矢筈ヶ山やはずがせん

矢筈ヶ山

写真:上島敬一  鏡ガ成新小屋峠からの矢筈ガ山
 大山の北東部、大休(おおやすみ)峠から北へ12km続く魅力的な縦走路。植生、史跡、古戦場、岩場など、どれをとっても中国山地第一の呼び声が高く、その最高点が一等三角点を頂く矢筈ガ山で、中国山地第5位の高峰。
 矢筈型の双耳峰で双子山(ふたごせん)の別名もある。三角点を大矢筈、北の岩峰を小矢筈と俗称する。
 船上山(せんじようざん)からの南行コースと、大休峠からの北行コースがあり、ともに約8時間だが、南行コースは長大な登りになり、危険箇所がすべて下りになるので、北行コースを勧めたい。
 北の甲(かぶと)ガ山(せん)は中国山地第10位の高さ。
 後醍醐天皇の旗揚げ(1333年)した船上山の頂上は平坦で湧水も豊富。まさに要害堅固の地であり、周囲の岩壁はクライマーのゲレンデとなっている。山脚部は桜の名所で、青少年自然の家をベースに、健康的なエリアとして人気を集めている。

DATA

山域: 中国山地中部
都道府県: 鳥取県
標高: 1,359m
2万5千図: 伯耆大山

※ 矢筈ヶ山の紹介文についての注意点

現在の周辺の雨雲を確認する

矢筈ヶ山に行くモデルコース

  • ブナ林が続くいにしえの大山道を行く
    体力度: ★★ 危険度: ★★ 5時間10分 日帰り
    一向ヶ平キャンプ場・・・大山滝吊橋・・・大山滝展望台・・・大休峠・・・矢筈ヶ山・・・大休峠・・・大山...

矢筈ヶ山周辺の最新情報

  • 休暇村 奥大山~大山
    休暇村 奥大山
    前爪付き10本歯以上アイゼンが必要。例年1/20以降にまとまった降雪があります。今後の天候に十分注意。
    19年01月18日(金)

登山口情報

  • 大山寺 
  • 船上山少年自然の家 / 東坂登山口 
  • 健康の森遊歩道入口 / 文珠谷登山口 
  • 一向平 

  • 【大山寺】
    大山への登山の起点となる登山口。夏山登山道、行者コースなど、多くが大山寺起点となる。バス利用が可能で、米子駅、大山口駅から利用できる。

  • 【船上山少年自然の家 / 東坂登山口】
    船上山に入る登山口。大山方面へ縦走も可能。船上山少年自然の家へは赤碕駅からバス便があるが、縦走の場合、始発便以外は時間的に利用しづらい。

  • 【健康の森遊歩道入口 / 文珠谷登山口】
    大山南壁を望む奥大山の景勝地、鍵掛峠にほど近い登山口。基本、マイカー利用となる。

  • 【一向平】
    大山東壁へ続く大山古道の登山口。大山滝散策にも利用される。
    バスでは、野井倉バス停から約3kmの徒歩となるので、マイカー利用が現実的。

周辺にある山小屋

  • 大休峠避難小屋 
  • 駒鳥避難小屋 
  • 三鈷峰避難小屋(ユートピア避難小屋) 
  • 元谷避難小屋 
  • 大山頂上避難小屋 
  • 六合目避難小屋 
  • 休暇村奥大山 
  • 船上山頂休憩舎 
  • 船上山茶園原休憩舎 

  • 【大休峠避難小屋】
    無人小屋
    場所: 中国自然歩道、大休峠
    電話: 0859-31-9320
    FAX: 0859-31-9333
    営業期間: 通年(無人)

  • 【駒鳥避難小屋】
    無人小屋
    場所: 鳥越峠から北東へ徒歩30分、地獄谷源流
    電話: 0858-23-3276
    FAX: 0858-23-3266
    営業期間: 通年(無人)

  • 【三鈷峰避難小屋(ユートピア避難小屋)】
    無人小屋
    場所: 三鈷峰・象ヶ鼻鞍部
    電話: 0859-31-9320
    FAX: 0859-31-9333
    営業期間: 通年(無人)

  • 【元谷避難小屋】
    無人小屋
    場所: 大山行者谷登山道、元谷
    電話: 0859-31-9320
    FAX: 0859-31-9333
    営業期間: 通年(無人)

  • 【大山頂上避難小屋】
    無人小屋
    場所: 大山夏山登山道、大山頂上(弥山)
    電話: 0859-31-9320
    FAX: 0859-31-9333
    営業期間: 通年(無人)

  • 【六合目避難小屋】
    無人小屋
    場所: 大山夏山登山道、六合目
    電話: 0859-31-9320
    FAX: 0859-31-9333
    営業期間: 通年(無人)

  • 【休暇村奥大山】
    その他
    場所: 根雨駅・江府ICから送迎バス30~40分(要予約)
    電話: 0859-75-2300(7~21時)
    FAX: 0859-75-2310
    営業期間: 通年 無休

