登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 0
高城岳・三郎岳リベンジの旅 高城岳・三郎岳(東海・北陸・近畿)
img

記録したユーザー

うめぞー さん
  • 日程

    2018年10月21日(日)

  • 登山口へのアクセス

    電車
    その他:近鉄榛原駅からバスかタクシーで高井バス停下車、仏隆寺への道標に従って仏隆寺入り口の丁字路を右へ、すぐに室生寺との分岐があるので右の集落へ入る。
    最初は左、次の丁字路を右、茅葺の民家の上にある丁字路を左、突き当たりくらいに道標があるので従って進むと右側に児玉稲荷の石碑がある。
    越えた先、少し行くと登山口の道標がある。

  • 天候

    晴れ

この登山記録の行程

近鉄榛原駅(9:30)・・・高井バス停(10:00)・・・仏隆寺(10:20)・・・登山口(高城岳への登山口)(10:40)・・・高城岳山頂(11:15)・・・三郎岳山頂(12:00)・・・諸木野関所跡(14:20)・・・千本杉(14:45)・・・高井バス停(15:00)・・・近鉄榛原駅(15:30)


総距離 約10.8km 累積標高差 上り:約906m
下り:約905m
今回は去年、道間違いからすっ飛ばしてしまった高城岳を登るのとルートを完璧にするため、高城岳から三郎岳を縦走してきました。
まあ、本当は竜門岳に登る予定だったのですがいつもの癖で適当な時間に電車に乗ったため、駅員さんに聞くとどう考えても登山口に到着するのが11時くらいになりそうだったので急遽予定を変更したのですが余り褒められる事ではないので皆さんは真似しないでくださいね。(もちろん家族には行き先を変更した事を伝えました。)
地図も最初はGPSの電源を省エネモードにしていたので直線的ですが仏隆寺に行くまでに気がついたのでそこから先は正確です。(仏隆寺までは一本道です。)
それではコース案内です。
近鉄榛原駅に9:30に到着したのでタクシーで高井バス停に向かいますがタッチの差でタクシーが居なくなってしばらく待ちました。
高井バス停に着いたのが10時頃でしたが一回行っているのでサクサク進み、仏隆寺入り口まであっという間に着きました。
ここには東屋の中にお地蔵さまが祀られている素敵な場所ですがふと来た道を振り向くと田んぼの中で写生をされている方を見かけました。
邪魔するのが嫌なので声はかけませんでしたが山の絵を描かれているようでした。
素敵な趣味だなぁと感心しながら道標に従って坂道を上ります。
ちなみに東屋の前は丁字路になっているのですが道標があるので迷うことはありません。
また、目の前にある駐車場にはトイレがあるので利用させて頂きましょう。
この先、下山するまでトイレは一切ありません。
道標に従って進むと左右に道が分かれます、左は室生寺への道で右は集落に入って行く道です。
高城岳へは集落を抜けて行くので右へ進みます。
すぐに丁字路になりますがここは分かりやすく右は民家の入り口なので左へ進みます。
少し進むとまたもや丁字路になりますがここが前回間違えた場所です。
ここは必ず右へ進んでください。
すぐに茅葺の民家があるのでその先の丁字路を左へ進みます。
ここからは道なりに進めば問題ありません。
道標もありますので従って集落を抜けて行きます。
しばらく進むと左側にログハウスがあり、その先の右側に児玉稲荷の石碑があります。
すぐそばに山道がありますが我慢してもう少し先へ進むとちゃんとした道標があるので従ってここから山道に入りましょう。
熊笹が覆った道を行くので足元に気をつけて進みましょう。
途中何回も林道と交差しますが基本は真っ直ぐに進めば問題ありません。
だんだんと斜度を増していくのでゆっくり取り組んでください。
気がつけば足首がひん曲がるほどの急登になりますが基本この辺の山域は室生火山群になるので急登ありきです。
そのまま進むと鎖場になりますが使用するほどではありません。
ただ、足の弱い方や雨上がりなどは利用すると良いでしょう。
