朳差岳えぶりさしだけ

二百名山

朳差岳

写真:山田昌男  頼母木小屋付近からの杁差岳
 飯豊連峰北端の雄峰で、春耕のころ、山腹に現れる「杁差しの爺や」と呼ばれた残雪形が、荒川沿いの村々で農事暦として親しまれてきた。しかし飯豊山信仰とは無縁で、戦後まで登山道もなく、もっぱら大石、金俣の熊狩り猟師に活躍の場を与えるに過ぎなかった。
 昭和25年の国立公園指定を機に、大石川西俣の大熊尾根登山道や、杁差岳から北股岳に至る連峰北部の縦走路が伐開されて登山者に注目され始め、同39年の新潟国体登山で、大石川の東俣コースが開かれたり、山上に避難小屋が建設されて以来、登山者が激増した。
 登山道は前記のほかに胎内川の足ノ松尾根から大石山へ登ったり、頼母木山、地神山を越えて山形県の飯豊温泉に下山する周回コースもある。前杁差岳から本峰、鉾立峰にかけての頂稜は美しい草原で、高山植物も多彩。
 大石から8時間30分で山頂へ。

DATA

山域: 飯豊連峰
都道府県: 新潟県
標高: 1,636m
2万5千図: 朳差岳、二王子岳、飯豊山

※ 朳差岳の紹介文についての注意点

現在の周辺の雨雲を確認する

朳差岳に行くモデルコース

朳差岳周辺の最新情報

登山口情報

  • 川入登山口 / 御沢登山口 
  • 飯豊山荘 / 天狗平 
  • 奥胎内登山口 / 足ノ松登山口 
  • 大日杉登山口 
  • 小白布沢登山口 
  • 大石ダム登山口 
  • 加冶川治水ダム / 湯ノ平登山道登山口 

  • 【川入登山口 / 御沢登山口】
    飯豊連峰の福島県側、長尾尾根、三国岳経由で飯豊山へ行く登山道の登山口。バスの場合は川入バス停から、御沢キャンプ場に向かい登山道に入る。マイカーの場合は御沢野営場まで入れる。
    トイレがあり、登山届記載所が併設されている。

  • 【飯豊山荘 / 天狗平】
    飯豊連峰の山形県側、梶川尾根、丸森尾根、ダイクラ尾根、石転び沢コースの登山口。
    飯豊山荘を出発すると駐車場の南端、湯沢橋(ダム)手前に登山者カード記入所があるので記入して入山する。

  • 【奥胎内登山口 / 足ノ松登山口】
    飯豊連峰の新潟県側、足ノ松尾根コースの登山口。奥胎内登山口から足ノ松登山口間の林道は、6~10月の間は乗合タクシーが運行されるので、利用したい。
    足ノ松尾根コース途中の水場は当てにせず、奥胎内ヒュッテで利用したほうがよい。

  • 【大日杉登山口】
    飯豊連峰の大日杉コースの登山口。大日杉登山口からの道は米沢道ともよばれ、登山道はしっかりしており、昔から歩かれているコース。登山口にある大日杉小屋は3階建ての立派な山小屋だ。

  • 【小白布沢登山口】
    飯豊山の小白布コースの登山口。川入登山口より1時間ほど早く飯豊本山に行ける最短ルート。
    車のみのアクセスで、小白布沢林道の終点に数台の駐車スペースがあるが、飯豊檜枝岐線からの分岐から先は現在、一般車は入場できない。川入の民宿に宿泊すれば送迎が可能の場合がある。

  • 【大石ダム登山口】
    杁差岳経由、飯豊連峰への登山口。西俣コース(大熊尾根)、東俣コース(権内尾根)のどちらも長い行程を強いられる、上級向けコース。東俣コースの場合は、東俣彫刻公園付近林道ゲート(東俣登山口ゲート)まで進める。

  • 【加冶川治水ダム / 湯ノ平登山道登山口】
    赤谷林道、湯ノ平山荘経由で、おおいんお尾根で北股岳へと登る、湯の平登山道・赤谷林道の登山口。長い林道歩きが続く、体力的に厳しい登山道。近年は林道や登山道の崩れで通行止めが続いてる。
    ※2015年8月現在、登山道通行止め。

周辺にある山小屋

  • 杁差岳避難小屋 
  • 頼母木小屋 
  • 天狗平ロッジ 
  • 門内小屋 

  • 【杁差岳避難小屋】
    無人小屋
    場所: 杁差岳南肩
    電話: 0254-64-1478
    FAX: 0254-64-0079
    営業期間: 通年(無人)

  • 【頼母木小屋】
    無人小屋
    場所: 頼母木山頂北西500m
    電話: 0254-43-6111
    FAX: 0254-43-7392
    営業期間: 7/上~8/下、4/上~10/上の土休日は管理人在駐

  • 【天狗平ロッジ】
    無人小屋
    場所: 小国駅からバス1時間30分、飯豊山荘前下車(7~8月 左記期間外は梅花皮荘前下車、徒歩1時間)
    電話: 090-5846-1858
    FAX: 0238-62-5411
    営業期間: 6~10月(要確認) 7/1~8/31は管理人在駐

