登山記録詳細

ハイキング
参考になった 1
京急田浦駅から三浦アルプス南尾根を歩く 乳頭山・観音塚・仙元山(関東)
img

記録したユーザー

shine4153 さん

この登山記録の行程

京急田浦(8:28)・・・大六天神社(8:58)・・・田浦展望台(9:12;9:20)・・・乳頭山(9:45)・・・茅塚(10:01;10:16)・・・送電鉄塔(10:27)・・・栗坪分岐(10:45)・・・大桜(10:50)・・・連絡尾根分岐(11:12)・・・新沢分岐(11:27)・・・高塚(11:39)・・・観音塚(11:51;12:20)・・・実教寺分岐(12:30)・・・戸根山・ソッカー(12:44;12:48)・・・仙元山(13:10;13:42)・・・木の下(13:54)・・・葉山元町(13:59)・・・渚橋(14:20)・・・新逗子駅(14:35)


総距離 約13.0km 累積標高差 上り:約900m
下り:約903m
定年退職直後に週一ペースで三浦半島のあちらこちらを歩いていましたが、その後再就職とともに途絶えてしまっていました。
今回は、当時残していた三浦アルプスの縦走をふと思い出し、およそ10年ぶりとなる三浦半島のハイキングをしてきました。
ちょうど梅の時期ということもあり、田浦梅林で梅の花を観賞し、その後南尾根を歩く計画としました。
京急田浦駅で下車、国道16号を南下しJR線のガードをくぐって直ぐを右に折れ、案内板にしたがい京急線のガード先を左に曲がり、進んで行くと「田浦梅の里」に到着します。
残念なことに、梅の開花はまだ充分でなくこれからといった感じで、上の方ではまだ丸いつぼみの状態でした。
梅林を過ぎ展望塔に近づくと、付近は広大な広場になっていて子供を連れてのピクニックに絶好の場所と思いました。
展望塔からの眺めも素晴らしく、特に海側の景色は良かったです。
展望塔を降り、西側へ進むと登山道になり乳頭山へ向かいます。横浜横須賀道路の上を橋で渡り進んで行くと、尾根に出る手前はかなりの急登になりロープも出てきます。登り切るとそこは「FK2」と名前の付いた分岐で、要注意とあります。地面すれすれにある小さな道標「乳頭山・仙元山→」に従い急坂を進むと「FK1」分岐となり、左は乳頭山、右は中尾根へ続きます。ここにも小さな道標がFK1の向い側にあり、「乳頭山山頂、仙元山、畠山」と書かれています。
乳頭山を後にし少し下ると三国峠(D8)という道標(分岐)があり、左に折れると「畠山」、直進の「観音塚」方向へ進みます。
今回のルートの最高峰茅塚(212m)の山頂は鉄塔が占有し、山頂標らしきものも見当たりませんが、樹木から解放され開放感のある休憩ポイントです。
茅塚から戻り始めると直ぐに「仙元山近道入口」という案内が木に括り付けられていて、左側に入る踏み跡がありました。この道はまだ新しく踏み跡が充分でないうえ傾斜もかなりきつく脚力が要求されます。下りて行くと「上山口分岐(D10)」に合流しました。
上山口分岐から7分ほど進むと、送電鉄塔のあるピークに出ます。ここも休憩ポイントです。
「栗坪分岐(D12)」は狭く通過するだけです。次のピーク(159m)には桜の巨木があり道標には「大桜(D14)」と書かれ、観音塚と乳頭山のちょうど中間地点に位置するようです。
その後「連絡尾根分岐(D16)」、「新沢分岐(D17)」を通過すると、やがて「高塚」に到着しました。ここは巨木が立ち並びその枝が覆いかぶさっていますが、南側の視界がやや開け「湘南国際村」の建物でしょうか、大きな建物が遠望できます。
さらに進んでようやく「観音塚(D19)」に到着、木の根に腰を下ろしランチとしました。ここは木立の中で少し寒いくらいでした。
その後「戸根山・ソッカー」へ向かいましたが、ここは「大山分岐」から少し登った位置にあり、南側が開け沢山の切り株やベンチがあり休憩ポイントとなります。また西側には江の島を望むことができました。
大山分岐から250段あるという長い階段を下り、かつ階段を上り、最後のピーク仙元山へ向かいます。
仙元山は展望が開け、トイレもベンチも用意され絶好の休憩ポイントです。暫し陽光と眺望を楽しんだ後、葉山教会脇を下山し海岸通りを歩いて京急新逗子駅で終了としました。
今回の南尾根は道標がしっかり整備されていて、当初心配していた道迷いをすることもなく終わることができました。
地図としては、京浜急行が出している「三浦アルプストレッキングMAP」や二子山山系自然保護協議会のHPからダウンロードできる「二子山山系主要分岐図」が参考になると思います。
http://www.geocities.jp/yokohama94bvs/bs/2014/miuraalpsmap.pdf
https://www.futagoyama.org/%E5%8D%94%E8%AD%B0%E4%BC%9A%E3%81%A8%E3%81%AF/%E3%83%9E%E3%83%83%E3%83%97/

