五竜岳ごりゅうだけ

百名山

五竜岳

写真:中西俊明  牛首岳からの五竜岳
 後立山連峰の中央部にあり、雄大な山容をもち、鹿島槍ヶ岳とともにこの連峰の重鎮的存在である。この山の景観が優れているのは、東麓からの唯一の登路である遠見(とおみ)尾根からのものである(神城駅からテレキャビンを利用して所要6時間)。尾根の名称の起こりである、いくつものタワミ(遠見)の上下を繰り返す、きついアルバイトを打ち消して余りあるのが、五竜岳東面と鹿島槍ヶ岳北壁の豪壮な眺めである。五竜岳東面は、いくつものバリエーション・ルートをもっているが、その1つ、G2稜の上部に顕著な武田菱に似た岩が見られ、この山の名の由来となっている。この地を支配していた武田の紋所「武田の御菱(ごりよう)」からきたもので、菱(ひし)は岩の方言でもある。また「後立(ごりゆう)山」の音読みから「五竜」となったという説もある。
 五竜岳北隣の白岳(しらたけ)は、初雪のころ真っ白な姿を見せるのでこう呼ばれたが、その南側には主稜と遠見尾根に挟まれた、白岳沢のカールが広がっている。五竜岳から鹿島槍ヶ岳にかけての主稜線は、八峰(はちみね)の稜線と呼ばれる鋸歯状の突起を連ね、東面足下のカクネ里や、黒部峡谷を距てた剱岳の眺めとともに、縦走の醍醐味が味わえる所でもある。

DATA

別名: 五龍岳
山域: 北アルプス北部
都道府県: 富山県
標高: 2,814m
2万5千図: 神城・十字峡

※ 五竜岳の紹介文についての注意点

現在の周辺の雨雲を確認する

五竜岳に行くモデルコース

五竜岳周辺の最新情報

  • 唐松岳頂上山荘 ~唐松岳
    唐松岳頂上山荘
    2018年の営業は終了しました。ご利用ありがとうございました。
    18年10月15日(月)
    冷池山荘 ~鹿島槍・爺ヶ岳
    冷池山荘
    2018年の営業は終了しました。ご利用ありがとうございました。
    18年10月15日(月)
  • 白馬山荘 ~白馬岳
    白馬山荘
    2018年の営業は終了しました。ご利用ありがとうございました。
    18年10月15日(月)
    剱澤小屋~剱岳
    剱澤小屋
    2018年営業は10/7で終了。山は冬へ。晴天でも一般登山者の登山時期は終了。周辺小屋もほぼ営業終了。
    18年10月10日(水)
  • 立山室堂山荘 ~立山
    立山室堂山荘
    連日雪が降り、積雪は20cmから多い所で50cm。完全に雪山、アイゼンピッケルなど冬山装備は必須。営業は11月24日泊まで(観光客宿泊は11月5日まで)
    18年10月31日(水)

登山口情報

  • 白馬八方 
  • 遠見駅(五竜遠見) 
  • 大谷原 

  • 【白馬八方】
    唐松岳方面へと続く八方尾根の入山口。八方駅からゴンドラリフトと2基のクワッドリフトを乗り継いで八方池山荘まで容易にアクセスできる。
    八方駅までは、白馬駅からアルピコ交通バスで5分ほどのバスターミナルから徒歩10分。

  • 【遠見駅(五竜遠見)】
    遠見尾根・五竜岳への起点となるテレキャビン山麓駅まではJR大糸線神城駅から徒歩20分ほど。ゴンドラに乗って8分でアルプス平駅に着く。

  • 【大谷原】
    赤岩尾根は、急登が続くハードなコースのため、主に鹿島槍ヶ岳からの下山コースとして利用される。
    登山口の大谷原までは公共交通機関の便はなく、JR信濃大町駅からタクシーか、マイカーを利用してアクセスする。

周辺にある山小屋

  • 五竜山荘 
  • キレット小屋 
  • 唐松岳頂上山荘 
  • 餓鬼山避難小屋 
  • 村営八方池山荘 

  • 【五竜山荘】
    営業小屋
    場所: 五竜岳・白岳鞍部
    電話: 0261-72-2002
    FAX: 0261-72-2280
    営業期間: 4/下~5/上、6/中~10/中(予定)

  • 【キレット小屋】
    営業小屋
    場所: 五竜岳・鹿島槍ヶ岳間、八峰キレット北
    電話: 0261-72-2002
    FAX: 0261-72-2280
    営業期間: 7/上~10/1(予定)

  • 【唐松岳頂上山荘】
    営業小屋
    場所: 唐松岳南東肩
    電話: 090-5204-7876
    営業期間: GW 6/中~10/中

  • 【餓鬼山避難小屋】
    無人小屋
    場所: 餓鬼山から西へ約40分
    電話: 0765-54-2111
    FAX: 0765-54-2607
    営業期間: 7/上~10/中

