烏ヶ山からすがせん

烏ヶ山

写真:岡本良治  大山槍尾根から見た烏ガ山
 大山の南東にそそり立つ鋭峰。1965年1月に発行された5円郵便切手の図案の右奥にちょこんと頭を出している。大山の寄生火山ではなく、中国山地第3位の高さを誇る独立峰で、北面に爆裂口と見られる烏谷(からすだに)があり、周辺に火砕流の堆積による雄大な高原地形を持つ。
 南方の笠良原(かさらばら)から仰ぐと、怪鳥のまさに羽ばたかんとする姿に似る。また周辺のどの山よりも青黒く無気味である。残雪期の東面に黒く鳥形が現れるなどが山名の由来といわれている。
鏡ヶ成からはピラミダルに見え、「山陰のマッターホルン」の愛称で親しまれる。
平成12年の鳥取県西部地震で頂上付近およびおよび南峰の尾根筋が崩壊、三角点も消失した。以来、登山自粛となっていたが、2016年8月に約16年ぶりに登山解禁となった。
 裏大山(うらだいせん)と呼ばれ、不当に低く評価されていたのが幸いして、オオバヤナギ、ツガザクラ、バイケイソウなど大山では失われた植物が数多く残されている。東麓の鏡(かがみ)ガ成(なる)に国民休暇村ができ、人影は増したが、原始性は失われていない。
 休暇村キャンプ場からと、北方の新小屋(しんごや)峠から、また西方の鳥越(とりごえ)峠からの登山道があり、いずれも往復4時間余り。頂上は一塊の安山岩の巨岩で、三角点はない。
 休暇村から象山(ぞうやま)(1086m)、擬宝珠山(ぎぼしがせん)(1105m)に登れる。往復いずれも1時間。大山滝(だいせんたき)も近い。
 古代採鉄のバイブル『鉄山必要記事』(鉄山秘書)の著者下原重仲(しもはらしげなか)は南麓宮市(みやいち)の出身。近くには、古代石器製造の遺跡もある。

DATA

山域: 中国山地中部
都道府県: 鳥取県
標高: 1,448m
2万5千図: 伯耆大山

※ 烏ヶ山の紹介文についての注意点

現在の周辺の雨雲を確認する

烏ヶ山に行くモデルコース

烏ヶ山周辺の最新情報

  • 休暇村 奥大山~大山
    休暇村 奥大山
    融雪が再凍結した上に新雪があり見た目以上に滑ります。10本以上で前爪のあるアイゼンが必要
    19年03月08日(金)

登山口情報

  • 大山寺 
  • 健康の森遊歩道入口 / 文珠谷登山口 
  • 一向平 

  • 【大山寺】
    大山への登山の起点となる登山口。夏山登山道、行者コースなど、多くが大山寺起点となる。バス利用が可能で、米子駅、大山口駅から利用できる。

  • 【健康の森遊歩道入口 / 文珠谷登山口】
    大山南壁を望む奥大山の景勝地、鍵掛峠にほど近い登山口。基本、マイカー利用となる。

  • 【一向平】
    大山東壁へ続く大山古道の登山口。大山滝散策にも利用される。
    バスでは、野井倉バス停から約3kmの徒歩となるので、マイカー利用が現実的。

周辺にある山小屋

  • 駒鳥避難小屋 
  • 休暇村奥大山 
  • 三鈷峰避難小屋(ユートピア避難小屋) 
  • 大休峠避難小屋 
  • 大山頂上避難小屋 
  • 元谷避難小屋 
  • 六合目避難小屋 

  • 【駒鳥避難小屋】
    無人小屋
    場所: 鳥越峠から北東へ徒歩30分、地獄谷源流
    電話: 0858-23-3276
    FAX: 0858-23-3266
    営業期間: 通年(無人)

  • 【休暇村奥大山】
    その他
    場所: 根雨駅・江府ICから送迎バス30~40分(要予約)
    電話: 0859-75-2300(7~21時)
    FAX: 0859-75-2310
    営業期間: 通年 無休

  • 【三鈷峰避難小屋(ユートピア避難小屋)】
    無人小屋
    場所: 三鈷峰・象ヶ鼻鞍部
    電話: 0859-31-9320
    FAX: 0859-31-9333
    営業期間: 通年(無人)

  • 【大休峠避難小屋】
    無人小屋
    場所: 中国自然歩道、大休峠
    電話: 0859-31-9320
    FAX: 0859-31-9333
    営業期間: 通年(無人)

  • 【大山頂上避難小屋】
    無人小屋
    場所: 大山夏山登山道、大山頂上(弥山)
    電話: 0859-31-9320
    FAX: 0859-31-9333
    営業期間: 通年(無人)

  • 【元谷避難小屋】
    無人小屋
    場所: 大山行者谷登山道、元谷
    電話: 0859-31-9320
    FAX: 0859-31-9333
    営業期間: 通年(無人)

