木曽駒ヶ岳きそこまがたけ

百名山

木曽駒ヶ岳

写真:新妻喜永  左から木曽前岳、木曽駒ヶ岳、中岳、宝剣岳。三ノ沢岳中腹より
 中央アルプスの最高峰である駒ヶ岳は、伊那谷では西駒ヶ岳と呼び、東駒ヶ岳と称される甲斐駒ヶ岳と区別している。一方、木曽谷の人はこの山を木曽駒ヶ岳と呼び、現在はこの名が一般的になっている。山名の由来は、全国の駒ヶ岳がそうであるように、晩春に中岳から将棊頭山の山腹にかけて現れる駒の雪形によっている。
 この山は山岳宗教の山として古くから登られており、天文元年(1532)に木曽上松の徳原春安という人が山頂に駒ヶ岳神社を建てたと伝えられている。近代登山の対象として登られたのは明治24年(1891)8月のW・ウエストンの登山で、友人とともに上松口から登頂、その著書に紀行を載せている。
 山頂一帯はハイマツの緑のジュウタンが敷きつめられ、花崗岩砂の白さと見事なコントラストを描き出している。西に木曽前岳(2826m)、南に中岳(2925m)、さらに東には伊那前岳(2883m)を擁し、登山道は四方から集中している。3000mにちょっと欠けるが、その頂からの展望はすばらしい。日本アルプスの中央に位置しているだけに、北アルプスの山並みと乗鞍岳、そして目の前の御岳山、さらに伊那谷を隔てて大パノラマが楽しめる南アルプスと、見飽きることがない。
 また稜線や山上湖の周辺では高山植物も多く見られ、イワウメ、イワギキョウ、アオノツガザクラ、タカネシオガマなど、色とりどりの花々が登山者を迎えてくれる。特に中央アルプスの特産種であるコマウスユキソウは、いわゆるエーデルワイスの仲間で、この山域でのみ見られる花である。
 登山コースは四通八達しているが、ロープウェイを利用して千畳敷から乗越浄土、中岳を経て登頂するものがいちばん楽なコース(千畳敷から1時間30分)。次に新田次郎の小説『聖職の碑』の舞台でもあるクラシックな、桂小場(かつらこば)から将棊頭山を越えて山頂に至るコースは静かで、中央アルプスらしいムードを楽しめる(桂小場から6時間30分)。そのほか北御所登山口から(7時間弱)、宮田高原から伊勢滝を経て山頂に至るコース(7時間弱)などが伊那側からのルート。
 一方、木曽側からは木曽福島コース(山頂まで7時間弱)と、木曽側では最もよく利用されている上松コース(7時間弱)の2つがある。いずれにしても、伊那、木曽いずれかの谷から山頂に至り、登りとは反対の谷に下山するようなコース設定をすれば、木曽駒ヶ岳の東西2つの顔と、伊那谷、木曽谷双方の雰囲気を楽しむことができる。

DATA

山域: 中央アルプス
都道府県: 長野県
標高: 2,956m
2万5千図: 木曽駒ヶ岳

※ 木曽駒ヶ岳の紹介文についての注意点

現在の周辺の雨雲を確認する

木曽駒ヶ岳に行くモデルコース

木曽駒ヶ岳周辺の最新情報

  • 宝剣山荘~木曽駒・宝剣岳
    宝剣山荘
    千畳敷はまだまだ全面雪です。稜線も一部で地面が見えているのみです。雪解けが進む今、落石が多くある時期です
    17年05月20日(土)

登山口情報

  • 千畳敷 
  • 桂小場 
  • コガラ登山口(大原上登山口) 
  • キビオ峠登山口 
  • アルプス山荘 
  • 木曽駒荘(旧芦島中日キャンプ場) 
  • 北御所登山口 

  • 【千畳敷】
    千畳敷は、木曽駒ヶ岳や宝剣岳などの中心的な登山拠点。駒ヶ岳ロープウェイや駅に隣接するホテルは通年営業され、四季を通じてアプローチが可能。さまざまなコースが組め、日帰り登山も可能だ。夏と秋の最盛期は、駒ヶ岳ロープウェイの乗車に待ち時間が生じることが予想される。
    千畳敷駅構内には売店やレストラン、トイレあり。

