朳差岳えぶりさしだけ

二百名山

朳差岳

写真:山田昌男  頼母木小屋付近からの杁差岳
 飯豊連峰北端の雄峰で、春耕のころ、山腹に現れる「杁差しの爺や」と呼ばれた残雪形が、荒川沿いの村々で農事暦として親しまれてきた。しかし飯豊山信仰とは無縁で、戦後まで登山道もなく、もっぱら大石、金俣の熊狩り猟師に活躍の場を与えるに過ぎなかった。
 昭和25年の国立公園指定を機に、大石川西俣の大熊尾根登山道や、杁差岳から北股岳に至る連峰北部の縦走路が伐開されて登山者に注目され始め、同39年の新潟国体登山で、大石川の東俣コースが開かれたり、山上に避難小屋が建設されて以来、登山者が激増した。
 登山道は前記のほかに胎内川の足ノ松尾根から大石山へ登ったり、頼母木山、地神山を越えて山形県の飯豊温泉に下山する周回コースもある。前杁差岳から本峰、鉾立峰にかけての頂稜は美しい草原で、高山植物も多彩。
 大石から8時間30分で山頂へ。

DATA

山域: 飯豊連峰
都道府県: 新潟県
標高: 1,636m
2万5千図: 朳差岳、二王子岳、飯豊山

※ 朳差岳の紹介文についての注意点

現在の周辺の雨雲を確認する

朳差岳に行くモデルコース

朳差岳周辺の最新情報

登山口情報

  • 川入登山口 / 御沢登山口 
  • 飯豊山荘 / 天狗平 
  • 奥胎内登山口 / 足ノ松登山口 
  • 大日杉登山口 
  • 小白布沢登山口 
  • 大石ダム登山口 
  • 加冶川治水ダム / 湯ノ平登山道登山口 

  • 【川入登山口 / 御沢登山口】
    飯豊連峰の福島県側、長尾尾根、三国岳経由で飯豊山へ行く登山道の登山口。マイカー・タクシーの場合は御沢野営場まで入れる。
    トイレがあり、登山届記載所が併設されている。

  • 【飯豊山荘 / 天狗平】
    飯豊連峰の山形県側、梶川尾根、丸森尾根、ダイクラ尾根、石転び沢コースの登山口。
    飯豊山荘を出発すると駐車場の南端、湯沢橋(ダム)手前に登山者カード記入所があるので記入して入山する。

  • 【奥胎内登山口 / 足ノ松登山口】
    飯豊連峰の新潟県側、足ノ松尾根コースの登山口。奥胎内登山口から足ノ松登山口間の林道は、6~10月の間は乗合タクシーが運行されるので、利用したい。
    足ノ松尾根コース途中の水場は当てにせず、奥胎内ヒュッテで利用したほうがよい。

  • 【大日杉登山口】
    飯豊連峰の大日杉コースの登山口。大日杉登山口からの道は米沢道ともよばれ、登山道はしっかりしており、昔から歩かれているコース。登山口にある大日杉小屋は3階建ての立派な山小屋だ。

  • 【小白布沢登山口】
    飯豊山の小白布コースの登山口。川入登山口より1時間ほど早く飯豊本山に行ける最短ルート。
    車のみのアクセスで、小白布沢林道の終点に数台の駐車スペースがあるが、飯豊檜枝岐線からの分岐から先は現在、一般車は入場できない。小白布作業道は緊急避難道のため登山不可となっている(2019年)。

  • 【大石ダム登山口】
    杁差岳経由、飯豊連峰への登山口。西俣コース(大熊尾根)、東俣コース(権内尾根)のどちらも長い行程を強いられる、上級向けコース。東俣コースの場合は、東俣彫刻公園付近林道ゲート(東俣登山口ゲート)まで進める。

  • 【加冶川治水ダム / 湯ノ平登山道登山口】
    赤谷林道、湯ノ平山荘経由で、おおいんお尾根で北股岳へと登る、湯の平登山道・赤谷林道の登山口。長い林道歩きが続く、体力的に厳しい登山道。近年は林道や登山道の崩れで通行止めが続いてる。
    ※2015年8月現在、登山道通行止め。

周辺にある山小屋

  • 杁差岳避難小屋 
  • 頼母木小屋 
  • 飯豊梅花皮荘 
  • 天狗平ロッジ 
  • 門内小屋 
  • 飯豊山荘(旅館) 

  • 【杁差岳避難小屋】
    無人小屋
    場所: 杁差岳南肩
    電話: 0254-64-1478
    FAX: 0254-64-0079
    営業期間: 通年(無人)

  • 【頼母木小屋】
    無人小屋
    場所: 頼母木山頂北西500m
    電話: 0254-43-6111
    FAX: 0254-43-7392
    営業期間: 7/上~8/下、4/上~10/上の土休日は管理人在駐

  • 【飯豊梅花皮荘】
    国民宿舎 民宿
    場所: 小国駅からバス40分、国民宿舎梅花皮荘前下車
    電話: 0238-64-2111
    FAX: 0238-64-2112
    営業期間: 通年

  • 【天狗平ロッジ】
    無人小屋
    場所: 小国駅からバス1時間30分、飯豊山荘前下車(7~8月 左記期間外は梅花皮荘前下車、徒歩1時間)
    電話: 090-5846-1858
    FAX: 0238-62-5411
    営業期間: 6~10月(要確認) 7/1~8/31は管理人在駐

