 太鼓岩
  • センリョウの実が赤くなっていました
  • ナナカマドの実も赤くなっています
  • 雄のヤクシカ
  • コハウチワカエデ(縄文杉コース)
  • キッコウハグマ(宮之浦岳)
  • ホソバハグマ
  • 縄文杉
  • 樹皮がはがれるヒメシャラ
  • サキシマフヨウ
屋久島ガイド協会

連絡先:0997-49-4191
営業期間
年中無休9:00-18:00
関連山域

ユーザーからの宮之浦岳・白谷雲水峡周辺の情報

もっと見る

関連のモデルコース

  • ヤクスギランドから天柱石そそり立つ山に登る
    体力度: ★★ 危険度: 4時間35分 日帰り
    ヤクスギランド入口・・・蛇紋杉倒木・・・石塚分かれ・・・太忠岳・・・石塚分かれ・・・蛇紋杉倒木・・・...
  • 洋上アルプスの展望を楽しむ日帰りコース
    体力度: ★★★ 危険度: ★★ 5時間30分 日帰り
    淀川登山口・・・淀川小屋・・・小花之江河・・・花之江河・・・黒味岳・・・花之江河・・・小花之江河・・...
  • 天空にそびえ圧倒的な威容を誇る岩峰
    体力度: ★★ 危険度: ★★★ 6時間 日帰り
    千尋滝展望台駐車場・・・万代杉・・・モッチョム太郎・・・最高地点・・・モッチョム岳・・・最高地点・・...
  • 世界自然遺産の屋久島で九州最高峰に登る
    体力度: ★★★ 危険度: ★★ 14時間15分 1泊2日
    淀川登山口・・・淀川小屋・・・花之江河・・・投石平・・・宮之浦岳・・・焼野三差路・・・永田岳・・・焼...
  • 宮之浦岳 3泊4日
    体力度: ★★★★ 危険度: ★★ 16時間25分 3泊4日
    【1日目】白谷雲水峡登山口・・・白谷小屋【2日目】白谷小屋・・・辻峠・・・太鼓岩・・・辻峠・・・楠川...

屋久島ガイド協会周辺の関連書籍

  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴時々曇
明後日

曇時々晴
(日本気象協会提供:2018年11月13日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 丹沢・大山方面の登山計画に! 【登山地図掲載】
丹沢・大山方面の登山計画に! 【登山地図掲載】 丹沢・大山方面への登山を安全にできるよう、コースマップ、アクセス情報&バス時刻表、山小屋一覧を掲載!
NEW 着たままでも快適へ。マーモット「ウールラップ」
着たままでも快適へ。マーモット「ウールラップ」 マーモットから発売の「ウールラップ」。独自構造の中綿で行動中も快適ゾーンへ。ペイバックキャンペーンも実施中!
NEW 超軽量仕様のテントを北海道・十勝岳でテスト
超軽量仕様のテントを北海道・十勝岳でテスト 連載「高橋庄太郎の山MONO語り」。今回は「ゼログラム」の軽量4シーズンテントを北海道・十勝岳の野営場でチェック!
『山と溪谷』シェラカップ販売のお知らせ
『山と溪谷』シェラカップ販売のお知らせ 『山と溪谷』1000号を記念したオリジナルシェラカップ2種類を、10月10日正午から販売中。詳しくはこちらで。
ひざの悩みにメディカルサポーター
ひざの悩みにメディカルサポーター 薄く、フィットして、ズレにくい。高機能な「フェイタス(R)メディカルサポーター」の秘密とは?
NEW 登山とカメラに関するアンケート
登山とカメラに関するアンケート 山に行って写真を取るは、ごく普通の行為ですが、どんなカメラで、何を、何のために、どんな方法で撮っていますか?
NEW 小林千穂さん、オーダーメイドインソールを試す
小林千穂さん、オーダーメイドインソールを試す 山岳ライターの小林千穂さんが、オーダーメイドでインソールを成形し、穂高岳の山行で試しました。果たしてその使用感は?
NEW 平成最後の紅葉シーズン、いよいよ終盤へ――
平成最後の紅葉シーズン、いよいよ終盤へ―― 山は紅葉シーズン目前! ことしはどんな紅葉の山に行く? 全国の紅葉登山の名所と、紅葉の見頃時期を、ヤマケイオンラインでチ...
登山+紅葉+寺社仏閣で心落ち着く秋を愉しむ
登山+紅葉+寺社仏閣で心落ち着く秋を愉しむ 日本の山には、山岳仏教の修験の場として栄えた場所が数多い。参道沿いやの艶やかな紅葉は、繊細で心が落ち着くような美しさがあ...
隠れた山岳県・福島。ふくしまの山旅をご紹介!
隠れた山岳県・福島。ふくしまの山旅をご紹介! 飯豊山、安達太良山、会津駒など、百名山7座を抱える山岳県、福島の山の魅力を紹介します。写真コンテストも開催中!
気軽に楽しめるけど、意外と手強い筑波山
気軽に楽しめるけど、意外と手強い筑波山 「東の筑波、西の富士」と称えられる茨城のシンボル、筑波山。春夏秋冬・東西南北、いつでも・どこからでも楽しめる山。
はじめての日本百名山なら大菩薩嶺はいかが?
はじめての日本百名山なら大菩薩嶺はいかが? 初心者の日帰り登山から上級者のテント泊縦走まで、さまざまな山歩きをアレンジできる大菩薩嶺。帰りの温泉も楽しいぞ!