小川山おがわやま

小川山

写真:上野巌  金峰山・千代ノ吹上げ付近からの小川山
小川山は奥秩父の最も西端の山である。三峰山、雲取山で始まる奥秩父連峰は、シラビソやツガなどの黒木の深い林の中に秩父古生層の岩壁を露出させ、延々と続く。
 原全教や田部重治、木暮理太郎など、日本の山の先覚者たちが愛したこの黒木の林と清冽な渓谷。それら最も日本的な奥秩父の美しさが年々、破壊されていく。しかし、その位置が幸いしてか、小川山はいまだ奥秩父らしさを充分に残している。
 道は川上村川端下(かわはげ)の谷の奥、廻目(まわりめ)平から登る。途中の尾根は、瑞牆(みずがき)山に近いため巨岩群があちこちに林立している。近年はフリー・クライミングのメッカとしてクライマーたちの人気を集めている。
 登るにしたがって奥秩父らしい景観が深まり、頂上は矮小なシラビソに囲まれている。廻目平、山頂、金山平と回り約7時間の行程。

DATA

山域: 奥秩父
都道府県: 山梨県
標高: 2,418m
2万5千図: 居倉・金峰山

※ 小川山の紹介文についての注意点

現在の周辺の雨雲を確認する

小川山に行くモデルコース

  • 奥秩父の太古の森に分け入る
    体力度: ★★★ 危険度: ★★ 8時間10分 日帰り
    瑞牆山荘・・・富士見平・・・小川山分岐・・・八丁平・・・小川山・・・八丁平・・・小川山分岐・・・富士...

小川山周辺の最新情報

  • 富士見平小屋~瑞牆山・金峰山
    富士見平小屋
    小屋から上のシャクナゲが見頃を迎えています。ツツジもまだ多く咲いています
    18年06月08日(金)
    金峰山小屋 ~金峰山
    金峰山小屋
    冬季営業は12/29~1/6と、1月の各週末を予定(予約をお願いします)。アイゼン必要。防寒防風対策しっかりと。
    18年12月28日(金)
  • 瑞牆山荘 ~瑞牆山・金峰山
    瑞牆山荘
    冬季の営業は不定期です。林道規制にも注意。雪山登山装備必要。登山口のトイレ水場は利用できません。
    18年12月28日(金)
    甲武信小屋~甲武信ヶ岳
    甲武信小屋
    2018年の営業を終了しました。ありがとうございました。
    18年12月01日(土)

登山口情報

  • 廻り目平 
  • 瑞牆山荘 
  • 大弛峠 

  • 【廻り目平】
    信州側から金峰山に登る唯一の登山口。フリークライミングのメッカとして有名な廻り目平は、小川山屋根岩や金峰山北東麓の花崗岩の岩塔群などに取り囲まれ、日本のヨセミテなどと呼ばれたりもする。
    標高1600m近く、夏はオートキャンプ場としても賑わいを魅せる。

  • 【瑞牆山荘】
    奥秩父の名峰である瑞牆山、金峰山へアプローチする登山口。不動沢を経由し瑞牆山を1周するコースも人気が高い。5月の連休や夏の海の日前後、秋の紅葉シーズンの週末は大きな駐車場も満車になってしまうこともある。
    バスはシーズン運行なのでオフシーズンやその前後には運行の有無を確認してから出かけること。増富温泉からは休憩時間を含めて徒歩3時間前後かかる。

  • 【大弛峠】
    東側には奥秩父で位置的に最も奥深い場所、山地の最高点である北奥千丈岳と国師ヶ岳へと続き、西側には朝日岳へと続く登山口。
    奥深いといっても、大弛峠まで車を使えば国師ヶ岳まではごく簡単に頂上に立てるうえ、前国師まで白木作りの歩道や階段が整備されているので、ほとんど土を踏まないまま登れてしまう。

周辺にある山小屋

  • 大日小屋 
  • 富士見平小屋 
  • 金峰山小屋 
  • 瑞牆山荘 
  • 御室小屋跡 
  • 大弛小屋 

  • 【大日小屋】
    営業小屋
    場所: 金峰山大日岩西方下
    電話: 0551-45-0600
    営業期間: 通年(開放)

  • 【富士見平小屋】
    営業小屋
    場所: 金峰山・瑞牆山分岐 富士見平
    電話: 0551-45-0600
    営業期間: 4/初~11/末 年末年始、冬期は予約次第

  • 【金峰山小屋】
    営業小屋
    場所: 金峰山山頂北西400m
    電話: 0267-99-2030
    FAX: FAX兼
    営業期間: 4/下~11/下、年末年始と1月の週末

  • 【瑞牆山荘】
    営業小屋
    場所: 金山峠北東300m
    電話: 0551-45-0521
    FAX: 0551-45-0660
    営業期間: 3/10~11/末の毎日、12/27~1/4、12/1~3/9の土・日曜

  • 【御室小屋跡】
    無人小屋
    場所: 水晶峠北方1.2km
    電話: 055-237-5702
    FAX: 055-227-8065
    営業期間: 通年(無人)

