登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 4
あこがれのトムラウシ山行...しかし、道迷いに遭うとは... トムラウシ山(北海道)
img

記録したユーザー

元ひげおやじ さん
  • 日程

    2017年9月23日(土)

  • 利用した登山口

    短縮コース登山口  

  • パーティ

    7人 (元ひげおやじ さん 、H次長(登山歴あり) さん 、T課長(初登山) さん 、S課長(登山歴あり) さん 、TY係長(軽登山歴あり) さん 、TS係長(初登山) さん 、M主任技師(初登山) さん)

  • 登山口へのアクセス

    マイカー
    その他:トムラウシ温泉に前泊し、当日3:00起床し温泉入浴(含洗面)し4:00登山口にむけて出発、車で約20分。まだ夜明け前でしらじらと東の空がうすら明るくなる中で各自出発準備。

  • 天候

    朝快晴、7:00頃頂上付近ガス、以降終日ガストと小雨
    [2017年09月23日(土)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

短縮コース登山口(04:50)・・・短縮コース分岐(05:09)[休憩 11分]・・・カムイ天上(05:53)[休憩 7分]・・・前トム平(08:47)[休憩 8分]・・・トムラウシ山(10:45)[休憩 55分]・・・前トム平(13:52)[休憩 8分]・・・カムイ天上(16:25)・・・短縮コース分岐(17:08)・・・短縮コース登山口(17:25)

