ペテガリ岳ぺてがりだけ

二百名山

ペテガリ岳

写真:中村成勝  ポンヤオロマップ岳からのペテガリ岳(左奥)とルベツネ山(右)
 南日高の女王というにふさわしい山。東面に3つのカールを持つ姿は優雅であり、また南方から見た姿は男性的で壮大である。南へ来るにしたがいカールは少なくなるが、北隣のルベツネ岳(1727m)とのコルから下るCカールは、住み心地のよい貴重な泊まり場である。なおペテガリ以南にはトヨニ岳までカールはない。
 この山を有名にした理由のひとつは、その登山史にある。かつては深い谷に周囲を囲まれたこの山は、まさに「はるかなる山」であった。夏の登頂は昭和7年(1932)に慶応パーティによりなされたが、冬は北大山岳部がコイカクシュサツナイ岳からの往復ルートをとり、数度の挑戦を繰り返していた。昭和15年、コイカクシュサツナイ沢の雪崩で8人を失った痛手を乗り越え、その3年後の1月、コイカク頂上に築いたイグルーから、一気にラッシュ戦法で登頂した。実に往復17時間の行動であった。太平洋戦争が敗色濃い昭和18年という時代を考えれば、その気力には敬服するのみだ。戦後間もない昭和22~23年、早大山岳部が長大な東尾根から1カ月をかけて登頂したのも立派な記録だ。
 この困難な山も、今では日高、十勝の両側から登山道ができ、登りやすくなった。特に多く利用されているのは、静内から車で2時間近く入ったペテガリ山荘から登る西尾根で、登り5時間あまりを要する起状の多い登山道である。もう1つの東尾根の道は、ポンヤオロマップ岳(1405m)を経由する細い尾根を、左右に深い谷を見下ろしつつたどる。登山口から11時間を要する長大なコースだ。
 頂上からコイカク方面には踏み跡が明瞭についているが、東尾根分岐以南は判然としない。
 頂上からの展望の中心をなすのは、サッシビチャリの谷を隔ててそそり立つ1839m峰である。遠くカムイエクウチカウシやエサオマントッタベツなど、中・北部の山々も見える。また南は、中ノ岳、神威岳、ソエマツ、ピリカと果てしなく山脈が続き、心を奪われるに違いない。
 登山道によらず沢を登ってくるとしたら、日高側のペテガリ川、サッシビチャリ川、十勝側のキムクシュベツ川などがあるが、いずれも困難な沢で経験者でなければ入れない。
 山名はペテガリ川からきたもので「回遊する川」の意。大きく屈曲する川の姿を表したものであろう。
 なお、ペテガリ山荘への道路は、札内川へ抜ける日高横断道路造成のため、一般車両の通行が規制されている(平成12年までの予定)。事前に状況を地元に問合せる必要がある。

現状追記:日高横断道路は工事中止になった道路である。林道は残っているが、現在は静内ダムにゲートがあり閉鎖されている。また「ペテガリ山荘」の地元呼称は「ペテカリ山荘」である。
「ペテカリ山荘」は健在だが、静内川の林道が入れないので、「神威山荘」からベッピリガイ沢に尾根を乗り越して入る方法がしばしば用いられている(道はなく、沢登りと踏後利用による)

DATA

山域: 日高山脈
都道府県: 北海道
標高: 1,736m
2万5千図: ピリガイ山

※ ペテガリ岳の紹介文についての注意点

現在の周辺の雨雲を確認する

ペテガリ岳に行くモデルコース

周辺にある山小屋

  • ペテカリ山荘 

  • 【ペテカリ山荘】
    無人小屋
    場所: ペテガリ岳西尾根取付
    電話: 0146-43-2111
    FAX: 0146-43-3900
    営業期間: 通年(無人)

ペテガリ岳に関連する登山記録

ペテガリ岳の近くの山

北海道方面に行く登山ツアー

18年08月01日(水) 関東発 ・8日間 クラブアルプスの山旅
北海道の百名山7座、路空港集合・千歳解散
18年08月01日(水) 関東発 ・4日間 クラブツーリズム・あるく
<日本百名山をめざす会>『登山上級(!) 幌尻岳(渡渉有り・額平川【ぬかびらがわ】ルート)』
18年08月02日(木) 関東発 ・4日間 クラブアルプスの山旅
ゆったり北穂高岳
18年08月02日(木) 関東発 ・4日間 クラブアルプスの山旅
白馬岳~清水尾根~祖母谷温泉
18年08月02日(木) 関東発 ・4日間 クラブアルプスの山旅
黒部五郎岳~三俣蓮華岳~新穂高温泉
18年08月02日(木) 関東発 ・5日間 トラベルギャラリー
大雪山 旭岳・十勝岳・トムラウシ山
18年08月02日(木) 九州・沖縄発 ・5日間 トラベルギャラリー
大雪山 旭岳・十勝岳・トムラウシ山
18年08月02日(木) 近畿発 ・5日間 トラベルギャラリー
大雪山 旭岳・十勝岳・トムラウシ山

