登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 1
三郎岳 三郎岳(東海・北陸・近畿)
img

記録したユーザー

うめぞー さん
  • 日程

    2017年11月3日(金)

  • 登山口へのアクセス

    電車
    その他:近鉄電車で榛原駅下車、コミュニティバスで高井バス停で下車、最初は仏隆寺を目指す。
    仏隆寺からは右の道を進み室生寺方面との分岐は右へ進み集落の右側から進めば登山口。

  • 天候

    晴れ時々曇り

この登山記録の行程

近鉄榛原駅(9:30)・・・高井バス停(9:45)・・・仏隆寺(10:15)・・・登山口(間違えた登山口)(10:40)・・・三郎岳山頂(13:00)・・・諸木野関所跡(14:30)・・・千本杉(14:45)・・・高井バス停(15:10)・・・近鉄榛原駅(16:00)


総距離 約12.2km 累積標高差 上り:約1,008m
下り:約1,009m
今回は三連休でしたがいつもの友人とは日曜日しか日が合わなかったのでまずは一人で三郎岳に行ってきました。
この山は途中に古刹の仏隆寺があり、高城岳から三郎岳へと山歩きが楽しめるということでトライしてきたのですがほんの些細なことから道迷いをしてしまい結局は高城岳をすっ飛ばしてしまうという結果になりました。
ただ、そのおかげで素敵な出会いがあったことと間違えた山域からの景色は結果オーライということができるほど良かったのですが道迷いはやはり危険なので皆さんは正規ルートで楽しんでください。
山頂から後半は完璧ですので関所跡や千本杉を楽しみたい方は参考にしてください。
それではコース案内です。
私の大好きな奈良県の山でこの頃よく拠点にしている近鉄電車の榛原駅が最寄り駅です。
榛原駅からバスが出ているのですがここで最新の情報です。
昔は奈良交通がバスを出していたようですが廃線になったため今は市と県が合同出資したコミュニティバスが走っているのですが何分本数が少ないです。
なので事前に榛原市に問い合わせして時刻は調べておいてください。
私は奈良交通で検索して事前に調べたら該当しなかったので気楽な気持ちで「駅までくればわかるやろ」と来たところ9時台が全くなかったので仕方なくタクシーで高井というバス停まで移動しました。(料金は1400円ほどです)
バスをどうしても利用したい方は10時30分ぐらいまでありませんので注意してください。(8時台は1本ありますが9時台はありません。)
高井バス停についたら帰りの時刻を確認しておきましょう。
念のために私はタクシーの乗務員さんに名刺を頂き、呼べるように用意しておきました。
最終は15時45分なので乗り遅れたらタクシーしかありません。
この日は秋祭りのようで神輿や獅子舞が朝早くから出ていました。
高井バス停からすぐにバスの進行方向に対して左側に山のほうへ上がっていく道があります。
上り口には道標もありますのですぐにわかります。
しばらく進むと仏隆寺への道標がありますので仏隆寺につくまではこの道標を頼りに進むといいでしょう。
頭矢橋を渡ってしばらく進むと分岐があります。
右の上がる道は千本杉や石割峠となっていますがこちらへ進むと逆回りになってしまうので左の仏隆寺方面へ進んでください。
ここからはのどかな山村へと進んでいきます。
途中でお会いした地元の方に朝の挨拶をすると「三郎岳に行くの?」と聞かれ、はいと答えると「直に行くの?」と聞かれたのでとっさに高城岳の名前が出てこず、はいと答えてしまったのですがまさか本当に直に行くことになるとは思いませんでした。
このあたりから仏隆寺までは結構な急坂になっていきます。
地元の方は大変だなあと思いながら上がっていくと左側に藁ぶきの東屋が見えてきます。
ここが仏隆寺の入り口で当然ですが拝見しに仏隆寺の石段を上がります。
獣除けのゲートを抜けてすぐ右側に桜の古木があります。
石段を上がった先が仏隆寺です。
拝観料を入口のさい銭箱に入れたら中に入って散策します。
本堂の右側には白岩神社もありますのでお参りして山行の安全祈願をします。