総距離 約17.2km 累積標高差 上り:約1,617m
下り:約1,617m
コースタイム 標準:8時間48分
自己:11時間6分
コースタイム倍率 1.26
今回はかねてより計画していたもので、7月、8月と天候不順で延期してきたもの。そのため各自思い入れ高かった。しかしメンバーは登山歴皆無3名、若干の経験者3名、そして自分。登山口は満点の星空、カムイ天上では眼下に雲海が広がり朝日がトムラウシ山の紅葉を鮮やかに照らし、辛抱強く延期を重ねてきたかいがあったと皆、ルンルン気分であった。
しかし、コマドリ沢を下り、出会いでの休憩中ににわかに下界からガスが登り始め、行く手を見るとそれまで真っ青な青空に、薄い雲がかかり始め、出発するころには真っ白なガスに覆われ始めていた。
確かに山岳天気予報では午後から曇りの予報であったが、あまりにも早すぎる急変であった。とはいえ、まだハイな気分に浸っている我々はこれからの本格的な登りに取り掛かった。
前トム平までの間に初経験のM主任技師が脱落、自分は殿を務めていたので、ゆっくり行こと励ましながら登る。他の皆もMの状況に合わせながら登る。ここのガレ場でナキウサギに遭遇。皆感激。ようやく前トム平に到着するとMが、離脱の意思表示。
我々は彼だけを残して頂上を目指すこととした。Mには約4時間の待機だが、むやみに動き回らないよう釘を刺す。⇒この時、誰かを一緒に残そうかと思ったが、皆楽しみにしていただけにそのことを言いだせず、本人に慎重行動をするよう言い含めることが精一杯であった。
その後、濃いガスの中を、慎重に登り、9:22トムラウシ公園で休憩。一向に晴れる気配のないガスの中、徐々に水滴が全身にまとわりつく中、皆の顔をみわたす。その意味を察知したのかTA係長がせっかくここまで来たのだから頂上に行きたいですね!と言う。自分も同感で暴風雨にならない限り、行くぞという気持ちであった。他の皆も、ここまで待って来たのだから...という感じで継続することになった。
そしていよいよ頂上には10:45到着!途中休憩含め5時間55分かかった。しかし、周囲は乳白色のガスの中、頂上は強い風。残念な状況であったが、記念写真を撮り、お湯を沸かし温食含む昼食タイム。
この時、残してきたMにH次長が携帯で連絡とると、なんと頂上に向かっている(この時はトムラウシ公園当たり)とのこと...、無理はするなと言い聞かせ、下山する我々と途中で合流しようということになった。11:40下山開始、見通しがきかない中、トムラウシ分岐手前の岩れき地帯でTA係長がなんだか来た時と様子が違うと言い出し、自分も周囲を見渡す。しかし、登りでは息きらしながら地面ばかり見ていたのでほとんど周囲の風景の記憶がない。SPアプリの地図と現在地を見ると、ほぼ合致しているので、T係長や先頭のT課長によく踏み跡をみてくれと伝える。しかし、それらしきものは見当たらないという。そんなことはあるまいと、自分も岩の上を渡り歩きながら見ると、どうも様子が変であることに気が付く。先頭のT課長他H次長らが戻ってくる。自分も岩れき地帯前の登山道まで戻り、ペンキのマーカーを探す。他の皆も探し廻るが、一向に見つからない。再度、岩れき地帯に踏み入れ、マーカーを探すが....、自分も、これは完全に道迷いに入ってしまったと思った。まずい!T課長はいったん来た道にもどりましょうと言う。自分もそう思いながらもアプリ上では若干それているが致命的ではないので、その場で落ち着いて探したほうがいいと思った。しかし、H次長も頂上付近のマーカーのあるところまで戻りませんか?という。次長にはSPのアプリを見せて、この近くだからということと、頂上まで戻ると体力消耗するので皆動かずにここにいて、自分がもう一人と探しに行くと伝え、下がり始めるとT課長が後をついてきた。
その時、上の方で脱落していたM主任技師がS課長とすれ違う。おおっ!と歓声があがり、良くここまで来た!皆下山するところで道に迷ってしまった、どこから登ってきた?と訊くと、Mも良くわからなくなる。
これはまずい!と本当にヤバクなってきたことで焦りが出てきた。探し回っているうちにニッカ―が岩か何かにひっかかったりしながら、もう一度アプリの地図と現在地を比較する。約十数メートルくらいそれているのが判るのだが、ガスが濃く視界が効かない。進行方向の左なので、そこを重点的に見渡すと、黄色のマーカーらしきものが見える。もしかしたら...と岩を渡り歩き、高山植物を踏みながら近寄ってみると、なんと登山道の踏み跡があるではないか!おーい!道があったぞー!これで今日中に帰ることができると安堵した瞬間であった。
皆でトムラウシ分岐で正しい道を見つけたことができたこととMと合流できたことを喜びあい、休憩した。その時、H次長が自分のニッカ―が破けていると言った。見ると、20センチくらいカギザギに避けている。夢中で道探ししていたので気がつかなかったのだなと思った。それにしても、このような道迷いは経験がなく、正直、完全迷った時の顛末を想像し、ぞっとした。また、よくMと合流できたものだと偶然の遭遇に感謝した。もし、合わなければ、Mもわれわれ同様にたった一人で迷ったかもしれず、地図の見方もろくに知らない、ド素人が本当に遭難したかもしれないと考えると冷や水を浴びたような気がした。こののち、皆で下山を続けられることを感謝しながら小雨の中をただひたすら登山口にむけて泥濘の道を歩きとおしたのであった。
その日は、トムラウシ温泉満室のため、そこから小一時間のオソウシ温泉に泊まる。そこまで雨に濡れた体でも車の暖房でなんとか持っていたのが温泉到着後、一気に体が冷え、震えが止まらず、温泉に飛び込んだ...。
今回の山行の反省点
①脱落者は一人では絶対に置いていかないこと、最悪は自分が帯同すること。
②リーダー、サブリーダーは明確に決めること。
③持参した雨具は活用すること。
④ザックカバーはかならず持つこと。
⑤天気予報が雨を否定しても降る前提で装備を考えること。
⑥メンバーの技量と体力を考えること。
⑦道迷いは急がば廻れで確実なところまで戻ること。

登山中の画像
  • 白みかける東の空をバックに出発前の一枚。
  • カムイ天上あたりから望むトムラウシ山、まさか天候が急変する等、予想もつかなかった。道迷いは頂上から左側に下ったところ。
  • カムイ天上近辺で十勝連峰を望む。眼下には雲海が広がる。
  • コマドリ沢出会いに下る前に、辛うじて見えるトムラウシ山の頂上。
  • コマドリ沢出会いから前トム平へ急登を行く。眼下にはガスに覆われ始めた様子がわかる。
  • トムラウシ公園での一枚。周囲はガスに覆われ視界がきかない。せっかくの眺望も望めず残念な状況。
  • やっとたどり着いた頂上で記念写真。風が強い。
  • トムラウシ分岐から前トム平に到着した一枚。道迷いから無事にたどり着き、皆一様に安堵の表情がうかがえる。
  • ガスと小雨がしょぼふる中、前トム平からコマドリ沢出会いに下る。
  • 薄暗い中でようやく登山口に到着した直後の一枚。
この山行での装備
長袖シャツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、スパッツ、ゲイター、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、タオル、防寒着、帽子、グローブ、手袋、軍手、サングラス、地図(地形図・ルート図)、コンパス、メモ帳・筆記用具、腕時計、カメラ、ナイフ、健康保険証、ホイッスル、ファーストエイド・医療品、非常食、行動食、トレッキングポール、GPS機器、ストーブ、燃料、カップ、コッヘル、ローソク・ランタン
参考になった 4

