五竜岳ごりゅうだけ

百名山

五竜岳

写真:中西俊明  牛首岳からの五竜岳
 後立山連峰の中央部にあり、雄大な山容をもち、鹿島槍ヶ岳とともにこの連峰の重鎮的存在である。この山の景観が優れているのは、東麓からの唯一の登路である遠見(とおみ)尾根からのものである(神城駅からテレキャビンを利用して所要6時間)。尾根の名称の起こりである、いくつものタワミ(遠見)の上下を繰り返す、きついアルバイトを打ち消して余りあるのが、五竜岳東面と鹿島槍ヶ岳北壁の豪壮な眺めである。五竜岳東面は、いくつものバリエーション・ルートをもっているが、その1つ、G2稜の上部に顕著な武田菱に似た岩が見られ、この山の名の由来となっている。この地を支配していた武田の紋所「武田の御菱(ごりよう)」からきたもので、菱(ひし)は岩の方言でもある。また「後立(ごりゆう)山」の音読みから「五竜」となったという説もある。
 五竜岳北隣の白岳(しらたけ)は、初雪のころ真っ白な姿を見せるのでこう呼ばれたが、その南側には主稜と遠見尾根に挟まれた、白岳沢のカールが広がっている。五竜岳から鹿島槍ヶ岳にかけての主稜線は、八峰(はちみね)の稜線と呼ばれる鋸歯状の突起を連ね、東面足下のカクネ里や、黒部峡谷を距てた剱岳の眺めとともに、縦走の醍醐味が味わえる所でもある。

DATA

別名: 五龍岳
山域: 北アルプス北部
都道府県: 富山県
標高: 2,814m
2万5千図: 神城・十字峡

※ 五竜岳の紹介文についての注意点

現在の周辺の雨雲を確認する

五竜岳に行くモデルコース

五竜岳周辺の最新情報

  • 唐松岳頂上山荘 ~唐松岳
    唐松岳頂上山荘
    八方尾根は支障なし(尾根通し)。気温低下あり手袋、帽子、温かい飲料で保温対策を
    20年09月25日(金)
    冷池山荘 ~鹿島槍・爺ヶ岳
    冷池山荘
    爺ヶ岳斜面の色づきました。今年の営業は10/6まで。それまでは柏原新道のどこかでステキな紅葉に会えるはずです
    20年09月28日(月)
  • 白馬山荘 ~白馬岳
    白馬山荘
    大雪渓通行止め迂回は栂池ルート(白馬鑓温泉通行止め)。気温低下+早まる日没。防寒に注意
    20年09月24日(木)
    剱澤小屋~剱岳
    剱澤小屋
    剱岳別山尾根支障なし。剣沢下る時は最新情報得て。気温低下あり防寒具必携。営業は10/6泊まで
    20年09月24日(木)
  • 立山室堂山荘 ~立山
    立山室堂山荘
    イワイチョウなど足元の紅葉黄葉の時期。日によって気温差大あり、例年初雪初氷もそろそろです
    20年09月29日(火)

登山口情報

  • 白馬八方 
  • 遠見駅(五竜遠見) 
  • 大谷原 

  • 【白馬八方】
    唐松岳方面へと続く八方尾根の入山口。八方駅からゴンドラリフトと2基のクワッドリフトを乗り継いで八方池山荘まで容易にアクセスできる。
    八方駅までは、白馬駅からアルピコ交通バスで5分ほどのバスターミナルから徒歩10分。

  • 【遠見駅(五竜遠見)】
    遠見尾根・五竜岳への起点となるテレキャビン山麓駅まではJR大糸線神城駅から徒歩20分ほど。ゴンドラに乗って8分でアルプス平駅に着く。

  • 【大谷原】
    赤岩尾根は、急登が続くハードなコースのため、主に鹿島槍ヶ岳からの下山コースとして利用される。
    登山口の大谷原までは公共交通機関の便はなく、JR信濃大町駅からタクシーか、マイカーを利用してアクセスする。

周辺にある山小屋

  • 五竜山荘 
  • キレット小屋 
  • 唐松岳頂上山荘 
  • 餓鬼山避難小屋 
  • 村営八方池山荘 

  • 【五竜山荘】
    営業小屋
    場所: 五竜岳・白岳鞍部
    電話: 0261-72-2002
    FAX: 0261-72-2280
    営業期間: 未定~10/中(予定)

  • 【キレット小屋】
    営業小屋
    場所: 五竜岳・鹿島槍ヶ岳間、八峰キレット北
    電話: 0261-72-2002
    FAX: 0261-72-2280
    営業期間: 7/上~9/末(予定)

  • 【唐松岳頂上山荘】
    営業小屋
    場所: 唐松岳南東肩
    電話: 090-5204-7876
    営業期間: ゴールデンウィーク 6/中~10/中

  • 【餓鬼山避難小屋】
    無人小屋
    場所: 餓鬼山から西へ約40分
    電話: 0765-54-2111
    FAX: 0765-54-2607
    営業期間: 7/上~10/中

