登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 0
脊梁縦走ビバーク訓練 天主山 国見岳(九州・沖縄)
img

記録したユーザー

よおいち さん


総距離 約26.0km 累積標高差 上り:約2,326m
下り:約2,303m
11/11 はれ 風 微風08:30出発-08:42橋-08:59入山-11:00林道1137m-13:18天主山 1504m-13:51切剥-14:45高岳 1566m-16:25宿泊地
11/11 はれ 風 微風05:00起床-06:30出発 

今回の講習に参加するのに約二週間前から崩した体調を調整してきた。11/07頃には何とか耐えられるほどにはなっていた。自分のなかで出席を決断しその後も体調を回復に努めた。結果的にも講習終業後特に体調の悪化は見られず徐々に直りつつあるので、この程度の体調不良なら1泊程度は大丈夫なのだと確信した。
講習では赤-黒コ-ス。
初日:地図と地形を読みながら天主山をめざす。縦走路に出てビバーク地へ行きビバーク準備と食事の支度と就寝。
・林道から上りやすそうな箇所の尾根か谷より入山。行けそうな箇所二箇所を高田さんと相談して尾根を進むことにした。経験が無いとやはり不安。
・入った後主尾根を目指して進むの地図を読んで方向を修正してコンパスで目標を定めて進むを繰り返すのだが、いつも慌ててる気がする。いつのまにか登るペースが速くなっている。
・途中フィックスを張った。頭ではできると思っていたがちょっと間違っている。でも今度はできると思う。最後尾をムンターヒッチで上げるのだが度忘れして講師に指導受ける。いつでも正確にできるようにならねば。
・今回は特に最小限の装備という事で行動食もギリギリにして計画的に採っていたが十分足りた。普段どれだけ余分だったか身に染みた。
・天主には遅れ気味だったのでキャップランプを雨ブタに移動した。
・切剥手前までの尾根南側のルートをコンテ歩き。緑班に追いついた。
・縦走路にのってからは道なりに進んでいたが、上りはゆっくり下りはペースを速めてがうまくできなかった。テープと踏み跡をたどっていたが三方山あたりでルートを外れた。地図をみて現在位置をマッチングしていないと容易にルートを間違ってしまう。
・宿泊準備では水汲みだった。イノシシのせいで水場が荒れて濁ってしまった。水場の砂を搔いて水が清むのをまちコップで水袋に移したが、水汲みにコップと防水手袋も必須と感じた。
・食事はおいしくいただき星空の下 楽しい夜だった。夜は寒く少ししか寝れなかったがそれは想定内だった。明け方の冷え込みはきつかったが体調はいつも通りだった。
二日目:GPSを利用したナビゲーション。
・ジオグラフィカ初めて使ったがとても高機能。進行方向を算出してコンパスでナビが(慣れれば)とても手早くできそう。今回は途中でバッテリーが無くなった。予備バッテリーをもっと出やすいところに置いとけばよかった。ガーミンでログは採っている。
・主にテープや踏み跡をたどりコンパスと地図で確認しながら進んだ。もっと慣れが必要。(個人山行でも当面Garminはログ取専用機)
・登山道から尾根の方へ入ってから位置を確認しながら下った。直進し1250m地点で方向変えた。下りでルートを右側に取りすぎて崖にでた。
講師に懸垂で先に降りてもらって次に降りたゲートの向きが悪くロープがスクリューに掛かりそうだった。ゲートの向きも意識すること。それにしても崖に出てからの判断の速さとロープのセットの手際の良さに自分の未熟さを思い知らされた。
今回こんなにも反省すべき点を明確にできてとても有意義だったと思った。

参考になった 0

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

よおいちさんの登山記録についてコメントする

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

よおいち さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 0

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

明後日

(日本気象協会提供:2019年5月19日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 花の盛期に訪れた森吉山。北秋田の魅力を紹介
花の盛期に訪れた森吉山。北秋田の魅力を紹介 秋田県にある花の名山・森吉山。最盛期を迎えた山上のお花畑と山麓の豊かな森。マタギ文化にも触れた2泊3日の山旅を掲載!
NEW サロモンから独創的なバックパック登場!
サロモンから独創的なバックパック登場! あなたの登山をより軽快にするバックパックシリーズ「OUT」のモニターを5名募集します!
NEW カリマー「リッジ」フィット性の高さを実感!
カリマー「リッジ」フィット性の高さを実感! モニターレポート第4弾は、初めて背負う40Lクラスのザックで二度の山行に挑戦した「くつほしい」さんのレポートです。
NEW 尾瀬の自然に会いに行こう!「尾瀬ナビ」公開
尾瀬の自然に会いに行こう!「尾瀬ナビ」公開 のんびり湿原散策に爽快な山登り…。尾瀬のシーズンが始まります。尾瀬をもっと楽しめるキャンペーンもご紹介。
NEW 連載「山MONO語り」 新基軸の小型バックパック
連載「山MONO語り」 新基軸の小型バックパック ライター高橋庄太郎さんによる連載。今月はブラックダイヤモンドの小型パックをチェック! 小さくても魅力満載!
グレゴリー「ズール」&「ジェイド」がモデルチェンジ!
グレゴリー「ズール」&「ジェイド」がモデルチェンジ! フィット感と通気性を兼ね備えた軽量バックパックが更に進化。 グレゴリーの新たな「ズール」&「ジェイド」をチェック...
箱根――、火山が生んだ恵みの数々を満喫
箱根――、火山が生んだ恵みの数々を満喫 20km四方とコンパクトなエリアに、ユニークで魅力ある山容を作りだしている箱根。登山と同時に、温泉や海の幸も楽しんじゃお...
「令和」の山、万葉集の山への誘い
「令和」の山、万葉集の山への誘い 新年号が「令和」に決まった。早速、令和に関連した山に行ってみよう! 太宰府周辺の山、万葉集にちなんだ山を紹介
春~初夏にツツジがキレイな山
春~初夏にツツジがキレイな山 花数が多いうえに花も大振りで存在感がある山、ツツジ。一斉に咲くと、ピンク、赤紫、白などの色が山の斜面を染める。
新緑が輝く季節、緑を満喫する山
新緑が輝く季節、緑を満喫する山 山肌の色が枯野色から緑色へと急激に変わる季節。山の緑が最も美しい時期に、緑にこだわって行くのにオススメの山。
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS スマートフォンの普及で高価で手の届かなかったGPS機器が誰でも使える! 初心者向けのノウハウから裏技まで、登山アプリとス...
YAMASTAデザインスタンプコンテスト
YAMASTAデザインスタンプコンテスト 登山の記念にチェックイン! 山のスタンプラリーアプリ「ヤマスタ」。たくさんのご応募ありがとうございました