登山中の画像
登山画像
京急田浦駅をスタートします。
登山画像
国道16号線を南下し、JR横須賀線のガードをくぐ…
登山画像
道なりに進み、今度は京急線のガードを抜けると…
登山画像
この分岐を左に登ると「田浦梅林発祥之地」碑、…
登山画像
田浦梅林(現在は田浦梅の里)発祥の由来が書か…
登山画像
「大六天神社」。
登山画像
神社のすぐそばにある送電鉄塔。
登山画像
鉄塔付近から梅林を望む、まだ三分咲きといった…
登山画像
これは満開に近い一本です。
登山画像
斜面の梅林を登ると芝の広場が現れ、奥には展望…
登山画像
展望塔から見た広大な梅の里広場と横須賀港。梅…
登山画像
乳頭山方面への登山道入口。
登山画像
横横道路を橋で渡ります。
登山画像
尾根手前の急坂。
登山画像
FK2分岐の道標、低く小さいので見落としてしまい…
登山画像
FK1分岐の道標、写真の向こう側から来て回り込ん…
登山画像
乳頭山山頂、三角点もあります。
登山画像
乳頭山を下ると直ぐに現れる「三国峠分岐(D8)」…
登山画像
茅塚(212m)への分岐(D9)、茅塚は三浦アルプス最…
登山画像
茅塚山頂、少ない開放的なピークの一つです。
登山画像
南側には葉山国際ccが、送電線も圧巻です。
登山画像
茅塚から戻り始めると仙元山への近道表示が、踏…
登山画像
新しい急な下りでしたが「上山口分岐(D10)」へ合…
登山画像
送電鉄塔のある標高181mくらいのピーク、ここも…
登山画像
栗坪分岐手前には、こんな笹に覆われたところも…
登山画像
「栗坪分岐(D12)」、休むスペースはありません。
登山画像
地形図に159mとあるピーク「大桜(D14)」、名前の…
登山画像
ここは「連絡尾根分岐(D16)」、やっぱり狭いです。
登山画像
「新沢分岐(D17)」、左は新沢バス停へ下りるよう…
登山画像
観音塚手前の「高塚」、三浦半島中央道路の真上…
登山画像
木の間から見えるのは「湘南国際村」の建物でし…
登山画像
「観音塚(D19)」に到着、木の根に腰を下ろしラン…
登山画像
石塔が二つあり、左は千手観音の文字が、右には…
登山画像
「実教寺分岐」、観音塚から10分ほど下ったとこ…
登山画像
「大山分岐」、ここを右側に登ると標高189m戸根…
登山画像
写真の真ん中には切り株を彫った燈籠のような造…
登山画像
切り株や丸太が点在し休憩ポイントになります。…
登山画像
大山分岐から少し下ると250段と言われる長い階段…
登山画像
今度は登りの階段です。
登山画像
最後のピーク「仙元山」に到着しました。明るく…
登山画像
森戸海岸方向、右奥には江の島も見えます。
登山画像
葉山教会、ここで登山道(写真左側)は終わり舗…
登山画像
海岸通りの「葉山マリーナ」です。
登山画像
今回のゴール「京急新逗子駅」、14:35到着です。
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、防水スタッフバック、スパッツ、ゲイター、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、傘、タオル、防寒着、帽子、グローブ、手袋、軍手、地図(地形図・ルート図)、コンパス、メモ帳・筆記用具、腕時計、カメラ、ナイフ、修理用具、ツエルト、健康保険証、ホイッスル、ファーストエイド・医療品、熊鈴・熊除けスプレー、ロールペーパー、非常食、行動食、テーピングテープ、トレッキングポール、GPS機器、ライター、カップ
参考になった 1

