鹿島槍ヶ岳かしまやりがたけ

百名山

鹿島槍ヶ岳

写真:花畑日尚  爺ヶ岳からの鹿島槍ヶ岳
 この山は、後立山連峰の中央部に位置し、名実ともに後立山の盟主という存在である。
 端麗と表現される南北2つの峰と、それを結ぶ吊尾根がつくるこの山の姿は、どこから眺めても美しい。この山に魅せられた岳人たちは、同時にこの山が内懐に秘める荒々しさのとりこにもなったのである。それは山麓からではうかがい知れない、北壁や荒沢奥壁などのバリエーション・ルートである。これらのルートの開拓は大正末期から昭和の初期に、学校山岳部を中心に華々しく行われ、それは日本におけるアルピニズムの歴史に、貴重な一頁を記しているのである。
 鹿島槍ヶ岳への登路は、縦走路のほかには、東面・信州側から短くて急峻な赤岩尾根1本のみである(鹿島から所要9時間)。この尾根の途中の高千穂平は、鹿島槍ヶ岳のよき展望台ともなっているが、そこから眺める大冷(おおつべた)沢の源頭には、残雪期に獅子やツルの雪形が現れる。そこから昔は、山名をシシ岳とかツル岳、あるいは双耳峰からの連想で背比べ岳などとも呼ばれていた。現在の鹿島槍ヶ岳の山名は鹿島集落の背後にある槍ヶ岳といった意味である。山体は信州側は急崖、西面・越中側はなだらかな非対称山稜の典型である。
 西面には、支稜の牛首尾根を挟んで東谷と棒小屋(ぼうごや)沢が、西面の水を集めて黒部川に注いでいる。この棒小屋沢と、剱岳東面を流下する剱沢とが、黒部峡谷に対して対向から合流する、有名な黒部の十字峡を形成している。
 東面を落ちる白岳、大冷の各沢は、源頭部にバリエーション・ルートを提供している。その1つ、カクネ里はU字谷をなし、平家の落武者が隠れ住んだという(隠(かく)れ里(さと))伝説をもつ、ロマンを秘めた圏谷である。もちろんここに人が隠れ住むというのは不可能だが……。
 南峰から主稜を南へ下ると、肩といった存在の布引岳(残雪が布を敷いたように見えるのでこの名がある)で、付近には船窪地形が散見される。その南の小平地には冷(つべた)池があり、冷池山荘が建っている。また吊尾根の雪田付近から北峰を巻いて北へ下ると、両側の谷からの浸食によって、主稜線に深いⅤ字形の切れ込みの入った八峰(はちみね)のキレットに出る。その北側にキレット小屋がある。
 登山口の鹿島集落は昔から戸数11戸しかなく、集落の人々は平家の落武者の子孫といわれている。ここで民宿を営んでいる狩野氏宅には、近代登山以降の鹿島槍ヶ岳の登高記念帳が保存され、それがそのまま鹿島槍ヶ岳の登山史ともなっている。

DATA

山域: 北アルプス北部
都道府県: 富山県 長野県
標高: 2,889m
2万5千図: 神城・十字峡

※ 鹿島槍ヶ岳の紹介文についての注意点

現在の周辺の雨雲を確認する

鹿島槍ヶ岳に行くモデルコース

鹿島槍ヶ岳周辺の最新情報

  • 冷池山荘 ~鹿島槍・爺ヶ岳
    冷池山荘
    冷池山荘と種池山荘の2019年の営業を終了しました。たいへんありがとうございました。
    19年10月28日(月)
    唐松岳頂上山荘 ~唐松岳
    唐松岳頂上山荘
    2019年の営業は終了いたしました。ご利用ありがとうございました。
    19年10月16日(水)
  • 剱澤小屋~剱岳
    剱澤小屋
    2019年の営業を終了し下山しました。今シーズンもありがとうございました
    19年10月15日(火)
    立山室堂山荘 ~立山
    立山室堂山荘
    2019年の営業終了。2020年は4月中旬より営業再開予定。予約は2月から受付
    19年12月02日(月)
  • 白馬山荘 ~白馬岳
    白馬山荘
    2019年の営業を終了しました。今シーズンもありがとうございました
    19年10月18日(金)

登山口情報

  • 扇沢 
  • 大谷原 

  • 【扇沢】
    扇沢は、立山黒部アルペンルートの長野県側の起点であるとともに、鹿島槍ヶ岳・針ノ木岳の登山基地としても利用される。
    JR信濃大町駅から路線バスの便はよく、周辺駐車場は臨時を含めて約1200台を収容、マイカー利用にも便利である。

  • 【大谷原】
    赤岩尾根は、急登が続くハードなコースのため、主に鹿島槍ヶ岳からの下山コースとして利用される。
    登山口の大谷原までは公共交通機関の便はなく、JR信濃大町駅からタクシーか、マイカーを利用してアクセスする。

周辺にある山小屋

  • キレット小屋 
  • 冷池山荘 
  • 種池山荘 
  • 五竜山荘 
  • 新越山荘 

  • 【キレット小屋】
    営業小屋
    場所: 五竜岳・鹿島槍ヶ岳間、八峰キレット北
    電話: 0261-72-2002
    FAX: 0261-72-2280
    営業期間: 7/上~9/末(予定)