  • 【船上山頂休憩舎】
    無人小屋
    場所: 船上山山頂
    電話: 0858-55-7801
    FAX: 0858-55-7558
    営業期間: 通年(無人)

  • 【船上山茶園原休憩舎】
    無人小屋
    場所: 船上山中腹、赤碕駅からバス30分、県立船上山少年自然の家下車、徒歩10分
    電話: 0858-55-7801
    FAX: 0858-55-7558
    営業期間: 通年(無人)

矢筈ヶ山に関連する登山記録

もっと見る

矢筈ヶ山の近くの山

中国・四国方面に行く登山ツアー

19年02月01日(金) 中国・四国発 ・日帰り シエラガイドツアー
伯耆大山日帰り 2/1(金)発
19年02月02日(土) 中国・四国発 ・2日間 シエラガイドツアー
伯耆大山2日間 2/2(土)発
19年02月09日(土) 近畿発 ・3日間 朝日旅行
しまなみ海道 絶景ブリッジウオーク
19年02月09日(土) 関東発 ・3日間 朝日旅行
しまなみ海道 絶景ブリッジウオーク
19年02月12日(火) 中国・四国発 ・2日間 シエラガイドツアー
伯耆大山2日間 2/12(火)発
19年02月15日(金) 中国・四国発 ・日帰り シエラガイドツアー
伯耆大山日帰り 2/15(金)発
19年02月16日(土) 九州・沖縄発 ・2日間 トラベルギャラリー
初心者のための雪山教室 深入山と恐羅漢山スノーハイキング
19年02月16日(土) 中国・四国発 ・2日間 シエラガイドツアー
伯耆大山2日間 2/16(土)発

この地域に行く登山ツアー

矢筈ヶ山の関連書籍

  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍

[▲ページトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴のち曇
明後日

曇時々晴
(日本気象協会提供:2019年1月23日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
あなたの登山靴にあったインソール、靴下は?
あなたの登山靴にあったインソール、靴下は? 今回は「ハイキング」、「岩稜・雪山」などアクティビティごとに登山靴、靴下、インソールの組み合わせをご紹介!
NEW ひざのサポーターを実際の山行でテスト!
ひざのサポーターを実際の山行でテスト! 「フェイタス メディカルサポーター ひざ」を、ヤマケイオンライン会員が実際の山でモニター。その使い心地は?
NEW 特集スノーシュー 厳選エリアガイド
特集スノーシュー 厳選エリアガイド 雪原や林間を楽しむスノーシュー。「どこでできるの?」の疑問に答える、各地のスノーシューエリアと関連施設を紹介!
NEW 冬向けソフトシェルパンツを岩の山で試す!
冬向けソフトシェルパンツを岩の山で試す! 高橋庄太郎さんの連載「山MONO語り」。今月はマムートの冬向けソフトシェルパンツを岩場のある乾徳山でチェック!
NEW 2019年に登るべき山、大集合!
2019年に登るべき山、大集合! 新元号が始まる2019年、今年はどんな山に登ろうかと計画している人――、標高の山、干支「猪」の山など大集合!
冬ならではの景色、氷瀑を見に行こう!
冬ならではの景色、氷瀑を見に行こう! 1月~2月限定! 滝が凍りつく「氷瀑」は見られるとは限らない冬限定の景色。比較的簡単にアクセスできる氷瀑のコースをピック...
冬だ! 富士山の見える山へ行こう!
冬だ! 富士山の見える山へ行こう! 日本一の山・富士山は、空気の澄んだ冬はとくに美しい。西は和歌山から北は福島まで――、富士山の見える山を目指してみては?
冬季営業の山小屋をご紹介!
冬季営業の山小屋をご紹介! 冬季の山小屋営業情報をピックアップ! 冬山を楽しみたい登山者のみなさま、ぜひご利用ください!
富士登山についてのアンケート
富士登山についてのアンケート 富士登山についてアンケートのお願いです。抽選で富士山グッズをプレゼント! 富士山未経験の方もぜひご参加ください。
雪山の学び場、八ヶ岳へ行こう!
雪山の学び場、八ヶ岳へ行こう! 初級者から上級者まで、バラエティに飛んだ雪山登山を楽しめる八ヶ岳。しっかり冬山装備を整えて、雪山の魅力を堪能してほしい。
全国津々浦々ご当地アルプス8選
全国津々浦々ご当地アルプス8選 その規模や迫力は元祖アルプスには遠く及ばないものの、アルプスらしさが楽しいご当地アルプスの魅力
JR青梅線の駅から行く奥多摩エリアの山
JR青梅線の駅から行く奥多摩エリアの山 都心と奥多摩を結ぶJR青梅線に乗って駅を降りれば、そこはもう登山口、駅から登って駅から帰れる、魅力たっぷりの山を紹介!