社務所に立ち寄り御朱印を頂いたら出発です。
一旦、かやぶき屋根の東屋に戻ったら右へ進みます。
ここにも道標があるので従い進みます。
しばらく進むと左へ上がる道と右の集落へ進む道がありますが左は室生寺方面なので右へ進みます。
道なりに進むと丁字路がありますので右へ進んでください。
私はここでガイドブックを深読みしたのと肝心なこんな場所に道標がないため間違えました。(まあ、集落なので道標を設けるのは難しいかもしれませんがここは必要です。)
正規ルートは丁字路を右で右側にかやぶき屋根の民家が見えるのでその先の丁字路を左に進めば登山口へ行くことができます。
(児玉稲荷の石碑があればその道が正解です。)
私は最初の分岐を左に進み次の分岐を右へ進みました。
ここで山に入っていく道が無ければおかしいな?と思うのでしょうがまたややこしいことに綺麗な林道が(コンクリートの道)ずっと山頂のほうへ続いているんです。
最初は何も疑わず進んでいきます。
ところがこんな素敵な道なのに道標が一切ありません。
まあ、私有地などは道標が設けられないことが多々ありますので気にせず進んだのですが完全におかしいと思ったのは高度計で高度を確認するともう高城岳の標高近くにいたんです。
当然ぼちぼち高城岳の雰囲気になってくるはずなのにそんな気配はありません。
ここで完全に間違えていることに気が付いたわけですがGPSで確認すると三郎岳の近所にいることが分かったのでルートを模索するついでにせっかくだからこの林道がどこまで続いているのかも確認しようと上がってみることにしました。
(皆さんは決してマネしないでくださいね。体力と装備があればこそです。)
すると名も無き山頂付近は素晴らしい景色を楽しむことができて大満足できたのですがGPSで確認するとかなりずれていることがわかりました。
軌道修正するため一旦先ほどGPSで一番三郎岳に近かった場所まで戻り、そこからはGPSを頼りに道を進みます。
思えば山林伐採用の林道が縦横に巡っているなかなか近頃では珍しいくらいの山域なんですがあちこちに立派な山道がありました。
その中の一つをチョイスしてGPSを確認しながら進むと目の前の小高い稜線に人影が見えました。
「ああ~あれが本線か?やっと正規ルートに戻れるな。」と思ったのですがここで困ったことが・・・・
林道から稜線への道が無いのです。
まあ、伐採用の道と山道が混じってしまうと道迷いする人が激増するのでワザと分けているのかもしれませんが・・・仕方がないので杣道を迂回しながらそれでも急登を何とか登り切り稜線に出ます。
驚いたのが稜線は人一人通るのがやっとという感じで逆に今まで歩いてきた道が懐かしくなるほどの道でした。
高城岳を見に行くか悩んだのですがかなりのロスタイムだったのとおなかが空いてきていたので三郎岳を目指します。
稜線からすぐに足首がひん曲がるほどの急登が始まります。
もともとこの辺りは火山地帯だったらしくなめてかかると結構な急登が待ち受けているので注意してください。
途中の大きな木を通り過ぎようとしたらいきなり「こんにちわ~」と声を掛けられびっくりします。
どうやら先ほど見かけた方があまりの急登でキツくなって休んでおられたようです。
挨拶を返してそのまま勢いよく進んでいくとようやく目的地である三郎岳山頂に到着しました。
景色もそこそこにお昼ご飯を食べていると先ほどの方がようやく到着されて「いや~キツいですね~。なのに足早いですね~」と笑いかけられたのでおなかが空いていたといいながら歓談しました。
私が道に迷っていたことを話すと「大変でしたね。」とねぎらってくださり正確な道も教えていただきました。(その節はありがとうございました。)
私は足が遅いのでと先に行かれたのでそこからしばらく一人で食後のコーヒーと景色を楽しんでいると本日二人目の方が山頂に来られました。
挨拶を交わして少しするとこの方も下りられたので私も荷物を片付けて下山開始します。
ここからは完璧なので参考にしてください。
逆にここまでの道のりは危ないので正規ルートできてください。
下山口はすぐにわかります。(石割峠方面となります。)
