登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 0
夏 霧の剣岳2017 剣岳(北アルプス・御嶽山)
img

記録したユーザー

おっさんさとし さん
  • 日程

    2017年8月10日(木)~2017年8月12日(土)

  • 利用した登山口

    室堂ターミナル  

  • 登山口へのアクセス

    マイカー
    その他:自宅(横浜)02:40発。06:00扇沢第二駐車場(無料)着。無料の第一駐車場はもうすでに満杯。かろうじて第二駐車場へ。扇沢でチケット売り場が開くのを待つ。並ぶ。かなりの人数がすでに待っている。07:00期ぷ販売開始。07:30扇沢初(トロリーバス)。トロリーバス、ケーブルカー2本、トロリーバスと乗り継いで室堂へ。08:40室堂着。

  • 天候

    初日、晴れ。二日目、曇り(ガス)。三日目、曇りから雨。
    [2017年08月10日(木)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

【1日目】
室堂ターミナル(08:50)・・・ミクリガ池・・・エンマ台・・・雷鳥平(09:30)[休憩 5分]・・・別山乗越(11:28)[休憩 8分]・・・剱澤小屋(12:10)

【2日目】
剱澤小屋(05:06)・・・剣山荘(05:36)[休憩 5分]・・・一服剱(06:02)・・・前剱(06:45)・・・平蔵のコル(07:20)・・・剱岳(08:10)[休憩 15分]・・・平蔵のコル・・・前剱(09:22)・・・一服剱(10:19)・・・剣山荘(10:56)[休憩 5分]・・・剱澤小屋(11:18)

【3日目】
剱澤小屋(05:30)・・・別山乗越(06:06)[休憩 4分]・・・雷鳥平(07:16)[休憩 4分]・・・エンマ台・・・ミクリガ池・・・室堂ターミナル(08:05)

水平移動距離 約15.9km 積算標高差 上り:約1,956m
下り:約1,956m
コースタイム 標準:875分
自己:681分
コースタイム倍率 0.78
剣岳。初めて登りました。噂には聞いていましたが、なかなか厳しい山でした。しかし、道は非常に整備され、洗練されており、とにかく、意識を集中させ、石ころ一つ落とさぬよう、怪我なきよう、勤めればなんとかなると思います。小学生も登っていました。やはり、一番の難所は、カニの縦ばい(登り)、カニの横ばい(下り)でしょう。少し渋滞しましたが、一つ一つしっかりと登っていけば大丈夫です。高所恐怖症の人tには厳しいかも。頑張って剣岳山頂まで来たのですが、途中を含め、ガスで視界ゼロで、非常に残念でした。どれだけ、素晴らしい景色が見えるのか。次回再チャレンジです。山頂で、ドローンを飛ばして、空中撮影をしている人がいました。何にも見えないのにね。

この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、スニーカー・サンダル、ザック、サブザック、防水スタッフバック、スパッツ、ゲイター、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、傘、タオル、防寒着、帽子、グローブ、手袋、軍手、サングラス、着替え、地図(地形図・ルート図)、コンパス、メモ帳・筆記用具、腕時計、カメラ、登山計画書(控え)、ナイフ、ツエルト、健康保険証、ホイッスル、ファーストエイド・医療品、虫除け・防虫薬品類、ロールペーパー、非常食、行動食、テーピングテープ、トレッキングポール、テント、シュラフ、シュラフカバー、マット(個人用)、ストーブ、燃料、ライター、カップ、コッヘル、カトラリー・武器、ローソク・ランタン
この山行で使った山道具
参考になった 0

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

おっさんさとしさんの登山記録についてコメントする

関連する現地最新情報

  • 立山室堂山荘 ~立山
    立山室堂山荘
    融雪が進み室堂の残雪も一部となりました。主ルートに支障なし。高山植物開花中。稜線は風で体が冷えるため防寒防風装備必携。
    17年08月17日(木)
    剱澤小屋~剱岳
    剱澤小屋
    一般的な主ルートは支障の連絡はありません。空が秋めき朝は気温低下。日没も少し早くなりました。予報が悪くても山の天気はきまぐれです。
    17年08月17日(木)

