登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 4
リベンジならず北岳 北岳 間ノ岳(南アルプス)
img

記録したユーザー

ぴょん さん
  • 日程

    2017年8月10日(木)~2017年8月11日(金)

  • 利用した登山口

    広河原  

  • パーティ

    2人 (ぴょん さん 、ほか1名)

  • 登山口へのアクセス

    マイカー
    その他:行きは芦安駐車場からバスに乗ったのですが、立ち席だったので大変でした。少し待ってもタクシーの方がよかったです。帰りは、人数が集まったらタクシーが出てくれるので、助かりました。(バスより+70円というのがびっくりです!)

  • 天候

    晴れのち曇り
    [2017年08月10日(木)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

【1日目】
広河原(07:00)・・・大樺沢二俣・・・八本歯のコル(10:50)[休憩 20分]・・・北岳山荘(13:20)[休憩 15分]・・・中白峰(14:05)・・・間ノ岳(15:10)・・・中白峰(15:55)・・・北岳山荘(16:20)

【2日目】
北岳山荘(05:45)・・・北岳(06:57)[休憩 30分]・・・北岳肩ノ小屋(07:57)・・・小太郎尾根分岐(08:39)・・・白根御池小屋(09:33)[休憩 10分]・・・広河原(11:30)

総距離 約17.6km 累積標高差 上り:約2,546m
下り:約2,546m
コースタイム 標準:14時間50分
自己:13時間50分
コースタイム倍率 0.93
 1日目は雪渓がなかなか溶けずアイゼンが必要かなと思ったのですが、雪道を2メートルくらい歩くだけですみました。午前中はいいお天気だったのですが、午後からはガスで真っ白。間ノ岳までの道のりは思ったより険しく、さらに強い風と霧で、ドキドキブルブルでした。山小屋の夕食はよかったですが、夜中暑くて、汗だくになってしまいました。
 2日目は北岳登頂です。北岳山荘前で5秒ほど霧が晴れ、富士山が見えました!でも、カメラを用意しているうちに隠れてしまい残念。頂上でも何も見えず、がっかりでした。(2年前に登ったときよりはよかったですが・・・)とっとと下山して温泉に入って帰りました。
 


登山中の画像
  • 芦安駐車場から出発です!
  • 1時間後、広河原に到着。立ちっぱなしで疲れました
  • 広河原山荘の左の道を上っていきます
  • 20分くらいで分岐到着。大樺沢方面へ
  • 青い空がすてきでした
  • 雪渓が残っていましたが、脇の夏道を通り、雪の上を通ったのは2mほどでした。
  • 雪渓と花が咲く景色はここへ来たご褒美?
  • 八本歯コルのはしごにさしかかりました。ときどき下る人もいましたが、怖いだろうなあ
  • お花畑は圧巻です。青空と撮りたかった!
  • 北岳山荘に到着、チェックイン後、荷物を置いて、間ノ岳に向かいます
  • 中白根山到着。ガスっていて、眺望は期待できませんが先へ進みます
  • 間ノ岳到着。風は強くて冷たいし、途中の道も怖かったのと、夕食の時間(16:30)が気になったので、急いで引き返します
  • 夕食10分前に山荘に着き、なんとか間に合いました
  • 少し味が濃いめでしたが、疲れた体にはちょうどよかったです
  • 翌日、山荘出発でした。丁寧な対応でよかったです
  • 山荘付近の最大の青空。この数秒後、富士山がちらっと見えました
  • 結構な高さ登っていきます。昨日の疲れが足に・・・
  • 岩の間に咲いている花々は、けなげでたくましいです
  • 北岳山頂
  • 見えたのは人でした。30分ほど待ってましたが、断念
  • 北の肩小屋付近でもガスは取れず・・・
  • ゆっくり花を見ながら下りて来ました
  • 御池小屋には、たくさんの人がいました
  • 途中の滝でしばし癒やされます
  • レンゲショウマを見ました!
  • 広河原山荘に到着
  • バス乗り場は青空。タクシーで芦安温泉へ
  • 第六駐車場すぐの市営温泉で汗を流し、お昼ご飯を食べて帰りました
参考になった 4