最初は鎖場が連続するようなタイトな下りとなりますので気を抜かず慎重に下りましょう。
鎖場がなくなったくらいで石仏の分岐がありますので石仏を見に行きます。
本線からすぐのところにありますので見ておくことをお勧めします。
本線に戻りしばらく下っていくと明開寺奥の院宿坊跡があり、道標もあるので従い右のほうへ下りていきます。
ここからは杉の植林地となり赤テープのみが道を示すので見落とし注意です。
ここで先ほどお会いした二人目の方が上り返してきます。
聞けば赤テープが見当たらないのでわかる場所まで引き返すとのこと。
これはとても大事なことです。
自分が理解できる道まで戻るのは大変ですがここで横着をするから事故が(道迷い)起こるのです。
私の場合は来た道のほとんどを写真に収めているため間違えれば元来た道から下山できますが記録をとっていないとどっちから来たかわからなくなります。
特にメジャーではない山は道標すらない場合が多いので「地図・コンパス・高度計」は必ず持ち歩いていますし最悪の場合を想定して私は必ず2泊できるほどの装備を持ち歩いています。
当然重量はかさみますがトレーニングと思えば苦になりません。
逆に軽装で歩くほうが怖くて気が重くなります。
ルートに戻ります。
その方と情報を交換し、私は自分が納得するまで下りてみることにして慎重にあたりを見ながら下りていきます。
するとおそらくこれを見落としたのだろうと思われるところに赤テープがあり、安心して進んでいきます。(基本、この道は小さな沢沿いを下りて行けば問題ありません。)
しばらく進むと石割峠の分岐に出るので諸木野・高井バス停方面と書かれた道標に従い、高井バス停方面へ進みます。
立派な林道を進むと朝、道迷いした苦い思い出がよみがえりますがここは間違えていないので安心して進みます。
途中に愛宕神社が左手にありその先には集落が見えてきます。
東屋がある小さな公園にはトイレがありますので済ませておきましょう。
ここを逃すと正規ルートから外れた場合、榛原駅までトイレはありません。
ここからはとても道がややこしいです。
まず、左の方角は道がとてもきれいですが普通の車道を延々と高井バス停まで行くだけなので無視してください。先ほどの方はここで間違えて残念なことをしたとおっしゃってました。
仏隆寺や高城岳の分岐も無視してまっすぐに進みます。
しばらくするとY字路に出くわすので左へ進みます。
民家の庭に向かうようなので躊躇しますがここは道なので進むことができます。
諸木野弥三郎がこの地を通ったという趣旨の石碑があります。
民家の軒先を通らせていただくとすぐに山道に入ります。
これで一安心です。
ここからは素敵な山道を進みます。
途中にはすずみの水と呼ばれる小さな滝があり、その先を進んでいくと諸木野関所跡があります。
疲れた方はここで休憩してもいいでしょう。(結構広い場所です。)
この道は伊勢本街道となるため歴史街道の道標がたくさんありますので道標に従い進めば全く問題なく進めます。
山道が終わると集落に出ますが基本この道も伊勢本街道になるので道標もあります。
集落を抜けていくときれいな公衆トイレが左側にあります。
これが最後のトイレです。
しばらく進むと赤埴甲区集会所がありますので左折します。
ここからは道なりに進んでいきます。
千本杉の案内があるので従い、千本杉を拝見します。
とても立派な杉で一つの幹から約16本ほどの枝が出ており主幹は約5~600年、枝幹は2~300年ほどだそうで圧巻の景色です。
是非とも見られることをお勧めします。
ここからは道なりに下っていき高井バス停に戻ります。
この時点で15時になるかならないかだったのでタクシーを呼ぶか迷ったのですが先ほどの方がバス停にいらっしゃったので早いですねえと声をかけると先ほどのややこしい集落で道を間違えたため早く着いたとのこと。
私がすべて見て回ったことを伝えるととても残念がっておられました。
そこからお互いに色々山の話で盛り上がったので結局15時45分のバスで榛原駅まで戻りその方と駅で別れ、京都駅まで戻った私はいつもの温泉と居酒屋で疲れをいやしてから帰路につきました。