  • 【桂小場】
    伊那市から小黒川沿いに延びる林道の終点にある、将棊頭山・木曽駒ヶ岳への登山口。新田次郎の小説「聖職の碑」では、この登山口(実際には約20km離れた学校)から将棊頭山・木曽駒ヶ岳を目指している。
    桂小場登山口から将棊頭山へは約4時間30分。

  • 【コガラ登山口(大原上登山口)】
    木曽福島中心部の東に位置する木曽駒高原は、木曽駒ヶ岳を目指す福島A・Bコースの登山拠点。両コースは標高2410m地点の七合目で合流する。
    コガラ登山口(大原上登山口)はBコースの登山口で、バス利用の場合は大原上バス停まで入れる。
    マイカーの場合は、さらに上部のコガラ登山口まで行け、徒歩約1時間短縮できる。登山口周辺には大きな駐車スペースがあり、その手前には木曽駒冷水が湧いているので、事前に給水する。
    舗装路から、木曽駒高原スキー場のゲレンデ内の道を進むと、指導標の立つ三叉路に出る。木曽駒ヶ岳へは右の林道へ入る。この先一般車は乗り入れ禁止。
    マイカー利用の場合は大原上とキビオ峠は徒歩30分。

  • 【キビオ峠登山口】
    木曽福島中心部の東に位置する木曽駒高原は、木曽駒ヶ岳を目指す福島A・Bコースの登山拠点となっている。両コースは標高2410m地点の七合目で合流し、木曽駒ヶ岳へと続く。

    Aコースの登山口であるキビオ峠は、大原集落と一軒宿の秘湯・駒の湯を結ぶ車道上にあり、駒の湯から車で約10分、徒歩30分。駐車スペースとトイレ、あずまやが建っている。
    マイカー利用の場合は両登山口のどちらかに駐車すれば周回コースが組める。両登山口を徒歩でたどった場合のコースタイムは30分ほど。

  • 【アルプス山荘】
    アルプス山荘は、木曽駒ヶ岳への上松Aコースの登山口。山荘の前に駐車場あり。山荘を起点に上松A・Bコースを周回することもできる。車利用で上松Aコースを往復する場合は、舗装された林道をさらに進み、滑川砂防ダム駐車場に駐車したほうが便利。敬神ノ滝小屋にも数台分駐車場がある。
    アルプス山荘から敬神ノ滝小屋までの登山道は、一部付け替えられているところがあるので現地の看板に従うこと。

  • 【木曽駒荘(旧芦島中日キャンプ場)】
    木曽駒ヶ岳への、上松Bコースの登山口。木曽駒荘付近に駐車場あり。
    Bコースの奇美世の滝までの林道は崩壊箇所が多いため、迂回路を利用する。上部の稜線も崩壊が進んでいるため、事前に登山道情報を確認すること。

  • 【北御所登山口】
    北御所登山道ルートの起点。地元の学校登山にも利用されている。木曽駒ヶ岳へは約6時間30分。

周辺にある山小屋

  • 頂上木曽小屋 
  • 駒ヶ岳頂上山荘 
  • 玉乃窪山荘 
  • 天狗荘 
  • 宝剣山荘 
  • 木曽駒ヶ岳七合目避難小屋 
  • 西駒山荘 
  • 金懸小屋 
  • 檜尾避難小屋 
  • 大樽小屋 
  • 敬神ノ滝山荘 
  • 池山小屋(林内作業所) 

  • 【頂上木曽小屋】
    営業小屋
    場所: 木曽駒ヶ岳山頂西直下
    電話: 0264-52-3882
    FAX: 0264-52-2969
    営業期間: 4/下~5/上、6/中~11/3

