登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 6
平ヶ岳ピストン 平ヶ岳(関東)
img

記録したユーザー

Yuji-kun さん

この登山記録の行程

平ヶ岳入口(06:06)・・・下台倉山(08:18)[休憩 10分]・・・台倉山(09:14)[休憩 10分]・・・白沢清水(10:07)[休憩 9分]・・・池ノ岳(11:46)[休憩 11分]・・・平ヶ岳沢源頭の水場(12:10)[休憩 20分]・・・平ヶ岳(13:10)[休憩 5分]・・・平ヶ岳沢源頭の水場・・・池ノ岳(13:37)[休憩 5分]・・・白沢清水(14:44)[休憩 10分]・・・台倉山(15:42)・・・下台倉山(16:20)[休憩 10分]・・・平ヶ岳入口(18:30)

総距離 約20.4km 累積標高差 上り:約1,875m
下り:約1,875m
コースタイム 標準:9時間59分
自己:10時間54分
コースタイム倍率 1.09
連休谷間の日曜日だが、行程の長いコースだけに登山者でにぎわうことはなかった。それでも合計20台程度の駐車スペースの登山口駐車場は、5:40ごろの到着時には2,3台のスペースを残すのみとなっていた。登り始めは気持ちの良いブナ林を通り抜けてゆく心地よい滑り出しで、わずか20分ほどで尾根歩きとなる。下台倉山まではコースタイム2時間のひたすらの登りで、砂礫や岩の切り立った尾根の通過や、ロープ補助がある足場の取りにくい岩場が所々にある。視界は悪くないが、ひたすらの登りで後半は景色を眺めるゆとりがなくなった。下台倉山まで来ると、あとは緩やかな登り下りを繰り返す感じになるが、最後の池ノ岳までの登りは、そこまでの長い道のりでの疲労から50を超えた身にはかなり過酷で、何度も足が止まってしまった。なお、途中に2か所の水場(台倉清水、白沢清水)があり、場所を示す標識もあるが、前者は近くに見当たらず(少し藪道を降りたところにあったのかもしれない)、後者は、わずかな湧き水のような感じであった。湧き水量はわずかで、その場所ですくってもチリが混じってしまうので、2mほど下流の流れがあるところですくうと良い。池ノ岳に到着すると湿原の楽園が広がるが、この日はあいにくの天気で小雨交じりの中で、疲労と共に襲う睡魔に少し仮眠した。この時点で、あまりの疲労から、下山行程での体力面への影響とそれに伴う時間的制約を考慮して、平ヶ岳ピストンを断念することも考えた。とりあえず平ヶ岳沢源頭の水場に向かうが、まだ雪渓が大きく木道を覆っており、やむなく雪渓の端3mほどの雪壁を滑り降りて何とか水場にたどり着いた。雪渓から流れ出る清水は疲れた体に染み渡り、少し食事をして体が休んだことも手伝って、平ヶ岳ピストンを決行した。問題は、滑り降りた3mの雪壁をどう上るかで、小アイゼンもない状態では足場を確保することも難しく、雪渓のふちを歩いて斜面の緩やかのところから何とか上がることができた。なお、平ヶ岳に向かう途中にも、水場に向かう分岐があったので、こちらから行けば無理して雪渓を上り下りせずに水場にたどり着けたのかもしれない。平ヶ岳までは30分ほどの緩やかな登りで、途中、木道も整備され難なく到着するが、この時点で山頂は雲の中で、展望は全くなかった。早々に池ノ岳に戻り、あとは長い下山行程に挑む。下台倉山からの下山路は、足場の取りにくい砂礫、岩場が所々に現れるため、本格的な降雨だとかなり難航することが予想されたが、小雨が時々降る程度であったため、足元をとられるようなことはなかった。一方で、疲労の蓄積で足が思うように進まず、登りと同じだけの時間を要す結果となった。

登山中の画像
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、防水スタッフバック、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、タオル、防寒着、帽子、グローブ、手袋、軍手、サングラス、地図(地形図・ルート図)、コンパス、メモ帳・筆記用具、腕時計、カメラ、登山計画書(控え)、ナイフ、修理用具、健康保険証、ホイッスル、ファーストエイド・医療品、虫除け・防虫薬品類、ロールペーパー、非常食、行動食、ストーブ、燃料、ライター、カップ、コッヘル、カトラリー・武器、ローソク・ランタン
参考になった 6

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

関連する現地最新情報

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

Yuji-kun さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 6

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇一時雨
明後日

(日本気象協会提供:2020年7月3日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 御嶽山の登山道を守る活動 参加者募集!
御嶽山の登山道を守る活動 参加者募集! 岐阜県で御嶽山の登山道を守る取り組みがスタート。編集長萩原、五の池小屋主人と登る特別企画で参加者を募集!
NEW 雨の季節に。パタゴニア「レインシャドー」が復活
雨の季節に。パタゴニア「レインシャドー」が復活 パタゴニアがレインシェル「レインシャドー」シリーズを一新! リサイクル素材、3層構造のストレッチ生地でより快適に!
NEW 後ろが長い傘をチェック!【山MONO語り】
後ろが長い傘をチェック!【山MONO語り】 高橋庄太郎さんの連載は、ユーロシルムの「後ろが長い軽量傘」を雨の中で。ザックを覆うような構造や使用感のレポート
NEW 山小屋を支援しよう【山小屋エイド基金】
山小屋を支援しよう【山小屋エイド基金】 コロナ禍で営業できない山小屋を支援するため、クラウンドファンディングを立ち上げました。ご協力をお願いします(外部リンク)
萩原編集長のヒマラヤ未踏峰挑戦記
萩原編集長のヒマラヤ未踏峰挑戦記 NHKのTV番組でおなじみ萩原編集長、2013年秋にはネパール・ヒマラヤ未踏峰、「アウトライアー」に総隊長として参加。そ...
山道具の買い方・選び方はプロに訊け
山道具の買い方・選び方はプロに訊け 数ある登山道具の中から、自分にピッタリの用具を選ぶには? 登山用具を知り尽くしたプロショップのスタッフが、そのツボを説明...
梅雨時期こそ登りたい、登るべき山
梅雨時期こそ登りたい、登るべき山 雨降りの中で登山をするのは、やはりオススメできないが、梅雨時の今こそ登りたい山はたくさんある!
登山ボディをしっかり作ってから山へ!
登山ボディをしっかり作ってから山へ! 登山自粛、自宅待機で、すっかり鈍ってしまった身体を、チェック&メンテナンスしたから山へ向かいましょう!
NEW 大自然のダイナミズムに触れる北海道の山
大自然のダイナミズムに触れる北海道の山 北海道の山々から厳選! 踏破したい憧れの名山&コース7選
高山植物の女王・コマクサに会える山へ
高山植物の女王・コマクサに会える山へ ほかの植物が生息できないような砂礫地で、孤高に、可憐な姿を見せるコマクサ。殺風景な風景に力強く咲く「女王」を見られる山へ...
新緑が輝く季節、緑を満喫する山
新緑が輝く季節、緑を満喫する山 山肌の色が枯野色から緑色へと急激に変わる季節。山の緑が最も美しい時期に、緑にこだわって行くのにオススメの山。
レンゲツツジが山肌を彩る季節です
レンゲツツジが山肌を彩る季節です 初夏の時期、山肌を朱色に染めるレンゲツツジ。例年は6月下旬がピークだが、今年は今が最盛期。行くなら今でしょ!