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

shine4153さんの登山記録についてコメントする

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

shine4153 さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 1

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇一時雨
明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2018年11月21日 11時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 丹沢・大山方面の登山計画に! 【登山地図掲載】
丹沢・大山方面の登山計画に! 【登山地図掲載】 丹沢・大山方面への登山を安全にできるよう、コースマップ、アクセス情報&バス時刻表、山小屋一覧を掲載!
NEW 超軽量仕様のテントを北海道・十勝岳でテスト
超軽量仕様のテントを北海道・十勝岳でテスト 連載「高橋庄太郎の山MONO語り」。今回は「ゼログラム」の軽量4シーズンテントを北海道・十勝岳の野営場でチェック!
NEW 『山と溪谷』単独行と遭難に関するアンケート
『山と溪谷』単独行と遭難に関するアンケート 『山と溪谷』2019年2月号の企画のために、読者アンケートを行います。単独行を実践する一般の登山者の意見を募集します。
『山と溪谷』シェラカップ販売のお知らせ
『山と溪谷』シェラカップ販売のお知らせ 『山と溪谷』1000号を記念したオリジナルシェラカップ2種類を、10月10日正午から販売中。詳しくはこちらで。
ひざの悩みにメディカルサポーター
ひざの悩みにメディカルサポーター 薄く、フィットして、ズレにくい。高機能な「フェイタス(R)メディカルサポーター」の秘密とは?
平成最後の紅葉シーズン、いよいよ終盤へ――
平成最後の紅葉シーズン、いよいよ終盤へ―― 山は紅葉シーズン目前! ことしはどんな紅葉の山に行く? 全国の紅葉登山の名所と、紅葉の見頃時期を、ヤマケイオンラインでチ...
登山+紅葉+寺社仏閣で心落ち着く秋を愉しむ
登山+紅葉+寺社仏閣で心落ち着く秋を愉しむ 日本の山には、山岳仏教の修験の場として栄えた場所が数多い。参道沿いやの艶やかな紅葉は、繊細で心が落ち着くような美しさがあ...
隠れた山岳県・福島。ふくしまの山旅をご紹介!
隠れた山岳県・福島。ふくしまの山旅をご紹介! 飯豊山、安達太良山、会津駒など、百名山7座を抱える山岳県、福島の山の魅力を紹介します。写真コンテストも開催中!
気軽に楽しめるけど、意外と手強い筑波山
気軽に楽しめるけど、意外と手強い筑波山 「東の筑波、西の富士」と称えられる茨城のシンボル、筑波山。春夏秋冬・東西南北、いつでも・どこからでも楽しめる山。
はじめての日本百名山なら大菩薩嶺はいかが?
はじめての日本百名山なら大菩薩嶺はいかが? 初心者の日帰り登山から上級者のテント泊縦走まで、さまざまな山歩きをアレンジできる大菩薩嶺。帰りの温泉も楽しいぞ!
「踊っている木」、どの山に行けば見られる?
「踊っている木」、どの山に行けば見られる? 標高は2017m、日本百名山の一座として知られています。はじめての山中泊、はじめての縦走登山などにも適した山です。
山と自然に関わる仕事 求人情報
山と自然に関わる仕事 求人情報 新規求人情報を続々掲載! 山小屋アルバイト、ツアー添乗員、ショップ店員、メーカースタッフ…、山に関わる仕事の求人情報