登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 0
大雪渓のその先に、雲を越えて白馬岳 白馬岳、旭岳(北アルプス・御嶽山)
img

記録したユーザー

Yamakaeru さん
  • 日程

    2017年9月9日(土)

  • パーティ

    4人 (Yamakaeru さん 、ほか3名)

  • 登山口へのアクセス

    マイカー
    その他:猿倉駐車場を目指す。100台程度駐車できる無料の大きな駐車場。ただし、連泊の登山者も多いことから、3時到着の時点でかなり満杯だった。連休時などは猿倉手前の二股で交通規制されるらしい。そんな時は八方駐車場(無料)に止めてバス、タクシー移動が通常。

  • 天候

    快晴
    [2017年09月09日(土)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

猿倉駐車場(1,250m)(05:00)・・・林道終点(05:37)・・・白馬尻小屋(1,560m)(05:55)・・・大雪渓ケルン(06:10)・・・白馬大雪渓・・・避難小屋(07:59)・・・お花畑・・・村営頂上宿舎(2,730m)(08:41)・・・白馬山荘(2,832m)(09:15)・・・白馬岳(2,932m)(09:27)・・・白馬山荘(10:05)(昼食~10:50)・・・旭岳(2,867m)(11:45)・・・村営頂上宿舎(12:33)・・・お花畑・・・避難小屋(13:13)・・・白馬大雪渓・・・大雪渓ケルン・・・白馬尻小屋(15:04)・・・猿倉駐車場(15:56)


総距離 約16.5km 累積標高差 上り:約2,193m
下り:約2,193m
山仲間と高速を飛ばしつつ、猿倉駐車場を目指す。できる限り早く着いたつもりが、3時過ぎにもかかわらず、大きな駐車場にはすでにいっぱいだった。きっと連泊の登山者が多いためだろうか。駐車場のおくにあったスペースに車を停め、仮眠をとって夜明けを待つ。
満天の星空も空が明るくなるにつれ、徐々にフェードアウトしていく。
身支度を整えていざ出発。時間は、5時。空が赤く染まりだした。
猿倉荘の脇を抜けて山道に入る。猿倉荘のトイレは綺麗なので、ここで済ませておくとよい。
山道は少し歩いたところで林道と合流する。整った林道を歩いていく。目前には白馬岳がそびえている。登る時から頂を望みつつ歩くのも珍しい。さあ、登ってこい!!と山に挑戦されているようだ。
その頂も、朝日を受けてモルゲンロートとなっている。また、その横では満月がいまだ空に残っていて有明の幻想的な様子。今日は快晴。きっと素晴らしい景色が待っていると期待感も高まる。

林道の突き当りから山道になる。雪渓のため水が豊富で、あちこちに沢があり綺麗な水が流れている。歩き出して約1時間。大きな岩が目に入る。白いペンキで「おつかれさん!ようこそ大雪渓」と書かれている。この岩は白馬尻小屋の目印になっている。白馬尻小屋。馬のお尻という名前も可愛い。小屋の横には広場があり、テーブルがいくつか設置されている。座ると、大雪渓から流れ出した綺麗な川とその上に雪渓が見渡せる。この広場はテント宿泊も可能だ。
白馬尻小屋では、軽アイゼンが1,000円で販売されていた。一瞬、買おうかとも思った。
猿倉からの道はとても綺麗に整備されていたので、仮眠をせずにここまでヘッドライトで歩いてきて、夜明けとともに登頂開始というパターンもあったなあと思った。

白馬尻小屋を出発して程なく、大雪渓が目前に広がる。シーズン的にすでに小さくなっているはずなのに、それでもスケールは大きい。
7、8月であれば、そのまま大雪渓を踏みながら進むところであるが、このシーズンは解けたことにより雪渓の脇に出来た秋道を進む。なるほど、よく見ると雪渓のあちこちに陥没した大きなクレパスがある。しかし、この秋道もなかなか曲者。崩れやすい土砂でできた斜面が多く、むしろ雪渓の方が安全では?と思えるような場所がいくつもあった。その秋道もようやく終わり、最後の斜面はいよいよ大雪渓を直接、直登することになる。待ってました!!
少し灰色にくすんだ雪渓に、赤くマーキングされたルートが延びている。ベ ンガラと呼ばれる赤い粉で作られた目印だ。大雪渓には、クレパスだけではなく、両側から崩れ落ちた大きな岩が、いくつもゴロゴロしていて、危険な場所が多いのも事実。定められたルートを丁寧に登ることが大事。
キックしながら一歩一歩、進む。やはり雪はいい。早く雪山のシーズンが来ないかなと考えながら登る。
ずっと歩いていたい雪渓も残念ながら終わりが来た。振り返るとそれでも結構登ってきたことが分かる。こんなに雪の量があるとは。圧巻である。見下ろした雪渓の向うに雲海があり、その向こうには妙高も見える。

