ペテガリ岳ぺてがりだけ

二百名山

ペテガリ岳

写真:中村成勝  ポンヤオロマップ岳からのペテガリ岳(左奥)とルベツネ山(右)
 南日高の女王というにふさわしい山。東面に3つのカールを持つ姿は優雅であり、また南方から見た姿は男性的で壮大である。南へ来るにしたがいカールは少なくなるが、北隣のルベツネ岳(1727m)とのコルから下るCカールは、住み心地のよい貴重な泊まり場である。なおペテガリ以南にはトヨニ岳までカールはない。
 この山を有名にした理由のひとつは、その登山史にある。かつては深い谷に周囲を囲まれたこの山は、まさに「はるかなる山」であった。夏の登頂は昭和7年(1932)に慶応パーティによりなされたが、冬は北大山岳部がコイカクシュサツナイ岳からの往復ルートをとり、数度の挑戦を繰り返していた。昭和15年、コイカクシュサツナイ沢の雪崩で8人を失った痛手を乗り越え、その3年後の1月、コイカク頂上に築いたイグルーから、一気にラッシュ戦法で登頂した。実に往復17時間の行動であった。太平洋戦争が敗色濃い昭和18年という時代を考えれば、その気力には敬服するのみだ。戦後間もない昭和22~23年、早大山岳部が長大な東尾根から1カ月をかけて登頂したのも立派な記録だ。
 この困難な山も、今では日高、十勝の両側から登山道ができ、登りやすくなった。特に多く利用されているのは、静内から車で2時間近く入ったペテガリ山荘から登る西尾根で、登り5時間あまりを要する起状の多い登山道である。もう1つの東尾根の道は、ポンヤオロマップ岳(1405m)を経由する細い尾根を、左右に深い谷を見下ろしつつたどる。登山口から11時間を要する長大なコースだ。
 頂上からコイカク方面には踏み跡が明瞭についているが、東尾根分岐以南は判然としない。
 頂上からの展望の中心をなすのは、サッシビチャリの谷を隔ててそそり立つ1839m峰である。遠くカムイエクウチカウシやエサオマントッタベツなど、中・北部の山々も見える。また南は、中ノ岳、神威岳、ソエマツ、ピリカと果てしなく山脈が続き、心を奪われるに違いない。
 登山道によらず沢を登ってくるとしたら、日高側のペテガリ川、サッシビチャリ川、十勝側のキムクシュベツ川などがあるが、いずれも困難な沢で経験者でなければ入れない。
 山名はペテガリ川からきたもので「回遊する川」の意。大きく屈曲する川の姿を表したものであろう。
 なお、ペテガリ山荘への道路は、札内川へ抜ける日高横断道路造成のため、一般車両の通行が規制されている(平成12年までの予定)。事前に状況を地元に問合せる必要がある。

現状追記:日高横断道路は工事中止になった道路である。林道は残っているが、現在は静内ダムにゲートがあり閉鎖されている。また「ペテガリ山荘」の地元呼称は「ペテカリ山荘」である。
「ペテカリ山荘」は健在だが、静内川の林道が入れないので、「神威山荘」からベッピリガイ沢に尾根を乗り越して入る方法がしばしば用いられている(道はなく、沢登りと踏後利用による)

DATA

山域: 日高山脈
都道府県: 北海道
標高: 1,736m
2万5千図: ピリガイ山

※ ペテガリ岳の紹介文についての注意点

現在の周辺の雨雲を確認する

ペテガリ岳のガイド・ルポ

ペテガリ岳に行くモデルコース

周辺にある山小屋

  • ペテカリ山荘 

  • 【ペテカリ山荘】
    無人小屋
    場所: ペテガリ岳西尾根取付
    電話: 0146-43-2111
    FAX: 0146-43-3900
    営業期間: 通年(無人)