  • 【冷池山荘】
    営業小屋
    場所: 鹿島槍ヶ岳・爺ヶ岳鞍部
    電話: 0261-22-1263
    FAX: 0261-23-4542
    営業期間: 4/下~5/上 6/中~10/中

  • 【種池山荘】
    営業小屋
    場所: 爺ヶ岳西方下、種池畔
    電話: 0261-22-1263
    FAX: 0261-23-4542
    営業期間: 6/中~10/中

  • 【五竜山荘】
    営業小屋
    場所: 五竜岳・白岳鞍部
    電話: 0261-72-2002
    FAX: 0261-72-2280
    営業期間: 未定~10/中(予定)

  • 【新越山荘】
    営業小屋
    場所: 岩小屋沢岳・鳴沢岳鞍部、新越乗越
    電話: 0261-22-1263
    FAX: 0261-23-4542
    営業期間: 7/1~9/下

鹿島槍ヶ岳に関連する登山記録

もっと見る

鹿島槍ヶ岳の近くの山

鹿島槍ヶ岳に関連する登山ツアー

20年07月23日(木) 近畿 ・4日間 朝日旅行
【朝日旅行~ゆとりある山旅】 山岳ガイド・山本道夫氏の「黒部五郎&南アルプス塾・7月」鹿島槍ヶ岳【レベル5】
20年07月23日(木) 関東 ・3日間 トラベルギャラリー
爺ヶ岳から鹿島槍ヶ岳
20年08月08日(土) 近畿 ・4日間 トラベルギャラリー
ゆったり鹿島槍ヶ岳から爺ヶ岳縦走
20年08月08日(土) 九州・沖縄 ・4日間 トラベルギャラリー
ゆったり鹿島槍ヶ岳から爺ヶ岳縦走
20年08月27日(木) 関東 ・5日間 トラベルギャラリー
八峰キレット縦走 五竜岳・鹿島槍ヶ岳・爺ヶ岳
20年08月27日(木) 近畿 ・5日間 トラベルギャラリー
八峰キレット縦走 五竜岳・鹿島槍ヶ岳・爺ヶ岳
20年08月27日(木) 九州・沖縄 ・5日間 トラベルギャラリー
八峰キレット縦走 五竜岳・鹿島槍ヶ岳・爺ヶ岳

関連するツアーを探す

鹿島槍ヶ岳の関連書籍

  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍

[▲ページトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

明後日

曇時々晴
(日本気象協会提供:2020年2月18日 11時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW グレゴリー「ズール/ジェイド」のレポート公開中
グレゴリー「ズール/ジェイド」のレポート公開中 5人目のモニター「そめや」さんは鈴鹿山脈の竜ヶ岳へ。冬の日帰り登山でジェイド38が快適だった理由とは?
NEW 神戸の背後に広がる山々。六甲山へ行こう
神戸の背後に広がる山々。六甲山へ行こう 気軽なハイキングを楽しむのもよし、本格派な登山やクライミングを楽しむのもよし。六甲山ならではの魅力を味わおう。
NEW カリマー最新3アイテム モニターレポート4人目
カリマー最新3アイテム モニターレポート4人目 最上級モデルのモニター4人目は九州在住の野崎さん。ヤブ岩バリエーションルートでの使用感は?
NEW 紅葉写真コンテスト2019結果発表!
紅葉写真コンテスト2019結果発表! 紅葉写真コンテストに沢山のご応募をありがとうございました。216の応募写真から受賞作品が決定!!
NEW 長野県佐久地域で夢のアウトドアライフ
長野県佐久地域で夢のアウトドアライフ 晴天率が高く、便利で暮らしやすいという佐久地域。移住を実現した方々や地域の魅力を紹介。移住セミナーも開催します!
NEW ギミック満載の防寒帽/山MONO語り
ギミック満載の防寒帽/山MONO語り 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載、今月はアウトドアリサーチの冬仕様の帽子を滝子山でチェック!
NEW 雪の浅間山と輝く樹氷を見に行こう!
雪の浅間山と輝く樹氷を見に行こう! 浅間山の絶景が待つ黒斑山スノーシューと、歴史を感じる街歩き。冬の小諸市の魅力を堪能する山旅の提案です。
NEW スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方
スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方 本格的な雪山登山は不安で二の足を踏んでいる…そんな人はスノーシューハイキングに行ってみましょう!
NEW 750mlサイズ新登場!サーモスの山専用ボトル
750mlサイズ新登場!サーモスの山専用ボトル 「もうちょっと」の声に応えた「ちょうどいい容量」の山専ボトル。「萩原編集長」の活用術もご紹介!
梅の香りの漂う早春の山への誘い
梅の香りの漂う早春の山への誘い 寒空にほんのりと漂う梅の花の香りは、五感で春を感じさせてくれる。今こそ梅の香りの漂う山へ――
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ 日本全国にはその数は50以上あるともいわれる「ご当地アルプス」。本場を彷彿とさせる!?
冬だ! 富士山の見える山へ行こう!
冬だ! 富士山の見える山へ行こう! 日本一の山・富士山は、空気の澄んだ冬はとくに美しい。西は和歌山から北は福島まで――、富士山の見える山を目指してみては?