  • 【門内小屋】
    無人小屋
    場所: 門内岳山頂北20m
    電話: 0254-43-6111
    FAX: 0254-43-7392
    営業期間: 7/上~8/下、4/上~10/上の土休日は管理人在駐

  • 【飯豊山荘(旅館)】
    旅館
    場所: 小国駅からバス1時間、飯豊山荘前下車(7~8月、左記期間外は梅花皮荘前下車、徒歩1時間)
    電話: 090-5234-5002
    営業期間: 6/1~11/4 残雪の状況で5月から営業もあり

朳差岳に関連する登山記録

もっと見る

朳差岳の近くの山

東北方面に行く登山ツアー

20年01月31日(金) 関東発 ・3日間 朝日旅行
【山旅/ハイキング】蔵王温泉ゆったり連泊! とことん蔵王!樹氷スノーシューとスノーモービル体験(レベル2)
20年01月31日(金) 近畿発 ・3日間 朝日旅行
【山旅/ハイキング】蔵王温泉ゆったり連泊! とことん蔵王!樹氷スノーシューとスノーモービル体験(レベル2)
20年02月08日(土) 関東発 ・2日間 クラブツーリズム・あるく
<雪山登山中級A>『幻想的な冬の東北へ! 秘湯・乳頭温泉郷ブナ林スノートレッキング 森吉山 2日間』【東京・上野・大宮出発】 ★嬉しい1名1室同旅行代金!
20年02月11日(火) 関東発 ・日帰り クラブツーリズム・あるく
<山旅会>『登山初級B 東海道一の絶景を満喫 浜石岳からさった峠 日帰り』【東京出発】
20年02月15日(土) 関東発 ・3日間 トラベルギャラリー
雪上車で行く!みやぎ蔵王樹氷&氷瀑スノーシューと最上川雪見こたつ舟
20年02月15日(土) 九州・沖縄発 ・3日間 トラベルギャラリー
雪上車で行く!みやぎ蔵王樹氷&氷瀑スノーシューと最上川雪見こたつ舟
20年02月15日(土) 近畿発 ・3日間 トラベルギャラリー
雪上車で行く!みやぎ蔵王樹氷&氷瀑スノーシューと最上川雪見こたつ舟
20年02月15日(土) 関東発 ・2日間 クラブツーリズム・あるく
<スノーハイク初級>『世界遺産・白神山地の白神十二湖かんじき歩き・八甲田樹氷スノーシュー ~名湯酸ヶ湯温泉での入浴付き~ 2日間』【羽田空港出発】

この地域に行く登山ツアー

朳差岳の関連書籍

  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍

[▲ページトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇のち雨
明後日

(日本気象協会提供:2020年1月22日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 2020年は「2020」「子(ねずみ)」「オリンピック」にまつわる山へ!
2020年は「2020」「子(ねずみ)」「オリンピック」にまつわる山へ! 2020年、どの山に登る? 新年恒例の「今年の山」の紹介では、3つのカテゴリーで今年にまつわる山を全国からピックアップ。
NEW 雪の浅間山と輝く樹氷を見に行こう!
雪の浅間山と輝く樹氷を見に行こう! 浅間山の絶景が待つ黒斑山スノーシューと、歴史を感じる街歩き。冬の小諸市の魅力を堪能する山旅の提案です。
NEW スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方
スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方 本格的な雪山登山は不安で二の足を踏んでいる…そんな人はスノーシューハイキングに行ってみましょう!
NEW 第70回山MONO語り。モンベルのテントを試す
第70回山MONO語り。モンベルのテントを試す 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載。今月は快適性重視のモンベルの「ルナドーム2型」。
グレゴリーの軽量バックパックを徹底分析
グレゴリーの軽量バックパックを徹底分析 抜群の背負い心地と通気性を兼ね備えた「ズール」「ジェイド」。最上級のフィット感と快適性の秘密をチェック!
NEW 山梨県 一部山域の冬期登山は計画書提出を
山梨県 一部山域の冬期登山は計画書提出を 山梨県では12月から3月までの冬期期間、八ヶ岳、南ア、富士山の一部山域で登山計画書の提出を義務化する。詳しくはこちら
カリマー 最上位モデル開発物語
カリマー 最上位モデル開発物語 カリマーから、高所や雪山のために開発した最上位モデル「ultimate series」が登場。開発物語をチェック!
NEW 冬こそおすすめの富士山周辺の山
冬こそおすすめの富士山周辺の山 澄んだ空気がいっそう景色を美しく見せてくれる冬。だから今こそ行きたい富士山一望の山々へ
冬ならではの景色、氷瀑を見に行こう!
冬ならではの景色、氷瀑を見に行こう! 1月~2月限定! 滝が凍りつく「氷瀑」は見られるとは限らない冬限定の景色。比較的簡単にアクセスできる氷瀑のコースをピック...
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ 日本全国にはその数は50以上あるともいわれる「ご当地アルプス」。本場を彷彿とさせる!?
冬だ! 富士山の見える山へ行こう!
冬だ! 富士山の見える山へ行こう! 日本一の山・富士山は、空気の澄んだ冬はとくに美しい。西は和歌山から北は福島まで――、富士山の見える山を目指してみては?
登山中何を飲んでいますか? アンケート結果発表
登山中何を飲んでいますか? アンケート結果発表 登山の荷物で欠かせないものといえば飲料。水やお茶、スポーツ飲料、コーヒー、どんな飲み物を山で嗜んでいますか?