登山中の画像
登山画像
時刻表です。これで帰る時間を確認してください。
登山画像
高井バス停です。
登山画像
簡易な周辺図があります。
登山画像
バス停のすぐそばに登山口への道標があります。
登山画像
しばらくは集落を抜けるような道を進みます。
登山画像
最初の分岐を右に進みます。
登山画像
この橋を渡って進みます。
登山画像
この石碑に惑わされないようにしてください。
登山画像
道標もあります。
登山画像
この分岐を左に進みます。
登山画像
歴史のある道です。
登山画像
しばらくはのどかな道です。
登山画像
左側には渓流が流れています。
登山画像
ところどころに石碑があります。
登山画像
この辺りから少しずつ斜度がキツくなって行きま…
登山画像
道標に従って先ずは仏隆寺を目指します。
登山画像
仏隆寺の直下にある周辺図です。
登山画像
仏隆寺の縁起です。
登山画像
東屋が目印です。
登山画像
東屋にはお地蔵様が祀られています。
登山画像
仏隆寺の入り口です。
登山画像
天気が良いので山も綺麗です。
登山画像
仏隆寺への道は味があります。
登山画像
有名な桜の大木です。
登山画像
仏隆寺に入るのには拝観料が必要です。
登山画像
本堂です。
登山画像
ここは寺院と神社が共存しています。
登山画像
もちろん神社にもお参りします。
登山画像
一通り拝見して御朱印をいただきました。
登山画像
仏隆寺からはこの道標に従って進みます。
登山画像
仏隆寺を振り返ります。
登山画像
しばらく進むとこの看板があるので従い、右へ進…
登山画像
この分岐を右です。
登山画像
集落に入る前に滝があります。
登山画像
この分岐は右へ進みましょう。
登山画像
この石碑が目印です。
登山画像
私はガイドブックを深読みしすぎてここを左に進…
登山画像
ここからは全て間違えた道なので逆にこの道へは…
登山画像
この時はのどかな風景に心を癒されていました。
登山画像
間違えた道の分岐を右に進みました。
登山画像
山の方角なので疑いもしませんでした。
登山画像
こんな素敵な道なので疑いもしませんでした。
登山画像
この辺りから少しずつ道標も無いため疑いだしま…
登山画像
ここまで来ても分岐なのに道標が無いのはあまり…
登山画像
しかし山でルートファインディングが出来ないよ…
登山画像
するとどうですか?こんな素敵な景色を楽しむこ…
登山画像
もちろんこの山は三郎岳ではないのですが上って…
登山画像
道中は眺望が広がり楽しむことが出来ました。
登山画像
こんな素敵な山道なのに間違いなんです。
登山画像
で、無事に正規ルートを見つけたのですが足がひ…
登山画像
もともと大昔は火山だったようで鋭角な山なので…
登山画像
三郎岳の山頂です。
登山画像
山頂からは景色を楽しむことが出来ます。
登山画像
まあ、間違えましたが楽しむことが出来たので良…
登山画像
三郎岳の三角点です。
登山画像
この日は私以外は二人しかお会いしなかったので…
登山画像
まあ、私は用心深いので遭難することを前提に装…
登山画像
一人目の方を見かけたおかげで本線に合流出来た…
登山画像
二人目の方とは後ほど仲良くなりました。
登山画像
下山は伊勢本道から下りることにしました。
登山画像
結構急な下りですので気をつけてください。
登山画像
ここからは自信を持ってお届け出来ます、先ずは…
登山画像
石仏へはこの道を進みます。
登山画像
分岐からすぐに石仏があります。
登山画像
分岐へ戻り、道なりに下っていくと小屋が見えて…
登山画像
小屋の手前に道標があるので従い石割峠方面へ進…
登山画像
この辺りは道標が賑やかですがここから急に赤テ…
登山画像
最初はこんな感じでわかりやすいです。
登山画像
ところが樹林帯に入ると途端に赤テープが少なく…
登山画像
先に行かれた方は不安になったそうでわかる場所…
登山画像
私は用心深いので見落とさないよう注意しながら…
登山画像
ここまで来れば林道なのでわかりやすいです。
登山画像
もちろん道標も復活します。
登山画像
道標に従って進みます。
登山画像
わかりやすい林道が続きます。
登山画像
道標はこんなところにもあるので見落とさないよ…
登山画像
まあ、基本林道なのでのんびり進むことが出来ま…
登山画像
もうこの辺りまで来れば集落は直ぐそこです。
登山画像
浄水場があります。
登山画像
ここは愛宕神社です。
登山画像
集落が見えてきました。
登山画像
唯一のトイレです、ここから道を間違えると駅ま…
登山画像
集落は複雑に入り組んでいるので間違えないよう…
登山画像
間違えやすい場所その1です。ここはまっすぐに進…
登山画像
道標は結構あるのですが関所跡への案内はありま…
登山画像
先ずは諸木弥三郎の墓方面を目指します。
登山画像
間違えやすい場所その2です。ここは左に進みます。
登山画像
民家の庭先に出るので躊躇しますがこの道が正解…
登山画像
すぐに素敵な山道に入ります。
登山画像
綺麗な水です。
登山画像
この山道をひたすら進みます。
登山画像
関所跡です。これでこの道が正解だと言うことが…
登山画像
素敵な山道を進みます。
登山画像
すると林道に変わりますがそのまま進みます。
登山画像
ちなみに先ほどの方はこの道がわからず残念がっ…
登山画像
民家の軒先にも道標があるので見落とさないよう…
登山画像
集落を抜けて行きます。
登山画像
見事な紅葉です。
登山画像
このルートだとこんな綺麗なトイレがあります。
登山画像
そしてこんな素敵な景色を楽しむことが出来ます。
登山画像
ここは千本杉と呼ばれる名所です。
登山画像
この巨木が見たくてこの道を進んで来たので嬉し…
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、防水スタッフバック、スパッツ、ゲイター、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、傘、タオル、防寒着、帽子、グローブ、手袋、軍手、サングラス、着替え、地図(地形図・ルート図)、コンパス、メモ帳・筆記用具、腕時計、カメラ、登山計画書(控え)、ナイフ、修理用具、ツエルト、健康保険証、ホイッスル、ファーストエイド・医療品、虫除け・防虫薬品類、ロールペーパー、非常食、行動食、テーピングテープ
この山行で使った山道具
参考になった 1