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

おっさんさとし さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 0

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

明後日

(日本気象協会提供:2017年8月20日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 夏休み、子どもとの山遊びでも大活躍!
夏休み、子どもとの山遊びでも大活躍! 山で便利な「ジップロック」。子どもさんとの山遊びでも大活躍。ひと工夫すれば、楽しい夏の一日を過ごせます!
NEW 長野県大町市に移住 2つの家族の物語
長野県大町市に移住 2つの家族の物語 山を愛し地域に育まれて毎日を生きる――。北アルプスの麓・大町市へ移住した二組の家族を紹介。移住説明会も開催します!
NEW グレゴリーの定番バックパックをチェック!
グレゴリーの定番バックパックをチェック! 高橋庄太郎さんの連載「山MONO語り」。今月はグレゴリーの定番大型バックパック「バルトロ」の新サイズ55Lをチェック!
NEW 夏だ、王道の北アルプス縦走コース
夏だ、王道の北アルプス縦走コース 森林限界を越えた稜線に、果てしなく続く縦走路。稜線歩きの醍醐味を思う存分楽しめる、北アルプスの縦走コースを紹介。
NEW ホグロフス、復活した人気ソフトシェルの実力は…!?
ホグロフス、復活した人気ソフトシェルの実力は…!? モニターレポート到着! 人気ソフトシェル、「リザードⅡジャケット」を悪天候の谷川岳などでテスト! 今後も更新予定!
NEW 「ソニー アクションカム」で、思い出の山行を映像に残そう!
「ソニー アクションカム」で、思い出の山行を映像に残そう! 山仲間と簡単にシェアできる! 「ソニー アクションカム」で美しく鮮やかな映像に残しましょう。あなたの山行の思い出と一緒に
NEW カーキャリア世界最大手が手掛けたバックパック
カーキャリア世界最大手が手掛けたバックパック 街中で見かけるようになったTHULE(スーリー)のバッグ。トレッキング用バックパックも販売しているの、ご存知でした?
NEW 魅力あふれる山域 妙高戸隠連山国立公園
魅力あふれる山域 妙高戸隠連山国立公園 長野・新潟県境に、新たに誕生した「妙高戸隠連山国立公園」。6つの名山の魅力と山麓の温泉、見どころを紹介!
NEW 温泉施設新設! 日本百名山の日光白根山へ
温泉施設新設! 日本百名山の日光白根山へ 日本百名山&関東最高峰の日光白根山は山麓からゴンドラで一気に標高2000mへ。山麓に温泉施設が新設され、さらに便利に! ...
ミステリーランチから、こだわりの軽量モデル
ミステリーランチから、こだわりの軽量モデル 米軍特殊部隊など、プロご用達の製品としても名高いミステリーランチから「スタイン62」が登場!
登山の厳しい環境に対応のGPSトレッキングギア
登山の厳しい環境に対応のGPSトレッキングギア EPSONのGPSデバイスMZ-500シリーズ。GPS機能と独自のアルゴリズムを使って高精度に計測できる“GPSトレッキ...
NEW カリマーの人気レインウェアはバランスが絶妙
カリマーの人気レインウェアはバランスが絶妙 カリマーの人気レインウェア「ビューフォート 3L jkt」をモニタープレゼント! 軽さと快適性の絶妙なバランスを体感しよ...
ツラく、キツく、長い急登の登山道を制す
ツラく、キツく、長い急登の登山道を制す 長い急登を汗水流し、気合と根性を振り絞って、延々と登った先にある素晴らしい景色と充実感を味わいたいなら、ココに決まり!
進化したスマートウォッチをフィールドテスト!
進化したスマートウォッチをフィールドテスト! カシオのスマートウォッチが進化しGPS搭載に! ギア好きライター礒村真介氏がフィールドテスト。その使い勝手は…。
ロープウェイ、ゴンドラで行ける山々
ロープウェイ、ゴンドラで行ける山々 ファミリー、初心者でも短時間で絶景を堪能! ロープウェイ、ゴンドラを使ってアクセスできる5つの山を紹介!
NEW 富士山シーズン、いよいよ幕開け!
富士山シーズン、いよいよ幕開け! 今年も富士登山シーズンが始まります。写真家・小岩井大輔さんの「山頂日記」もスタートした「富士山ナビ」をチェック!
NEW 著名人に聞いた 「山の本」のオススメ!
著名人に聞いた 「山の本」のオススメ! 登山の著名人に「山の本」の思い出を取材。初めて触れた本、感銘を受けた本など、本から知る山の世界。ぜひ参考に!
水と滝のコースで涼を感じませんか?
水と滝のコースで涼を感じませんか? 首都圏からのアクセスの良さと季節ごとに魅力たっぷりの自然で、多くの登山者が訪れる奥多摩を徹底紹介!
山に咲く花の名前、知っていますか?
山に咲く花の名前、知っていますか? 山をさまざまな色に染める花たの名前を、どれだけ知っていますか? 山でよく見る、ぜひ覚えておいて欲しい山の花を紹介
一人前の登山者になろう!「YAMAYA」に注目
一人前の登山者になろう!「YAMAYA」に注目 山岳会に入っていたり、登山専門店で働いたりしている「山センパイ」が、安全に山を楽しむコツをレクチャー!