雪渓が終わった後も、浮石が多いコースが続く。看板にも「落石危険!葱平まで座らない!!」とある。
避難小屋に着く。小さな小屋だが、きっと厳しい時期にはとても貴重な場所になるのだろう。ここまで来るとお花畑があちこちに見える。白馬も高山植物で有名な山だ。7月ごろであればきっと色とりどりの花が咲き誇っていたに違いない。今はシーズンも終わりつつあり、数は少ない。が、それでも黄色の鮮やかな花が群生していた。周囲をよくみると、濃い緑もどことなく黄色がかって見えるところがあった。高い山の季節はもう秋に向かっているのだろうか。
村営白馬頂上宿舎まで来ると稜線にでたも同然。稜線まで駆け上がると、今日一番の感動が待っていた。いや、ここで今日一番を使うのはまだ早いか。
白馬山荘に到着。なんと空の青い事か。
眼下に雲海。先ほど見えていた妙高や戸隠がいっそうはっきりと確認できる。厚い雲が遠く関東方面まで広がっている様子が見える。一方、反対の北陸側は雲一つない快晴。日本の天気図を直接自分の目で見ているようだ。
目線を、杓子岳、白馬鑓ヶ岳に向ける。実に気持ちよさそうな縦走コースが自分の足元から杓子岳、白馬鑓ヶ岳へと続いている。あー歩きたいと強い欲求が湧き上がる。更に右には、大きくて成端のとれた頂が見える。剱岳だ。右奥には白山も見える。少し前に白山から朝日を拝んだ際に、真っ赤に染まった雲の中に剱岳を見たが、今はその反対側の視点に立っている。
もう一度、剱岳から稜線をなぞるように穂高山脈の方に目線を移していく。相変わらず黒く鋭く尖った槍ヶ岳が見えた。なんという贅沢な360度ビューか。
少し休憩して白馬岳に登る。
山頂まではさほど時間を要さない。山頂から、谷間をのぞき込むとジオラマのような景色が見える。大雪渓があり、そこから川が始まり蛇行するように山間を延びていく。登ってきた経路がよくわかる。すごいスケール感だ。
動かずここに留まって景色を楽しんでいたい、と思う反面、前にも後ろにも延びている稜線を見ていると今すぐにも飛び出していきたい。そんなワクワク感が溢れる素敵な場所だ。
とりあえず、白馬山荘に戻り、剱岳方面を眺めながら昼食をとる。目の前の旭岳の向こうには富山平野が見える。

まだ時間はあったものの、今日中に戻らなければならない我々にとって、周遊する時間はさすがにない、ただ、このまま帰るのは寂しすぎると、話し合った結果、目前に見えている旭岳に登ることにした。
後で聞いたが、旭岳は三百名山でありながら登山ルートがない?(分かり辛い)山だとか。その言葉通り、正式な登山道の看板はなかった。少し巻くように傾斜の気持ち緩やかなところからとりついて山頂を目指す。岩がゴロゴロ。岩を乗り越えながら進み、なんとか山頂に着く。山頂から先ほどまでご飯を食べていた白馬山荘のテーブルを眺める。杓子岳、白馬鑓ヶ岳の方には、だいぶ雲がせりあがってきている。
さあ、時間も時間、今度は一気に降ろう。登りとは別なルートを使って降る。砂利がちりばめられたような斜面で、気を許するずるっと滑り落ちそうなので慎重に且つ、素早く。もし、このGPSの軌跡を参考にするのであれば、下りはあまりお勧めしない。
降り切ったところで、もう一度、旭岳を見上げ、杓子岳、白馬鑓ヶ岳への分岐まで戻る。稜線から、改めて周囲の山々を眺め、一息ついたのち、今度は猿倉に向かって降りる。
登りにあった落石注意のエリアは、特に降りに注意が必要。実際に自分も足を掛けた頭大の石がぐらッとしてそのままゴロゴロと回転して落ちだした時にはヒヤッとした。なかなか「ラクー」というセリフは出ないものだ。幸い人がいただいぶ手前で止まったので大事には至らなかったが、自分が怪我をしてもいけないし、ましてや他人に怪我をさせないよう慎重に降りる必要がある。
旭岳で遊びすぎたせいか、降りのグループとしてはどうやら最終尾のようで、降りる人とはあまりすれ違わなかった。
思いのほか時間がかかって駐車場に着いたのは約16時。ほぼ半日の活動時間。満足がいっぱいつまった缶詰のような一日だった。