  • 【村営八方池山荘】
    営業小屋
    場所: 八方尾根第1ケルン上
    電話: 0261-75-3788
    FAX: 0261-75-3810
    営業期間: 通年

五竜岳に関連する登山記録

もっと見る

五竜岳の近くの山

北アルプス・御嶽山方面に行く登山ツアー

18年11月23日(金) 北陸・信越・東海発 ・3日間 アドベンチャーガイズ
★初滑りバックカントリーツアー★立山・山小屋編
18年11月24日(土) 北陸・信越・東海発 ・2日間 シエラガイドツアー
西穂高岳2日間 11/24(土)発
18年11月24日(土) 現地発 ・2日間 アドベンチャーガイズ
【AGステップアップスクール】 ステップ3  「スノーシューハイク」
18年11月24日(土) 現地発 ・2日間 アドベンチャーガイズ
【AGステップアップスクール】 ステップ3 「雪山登山Ⅰ」
18年11月24日(土) 現地発 ・2日間 アドベンチャーガイズ
【AGステップアップスクール】 シミュレーション登山「ヒマラヤ6,000m峰・アイランドピーク」
18年11月24日(土) 北陸・信越・東海発 ・2日間 シエラガイドツアー
燕岳2日間 11/24(土)発
18年11月24日(土) 北陸・信越・東海発 ・2日間 シエラガイドツアー
西穂高岳独標2日間 11/24(土)発
18年12月01日(土) 現地発 ・2日間 アドベンチャーガイズ
【AGステップアップスクール】 ステップ3 「雪山登山Ⅰ」

この地域に行く登山ツアー

五竜岳の関連書籍

  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍

[▲ページトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇のち晴
明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2018年11月13日 11時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 丹沢・大山方面の登山計画に! 【登山地図掲載】
丹沢・大山方面の登山計画に! 【登山地図掲載】 丹沢・大山方面への登山を安全にできるよう、コースマップ、アクセス情報&バス時刻表、山小屋一覧を掲載!
NEW 着たままでも快適へ。マーモット「ウールラップ」
着たままでも快適へ。マーモット「ウールラップ」 マーモットから発売の「ウールラップ」。独自構造の中綿で行動中も快適ゾーンへ。ペイバックキャンペーンも実施中!
NEW 超軽量仕様のテントを北海道・十勝岳でテスト
超軽量仕様のテントを北海道・十勝岳でテスト 連載「高橋庄太郎の山MONO語り」。今回は「ゼログラム」の軽量4シーズンテントを北海道・十勝岳の野営場でチェック!
『山と溪谷』シェラカップ販売のお知らせ
『山と溪谷』シェラカップ販売のお知らせ 『山と溪谷』1000号を記念したオリジナルシェラカップ2種類を、10月10日正午から販売中。詳しくはこちらで。
ひざの悩みにメディカルサポーター
ひざの悩みにメディカルサポーター 薄く、フィットして、ズレにくい。高機能な「フェイタス(R)メディカルサポーター」の秘密とは?
NEW 登山とカメラに関するアンケート
登山とカメラに関するアンケート 山に行って写真を取るは、ごく普通の行為ですが、どんなカメラで、何を、何のために、どんな方法で撮っていますか?
NEW 小林千穂さん、オーダーメイドインソールを試す
小林千穂さん、オーダーメイドインソールを試す 山岳ライターの小林千穂さんが、オーダーメイドでインソールを成形し、穂高岳の山行で試しました。果たしてその使用感は?
NEW 平成最後の紅葉シーズン、いよいよ終盤へ――
平成最後の紅葉シーズン、いよいよ終盤へ―― 山は紅葉シーズン目前! ことしはどんな紅葉の山に行く? 全国の紅葉登山の名所と、紅葉の見頃時期を、ヤマケイオンラインでチ...
登山+紅葉+寺社仏閣で心落ち着く秋を愉しむ
登山+紅葉+寺社仏閣で心落ち着く秋を愉しむ 日本の山には、山岳仏教の修験の場として栄えた場所が数多い。参道沿いやの艶やかな紅葉は、繊細で心が落ち着くような美しさがあ...
隠れた山岳県・福島。ふくしまの山旅をご紹介!
隠れた山岳県・福島。ふくしまの山旅をご紹介! 飯豊山、安達太良山、会津駒など、百名山7座を抱える山岳県、福島の山の魅力を紹介します。写真コンテストも開催中!
気軽に楽しめるけど、意外と手強い筑波山
気軽に楽しめるけど、意外と手強い筑波山 「東の筑波、西の富士」と称えられる茨城のシンボル、筑波山。春夏秋冬・東西南北、いつでも・どこからでも楽しめる山。
はじめての日本百名山なら大菩薩嶺はいかが?
はじめての日本百名山なら大菩薩嶺はいかが? 初心者の日帰り登山から上級者のテント泊縦走まで、さまざまな山歩きをアレンジできる大菩薩嶺。帰りの温泉も楽しいぞ!