立山室堂山荘からの現地情報 立山・大汝山周辺の情報

昨日朝方まで約10㎝降雪。その後の晴れ各所で小さな雪崩発生。雪深は例年並み。朝は氷点下10℃以下の日もあり厳冬期装備+サングラス必携。

立山室堂山荘

▲山荘前より夕暮の奥大日岳を望む(18.04.18 立山室堂山荘 )

富山の天気予報
明日

雨時々曇
- / -
明後日

晴時々曇
20℃ / 10℃
(日本気象協会提供:2018年4月24日 17時00分発表)
会員登録すると、付近の山の天気予報を見たり、メールによる天気や山岳情報を受信できたりするようになります。これを機会に、ぜひ会員登録しましょう。

⇒ログイン/会員登録

天気・気温

04/19(木) 11:50現在 晴れ 気温5℃ 西の風 平均風速2.7m

周辺状況

4/15日(日)から営業開始しました。

4/19現在快晴です。
昨日朝方まで10㎝ほどの降雪があり、その後晴れて各所で小さな雪崩が多数発生しています。
本日も気温が少し高めなのと日差しが強いので、特に太陽が出てからは雪がかなり柔らかく感じます。

気温はその日によって大きく差があり寒い日は降雪、吹雪になることもあり、稜線上も少ないですが雪が積もっています。

雪の深さは例年並みで、トレースがないところを歩くときはスノーシューが必要な状態です。

今年の雪の大谷は例年並みの16mほどの積雪のようです。

日中の気温は室堂平で-10℃~5℃前後、朝晩は-13℃~0℃程です。

・4/20の日の出は05:11頃、日の入りは18:30頃です。

登山道

荒天時やその後にはトレースが消えますので状況変化にご注意ください。

まだ雪が深く、稜線以外はスノーシューが必要なところが多いです。
また稜線付近はアイゼンが必要になります

4,5月は入山届の提出義務化期間です。室堂ターミナルにて提出してください。

室堂山:軽アイゼン以上が必要、トレース多数あり

浄土山:一ノ越経由からは一部雪が深いです。室堂山分岐経由はアイゼン&ピッケルが必要です。

一ノ越まで:道はまだトーレスが薄く祓堂手前までのトラバース道は、例えば夜降雨後、朝快晴で放射冷却により冷え込むとステップが消えたアイスバーンになりますのでアイゼンが必要です。

一ノ越~雄山:稜線上雪があります。アイゼン、ピッケルが必要です。

三山~別山縦走:稜線上まだ雪がありますアイゼン&ピッケルが必要です。

●スキー、スノーボード、登山を行う方へ
この時期の状況をよく理解している経験者、またはガイドとの同行をお勧めします。
雪崩などのリスクについて、周辺では特別ロープを張るなどの指示はしておりません。
各自が現場での見極めになります。

●立山一帯では、登山者及びスキーヤーは 入山届の提出と雪崩ビーコンの 携帯が必
要です。

詳細はこちら! http://toyamaken-sotaikyo.jp
http://chubu.env.go.jp/nagano/to_2015/post_11.html

装備

●立山室堂は完全に雪山です。
スキー、スノーボード、登山の方は厳冬期の装備が必要です。

この季節の気温ですと、立ち止まると一瞬で体が冷えます。
稜線上は体があおられるほど風が強いこともあり、ウェアは、雨風雪にしっかり耐えられるレベルが必要。

稜線歩きをする場合は、目出し帽と予備手袋は忘れずに。

紫外線が強いのでサングラスと日焼け止めは通年必須。

●観光の方も、それなりの装備が必要です。
雪や寒さ、濡れに対処するため防寒具、雨具、防水の手袋や暖かい帽子、防水の靴(長靴)などは必須です。

雪の照り返しから目を守るため、サングラスも絶対必要です。

駅ターミナルから室堂山荘は、雪の上を歩きます。
ターミナル前広場には看板がありますし、ルート上に竹ポールを刺してありますが、濃霧等天候によってはルートが不明瞭なこともあります。その際はお電話にてお問い合わせ下さい。徒歩でお迎えに上がります。