登山中の画像
登山画像
モルゲンロートの頂。
登山画像
沢の水が透き通っている。
登山画像
赤を迎える妙高方面。
登山画像
白馬尻についた。
登山画像
広場で休憩&絶景を眺める。
登山画像
さあ大雪渓を目指そう。
登山画像
雪の厚み。
登山画像
クレパス。
登山画像
広がる大雪渓。縦横無尽に歩きたい。。。危険だ…
登山画像
なんて自然って美しいんだろう。
登山画像
そう危険なんです。
登山画像
行きとお花畑。
登山画像
美しすぎるシルエット。
登山画像
雲海に浮かぶ山々。
登山画像
さあつきました。とっても綺麗な山小屋です。
登山画像
剱岳ってかっこいいですね。白山もうっすらと。
登山画像
谷。今まで歩いてきた経路がジオラマになって。
登山画像
かえると劔は似合います。
登山画像
杓子岳 、白馬鑓ヶ岳。なんと凛々しい。
登山画像
午後になってあっという間に雲が立ち上がってき…
登山画像
なんでもかっちょいい。笑
登山画像
うぉーテント泊したい。
登山画像
これもかっちょいい。
参考になった 0

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

Yamakaeruさんの登山記録についてコメントする
  • shou さん
    感動再びですね♪

  • Yamakaeru さん
    感動にはいくつかの要素がありますね。景色、天候、そして感動を共にする仲間。

  • レオ さん
    山から戻ってもしばらくは余韻が残りますね。戻った日は目を閉じると雪渓を登っていました。

  • Yamakaeru さん
    でも、歩きが本調子でなくてそこが残念でした。もっと歩きたかったですね。(^-^)

関連する現地最新情報

  • 唐松岳頂上山荘 ~唐松岳
    唐松岳頂上山荘
    2020年ゴールデンウィークの営業はありません。
    20年03月28日(土)
    白馬山荘 ~白馬岳
    白馬山荘
    2020年度の山小屋の予約は3月1日よりお電話にて受付(鑓温泉小屋とキレット小屋営業日注意)
    20年03月11日(水)

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

Yamakaeru さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 0

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴時々曇
明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2020年4月1日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW グレゴリーの中・大型ザック「スタウト&アンバー」モニター募集!
グレゴリーの中・大型ザック「スタウト&アンバー」モニター募集! 背面長が無段階に調整できる「スタウト&アンバー」がアップデートにより快適性が向上!モニター4名を募集します
NEW 好日山荘で聞いた! グレゴリーバックパックの選びかた
好日山荘で聞いた! グレゴリーバックパックの選びかた 銀座 好日山荘のスタッフに、グレゴリーの登山用ザックについて、それぞれの特徴を聞きました。ザック選びの参考に!
NEW 新しい「トレントシェル」をフィールドテスト
新しい「トレントシェル」をフィールドテスト パタゴニアの定番レインウェア「トレントシェル」が、3層生地で耐久性アップ! 山岳ガイド佐藤勇介さんがフィールドでテスト
NEW マウンテンハードウェアの最新ウェアを試す!
マウンテンハードウェアの最新ウェアを試す! 高橋庄太郎さんの「山MONO語り」。今回はアクティブインサレーション「コアシラスハイブリッドフーディ」をレポート
NEW 海を渡り、山に登ろう。いざ、島の山へ
海を渡り、山に登ろう。いざ、島の山へ 全国各地の島の山から6山を厳選して紹介! いざ、海を渡り、山へ。
登山は「下山」してからが楽しい!?
登山は「下山」してからが楽しい!? 登山後、すなわち下山後の楽しみの1つが山麓グルメ。ご当地名物料理から、鄙びた食堂の普通の料理まで、その楽しみ方を指南!
安全登山に向けて、これからの登山情報収集術
安全登山に向けて、これからの登山情報収集術 ITジャーナリスト、山岳ガイド、書籍の著者の方々に話を聞きながら、安全に山を登るための情報収集の方法について、改めて考え...
サクラ咲く山で花見登山! オススメ桜の名所の山
サクラ咲く山で花見登山! オススメ桜の名所の山 街でサクラが散るころに始まるサクラの花見登山。山の斜面をピンク色に染める、桜の名所の登山ポイントを紹介
花の季節の前奏曲、カタクリの花が咲く山へ
花の季節の前奏曲、カタクリの花が咲く山へ 種から7年目でようやく花咲く、春を告げる山の妖精――。ひたむきで美しいカタクリの群落がある山を紹介!
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山 のどかな里山を囲むように山々が連なる、埼玉県南西部・秩父・奥武蔵の山々。
春、花に会いに低山へでかけませんか?
春、花に会いに低山へでかけませんか? 暖かくなって、春の芽吹きが始まります。風のさわやかな低山を歩き、春を感じてみましょう。春を告げる花があなたを待っています...
春~初夏にツツジがキレイな山
春~初夏にツツジがキレイな山 花数が多いうえに花も大振りで存在感がある山、ツツジ。一斉に咲くと、ピンク、赤紫、白などの色が山の斜面を染める。