そのまま進むとひょっこりという感じで高城岳山頂に到着します。
山頂には高城岳の謂れが記載された看板や山座同定が出来る看板があります。
少し離れた場所に東屋のような小屋があるので大休憩にもってこいです。
私もここまでほとんど休憩していなかったのでここで軽く休憩しました。
休憩を終えて小屋のすぐそばにある道標に従って三郎岳を目指します。
しばらくは分かりやすい道なのですが熊笹に覆われ出した頃から道が不明瞭になって来ます。
おそらく今年の台風のせいだと思いますが倒木のせいで左へ進むような感じで道が分かれますがおそらくこの道は登山者が勝手に作った道のようで途中から道がおかしくなります。
途切れたり踏み跡が?あちこちに散らばったりしているので道迷いの危険性がかなり高いです。
実際、私も間違えて踏み入れました。(黄色テープが貼ってあるのですがどうも素人が無責任に貼ったようです。)
道がおかしいので立ち止まってガイドブックを見ますがここで落とし穴がありました。
元々、竜門岳に行く予定だったのでガイドブックも竜門岳が載っている物をチョイスしたのですがビックリするのは同じような山域なのに高城岳や三郎岳が載ってないんです。(急な予定変更したらこんな目にあうので注意してください。)
仕方がないので高度計とGPSとコンパスで道を選んで稜線に復帰しましたがこの辺りは林道が交差しまくっているので訳が分からないまま進むと完全に道迷いしますのでかなり危険です。
また、この日は大変良いお天気だったのにも関わらず誰一人と会いませんでしたので単独行をされる方は注意してください。
稜線に出ると道は細いですが一本道なので迷う事なく進めます。
左下を見ると立派な林道がたくさん走っています、前回私もその中の一つからこの稜線に出たので感慨深いです。
しばらく進むと一回林道と交わりますが道標があるので従えば問題ありません。
道標を越えたあたりから少し急になりますがすぐに平坦な道に戻ります。
さらに進むと最後の急登が待ち受けています。
写真を挙げておきますが結構な斜度なのでゆっくり取り組んでください。
この急登を登りきれば三郎岳山頂です。
一年前と変わらないとてもいい景色に癒されながらここでお昼ごはんを食べます。
ガッついてるとガサガサと音がするので獣か?と身構えていたら鳩でした。
標高800mを越えるような場所にも鳩って来るんだなあと感心しながら見ていました。
ゆっくり休憩出来たので下山を開始します。
ここからは前回と同じなのでサクサク進みます。
鎖場の急坂を慎重に下って石仏を拝見したら本線に戻りしばらく下っていくと明開寺奥の院宿坊跡があり、道標もあるので従い右のほうへ下りていきます。
この辺りも前回と同じなのですが台風の影響で倒木が増えており道が不明瞭なので注意が必要です。
無事に石割峠に出たので一安心です。
ここからは一本道の林道をひたすら下れば左側に浄水場、少し進むと左側に愛宕神社と続きます。
そのまま進むと集落が見えてくるので一番左奥の民家を目指して進みましょう。集落のかかりにはトイレがあるので利用すると良いでしょう。(公園になっており、仮設のトイレがあります。)
道は基本真っ直ぐに進むだけです。(分かりにくいので写真を挙げておきます。)
諸木関所跡を抜けて伊勢本街道を進むと最後の方はアスファルトの道になりますが歩きやすい良い道です。
途中左側にトイレがありますがこれが最後のトイレです。
しばらく進むと赤埴甲区集会所がありますので左折します。
ここからは道なりに進んでいきます。
千本杉の案内があるので従い、千本杉を拝見します。
とても立派な杉で一つの幹から約16本ほどの枝が出ており主幹は約5~600年、枝幹は2~300年ほどだそうで圧巻の景色です。
是非とも見られることをお勧めします。
また高井千本杉の杉井戸水という水場がありますので喉を潤すと良いでしょう。
ここからは道なりに下っていき高井バス停に戻ります。
バス停に着いたのが15時なのですがバスは現在16時16分までないのでタクシーを呼んでください。
15時30分に榛原駅に着いた私はそのまま京都まで帰りいつもの温泉で疲れを癒してから帰路に着きました。