  • 【六合目避難小屋】
    無人小屋
    場所: 大山夏山登山道、六合目
    電話: 0859-31-9320
    FAX: 0859-31-9333
    営業期間: 通年(無人)

烏ヶ山に関連する登山記録

もっと見る

烏ヶ山の近くの山

中国・四国方面に行く登山ツアー

19年03月30日(土) 関東発 ・2日間 トラベルギャラリー
瀬戸内アートの直島と豊島を歩く
19年03月30日(土) 関東発 ・4日間 トラベルギャラリー
桜咲くどっぷり芸予諸島!因島/白滝山・大三島/鷲ヶ頭山・岩城島/積善山・大島/亀老山・佐木島/大平山5島5座の島旅
19年04月05日(金) 関東発 ・3日間 毎日新聞旅行
沖ノ島・妹背山と四万十川ウォーク 四国最南端の山と清流・四万十川を歩く
19年04月19日(金) 関東発 ・4日間 トラベルギャラリー
隠岐四島の最高峰と絶景の赤壁・国賀海岸
19年04月19日(金) 近畿発 ・4日間 トラベルギャラリー
隠岐四島の最高峰と絶景の赤壁・国賀海岸
19年04月19日(金) 九州・沖縄発 ・4日間 トラベルギャラリー
隠岐四島の最高峰と絶景の赤壁・国賀海岸
19年04月19日(金) 九州・沖縄発 ・3日間 トラベルギャラリー
イワウチワ群生の伯州山
19年04月21日(日) 北陸・信越・東海発 ・2日間 クラブツーリズム・あるく
『往復新幹線利用/弊社ホテルランクAに宿泊 大山に残る日本最大級の石畳の参道 春のブナ林と国宝・三徳山投入堂 2日間』<ハイキング中級>

この地域に行く登山ツアー

烏ヶ山の関連書籍

  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍

[▲ページトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇一時雨
明後日

(日本気象協会提供:2019年3月19日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 小雀陣二さんも納得! グレゴリー最新モデル 
小雀陣二さんも納得! グレゴリー最新モデル  通気性を重視したグレゴリーの「ズール(ZULU)」がアップデート。背面やポケットなど、小雀陣二さんがチェックしました!
NEW カリマーの定番リュックがリニューアル!
カリマーの定番リュックがリニューアル! 新しくなったカリマー「リッジ」はどこが違う? ポケットの刷新やカラーの新調など注目ポイントをチェック!
NEW 軽量アウターシェルを復刻! サンダージャケット
軽量アウターシェルを復刻! サンダージャケット マーモットからこの春に登場する「サンダージャケット」は、90年代のモデルを元に、最新の素材・技術で復刻! 詳しくはこちら
NEW 週末+1日で別世界へ! トレイル天国・香港の旅
週末+1日で別世界へ! トレイル天国・香港の旅 香港が「トレイル天国」って知ってましたか? たった3日間の休みで海外トレッキングを堪能できる香港の山旅、その魅力を紹介!
NEW MSRのスノーシューを、湯ノ丸山でチェック!
MSRのスノーシューを、湯ノ丸山でチェック!	高橋庄太郎さんの「山MONO語り」。今月は、ラチェット式で着脱便利、登り下りも良好なMSRのスノーシューを湯ノ丸山で試す...
花の季節の前奏曲、カタクリの花が咲く山へ
花の季節の前奏曲、カタクリの花が咲く山へ 種から7年目でようやく花咲く、春を告げる山の妖精――。ひたむきで美しいカタクリの群落がある山を紹介!
サクラ咲く山で花見登山! オススメ桜の名所の山
サクラ咲く山で花見登山! オススメ桜の名所の山 街でサクラが散るころに始まるサクラの花見登山。山の斜面をピンク色に染める、桜の名所の登山ポイントを紹介
登山者はどんなカメラを使って何を撮ってる?
登山者はどんなカメラを使って何を撮ってる? 山で美しい景色の写真を撮るために、どんなカメラを使ってるのか? 撮った画像はどうしてる? 登山者のデジカメ事情意識調査!
NEW 特集 スノーシューで雪山を楽しもう!
特集 スノーシューで雪山を楽しもう! 冬到来、雪の山をスノーシューで楽しんでみては? スノーシュー体験ルポや、エリアガイド、スノーシューツアーも紹介!
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山 のどかな里山を囲むように山々が連なる、埼玉県南西部・秩父・奥武蔵の山々。冬から春は、とく魅力がタップリ!
YAMASTAデザインスタンプコンテスト
YAMASTAデザインスタンプコンテスト 登山の記念にチェックイン! 山のスタンプラリーアプリ「ヤマスタ」。あなたのデザインが山のスタンプになります!
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ 日本全国にはその数は50以上あるともいわれる「ご当地アルプス」。本場を彷彿とさせる!?