登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 4
苗場山2017 苗場山(上信越)
img

記録したユーザー

はにわ さん

この登山記録の行程

三合目(05:30)・・・九合目坪場(07:50)[休憩 30分]・・・苗場山(09:00)[休憩 60分]・・・九合目半(10:20)・・・苗場山(10:40)・・・九合目坪場(11:00)・・・三合目(12:40)

総距離 約11.1km 累積標高差 上り:約970m
下り:約970m
コースタイム 標準:6時間55分
自己:5時間40分
コースタイム倍率 0.82
自宅の前の水田も稲穂が黄色くなり虫の声が彼方此方で鳴いている。
平地では紅葉はまだまだ早いが何処かないかなと検索。
前から行きたかった北アルプスの爺が岳を日帰りと思ったが日曜日でお天気が良いと来れば扇沢は大渋滞かなと思い草紅葉が色付き始めた苗場山に行って見ることに。
自宅から近い登山口で和田小屋から祓川コースにしようかと思ったが秋山郷に行ったことがないのでドライブがてら深夜自宅を出発。
上武国道が渋川まで繋がり深夜は道が空いているので国道17号を北上し水上ICから高速。
久しぶりに三国トンネルを通過し塩沢石打ICで降り国道353で津南町へ。
ここから国道405を南下。
秋山郷までは道幅の狭い山道。
さすが秘境。
小赤沢温泉入口から3合目登山道の駐車場までは道は狭いが全舗装。
星の見える薄暗い5時駐車場到着。
身支度を整え5時半登山開始。
6合目までは切り株の木道、大木の根が張る緩やかな登山道を登って行く。
木々の隙間から朝日を浴び赤く染まった鳥甲山が谷を挟んで真近に見えた。
8合目までは今度は岩場と鎖場が続く。
先日降った雨のせいなのか清水が彼方此方流れ出ているからか登山道入口から8合目過ぎまで道はぐっちゃぐちゃ。
その為滑りやすく緊張を強いられた。
8合目から少し登ったその先に突然眼前が開けた場所に。
8時前に湿原の入口、坪場に到着。
人影も疎らな木道に腰掛け邪魔にならないように小休止。
わあ登山靴泥だらけだ。
でもここからの眺めは正面に盛り上がった檜の塔が眼前にその向こうには鳥甲山その先にはうっすらと北側から火打山、白馬岳、鹿島槍が岳が。
うーん爺が岳も雲一つない快晴じゃん。
さてその先が近くにいた登山者の方々とあれは槍が岳から穂高だよ、いやいや八ヶ岳だよと会話をしていると丁度下山の行列が。
その先頭のガイドさんにあれはどこの山ですかと聞くと槍ヶ岳ですねと。
八ヶ岳はこの先登ってもらって北八ヶ岳の蓼科山は何とか見えるけど赤岳とかは一直線に並ぶため見えませんよと。
問題解決。
では頂上まで行って見ましょうか。
一旦低木を潜りまた開けた場所へ。
うおおお。
ずっと先まで湿原が広がっている。
苗場山の名前の言われ通りだ。
木道を登り苗場山ヒュッテのすぐ上が苗場山の頂上。
ここは木々に囲まれ眺望なし。
神楽峰の方面に少し下って木道脇の大きなテラスに腰掛ける。
ここから南側に見渡す限りの草紅葉の湿原が。
沢山の地塘、奥の方には赤や黄色に染まった木々が良いアクセントに。
それを取り囲むように右から巻機山、仙の倉山、武尊山、正面に佐武流山に白砂山、その間から浅間山。
ちょっと蓼科山は雲に隠れて見えないな。
岩菅山や志賀高原のスキー場も見える。

軽食を食べコーヒーを飲み暫し隣に座った男性と談話する。
どちらからですかと聞くと偶然にもお隣のお隣の市からと。
年に1回は苗場山を訪れているそうで冬も春も夏も秋もここは綺麗だと教えていただいた。
冬、山スキーで湿原を滑る。
春、雪深い誰も居ない湿原に霧が立ち込め幻想的。
夏、色とりどりの高山植物が咲き誇る。
秋の紅葉はこれからもっと綺麗になるよと。
そんな光景を何度も見ているなんて羨ましい。
最近は色々な山に行って藪の先の湿原を探すのにハマっているとか。
クロユリは絶滅しそうだとか鹿の駆除にそろそろ自衛隊が出動しなきゃならんとかいろいろと面白い話が飛び交う。
いつか槍ヶ岳に登りたいんですよというと50年前に登ったと。
もうあっちの山こっちの山と話が尽きない。
おじさんがそろそろ行って見るかと腰を上げ、赤湯温泉に降りる湿原の端にオコジョがいるよと言われ湿原の中を歩く。
本当に良いお天気で水も草木も輝いている。
ひっそりと夏の終わりを告げるオヤマリンドウが咲いていた。
木道下を注意深く見ているがオコジョいないな。
オコジョは居なかったが大きなヒキガエルがのそのそ歩いていた。

