五竜岳ごりゅうだけ

百名山

五竜岳

写真:中西俊明  牛首岳からの五竜岳
 後立山連峰の中央部にあり、雄大な山容をもち、鹿島槍ヶ岳とともにこの連峰の重鎮的存在である。この山の景観が優れているのは、東麓からの唯一の登路である遠見(とおみ)尾根からのものである(神城駅からテレキャビンを利用して所要6時間)。尾根の名称の起こりである、いくつものタワミ(遠見)の上下を繰り返す、きついアルバイトを打ち消して余りあるのが、五竜岳東面と鹿島槍ヶ岳北壁の豪壮な眺めである。五竜岳東面は、いくつものバリエーション・ルートをもっているが、その1つ、G2稜の上部に顕著な武田菱に似た岩が見られ、この山の名の由来となっている。この地を支配していた武田の紋所「武田の御菱(ごりよう)」からきたもので、菱(ひし)は岩の方言でもある。また「後立(ごりゆう)山」の音読みから「五竜」となったという説もある。
 五竜岳北隣の白岳(しらたけ)は、初雪のころ真っ白な姿を見せるのでこう呼ばれたが、その南側には主稜と遠見尾根に挟まれた、白岳沢のカールが広がっている。五竜岳から鹿島槍ヶ岳にかけての主稜線は、八峰(はちみね)の稜線と呼ばれる鋸歯状の突起を連ね、東面足下のカクネ里や、黒部峡谷を距てた剱岳の眺めとともに、縦走の醍醐味が味わえる所でもある。

DATA

別名: 五龍岳
山域: 北アルプス北部
都道府県: 富山県
標高: 2,814m
2万5千図: 神城・十字峡

※ 五竜岳の紹介文についての注意点

現在の周辺の雨雲を確認する

五竜岳に行くモデルコース

五竜岳周辺の最新情報

  • 唐松岳頂上山荘 ~唐松岳
    唐松岳頂上山荘
    2018年の営業は4月28日(水)を予定しています。
    18年04月06日(金)
    冷池山荘 ~鹿島槍・爺ヶ岳
    冷池山荘
    2018年営業 冷池山荘は4月下旬~GWと6月中旬~10/14。種池山荘は6月中旬~10/14。新越山荘7/1~9/24。5/10までは電話にて予約受付。
    18年04月04日(水)
  • 白馬山荘 ~白馬岳
    白馬山荘
    2018年の営業は4/28~10/13.3/1午前9時より予約受付。なお系列の五竜山荘はGW営業しません。ご注意下さい。
    18年02月28日(水)
    剱澤小屋~剱岳
    剱澤小屋
    2018年の営業は7月上旬~。GWの一般営業はありません。GW中の剣沢野営場は小屋から離れて利用のこと。
    18年04月06日(金)
  • 立山室堂山荘 ~立山
    立山室堂山荘
    昨日朝方まで約10㎝降雪。その後の晴れ各所で小さな雪崩発生。雪深は例年並み。朝は氷点下10℃以下の日もあり厳冬期装備+サングラス必携。
    18年04月19日(木)

登山口情報

  • 白馬八方 
  • 遠見駅(五竜遠見) 
  • 大谷原 

  • 【白馬八方】
    唐松岳方面へと続く八方尾根の入山口。八方駅からゴンドラリフトと2基のクワッドリフトを乗り継いで八方池山荘まで容易にアクセスできる。
    八方駅までは、白馬駅からアルピコ交通バスで5分ほどのバスターミナルから徒歩10分。

  • 【遠見駅(五竜遠見)】
    遠見尾根・五竜岳への起点となるテレキャビン山麓駅まではJR大糸線神城駅から徒歩20分ほど。ゴンドラに乗って8分でアルプス平駅に着く。

  • 【大谷原】
    赤岩尾根は、急登が続くハードなコースのため、主に鹿島槍ヶ岳からの下山コースとして利用される。
    登山口の大谷原までは公共交通機関の便はなく、JR信濃大町駅からタクシーか、マイカーを利用してアクセスする。

周辺にある山小屋

  • 五竜山荘 
  • キレット小屋 
  • 唐松岳頂上山荘 
  • 餓鬼山避難小屋 
  • 村営八方池山荘 

  • 【五竜山荘】
    営業小屋
    場所: 五竜岳・白岳鞍部
    電話: 0261-72-2002
    FAX: 0261-72-2280
    営業期間: 4/下~5/上、6/中~10/中

  • 【キレット小屋】
    営業小屋
    場所: 五竜岳・鹿島槍ヶ岳間、八峰キレット北
    電話: 0261-72-2002
    FAX: 0261-72-2280
    営業期間: 7/上~10/1

  • 【唐松岳頂上山荘】
    営業小屋
    場所: 唐松岳南東肩
    電話: 090-5204-7876
    営業期間: GW 6/中~10/中

  • 【餓鬼山避難小屋】
    無人小屋
    場所: 餓鬼山から西へ約40分
    電話: 0765-54-2111
    FAX: 0765-54-2607
    営業期間: 7/上~10/中