ペテガリ岳に関連する登山記録

ペテガリ岳の近くの山

北海道方面に行く登山ツアー

※北海道方面に行くツアーは、現在、ありません。

ペテガリ岳の関連書籍

  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍

[▲ページトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴のち曇
明後日

曇一時雨
(日本気象協会提供:2019年9月18日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW パタゴニア キャプリーン・ミッドウェイトを刷新
パタゴニア キャプリーン・ミッドウェイトを刷新 独自の立体構造で優れた吸汗速乾性と伸縮性を備えた「キャプリーン・ミッドウェイト」。アンバサダー3人の評価にも注目!
NEW 生きるための道具選び。シチズン「プロマスター」
生きるための道具選び。シチズン「プロマスター」 すべての道具の選択基準が「生きるために役立つ」ということ。K2登頂をめざした写真家石川直樹氏が本格志向の道具選びを語る
NEW モンベル「ストームクルーザー」の秘密に迫る
モンベル「ストームクルーザー」の秘密に迫る 定番レインウェア「ストームクルーザー」。日本の登山者に向けた雨具はどのように生まれ、どう進化したのか? その秘密に迫る
NEW 丈夫で伸縮性の高い、ハイブリッドなパンツを試す
丈夫で伸縮性の高い、ハイブリッドなパンツを試す 高橋庄太郎さんの連載「山MONO語り」。今月はホグロフスの「ラグドフレックスパンツ」を、岩場もある恵庭岳でチェック!
NEW 飛騨から登る北アルプス フォトコン優秀作品発表
飛騨から登る北アルプス フォトコン優秀作品発表 2部門に554点を投稿いただいたフォトコンテスト。審査員2名が選んだ優秀作品4点ほか、受賞作品が決定!
NEW 秋山PICK UP ITEM! シリオ
秋山PICK UP ITEM! シリオ 『秋山JOY』連動企画!ストレスフリーの軽量トレッキングシューズ、シリオの「P.F.46-3」を紹介
NEW カリマー「クーガー」モニターレポート公開!
カリマー「クーガー」モニターレポート公開! レポート第1弾は、まりりんさん。日帰りと二度のテント泊縦走で背負って感じた「身体に吸い付くような一体感」の理由とは?
令和の秋、紅葉登山の季節が到来!
令和の秋、紅葉登山の季節が到来! 秋の足音が少しずつ聞こえてきました。いよいよ山が最も色づく、紅葉シーズンの到来!
NEW 山と自然を感じる2日間!丹沢 山モリ!フェス
山と自然を感じる2日間!丹沢 山モリ!フェス 10月5~6日に開催される、山とアウトドアのイベント「山モリ! フェス」。スタンプラリー、ワークショップ、自然観察ツアー...
毎日が絶景! 小岩井大輔の富士山頂日記
毎日が絶景! 小岩井大輔の富士山頂日記 富士山頂でしか見られない絶景が、ほぼ毎日! 写真家・小岩井大輔の富士山頂日記は今年もCool!
ロープウェイで登れる百名山
ロープウェイで登れる百名山 ロープウェイやリフトなどを使って、一気に標高を稼げる百名山はいくつあるかご存知?
王道の北アルプス縦走コースを歩こう
王道の北アルプス縦走コースを歩こう 森林限界を越えた稜線に、果てしなく続く縦走路。稜線歩きの醍醐味を思う存分楽しめる、北アルプスの縦走コースを紹介。
名峰・那須岳登山へ! 個性豊かでダイナミック
名峰・那須岳登山へ! 個性豊かでダイナミック 活火山の茶臼岳、峻険な朝日岳、最高峰の三本槍岳ほか、花畑の稜線や温泉など魅力満載の那須連峰。ほかにも湿原・お花畑・温泉と...
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS スマートフォンの普及で高価で手の届かなかったGPS機器が誰でも使える! 初心者向けのノウハウから裏技まで、登山アプリとス...
ツラく、キツく、長い急登の登山道を制す
ツラく、キツく、長い急登の登山道を制す 長い急登を汗水流し、気合と根性を振り絞って、延々と登った先にある素晴らしい景色と充実感を味わいたいなら、ココに決まり!
「踊っている木」、どの山に行けば見られる?
「踊っている木」、どの山に行けば見られる? 標高は2017m、日本百名山の一座として知られています。はじめての山中泊、はじめての縦走登山などにも適した山です。