さてだいぶ長居したな。
苗場スキー場方面から雲がわいてきた。
そろそろ下山するかなと10時半天上の湿原を後にする。
下山道も滑らないように慎重に。
泥濘ばかりだからリョックを下ろせず立ち休み。
ダケカンバやブナの森を抜け漸く三合目の駐車場に着いたのが12時40分。

帰りは地震で大きな被害があった小赤沢温泉の楽養館へ。
今年漸く再開したとか。
趣のある木造の建物で赤茶色のお湯。極楽極楽。
いつもより時間の余裕があったので2度も入ってまったり。
ゆっくりし過ぎて帰りたくないなと思いつつ帰宅。

空はすっかり秋模様。
今年は素晴らしい紅葉に出会えると良いな。







参考になった 4

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

関連する現地最新情報

  • 和田小屋~苗場山
    和田小屋
    苗場山の登山道は特に問題はありません。アプローチ道は通行止めあり、注意が必要
    19年10月19日(土)

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

はにわ さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 4

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴のち曇
明後日

曇のち晴
(日本気象協会提供:2019年11月12日 11時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 山梨県 一部山域の冬期登山は計画書提出を
山梨県 一部山域の冬期登山は計画書提出を 山梨県では12月から3月までの冬期期間、八ヶ岳、南ア、富士山の一部山域で登山計画書の提出を義務化する。詳しくはこちら
NEW 登山ガイドが語る。ゴアテックスを選ぶ理由
登山ガイドが語る。ゴアテックスを選ぶ理由 山行に合う本当に必要な装備だけを揃えるという登山ガイドの武田佐和子さんに、ゴアテックス製品を選ぶ理由を聞いた
NEW スカルパの登山靴を試す! 連載「山MONO語り」
スカルパの登山靴を試す! 連載「山MONO語り」 高橋庄太郎さんのギア連載。今月はスカルパ「ZGトレック」を平標山の山行でテスト。その履き心地とは?
NEW ザ・ノース・フェイスが開発! 新しい防水透湿素材
ザ・ノース・フェイスが開発! 新しい防水透湿素材 ザ・ノース・フェイスが開発した全く新しい防水透湿素材「FUTURE LIGHT」。開発ストーリーと搭載アイテムを公開!
NEW 小林千穂さんも体感! ヒザ、腰を守るサポーター
小林千穂さんも体感! ヒザ、腰を守るサポーター 「ザムスト」のサポーターを山岳ライターの小林千穂さんと読者が体感! 登山愛好者の膝、腰のサポートに!
NEW ガイドが試した こだわりのトレッキングハット
ガイドが試した こだわりのトレッキングハット 女性のためのトレッキングハット「アルピア」。視野の広さ、収納性など、女性登山ガイドの菅野由起子さんがチェック!
紅葉登山シーズンも中盤から終盤へ
紅葉登山シーズンも中盤から終盤へ 標高1000~2000近くまで降りてきた山の紅葉。低い山でじっくりと紅葉狩りを!
渋滞の心配なし! 駅から歩いてらくらく登山。
渋滞の心配なし! 駅から歩いてらくらく登山。 日没時間が早まる時期は、アクセス時間を減らして行動時間を長くするような登山にしたい。「電車で行ける・帰れる山」で時間を短...
登山+紅葉+寺社仏閣で心落ち着く秋を愉しむ
登山+紅葉+寺社仏閣で心落ち着く秋を愉しむ 日本の山には、山岳仏教の修験の場として栄えた場所が数多い。参道沿いやの艶やかな紅葉は、繊細で心が落ち着くような美しさがあ...
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ 日本全国にはその数は50以上あるともいわれる「ご当地アルプス」。本場を彷彿とさせる!?
秋の贅沢、秘湯+紅葉の山旅へ
秋の贅沢、秘湯+紅葉の山旅へ 温泉で山歩きの疲れをほぐし、山の幸を堪能する。日本の秋を満喫する至高の組み合わせに誘うコース七選
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS スマートフォンの普及で高価で手の届かなかったGPS機器が誰でも使える! 初心者向けのノウハウから裏技まで、登山アプリとス...