  • 【大弛小屋】
    営業小屋
    場所: 朝日岳・国師ヶ岳鞍部 大弛峠
    電話: 0553-22-1111
    FAX: 0553-23-2800
    営業期間: 4/末~11/末

小川山に関連する登山記録

もっと見る

小川山の近くの山

関東方面に行く登山ツアー

19年01月27日(日) 関東発 ・日帰り トラベルギャラリー
藤野アルプス(京塚山・名倉金剛山・高倉山)
19年01月27日(日) 関東発 ・日帰り トラベルギャラリー
氷瀑の西沢渓谷トレッキング
19年01月27日(日) 関東発 ・日帰り クラブツーリズム・あるく
<2018年9月スタート富士山すそ野ウォーク>『第5回 樹空の森~忠ちゃん牧場』【さいたま新都心出発】
19年01月27日(日) 関東発 ・日帰り クラブツーリズム・あるく
<2018年9月スタート富士山すそ野ウォーク>『第5回 樹空の森~忠ちゃん牧場』【千葉出発】
19年01月27日(日) 関東発 ・日帰り クラブツーリズム・あるく
<登山入門>『御朱印を集めながら季節の山を歩く 第3回 鋸山 日帰り』【新宿・上野出発】
19年01月27日(日) 関東発 ・日帰り クラブツーリズム・あるく
<スノーハイク入門> 『ステップアップ登山教室 第3回 雪を楽しもう 奥日光・湯滝 日帰り』 【横浜出発】
19年01月27日(日) 関東発 ・日帰り クラブツーリズム・あるく
<スノーハイク入門> 『ステップアップ登山教室 第3回 雪を楽しもう 奥日光・湯滝 日帰り』 【川越・さいたま新都心出発】
19年01月27日(日) 関東発 ・日帰り クラブツーリズム・あるく
<秩父路の自然と寺社を歩く・ハイク入門>『第5回 氷の世界・秩父三大氷柱を巡る』【新都心・川越出発】

この地域に行く登山ツアー

小川山の関連書籍

  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍

[▲ページトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴時々曇
明後日

(日本気象協会提供:2019年1月19日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
あなたの登山靴にあったインソール、靴下は?
あなたの登山靴にあったインソール、靴下は? 今回は「ハイキング」、「岩稜・雪山」などアクティビティごとに登山靴、靴下、インソールの組み合わせをご紹介!
NEW ひざのサポーターを実際の山行でテスト!
ひざのサポーターを実際の山行でテスト! 「フェイタス メディカルサポーター ひざ」を、ヤマケイオンライン会員が実際の山でモニター。その使い心地は?
NEW 特集スノーシュー 厳選エリアガイド
特集スノーシュー 厳選エリアガイド 雪原や林間を楽しむスノーシュー。「どこでできるの?」の疑問に答える、各地のスノーシューエリアと関連施設を紹介!
NEW 冬向けソフトシェルパンツを岩の山で試す!
冬向けソフトシェルパンツを岩の山で試す! 高橋庄太郎さんの連載「山MONO語り」。今月はマムートの冬向けソフトシェルパンツを岩場のある乾徳山でチェック!
NEW 冬ならではの景色、氷瀑を見に行こう!
冬ならではの景色、氷瀑を見に行こう! 1月~2月限定! 滝が凍りつく「氷瀑」は見られるとは限らない冬限定の景色。比較的簡単にアクセスできる氷瀑のコースをピック...
NEW 2019年に登るべき山、大集合!
2019年に登るべき山、大集合! 新元号が始まる2019年、今年はどんな山に登ろうかと計画している人――、標高の山、干支「猪」の山など大集合!
冬季営業の山小屋をご紹介!
冬季営業の山小屋をご紹介! 冬季の山小屋営業情報をピックアップ! 冬山を楽しみたい登山者のみなさま、ぜひご利用ください!
富士登山についてのアンケート
富士登山についてのアンケート 富士登山についてアンケートのお願いです。抽選で富士山グッズをプレゼント! 富士山未経験の方もぜひご参加ください。
雪山の学び場、八ヶ岳へ行こう!
雪山の学び場、八ヶ岳へ行こう! 初級者から上級者まで、バラエティに飛んだ雪山登山を楽しめる八ヶ岳。しっかり冬山装備を整えて、雪山の魅力を堪能してほしい。
全国津々浦々ご当地アルプス8選
全国津々浦々ご当地アルプス8選 その規模や迫力は元祖アルプスには遠く及ばないものの、アルプスらしさが楽しいご当地アルプスの魅力
JR青梅線の駅から行く奥多摩エリアの山
JR青梅線の駅から行く奥多摩エリアの山 都心と奥多摩を結ぶJR青梅線に乗って駅を降りれば、そこはもう登山口、駅から登って駅から帰れる、魅力たっぷりの山を紹介!
冬だ! 富士山の見える山へ行こう!
冬だ! 富士山の見える山へ行こう! 日本一の山・富士山は、空気の澄んだ冬はとくに美しい。西は和歌山から北は福島まで――、富士山の見える山を目指してみては?