登山中の画像
登山画像
最新の時刻表を載せておきます。
登山画像
高井バス停です。
登山画像
のどかな道を上がって行きます。
登山画像
滝もあるので癒されましょう。
登山画像
この日はとてもいいお天気でした。
登山画像
道標もありますが基本仏隆寺までは一本道です。
登山画像
このあたりから少しずつ坂道になっていきます。
登山画像
道標がありますがその先のトイレを利用させてい…
登山画像
この東屋はお地蔵さまが祀られています。
登山画像
仏隆寺の山です。
登山画像
お地蔵さまに安全祈願をします。
登山画像
素敵なご趣味ですね、のどかな景色に癒されます。
登山画像
この分岐を右へ進みます。
登山画像
分岐にはこのような看板があります。
登山画像
滝が流れています。
登山画像
集落に入りますので騒がないようにしましょう。
登山画像
このあたりでも景色が楽しめます。
登山画像
この丁字路で前回は間違えました。
登山画像
左へ進むとこの道ですが間違いなので行ってはい…
登山画像
正しい道はこのお地蔵さまがある右への道です。
登山画像
茅葺きの民家です。目印にしましょう。
登山画像
後はこの道をひたすら進むだけです。
登山画像
道標があるとホッとします。
登山画像
周辺図があるので参考にしましょう。
登山画像
道には素敵な道標がありました。
登山画像
道標は等間隔であります。
登山画像
風景も素敵です。
登山画像
このログハウスが目印なんですが前回間違えた道…
登山画像
児玉稲荷の石碑です、これを越えた先に道標があ…
登山画像
児玉稲荷からこの道標が見えるまで枝道があって…
登山画像
登山口からは熊笹に覆われた道となります。
登山画像
基本こんな感じです。
登山画像
道標は所々にあります。
登山画像
道標を見失わなければこのあたりはそれほど難し…
登山画像
ただ、結構枝道が多いので注意が必要です。
登山画像
道迷いが多いのか?ロープが張られています。
登山画像
ここからいよいよ本格的な急登が始まります。
登山画像
こうして見ると結構急なのがわかります。
登山画像
高城岳も結構な急登です。
登山画像
鎖場ですが鎖を使うかはお好みでどうぞ。
登山画像
何か?意味不明ですが石碑があります。
登山画像
高城岳の謂れが記載されています。
登山画像
山頂からの景色は三郎岳の方がいいです。
登山画像
山座同定を楽しみたいですがちょっと看板がぼや…
登山画像
高城岳山頂には標高看板があります。
登山画像
少し先には小屋があるので休憩できます。
登山画像
私もここで休憩させていただきました。
登山画像
この道標に従い三郎岳に向かいましょう。
登山画像
最初は全然問題ありません。
登山画像
この下りあたりから雲行きが怪しくなります。
登山画像
この倒木のせいで道が不明瞭になります。
登山画像
林道が交差しているので安直に進むと遭難確定で…
登山画像
稜線は終始こんな感じの痩せ尾根が続きます。
登山画像
熊笹に覆われているので道を見失わないよう注意…
登山画像
迷い込みやすい立派な林道があちこちにあるのが…
登山画像
必ずこの道標を見つけてください。
登山画像
ここからも熊笹が足元を遮るので道を踏み外さな…
登山画像
下を見ると結構林道や杣道が交差しているのがわ…
登山画像
途中で見える景色に癒されましょう。
登山画像
名前はありませんが重ね岩みたいですね。
登山画像
道は細くて踏み外しそうになります。
登山画像
いよいよ最後の急登を上がります。
登山画像
最後はこんな急登です。
登山画像
ここはゆっくり取り組みましょう。
登山画像
この崖のような急登を上がりきれば山頂です。
登山画像
三郎岳山頂です。
登山画像
苦労して登っただけの値打ちがある素敵な山です。
登山画像
三角点です。
登山画像
お昼ご飯をがっついていると鳩が上がってきまし…
登山画像
三郎岳山頂は結構な広場ですので大人数でも休憩…
登山画像
遠くは大台ケ原のあたりまで見ることができます。
登山画像
こんな標高でもアキアカネが飛んでいます。
登山画像
景色に癒されたので下山開始です。
登山画像
いきなり険しい下りなので気をつけてください。
登山画像
鎖場もあります。
登山画像
石仏の道標までは鎖場が続きます。
登山画像
この道標に従い、石仏を見に行きましょう。
登山画像
少しだけ登り返します。
登山画像
石仏です。
登山画像
最初は知りませんでしたが調べると弘法大師だそ…
登山画像
本線に戻って下ります。
登山画像
明開寺奥の院へ参詣しに行きます。
登山画像
明開寺奥の院宿坊跡です。
登山画像
この道標に従い進みます。
登山画像
台風の影響でかなり地形が荒れています。
登山画像
倒木もたくさんありましたので気をつけてくださ…
登山画像
石割峠の分岐まで無事に下山できました。
登山画像
この道標に従います。
登山画像
しばらく林道歩きです。
登山画像
浄水場です。
登山画像
愛宕神社です。
登山画像
集落が見えてきたら左最奥の民家を確認しましょ…
登山画像
集落の入口にこの公園があるので休憩やトイレ利…
登山画像
ここからは真っ直ぐに進みます。
登山画像
惑わされるような地図なので無視しても構いませ…
登山画像
このまま真っ直ぐですが民家への入口もあるので…
登山画像
この細い道に入っていきます。
登山画像
一番左奥の民家を目指しましょう。
登山画像
道標は関所を示唆していないので無視していいで…
登山画像
こちらへ行くと仏隆寺方面に戻ってしまいます。
登山画像
こちらに下ります。
登山画像
北海道という地名の名付け親が通ったそうです。
登山画像
この民家の前を通らせていただくので住民の方が…
登山画像
涼みの水ですが飲めるかどうかはわかりません。
登山画像
熊野古道の様な素敵な道です。
登山画像
ここからアスファルトです。
登山画像
左にあるのが最後の公衆トイレです。
登山画像
天気は最高です。
登山画像
周辺図です。
登山画像
千本杉につきました。
登山画像
拝見しに行きましょう。
登山画像
杉井戸水の説明看板です。
登山画像
高井千本杉の杉井戸水です。
登山画像
御神木なので鳥居があります。
登山画像
千年杉です。
登山画像
高井バス停の近所にある伊豆神社の大杉です。
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、防水スタッフバック、スパッツ、ゲイター、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、傘、タオル、防寒着、帽子、グローブ、手袋、軍手、サングラス、着替え、地図(地形図・ルート図)、コンパス、メモ帳・筆記用具、腕時計、カメラ、登山計画書(控え)、ナイフ、修理用具、ツエルト、健康保険証、ホイッスル、ファーストエイド・医療品、虫除け・防虫薬品類、ロールペーパー、非常食、行動食、テーピングテープ
この山行で使った山道具
参考になった 0

