登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 3
両神山から八丁峠を経由し坂本へ 両神山(関東)
img

記録したユーザー

aoto さん
  • 日程

    2017年8月26日(土)

  • 登山口へのアクセス

    バス
    その他:行き:西武池袋線で西武秩父へ → 徒歩で秩父線 御花畑駅へ → 御花畑から三峰へ → 三峰駅から小鹿野町営バスで日向大谷口へ
    帰り: 坂本から西武観光バスで小鹿野役場へ、バスを乗り継ぎ西武池袋線で西武秩父駅へ

  • 天候

    曇り時々晴れ
    [2017年08月26日(土)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

日向大谷口(9:55)-清滝小屋(11:35)-両神山(12:55 13:10)-東岳(13:35)-西岳(14:25)-八丁峠(15:05)-坂本(16:50)


総距離 約12.6km 累積標高差 上り:約2,189m
下り:約2,309m
 両神山は以前日向大谷口からピストンで行ってますが、山頂から八丁峠間を歩いてみたくなり行って来ました。登り口は前回と同じく日向大谷口とし、三峰口駅から小鹿野町営バスで直通で行けます。私以外の方は薬師の湯から乗車してきました。西武秩父駅から薬師の湯行きのバスで来て乗り継いだのでしょうか。下山口は以前二子山の起点とした坂本としました。
  二子山の山行記録
   http://www.yamakei-online.com/cl_record/detail.php?id=49904
 日向大谷口を起点とした登山道は途中七滝沢コースと分かれますが、帰りのバス時間に余裕を持ちたかったのと八丁峠、坂本への道を歩く事が目的なので、前回と同じく直接清滝小屋へ向かうルートにしました。麓の天気は曇り。途中雲の中を通り、山頂は晴れ。東側(登って来た方角)は雲に覆われてましたが、山頂を境に西側は晴れており展望を楽しめました。
 山頂から八丁峠へは基本的に高度を下げるルートですが、軌跡のログでは良く分かりませんが何度も昇り降りを繰ります。鎖場の難度はさまざまな報告がありますが、体力も消耗しますので集中力を切らさないよう注意が必要です。
 八丁峠から坂本へは何度も沢を渡り、山裾を下ります。小鹿野町の山岳会の看板があり、ピンクの目印を付けてくれてますので見落とさないよう進みましょう。山裾のルートはところどころ足の置場に苦慮するところ、意外な方向へ進むところもあります。水量が多いと沢を渡るのに苦労するかもしれません。

登山中の画像
登山画像
御花畑駅舎は有形文化財
登山画像
切符
登山画像
コース脇の沢
登山画像
標高1,000mを超えると雲の中
登山画像
両神神社
登山画像
御神木
登山画像
龍の彫り物
登山画像
山頂への最後の登り
登山画像
山頂
登山画像
これから向かう尾根(両神山 山頂より)
登山画像
西側の眺め(両神山 山頂より)
登山画像
南西方向の眺め(両神山 山頂より)
登山画像
山頂南西側のピーク(両神山 山頂より)
登山画像
八丁峠へはこんな鎖場が多数あります。
登山画像
行蔵峠過ぎの尾根から北側の眺め
登山画像
ズーム 手前:二子山、奥:尾瀬近辺の山かな?.…
登山画像
歩いて来た尾根
登山画像
南側の眺め
参考になった 3

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

aotoさんの登山記録についてコメントする

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

aoto さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 3

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

明後日

曇のち雨
(日本気象協会提供:2020年1月25日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 2020年は「2020」「子(ねずみ)」「オリンピック」にまつわる山へ!
2020年は「2020」「子(ねずみ)」「オリンピック」にまつわる山へ! 2020年、どの山に登る? 新年恒例の「今年の山」の紹介では、3つのカテゴリーで今年にまつわる山を全国からピックアップ。
NEW 雪の浅間山と輝く樹氷を見に行こう!
雪の浅間山と輝く樹氷を見に行こう! 浅間山の絶景が待つ黒斑山スノーシューと、歴史を感じる街歩き。冬の小諸市の魅力を堪能する山旅の提案です。
NEW スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方
スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方 本格的な雪山登山は不安で二の足を踏んでいる…そんな人はスノーシューハイキングに行ってみましょう!
NEW 第70回山MONO語り。モンベルのテントを試す
第70回山MONO語り。モンベルのテントを試す 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載。今月は快適性重視のモンベルの「ルナドーム2型」。
グレゴリーの軽量バックパックを徹底分析
グレゴリーの軽量バックパックを徹底分析 抜群の背負い心地と通気性を兼ね備えた「ズール」「ジェイド」。最上級のフィット感と快適性の秘密をチェック!
カリマー 最上位モデル開発物語
カリマー 最上位モデル開発物語 カリマーから、高所や雪山のために開発した最上位モデル「ultimate series」が登場。開発物語をチェック!
冬こそおすすめの富士山周辺の山
冬こそおすすめの富士山周辺の山 澄んだ空気がいっそう景色を美しく見せてくれる冬。だから今こそ行きたい富士山一望の山々へ
冬ならではの景色、氷瀑を見に行こう!
冬ならではの景色、氷瀑を見に行こう! 1月~2月限定! 滝が凍りつく「氷瀑」は見られるとは限らない冬限定の景色。比較的簡単にアクセスできる氷瀑のコースをピック...
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ 日本全国にはその数は50以上あるともいわれる「ご当地アルプス」。本場を彷彿とさせる!?
梅の香りの漂う早春の山への誘い
梅の香りの漂う早春の山への誘い 寒空にほんのりと漂う梅の花の香りは、五感で春を感じさせてくれる。今こそ梅の香りの漂う山へ――
冬だ! 富士山の見える山へ行こう!
冬だ! 富士山の見える山へ行こう! 日本一の山・富士山は、空気の澄んだ冬はとくに美しい。西は和歌山から北は福島まで――、富士山の見える山を目指してみては?
登山中何を飲んでいますか? アンケート結果発表
登山中何を飲んでいますか? アンケート結果発表 登山の荷物で欠かせないものといえば飲料。水やお茶、スポーツ飲料、コーヒー、どんな飲み物を山で嗜んでいますか?