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

元ひげおやじさんの登山記録についてコメントする

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

元ひげおやじ さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 4

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴のち曇
明後日

曇一時雨
(日本気象協会提供:2019年9月18日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW パタゴニア キャプリーン・ミッドウェイトを刷新
パタゴニア キャプリーン・ミッドウェイトを刷新 独自の立体構造で優れた吸汗速乾性と伸縮性を備えた「キャプリーン・ミッドウェイト」。アンバサダー3人の評価にも注目!
NEW 生きるための道具選び。シチズン「プロマスター」
生きるための道具選び。シチズン「プロマスター」 すべての道具の選択基準が「生きるために役立つ」ということ。K2登頂をめざした写真家石川直樹氏が本格志向の道具選びを語る
NEW モンベル「ストームクルーザー」の秘密に迫る
モンベル「ストームクルーザー」の秘密に迫る 定番レインウェア「ストームクルーザー」。日本の登山者に向けた雨具はどのように生まれ、どう進化したのか? その秘密に迫る
NEW 丈夫で伸縮性の高い、ハイブリッドなパンツを試す
丈夫で伸縮性の高い、ハイブリッドなパンツを試す 高橋庄太郎さんの連載「山MONO語り」。今月はホグロフスの「ラグドフレックスパンツ」を、岩場もある恵庭岳でチェック!
NEW 飛騨から登る北アルプス フォトコン優秀作品発表
飛騨から登る北アルプス フォトコン優秀作品発表 2部門に554点を投稿いただいたフォトコンテスト。審査員2名が選んだ優秀作品4点ほか、受賞作品が決定!
NEW 秋山PICK UP ITEM! シリオ
秋山PICK UP ITEM! シリオ 『秋山JOY』連動企画!ストレスフリーの軽量トレッキングシューズ、シリオの「P.F.46-3」を紹介
NEW カリマー「クーガー」モニターレポート公開!
カリマー「クーガー」モニターレポート公開! レポート第1弾は、まりりんさん。日帰りと二度のテント泊縦走で背負って感じた「身体に吸い付くような一体感」の理由とは?
令和の秋、紅葉登山の季節が到来!
令和の秋、紅葉登山の季節が到来! 秋の足音が少しずつ聞こえてきました。いよいよ山が最も色づく、紅葉シーズンの到来!
NEW 山と自然を感じる2日間!丹沢 山モリ!フェス
山と自然を感じる2日間!丹沢 山モリ!フェス 10月5~6日に開催される、山とアウトドアのイベント「山モリ! フェス」。スタンプラリー、ワークショップ、自然観察ツアー...
毎日が絶景! 小岩井大輔の富士山頂日記
毎日が絶景! 小岩井大輔の富士山頂日記 富士山頂でしか見られない絶景が、ほぼ毎日! 写真家・小岩井大輔の富士山頂日記は今年もCool!
ロープウェイで登れる百名山
ロープウェイで登れる百名山 ロープウェイやリフトなどを使って、一気に標高を稼げる百名山はいくつあるかご存知?
王道の北アルプス縦走コースを歩こう
王道の北アルプス縦走コースを歩こう 森林限界を越えた稜線に、果てしなく続く縦走路。稜線歩きの醍醐味を思う存分楽しめる、北アルプスの縦走コースを紹介。
名峰・那須岳登山へ! 個性豊かでダイナミック
名峰・那須岳登山へ! 個性豊かでダイナミック 活火山の茶臼岳、峻険な朝日岳、最高峰の三本槍岳ほか、花畑の稜線や温泉など魅力満載の那須連峰。ほかにも湿原・お花畑・温泉と...
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS スマートフォンの普及で高価で手の届かなかったGPS機器が誰でも使える! 初心者向けのノウハウから裏技まで、登山アプリとス...
ツラく、キツく、長い急登の登山道を制す
ツラく、キツく、長い急登の登山道を制す 長い急登を汗水流し、気合と根性を振り絞って、延々と登った先にある素晴らしい景色と充実感を味わいたいなら、ココに決まり!
「踊っている木」、どの山に行けば見られる?
「踊っている木」、どの山に行けば見られる? 標高は2017m、日本百名山の一座として知られています。はじめての山中泊、はじめての縦走登山などにも適した山です。