  • 【駒ヶ岳頂上山荘】
    営業小屋
    場所: 木曽駒ヶ岳・中岳の鞍部
    電話: 090-5507-6345
    営業期間: 7/上~10/初(要問合せ)

  • 【玉乃窪山荘】
    営業小屋
    場所: 木曽駒ヶ岳・木曽前岳鞍部九合目
    電話: 090-4181-8573 0264-52-2682
    FAX: 0264-52-2682
    営業期間: 7/1~体育の日(9/1以降は土・日・祝日のみ)

  • 【天狗荘】
    営業小屋
    場所: 宝剣岳北直下、宝剣山荘北50m
    電話: 090-5507-6345
    営業期間: 7月~10/初(要問合せ)

  • 【宝剣山荘】
    営業小屋
    場所: 宝剣岳北直下
    電話: 090-5507-6345
    営業期間: 4月~11/初(要問合せ)、年末年始(要予約)

  • 【木曽駒ヶ岳七合目避難小屋】
    無人小屋
    場所: 福島道A・Bコース七合目合流点
    電話: 0264-22-3000
    FAX: 0264-23-2121
    営業期間: 通年(無人)

  • 【西駒山荘】
    営業小屋
    場所: 将棊頭山山頂直下
    電話: 0265-94-6001
    FAX: 0265-94-5901
    営業期間: 7月第2土曜~10月第2月曜

  • 【金懸小屋】
    無人小屋
    場所: 木曽駒ヶ岳上松Aコース五合目
    電話: 0264-52-1133
    FAX: 0264-52-4180
    営業期間: 通年(無人)

  • 【檜尾避難小屋】
    無人小屋
    場所: 檜尾岳山頂東300m
    電話: 0265-83-2111
    FAX: 0265-83-4348
    営業期間: 通年(無人)

  • 【大樽小屋】
    無人小屋
    場所: 将棊頭山北方胸突八丁登り口(五合目)
    電話: 0265-78-4111
    FAX: 0265-78-4131
    営業期間: 通年(無人)

  • 【敬神ノ滝山荘】
    営業小屋
    場所: 上松駅から車10分、下車後、徒歩30分 上松道Aコース敬神ノ滝
    電話: 0264-52-2547
    営業期間: 不定期 山ノ湯アルプス山荘に要問合せ

  • 【池山小屋(林内作業所)】
    無人小屋
    場所: 池山尾根池山頂上南西500m
    電話: 0265-83-2111
    FAX: 0265-83-4348
    営業期間: 通年(無人)

木曽駒ヶ岳に関連する登山記録

木曽駒ヶ岳の近くの山

木曽駒ヶ岳に関連する登山ツアー

17年07月07日(金) 関東 ・2日間 クラブツーリズム・あるく
<登山初級A>『木曽駒ヶ岳から濃ヶ池縦走 2日間』【横浜・町田出発】
17年07月11日(火) 関東 ・2日間 クラブツーリズム・あるく
<ゆっくりペースで歩く登山/登山初級A>『ホテル千畳敷に宿泊!千畳敷カールと木曽駒ヶ岳』【新宿出発】
17年07月13日(木) 関東 ・2日間 クラブツーリズム・あるく
<女性登山クラブ>『登山初級A ホテル千畳敷に宿泊!千畳敷カールと木曽駒ヶ岳 4食+すずらん牛乳ソフトクリーム付き! 2日間』【新宿出発】
17年07月15日(土) 関東 ・2日間 クラブツーリズム・あるく
<登山初級A> 『高山植物の宝庫! 日本百名山3座登頂 美ヶ原 ・ 車山 ・ 木曽駒ヶ岳 2日間』
17年07月15日(土) 北陸・信越・東海 ・日帰り クラブツーリズム・あるく
<登山初級A>『中央アルプス最高峰 木曽駒ヶ岳』日帰り
17年07月19日(水) 近畿 ・2日間 トラベルギャラリー
木曽駒ヶ岳と早太郎温泉
17年07月21日(金) 現地 ・3日間 アルパインツアー
【アルパインツアー日本の山】 中央アルプス 木曽駒ヶ岳から空木岳
17年07月22日(土) 関東 ・2日間 クラブツーリズム・あるく
<登山中級A> 『日本百名山 中央アルプスのクラシックルートで登る 木曽駒ヶ岳・濃ヶ池 2日間』 【新宿出発】

