烏帽子岳えぼしだけ

三百名山 東北百名山

烏帽子岳

写真:斉藤比登志  2007年7月25日11:59頃撮影
 「乳頭山」は秋田側の呼び名で、岩手側では「烏帽子岳」と呼んでいる。八幡平と秋田駒ヶ岳の中位にあり、アスピトロイデ型の休火山である。尾瀬にも匹敵するといわれる千沼ヶ原(せんしようがはら)の高層湿原帯をその南東に持ち、小白森山、大白森山へと続く縦走路は、本当の山のよさを堪能できる山域である。
 この山の秋田側、田沢湖町(現在の仙北町)の奥を流れる先達川に沿って、古くから多くの温泉が湧いており、黒湯、孫六、蟹場、妙ノ湯、鶴ノ湯などの素朴ないで湯は、岳人ならずとも人気が高い。岩手側の葛根田川上流には滝ノ上温泉がある。
 乳頭山への登山道には、秋田側から黒湯口(山頂まで2時間30分)、孫六温泉から田代岱に出て山頂に向かう孫六口、さらに蟹場温泉から登り、孫六コースと合流する蟹場口(山頂まで3時間)の3コースがある。岩手側の葛根田温泉から白沼を経て山頂へは約4時間。

DATA

正式名称: 烏帽子岳(乳頭山)
別名: 乳頭山(にゅうとうざん)
山域: 奥羽山脈北部
都道府県: 岩手県 秋田県
標高: 1,478m
2万5千図: 秋田駒ヶ岳・国見温泉

※ 烏帽子岳の紹介文についての注意点

現在の周辺の雨雲を確認する

烏帽子岳に行くモデルコース

登山口情報

  • 駒ヶ岳八合目 
  • 乳頭温泉 
  • 烏帽子岳登山口 / 三ツ石山登山口 
  • 平ヶ倉登山口 / 熱交換所登山口 
  • 秋田駒・水沢コース登山口 
  • 秋田駒・中生保内登山口 
  • 国見温泉 

  • 【駒ヶ岳八合目】
    秋田駒ヶ岳の登山口。8合目までは6月1日~10月31日間の土・日曜、祝日、および6月21~8月19日の全日マイカー規制されるので、山麓のアルバこまくさでバスに乗り換える。
    登山道へはバス停や休憩所がある駒ヶ岳八合目小屋前から新道の片倉コースを進む。

  • 【乳頭温泉】
    乳頭温泉郷として知られる、烏帽子岳、秋田駒ヶ岳などへの登山口。蟹場コース、孫六コース、一本松コースの起点となる。
    アクセスはバスの場合は田沢湖駅から。マイカーの場合は乳頭温泉郷内の駐車場を利用する。

  • 【烏帽子岳登山口 / 三ツ石山登山口】
    日本最大級の地熱発電所葛根田地熱発電所近く、烏帽子山(乳頭山)、三ツ石山へ滝ノ上温泉から登る際に利用する登山口。
    アクセスはマイカーのみ、滝ノ上温泉温泉の駐車場を利用。三ツ石山へ行く場合は、登山口に2~3台の駐車スペースがある。

  • 【平ヶ倉登山口 / 熱交換所登山口】
    烏帽子岳(乳頭山)、秋田駒ヶ岳へ平ヶ沼、千沼ヶ原経由で登る際に利用される登山口。
    アクセスはマイカーかタクシーのみ。マイカーの場合は平ヶ倉登山口の道を挟んだ向かいの路肩に数台止められるスペースがある。
    熱交換所の周辺には駐車スペースがないので、滝ノ上温泉の駐車場を利用する。徒歩約30分

  • 【秋田駒・水沢コース登山口】
    秋田駒ヶ岳の水沢コースの登山口。山麓の水沢温泉郷、たざわ湖スキー場を起点とする。
    アクセスはバスの場合は、JR秋田新幹線田沢湖駅から羽後交通バスでたざわ湖スキー場前へ。マイカーの場合は、たざわ湖スキー場の施設を利用する。

  • 【秋田駒・中生保内登山口】
    秋田駒ヶ岳への古来からの登山道の中生保内コースの登山口。バスでのアクセスは難しく、基本的にはマイカー利用となるが、悪路で道も狭いので4WDの小型車でないと難しい。

  • 【国見温泉】
    秋田駒ヶ岳を岩手県側から登る国見コースの登山口。バスではアクセス出来ないのでマイカーかタクシーでのアクセスとなる。

周辺にある山小屋

  • 田代岱山荘 
  • 駒ヶ岳八合目避難小屋 
  • 阿弥陀池避難小屋 
  • 大白森山荘 
  • 三ツ石山荘 

  • 【田代岱山荘】
    無人小屋
    場所: 乳頭山西方30分、田代平
    電話: 0187-43-2111
    FAX: 0187-43-2077
    営業期間: 通年(無人)

  • 【駒ヶ岳八合目避難小屋】
    無人小屋
    場所: 駒ヶ岳八合目 田沢湖駅からバス1時間
    電話: 0187-43-2111
    FAX: 0187-43-2077
    営業期間: 通年(無人)