注意

天気が安定せず時間ごとに目まぐるしく変わります。

下界ではすっかり春ですが、北アルプスは天気が悪いと真冬に戻ります。山に入るときは事前に行動予定日の天気をご確認下さい。

山に登る方はアイゼン、ピッケル必携です。

●ヤマケイオンライン付加情報
・立山黒部アルペンルート 公式
https://www.alpen-route.com/index.php

・アルペンルート 立山室堂ライブカメラ
https://www.alpen-route.com/live_camera/murodou.html

その他のお知らせ

●室堂山荘HP
http://www.murodou.co.jp/
当山荘空室状況は立山室堂山荘ホームページに記載してありますのでご確認下さい。

4月21日、5月3、4日はすでに満室に近い状態となっております。
5月5日はまだ余裕があります。

昨年の今頃の様子は? ※ 詳細は登録会員の方限定。 ⇒会員登録はこちら

立山室堂山荘周辺の最近の様子  ※ クリックすると拡大します

  • 山荘前より夕暮の奥大日岳を望む
  • 山荘前から撮影
  • 山荘前から撮影
  • 山荘前から撮影
  • 11月21日立山 
  • 山荘前で回転する吹雪
  • 山荘前
  • 場所によっては2階付近まで積雪しています。
  • 渡り廊下の屋根まで積もった雪
  • ネズミを咥えたオコジョ 11/4撮影
  • ネズミを咥えたオコジョ 11/4撮影
  • 朝の月と奥大日
立山室堂山荘

連絡先:076-463-1228  現地連絡先:076-463-1228
営業期間
4/17~11/23
関連山域

ユーザーからの立山・大汝山周辺の情報

もっと見る

周辺の現地最新情報

  • 剱澤小屋~剱岳
    剱澤小屋
    2018年の営業は7月上旬~。GWの一般営業はありません。GW中の剣沢野営場は小屋から離れて利用のこと。
    18年04月06日(金)
    太郎平小屋~薬師岳・雲ノ平・高天原
    太郎平小屋
    営業最終日の太郎平周辺は降雪で、一面が銀世界になりました。25日をもって、今シーズンの営業を終了しています。
    17年10月27日(金)

関連のモデルコース

立山室堂山荘周辺の関連書籍

  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

雨のち曇
明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2018年4月24日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 抽選でお好きな『ヤマケイ アルペンガイド』をプレゼント!
抽選でお好きな『ヤマケイ アルペンガイド』をプレゼント! 久しぶりの「みんなの山道具」投稿キャンペーン。今回は「2017年度に買ってよかった山道具」の投稿を募集中です!
NEW 春の登山シーズンに向けたアウトドアソックス特集!
春の登山シーズンに向けたアウトドアソックス特集! 「自分の足に合った登山用の靴下はどうやって選んだらいいの…?」そんな疑問をお持ちの方のための特集です!
NEW 森吉山の魅力を知ろう! 山旅モニター募集
森吉山の魅力を知ろう! 山旅モニター募集 秋田県の森吉山は花の名山。マタギ文化発祥の地で、様々な滝も見られる。森吉山の取材に同行の山旅モニターも募集!
NEW 「洗えるビデオカメラ」4Kモデルの実力は…?
 「洗えるビデオカメラ」4Kモデルの実力は…? 動画も掲載! JVC「エブリオR」に、4K対応モデルの「GZ-RY980」が登場。モニターの反応は…?
NEW モンチュラ、春のおすすめ製品を千穂さんが紹介!
モンチュラ、春のおすすめ製品を千穂さんが紹介! 山岳ライター・編集者・ガイドとしてマルチに活躍する小林千穂さんが、登山におすすめの女性向け春物コーディネートをご紹介!
早春の南伊豆でロングトレイルを体験!
早春の南伊豆でロングトレイルを体験! 海と山の魅力が満載の南伊豆のトレイルをつなぎ、2泊3日で歩いた。伊豆半島に整備されつつあるロングトレイルをご紹介!
レインとしての機能も。極薄軽量ジャケット
レインとしての機能も。極薄軽量ジャケット マーモットから登場の「ゼロフロージャケット」は、最小限の縫製と極薄軽量生地でレインウェアの機能も。詳しくはこちら
新発想のデイパックを南国の山でテスト
新発想のデイパックを南国の山でテスト 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載「山MONO語り」は、パーゴワークスの新しいデイパックをテスト。コラムコーナーに移転・リ...
好評だったモンチュラ登山靴モニター企画が再び!
好評だったモンチュラ登山靴モニター企画が再び! 機能性とデザイン性を併せ持ち、登山者から高い評価を受けるモンチュラの登山靴「ヤルテクノGTX」がモニター企画に再び登場!...
春~初夏に力強く咲くツツジがキレイな山
春~初夏に力強く咲くツツジがキレイな山 花数が多いうえに花も大振りで存在感がある山、ツツジ。一斉に咲くと、ピンク、赤紫、白などの色が山の斜面を染める。
丹沢登山を日帰りで楽しむ人気コース
丹沢登山を日帰りで楽しむ人気コース 春から初夏の時期は、丹沢が最も賑やかになる。木々の緑、ミツバツツジやシロヤシオが稜線を彩る。
山と自然に関わる仕事 求人情報
山と自然に関わる仕事 求人情報 新規求人情報を続々掲載! 山小屋アルバイト、ツアー添乗員、ショップ店員、メーカースタッフ…、山に関わる仕事の求人情報