  • 【門内小屋】
    無人小屋
    場所: 門内岳山頂北20m
    電話: 0254-43-6111
    FAX: 0254-43-7392
    営業期間: 7/上~8/下、4/上~10/上の土休日は管理人在駐

朳差岳に関連する登山記録

もっと見る

朳差岳の近くの山

東北方面に行く登山ツアー

19年03月01日(金) 関東発 ・3日間 アドベンチャーガイズ
★ 飛行機で行くバックカントリーツアー★八甲田 1stキャンプ
19年03月01日(金) 関東発 ・3日間 トラベルギャラリー
白神十二湖かんじきハイクと森吉山樹氷スノーシュー&五能線「リゾートしらかみ」
19年03月01日(金) 近畿発 ・3日間 トラベルギャラリー
白神十二湖かんじきハイクと森吉山樹氷スノーシュー&五能線「リゾートしらかみ」
19年03月01日(金) 九州・沖縄発 ・3日間 トラベルギャラリー
白神十二湖かんじきハイクと森吉山樹氷スノーシュー&五能線「リゾートしらかみ」
19年03月02日(土) 関東発 ・4日間 トラベルギャラリー
青荷温泉・谷地温泉・酸ケ湯温泉 3つの秘湯巡りと八甲田山スノーシューハイク
19年03月02日(土) 近畿発 ・4日間 トラベルギャラリー
青荷温泉・谷地温泉・酸ケ湯温泉 3つの秘湯巡りと八甲田山スノーシューハイク
19年03月02日(土) 九州・沖縄発 ・4日間 トラベルギャラリー
青荷温泉・谷地温泉・酸ケ湯温泉 3つの秘湯巡りと八甲田山スノーシューハイク
19年03月02日(土) 関東発 ・2日間 クラブツーリズム・あるく
<雪山登山中級A> 『白銀の世界に輝くエメラルドの湖・五色沼トレッキングも 弊社Aランクホテルに宿泊  会津磐梯山 2日間』 【東京・上野・大宮出発】

この地域に行く登山ツアー

朳差岳の関連書籍

  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍

[▲ページトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇のち雨
明後日

曇一時雨
(日本気象協会提供:2019年2月17日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 電池持ちが向上! カシオのスマートウォッチ
電池持ちが向上! カシオのスマートウォッチ カシオ「PROTREK Smart」の最新版が登場! 電池持ちを向上させるモードで2泊3日の登山にも対応。詳しくはこちら...
NEW 極寒の北横岳で厚手ダウンジャケットを試す
極寒の北横岳で厚手ダウンジャケットを試す 山岳ライター高橋庄太郎さんの「山MONO語り」。体感気温-20℃、ハードシェルを備えたダウンジャケットは果たして…。
NEW 特集スノーシュー 厳選エリアガイド
特集スノーシュー 厳選エリアガイド 雪原や林間を楽しむスノーシュー。「どこでできるの?」の疑問に答える、各地のスノーシューエリアと関連施設を紹介!
NEW 紅葉写真コンテスト結果発表!
紅葉写真コンテスト結果発表! 皆さんから投稿いただいた、紅葉写真コンテスト、いよいよ結果発表! 美しい秋の山の風景をご堪能あれ!
NEW 何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山 のどかな里山を囲むように山々が連なる、埼玉県南西部・秩父・奥武蔵の山々。冬から春は、とく魅力がタップリ!
梅の香りの漂う早春の山への誘い
梅の香りの漂う早春の山への誘い 寒空にほんのりと漂う梅の花の香りは、五感で春を感じさせてくれる。今こそ梅の香りの漂う山へ――
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ 日本全国にはその数は50以上あるともいわれる「ご当地アルプス」。本場を彷彿とさせる!?
2019年に登るべき山、大集合!
2019年に登るべき山、大集合! 新元号が始まる2019年、今年はどんな山に登ろうかと計画している人――、標高の山、干支「猪」の山など大集合!
気軽に楽しめるけど、意外と手強い筑波山
気軽に楽しめるけど、意外と手強い筑波山 「東の筑波、西の富士」と称えられる茨城のシンボル、筑波山。春夏秋冬・東西南北、いつでも・どこからでも楽しめる山。
冬だ! 富士山の見える山へ行こう!
冬だ! 富士山の見える山へ行こう! 日本一の山・富士山は、空気の澄んだ冬はとくに美しい。西は和歌山から北は福島まで――、富士山の見える山を目指してみては?
冬季営業の山小屋をご紹介!
冬季営業の山小屋をご紹介! 冬季の山小屋営業情報をピックアップ! 冬山を楽しみたい登山者のみなさま、ぜひご利用ください!
雪山の学び場、八ヶ岳へ行こう!
雪山の学び場、八ヶ岳へ行こう! 初級者から上級者まで、バラエティに飛んだ雪山登山を楽しめる八ヶ岳。しっかり冬山装備を整えて、雪山の魅力を堪能してほしい。