  • 【村営八方池山荘】
    営業小屋
    場所: 八方尾根第1ケルン上
    電話: 0261-75-3788
    FAX: 0261-75-3810
    営業期間: 通年

五竜岳に関連する登山記録

五竜岳の近くの山

五竜岳に関連する登山ツアー

18年07月19日(木) 関東 ・3日間 毎日新聞旅行
唐松岳~五竜岳縦走(ゆとり) 大展望の稜線とお花畑
18年07月27日(金) 関東 ・3日間 クラブツーリズム・あるく
<登山中級B(!)>『日本百名山 雲上のパノラマ街道 花々の競演 唐松岳~五竜岳縦走 3日間』【東京・上野・大宮出発】
18年08月03日(金) 関東 ・3日間 クラブツーリズム・あるく
<登山中級B(!)>『日本百名山 雲上のパノラマ街道 花々の競演 唐松岳~五竜岳縦走 3日間』【東京・上野・大宮出発】
18年08月09日(木) 関東 ・3日間 クラブツーリズム・あるく
<登山中級B(!)>『日本百名山 雲上のパノラマ街道 花々の競演 唐松岳~五竜岳縦走 3日間』【東京・上野・大宮出発】
18年08月10日(金) 関東 ・4日間 クラブツーリズム・あるく
<日本百名山をめざす会> 『登山上級(!) 少人数で挑む八峰キレット縦走 鹿島槍ヶ岳~五竜岳~唐松岳 4日間』 【新宿・立川・八王子出発】
18年08月10日(金) 関東 ・3日間 毎日新聞旅行
唐松岳~五竜岳縦走(ゆとり) 大展望の稜線とお花畑
18年08月11日(土) 関東 ・3日間 クラブアルプスの山旅
唐松岳~五竜岳縦走
18年08月16日(木) 関東 ・4日間 クラブアルプスの山旅
唐松岳~五竜岳~鹿島槍ヶ岳

関連するツアーを探す

五竜岳の関連書籍

  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍

[▲ページトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

明後日

(日本気象協会提供:2018年4月22日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 森吉山の魅力を知ろう! 山旅モニター募集
森吉山の魅力を知ろう! 山旅モニター募集 秋田県の森吉山は花の名山。マタギ文化発祥の地で、様々な滝も見られる。森吉山の取材に同行の山旅モニターも募集!
NEW 「洗えるビデオカメラ」4Kモデルの実力は…?
 「洗えるビデオカメラ」4Kモデルの実力は…? 動画も掲載! JVC「エブリオR」に、4K対応モデルの「GZ-RY980」が登場。モニターの反応は…?
NEW モンチュラ、春のおすすめ製品を千穂さんが紹介!
モンチュラ、春のおすすめ製品を千穂さんが紹介! 山岳ライター・編集者・ガイドとしてマルチに活躍する小林千穂さんが、登山におすすめの女性向け春物コーディネートをご紹介!
NEW 早春の南伊豆でロングトレイルを体験!
早春の南伊豆でロングトレイルを体験! 海と山の魅力が満載の南伊豆のトレイルをつなぎ、2泊3日で歩いた。伊豆半島に整備されつつあるロングトレイルをご紹介!
NEW レインとしての機能も。極薄軽量ジャケット
レインとしての機能も。極薄軽量ジャケット マーモットから登場の「ゼロフロージャケット」は、最小限の縫製と極薄軽量生地でレインウェアの機能も。詳しくはこちら
新発想のデイパックを南国の山でテスト
新発想のデイパックを南国の山でテスト 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載「山MONO語り」は、パーゴワークスの新しいデイパックをテスト。コラムコーナーに移転・リ...
好評だったモンチュラ登山靴モニター企画が再び!
好評だったモンチュラ登山靴モニター企画が再び! 機能性とデザイン性を併せ持ち、登山者から高い評価を受けるモンチュラの登山靴「ヤルテクノGTX」がモニター企画に再び登場!...
春~初夏に力強く咲くツツジがキレイな山
春~初夏に力強く咲くツツジがキレイな山 花数が多いうえに花も大振りで存在感がある山、ツツジ。一斉に咲くと、ピンク、赤紫、白などの色が山の斜面を染める。
丹沢登山を日帰りで楽しむ人気コース
丹沢登山を日帰りで楽しむ人気コース 春から初夏の時期は、丹沢が最も賑やかになる。木々の緑、ミツバツツジやシロヤシオが稜線を彩る。
山と自然に関わる仕事 求人情報
山と自然に関わる仕事 求人情報 新規求人情報を続々掲載! 山小屋アルバイト、ツアー添乗員、ショップ店員、メーカースタッフ…、山に関わる仕事の求人情報
山にも春がやってきた!
山にも春がやってきた! 春到来! 低山を中心に山にも春が到来中。ニリンソウ、カタクリ、サクラ、ツツジ――。可憐な花たちが春の山を彩る季節です。
春の息吹を感じ始めた奥多摩の山々
春の息吹を感じ始めた奥多摩の山々 首都圏からの登山者を満足させる地・奥多摩は、春の訪れを感じるようになってきた