  • 【村営八方池山荘】
    営業小屋
    場所: 八方尾根第1ケルン上
    電話: 0261-75-3788
    FAX: 0261-75-3810
    営業期間: 通年

五竜岳に関連する登山記録

もっと見る

五竜岳の近くの山

北アルプス・御嶽山方面に行く登山ツアー

20年10月09日(金) 九州・沖縄発 ・4日間 トラベルギャラリー
特別名勝 上高地から紅葉の焼岳縦走
20年10月09日(金) 関東発 ・3日間 クラブツーリズム・あるく
<登山中級A>『定員制・お風呂付きの横尾山荘に連泊でじっくり満喫! 紅葉の涸沢カール 3日間』【新宿・立川・八王子出発】
20年10月09日(金) 関東発 ・2日間 クラブツーリズム・あるく
<登山入門>『弊社Sランクホテルに宿泊しアルプスの絶景へ! 乗鞍岳・上高地トレッキング 2日間』【新宿・立川・八王子出発】<GoToトラベル事業支援対象>
20年10月10日(土) 北陸・信越・東海発 ・日帰り ケイランド
日本百名山 焼岳
20年10月10日(土) 関東発 ・3日間 トラベルギャラリー
涸沢カールの紅葉
20年10月10日(土) 近畿発 ・3日間 トラベルギャラリー
涸沢カールの紅葉
20年10月10日(土) 北陸・信越・東海発 ・2日間 クラブツーリズム・あるく
<登山中級A!>『パノラマ縦走ルートをめぐる 立山三座 2日間』<GOTOトラベル事業支援対象>
20年10月10日(土) 関東発 ・日帰り クラブツーリズム・あるく
<登山入門>『日本百名山 日本アルプス入門の3000m峰 乗鞍岳 日帰り』【新宿・立川・八王子出発】<GoToトラベル事業支援対象>

この地域に行く登山ツアー

五竜岳の関連書籍

  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍

[▲ページトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇時々雨
明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2020年9月30日 11時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 重さを感じず、足が自然と歩きだす! サロモンの新作シューズ
重さを感じず、足が自然と歩きだす! サロモンの新作シューズ 人気トレイルランシューズをトレッキング向けに改良!「クロスハイクミッドゴアテックス」をワンダーフォーゲル編集部がチェック
秋田白神 紅葉の森の魅力
秋田白神 紅葉の森の魅力 世界遺産にも認定された白神山地。藤里駒ヶ岳、二ッ岳、小岳など秋田白神の自然の魅力を紹介します。
NEW 山の麓に住む。長野県大町市に移住した家族の物語
山の麓に住む。長野県大町市に移住した家族の物語 山好きが高じて長野県大町市に移住した家族のインタビューを再掲載。オンライン移住相談会や現地見学会も開催!
NEW 紅葉登山シーズン到来! GoTo秋山!
紅葉登山シーズン到来! GoTo秋山! 秋の到来とともに、山は紅葉シーズンの到来となります。最高の紅葉の山を、安全に快適に楽しむ紅葉登山特集!
NEW グレゴリーの「スタウト/アンバー」モニターレポート3人目
グレゴリーの「スタウト/アンバー」モニターレポート3人目 背面長調整&腰回りを包み込むヒップベルトで安定感が抜群! JING-3さんが沼津アルプスで背負って実感
ステップアップ登山! 槍ヶ岳 & 双六岳
ステップアップ登山! 槍ヶ岳 & 双六岳 登山経験を積んで、長時間の山行と山小屋泊の登山に慣れてきたら挑戦したい槍ヶ岳と双六岳。飛騨側からの槍ヶ岳にもぜひ!
NEW 北アルプス・槍ヶ岳をめざす主要ルート5選
北アルプス・槍ヶ岳をめざす主要ルート5選 槍沢、表銀座、裏銀座、大キレット、飛騨沢。登山者の憧れ、槍ヶ岳をめざす主要ルートを紹介します。
おとな女子登山部によるリレー連載
おとな女子登山部によるリレー連載 好日山荘女性スタッフ有志による「おとな女子登山部」のリレー連載。メンバーの経験に基づくノウハウが満載!
紅葉の始まりは「草紅葉」から
紅葉の始まりは「草紅葉」から 秋風に揺れる黄金の草木を満喫する山旅へ。草紅葉が美しい湿原を歩くコースを行く6コースを紹介します。
山のテッペンで泊まる醍醐味を味わう
山のテッペンで泊まる醍醐味を味わう 山頂からの星空、日の出、日没を味わいたいなら、山頂に泊まるのがいちばん! 山頂に泊まれる山をピックアップ!
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS スマートフォンの普及で高価で手の届かなかったGPS機器が誰でも使える! 初心者向けのノウハウから裏技まで、登山アプリとス...
山岳防災気象予報士が教える山の天気
山岳防災気象予報士が教える山の天気 気象遭難を避けるためには、天気についてある程度の知識と理解は持ちたいもの。登山が知っておくべき、山と天気の関係を解説。