  • 【阿弥陀池避難小屋】
    無人小屋
    場所: 女目(男女)岳直下阿弥陀池畔
    電話: 0187-43-2111
    FAX: 0187-43-2077
    営業期間: 通年(無人)

  • 【大白森山荘】
    無人小屋
    場所: 大白森北方30分
    電話: 0187-43-2111
    FAX: 0187-43-2077
    営業期間: 通年(無人)

  • 【三ツ石山荘】
    無人小屋
    場所: 大松倉山鞍部
    電話: 0195-74-2112
    FAX: 0195-74-2102
    営業期間: 通年(無人)

烏帽子岳に関連する登山記録

もっと見る

烏帽子岳の近くの山

東北方面に行く登山ツアー

19年03月09日(土) 関東発 ・2日間 クラブツーリズム・あるく
<雪山登山初級A> 『名湯・蔵王温泉に泊まる 幻想的な樹氷原  蔵王連峰・熊野岳 2日間』 【東京・上野・大宮出発】
19年03月09日(土) 関東発 ・2日間 クラブツーリズム・あるく
<雪山登山初級B> 『雪化粧の奥入瀬渓流と名湯・酸ヶ湯温泉  八甲田山の樹氷原 2日間』 【東京・上野・大宮出発】
19年03月09日(土) 関東発 ・2日間 クラブツーリズム・あるく
<雪山登山中級A> 『日本百名山 白銀の大展望と白布温泉に宿泊  西吾妻山 2日間』 【東京・上野・大宮出発】
19年03月09日(土) 関東発 ・2日間 毎日新聞旅行
雪の安達太良山 ランプと温泉のくろがね小屋泊
19年03月10日(日) 北陸・信越・東海発 ・2日間 クラブツーリズム・あるく
<スノーハイク初級>『FDA利用 蔵王温泉も満喫 スノーモンスターだらけの樹氷原・雪の蔵王 2日間』
19年03月14日(木) 東北発 ・日帰り ケイランド
日本百名山  吾妻山(スノーシューツアー)
19年03月15日(金) 東北発 ・日帰り ケイランド
日本百名山 安達太良山(雪山ツアー)
19年03月16日(土) 関東発 ・2日間 クラブツーリズム・あるく
<雪山登山中級A> 『白銀の世界に輝くエメラルドの湖・五色沼トレッキングも 弊社Aランクホテルに宿泊  会津磐梯山 2日間』 【東京・上野・大宮出発】

この地域に行く登山ツアー

烏帽子岳の関連書籍

  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍

[▲ページトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇のち雨
明後日

(日本気象協会提供:2019年2月23日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 電池持ちが向上! カシオのスマートウォッチ
電池持ちが向上! カシオのスマートウォッチ カシオ「PROTREK Smart」の最新版が登場! 電池持ちを向上させるモードで2泊3日の登山にも対応。詳しくはこちら...
NEW あなたの意見を大雪山国立公園の運営に!
あなたの意見を大雪山国立公園の運営に! 北海道・大雪山での協力金に関する意識調査アンケートにご協力ください。行ったことのない人も、ぜひご参加を!
NEW 極寒の北横岳で厚手ダウンジャケットを試す
極寒の北横岳で厚手ダウンジャケットを試す 山岳ライター高橋庄太郎さんの「山MONO語り」。体感気温-20℃、ハードシェルを備えたダウンジャケットは果たして…。
NEW 登山者はどんなカメラを使って何を撮ってる?
登山者はどんなカメラを使って何を撮ってる? 山で美しい景色の写真を撮るために、どんなカメラを使ってるのか? 撮った画像はどうしてる? 登山者のデジカメ事情意識調査!
NEW 特集 スノーシューで雪山を楽しもう!
特集 スノーシューで雪山を楽しもう! 冬到来、雪の山をスノーシューで楽しんでみては? スノーシュー体験ルポや、エリアガイド、スノーシューツアーも紹介!
梅の香りの漂う早春の山への誘い
梅の香りの漂う早春の山への誘い 寒空にほんのりと漂う梅の花の香りは、五感で春を感じさせてくれる。今こそ梅の香りの漂う山へ――
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山 のどかな里山を囲むように山々が連なる、埼玉県南西部・秩父・奥武蔵の山々。冬から春は、とく魅力がタップリ!
YAMASTAデザインスタンプコンテスト
YAMASTAデザインスタンプコンテスト 登山の記念にチェックイン! 山のスタンプラリーアプリ「ヤマスタ」。あなたのデザインが山のスタンプになります!
紅葉写真コンテスト結果発表!
紅葉写真コンテスト結果発表! 皆さんから投稿いただいた、紅葉写真コンテスト、いよいよ結果発表! 美しい秋の山の風景をご堪能あれ!
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ 日本全国にはその数は50以上あるともいわれる「ご当地アルプス」。本場を彷彿とさせる!?
2019年に登るべき山、大集合!
2019年に登るべき山、大集合! 新元号が始まる2019年、今年はどんな山に登ろうかと計画している人――、標高の山、干支「猪」の山など大集合!
気軽に楽しめるけど、意外と手強い筑波山
気軽に楽しめるけど、意外と手強い筑波山 「東の筑波、西の富士」と称えられる茨城のシンボル、筑波山。春夏秋冬・東西南北、いつでも・どこからでも楽しめる山。