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

うめぞーさんの登山記録についてコメントする

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

うめぞー さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 1

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

雨のち曇
明後日

(日本気象協会提供:2021年1月26日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 冬の必携装備! チェーンスパイクの新モデル
冬の必携装備! チェーンスパイクの新モデル ブラックダイヤモンドから新登場の3つのチェーンスパイク。元ガイドの保科雅則さんと、12月下旬の八ヶ岳でチェックしました。
NEW パタゴニアの新しいテクニカルフリース
パタゴニアの新しいテクニカルフリース パタゴニアのRシリーズに、寒冷下での活動に適したジグザグ織りの新モデルが登場。アンバサダー3人の使い方にも注目! 
NEW 悠久の大自然を体験 秋田白神山地レポート
悠久の大自然を体験 秋田白神山地レポート 小林千穂さんと、公募で選ばれた6名が秋田白神山地へ。ベテランガイドと五感で楽しんだモニターツアーをレポートします!
NEW 六甲山に登ろう。六甲山ナビOPEN!
六甲山に登ろう。六甲山ナビOPEN! 神戸のシンボル、六甲山。初心者向けの六甲山登山情報を掲載するWEBサイト「六甲山ナビ」が12月18日にオープン!
NEW スノーシューで 雪山を楽しもう!
スノーシューで 雪山を楽しもう! この冬は真っ白でふかふかの雪の上を歩くスノーシューハイキング! おすすめエリアや楽しみ方を紹介します。
NEW 晩秋の蒜山で最新保温ウェアを試す【山MONO語り】
晩秋の蒜山で最新保温ウェアを試す【山MONO語り】 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載。今回は新素材を使ったノローナのアクティブインサレーションをチェック!
【山の麓に住む】北アルプス山麓 移住者座談会
【山の麓に住む】北アルプス山麓 移住者座談会 北アルプスの山麓、小谷・白馬・大町・松川・池田の5市町村で暮らす。5人の移住者に仕事、遊び、暮らしについて聞きました。
NEW 山で見つけた「巨岩」「奇岩」フォトコン開催中
山で見つけた「巨岩」「奇岩」フォトコン開催中 なぜ、ここにこんな岩が? スマホの中に、そんな巨岩・奇岩の写真がありましたら、ぜひご投稿ください!
NEW 初心者から楽しめる、関西の日帰り登山コース
初心者から楽しめる、関西の日帰り登山コース 3~4時間で気軽に登れる、滋賀・京都・奈良・大阪・兵庫にある人気・定番コース6選
紅葉フォトコンテスト、開催中!
紅葉フォトコンテスト、開催中! 紅葉シーズンも終盤、街の街路樹の木々も色づいてきました。今は標高1000m以下の山が、紅葉の見頃です!
登山は「下山」してからが楽しい!?
登山は「下山」してからが楽しい!? 登山後、すなわち下山後の楽しみの1つが山麓グルメ。ご当地名物料理から、鄙びた食堂の普通の料理まで、その楽しみ方を指南!
渋滞の心配なし! 駅から歩いてらくらく登山。
渋滞の心配なし! 駅から歩いてらくらく登山。 日没時間が早まる時期は、アクセス時間を減らして行動時間を長くするような登山にしたい。「電車で行ける・帰れる山」で時間を短...