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

うめぞーさんの登山記録についてコメントする

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

うめぞー さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 0

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴時々曇
明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2021年1月28日 11時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 冬の必携装備! チェーンスパイクの新モデル
冬の必携装備! チェーンスパイクの新モデル ブラックダイヤモンドから新登場の3つのチェーンスパイク。元ガイドの保科雅則さんと、12月下旬の八ヶ岳でチェックしました。
NEW パタゴニアの新しいテクニカルフリース
パタゴニアの新しいテクニカルフリース パタゴニアのRシリーズに、寒冷下での活動に適したジグザグ織りの新モデルが登場。アンバサダー3人の使い方にも注目! 
NEW 山と溪谷社90周年記念シェラカップ
山と溪谷社90周年記念シェラカップ 山と溪谷社は創業90周年を迎えました。オリジナルシェラカップを作成しましたので、数量限定で販売いたします。
NEW 悠久の大自然を体験 秋田白神山地レポート
悠久の大自然を体験 秋田白神山地レポート 小林千穂さんと、公募で選ばれた6名が秋田白神山地へ。ベテランガイドと五感で楽しんだモニターツアーをレポートします!
NEW 六甲山に登ろう。六甲山ナビOPEN!
六甲山に登ろう。六甲山ナビOPEN! 神戸のシンボル、六甲山。初心者向けの六甲山登山情報を掲載するWEBサイト「六甲山ナビ」が12月18日にオープン!
NEW スノーシューで 雪山を楽しもう!
スノーシューで 雪山を楽しもう! この冬は真っ白でふかふかの雪の上を歩くスノーシューハイキング! おすすめエリアや楽しみ方を紹介します。
NEW 晩秋の蒜山で最新保温ウェアを試す【山MONO語り】
晩秋の蒜山で最新保温ウェアを試す【山MONO語り】 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載。今回は新素材を使ったノローナのアクティブインサレーションをチェック!
【山の麓に住む】北アルプス山麓 移住者座談会
【山の麓に住む】北アルプス山麓 移住者座談会 北アルプスの山麓、小谷・白馬・大町・松川・池田の5市町村で暮らす。5人の移住者に仕事、遊び、暮らしについて聞きました。
NEW 山で見つけた「巨岩」「奇岩」フォトコン開催中
山で見つけた「巨岩」「奇岩」フォトコン開催中 なぜ、ここにこんな岩が? スマホの中に、そんな巨岩・奇岩の写真がありましたら、ぜひご投稿ください!
NEW 初心者から楽しめる、関西の日帰り登山コース
初心者から楽しめる、関西の日帰り登山コース 3~4時間で気軽に登れる、滋賀・京都・奈良・大阪・兵庫にある人気・定番コース6選
登山は「下山」してからが楽しい!?
登山は「下山」してからが楽しい!? 登山後、すなわち下山後の楽しみの1つが山麓グルメ。ご当地名物料理から、鄙びた食堂の普通の料理まで、その楽しみ方を指南!
渋滞の心配なし! 駅から歩いてらくらく登山。
渋滞の心配なし! 駅から歩いてらくらく登山。 日没時間が早まる時期は、アクセス時間を減らして行動時間を長くするような登山にしたい。「電車で行ける・帰れる山」で時間を短...