関連するツアーを探す

木曽駒ヶ岳の関連書籍

  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍

[▲ページトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴のち曇
明後日

晴のち曇
(日本気象協会提供:2017年5月29日 11時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 山ジップロック研究所 夏の山で食べたい・・・
山ジップロック研究所 夏の山で食べたい・・・ 山に便利なジップロックの使い方。今週は夏の山で冷たい「ぶっ掛けおろしそば」。食材の運び方、調理法にも注目!!
NEW ホグロフス、あの人気シリーズが復活
ホグロフス、あの人気シリーズが復活 雪山から夏山まで、シーズンを通して活躍する万能ソフトシェル「リザードⅡジャケット」。バージョンアップしたホグロフスの人気...
NEW 思わず「軽っ!!!」SWIXの新作をモニターレポート!
思わず「軽っ!!!」SWIXの新作をモニターレポート! 1本あたり167.5gという驚きの軽さ! SWIXが新たに投入する、独自開発のカーボンを採用した「AT101-00 ソニ...
NEW 尾瀬をグッと身近にする「尾瀬ナビ」公開!
尾瀬をグッと身近にする「尾瀬ナビ」公開! 尾瀬ってどんなところ? なにがあるの? そんな疑問にお答えします!尾瀬の魅力を紹介するサイト「尾瀬ナビ」!
新緑が輝く季節、緑を満喫する山
新緑が輝く季節、緑を満喫する山 山肌の色が枯野色から緑色へと急激に変わる季節。山の緑が最も美しい時期に、緑にこだわって行くのにオススメの山。
「軽さ」だけではない、カリマーの新しいリュックサック
「軽さ」だけではない、カリマーの新しいリュックサック 快適性はそのままに、軽量化を実現! 軽さをコンセプトにした新シリーズ「エアリアル」に「SL35」が登場しました!
サロモンのロングセラーシューズが大幅アップデート!
サロモンのロングセラーシューズが大幅アップデート! 約30gの軽量化を実現! 大人気シューズの新モデル、「XA プロ 3D ゴアテックス」の実力は…!?
しなやかな着心地 ミレーのストレッチレイン
しなやかな着心地 ミレーのストレッチレイン 全天候型ストレッチレイン「ティフォン50000」シリーズ。高い透湿性、しなやかで肌触りよい生地を採用。詳しくはこちら
グレゴリーから新登場「パラゴン/メイブン」
グレゴリーから新登場「パラゴン/メイブン」 新開発の背面システムで、軽さと背負い心地を両立させたライトウェイトモデル、その特徴は…!
新緑が美しい季節の高尾山
新緑が美しい季節の高尾山 都民の憩いの場として、登山者のみならず、多くの人を魅了する高尾山。その魅力がぎっしり詰まった「高尾山ナビ」に注目
山に咲く花の名前、知っていますか?
山に咲く花の名前、知っていますか? 山をさまざまな色に染める花たの名前を、どれだけ知っていますか? 山でよく見る、ぜひ覚えておいて欲しい山の花を紹介
新緑とツツジの季節が始まった奥多摩
新緑とツツジの季節が始まった奥多摩 首都圏からのアクセスの良さと季節ごとに魅力たっぷりの自然で、多くの登山者が訪れる奥多摩を徹底紹介!
一人前の登山者になろう!「YAMAYA」に注目
一人前の登山者になろう!「YAMAYA」に注目 山岳会に入っていたり、登山専門店で働いたりしている「山センパイ」が、安全に山を楽しむコツをレクチャー!
「山レポ」で山の様子を伝えよう!
「山レポ」で山の様子を伝えよう! 山レポとは、山の現地情報を投稿し合う、みんなで作る「現地最新情報」です。 天候、登山道の状況、注意点など、ぜひ投稿を!