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

関連する現地最新情報

  • 甲斐駒ヶ岳 七丈小屋
    甲斐駒ヶ岳 七丈小屋
    黒戸尾根にも春が着ています。カラマツの芽吹き、刃渡りでヒメイワカガミなどが咲き始めました
    19年06月10日(月)
    南御室小屋 ~鳳凰三山
    南御室小屋
    登山道の雪は9割ほど融けていますが、少し残っています。稜線ではキバナシャクナゲが咲き始めました
    19年06月07日(金)

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

ぴょん さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 4

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇時々晴
明後日

(日本気象協会提供:2019年6月20日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW C3fitから「風が抜けるサポートタイツ」登場!
C3fitから「風が抜けるサポートタイツ」登場! メッシュパネルが生み出す通気性を、高橋庄太郎さんがフィールドテスト。暑い季節もサポートタイツを使いたい方、必見!
NEW ココヘリ。遭難者を探し出す捜索ヘリサービス
ココヘリ。遭難者を探し出す捜索ヘリサービス 「会員制捜索ヘリサービス“ココヘリ”」。発信される電波で位置を特定、万が一、登山者が動けなくても探し出せる!
NEW 飛騨から登る北アルプスフォトコンテスト開催!
飛騨から登る北アルプスフォトコンテスト開催! 今年も開催! 飛騨から登る北アルプスフォトコンテスト。小林千穂さんを審査員に迎え賞品も豪華に! 投稿お待ちしています!
NEW 花の盛期に訪れた森吉山。北秋田の魅力を紹介
花の盛期に訪れた森吉山。北秋田の魅力を紹介 秋田県にある花の名山・森吉山。最盛期を迎えた山上のお花畑と山麓の豊かな森。マタギ文化にも触れた2泊3日の山旅を掲載!
NEW グレゴリー「ズール」&「ジェイド」の快適性を背負って実感
グレゴリー「ズール」&「ジェイド」の快適性を背負って実感 モニターレポート第4弾は「フリーフロート・サスペンション」によって、歩きやすく荷物が軽く感じたという、ばななちゃんのレポ...
高山植物の女王・コマクサに会える山へ
高山植物の女王・コマクサに会える山へ ほかの植物が生息できないような砂礫地で、孤高に、可憐な姿を見せるコマクサ。殺風景な風景に力強く咲く「女王」を見られる山へ...
NEW サロモンから独創的なバックパック登場!
サロモンから独創的なバックパック登場! あなたの登山をより軽快にするバックパックシリーズ「OUT」の特徴をチェック!
尾瀬の自然に会いに行こう!「尾瀬ナビ」公開
尾瀬の自然に会いに行こう!「尾瀬ナビ」公開 のんびり湿原散策に爽快な山登り…。尾瀬のシーズンが始まります。尾瀬をもっと楽しめるキャンペーンもご紹介。
梅雨時期こそ登りたい、登るべき山
梅雨時期こそ登りたい、登るべき山 雨降りの中で登山をするのは、やはりオススメできないが、梅雨時の今こそ登りたい山はたくさんある!
NEW コンパクトに収納! ドリッパー&クッカーセット
コンパクトに収納! ドリッパー&クッカーセット 連載「高橋庄太郎の山MONO語り」。わずか285gの「チタンドリッパー&クッカーセット」を使い、山で本格コーヒーを味わう...
レンゲツツジが山肌を彩る季節です
レンゲツツジが山肌を彩る季節です 初夏の時期、山肌を朱色に染めるレンゲツツジ。例年は6月下旬がピークだが、今年は今が最盛期。行くなら今でしょ!
夏山に向けて登山ボディになろう!
夏山に向けて登山ボディになろう! 夏山シーズン目前、今からでも間に合います。身体のリセット・メンテナンスの面から登山のトレーニングを指南。登山のための身体...