この地域に行く登山ツアー

ペテガリ岳の関連書籍

  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍

[▲ページトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇時々晴
明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2018年7月23日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 「究極の全天候型ジャケットを目指したい」
「究極の全天候型ジャケットを目指したい」 ザ・ノース・フェイス大坪さんに、定番レインウェア「クライムライトジャケット」開発に込めた思いを聞く!
NEW グレゴリーの定番ザック「パラゴン」の使い勝手
グレゴリーの定番ザック「パラゴン」の使い勝手 山岳ガイドとして活躍する澤田実さんに、ガイドならではの視点も交えて、「パラゴン」の使い勝手を聞きました。
NEW バルトロのフロントポケットがこんなにラクとは…
バルトロのフロントポケットがこんなにラクとは… グレゴリーのモニターレポート第2弾を公開! 白馬岳に登ったsoraさん。フロントポケットなどの収納に感動したそうです!
NEW 温泉充実! 今年の北アルプスは飛騨側から登ろう
温泉充実! 今年の北アルプスは飛騨側から登ろう 笠・双六・槍・西穂・乗鞍の山々は、温泉、山麓観光も充実した飛騨側から! ライター小林千穂さんのおすすめも掲載!
NEW ライトアルパイン系ブーツを残雪・岩稜で試す
ライトアルパイン系ブーツを残雪・岩稜で試す ライター高橋庄太郎さんの連載「山MONO語り」。今回は、ザンバランのバルトロGTを、まだ雪の残る焼岳でテストしました。そ...
NEW パタゴニア 最新ハイキングパンツの魅力
パタゴニア 最新ハイキングパンツの魅力 国内外のロングトレイルを歩くライター根津貴央さん。独自の用具観から見たパタゴニアのハイキングパンツの魅力について聞いた
NEW 田中陽希さんに訊く、コンディショニング
田中陽希さんに訊く、コンディショニング 「日本3百名山ひと筆書き」の田中陽希さんに、身体のケア、リカバリーなど、山を楽しむためのコンディショニング法を伺った
NEW 遭難しても探し出せる捜索ヘリサービス
遭難しても探し出せる捜索ヘリサービス 万が一、登山者が動けなくなっても、発信される電波から位置を特定する会員制捜索ヘリサービス“ココヘリ”。詳細はこちら
NEW 山の日はイベント盛りだくさんの谷川岳で! 
山の日はイベント盛りだくさんの谷川岳で!  日本百名山・谷川岳では様々なツアーを用意した「山の日イベント」を開催! ラフティングやキャンプが楽しめるアウトドアの町、...
日帰りの山で重宝するデイパック
日帰りの山で重宝するデイパック 連載「山MONO語り」で紹介したグレゴリー サルボ24。高橋庄太郎さんによる、毛無山日帰り山行での使用レポートはこちら
夏の尾瀬、燧ヶ岳・至仏山登山の季節
夏の尾瀬、燧ヶ岳・至仏山登山の季節 誰でも歩けて、自然の素晴らしさを感じられる尾瀬のシーズンが始まります。イベント、特典も盛りだくさんの尾瀬をご案内!
初心者・入門者・ファミリー向けアルプス
初心者・入門者・ファミリー向けアルプス 険しい山並み、眼下には雲海、そして稜線に遥か続く縦走路――。今年はアルプスに初めて挑戦! という人のためのオススメ初心者...
王道の北アルプス縦走コースを歩こう
王道の北アルプス縦走コースを歩こう 森林限界を越えた稜線に、果てしなく続く縦走路。稜線歩きの醍醐味を思う存分楽しめる、北アルプスの縦走コースを紹介。
NEW 山と自然を感じる2日間!TANZAWA 山モリ!フェス
山と自然を感じる2日間!TANZAWA 山モリ!フェス 山の日・8月11~12日に開催されるイベント。スタンプラリー、ワークショップ、自然観察ツアー、トークイベントなど、山のあ...