登山記録詳細

雪山登山
参考になった 2
西日本一手軽な春の雪山高山「高知ご当地富士の最高峰」 白髪山(中国・四国)
img

記録したユーザー

マローズ さん

この登山記録の行程

駐車場(約1時間)白髪山(40数分)登山口(15分ほど)みやびの丘(15分ほど) 駐車場

[尾根から雲海が溢れ落ちる]
四国で標高1700m以上の高山は3月に入っても積雪があり、寒気の停滞具合によっては4月上旬まで全山雪山となる。そのクラスの高山で3月の春の雪山時期、登頂に要する時間が1時間以内で、アイゼン等も要らず、登山口までノーマルタイヤの車で入れるのは、西日本では高知県香美市の四国百名山の一つ、剣山系・白髪山(1769.7m)位ではないだろうか。中国地方最高峰の大山を上回る標高を誇るが、高知県内のご当地富士の中でも最高峰で、「土佐富士」とも呼ばれる。

ダケカンバ林やナナカマド、リョウブ等の自然林が豊富で、中腹から上は森林限界を超えており、ミヤマクマザサに覆われた山頂からは360度のパノラマが広がる。無雪期は40分程度で登れることから、登山初心者や行楽客にも人気がある。
但し、今年は最近、例年になく気温が高い日が続いたため、かなり雪解けが進行している可能性がある。

人気の山だが、積雪期の入山者は殆どおらず、道の整備も行われていないため、丸木階段が所々崩れている。
植林帯もあるが、道を挟んだ向かいの二次林帯のような中には、突出した大木の白骨樹もあり、点景となっている。

樹林帯のない横風がまともに当たる箇所ではやや積雪量が多いが、それでも雪の深さは膝まで。
森林限界を超えると傾斜がきつくなり、大きくジグザグに上るようになる。
山頂のすぐ東の稜線に出た地点には道標が建っているが、「白髪の分かれ」へと続く尾根の方は積雪が深く、ワカンやスノーシューがなければ歩けない。

それに比べてすぐ西に見える白髪山山頂にかけての稜線は、これまで通り、雪山装備がなくても登れる。山頂部の積雪も少なく、三角点標石も顔を出しているほど。
白髪山の山頂を休日、独占できるのは積雪期のみであるため、360度の白銀の世界を堪能でき、非常に気持ちがいい。

正面には三嶺から西熊山、地蔵ノ頭へと続く白銀の尾根が見え、東に目を転じると、剣山周辺の山々が見通せる。
山頂の西下の樹林帯は樹氷と化し、更にその下には雪化粧した白骨林が続く。

視界の西の方、尾根の窪みのように見える箇所に、空の雲とは独立した雲海的霧が白い池のように滞留している。似たような光景は’90年代、奈良の大峰山に登った時も見たことがある。
山頂で弁当を食べていると、その「白い池」から雲海的霧が、まるで皿からスープが溢れ出すように、ゆっくりと尾根から溢れ出し、斜面を下り始めた。雪崩をスローモーションで見ているようでもある。

下山後は林道を挟んだ向かいにあるみやびの丘(1558m)を回遊する。その山頂から白髪山を仰げば、「土佐富士」たる実感が湧くのだが、さきほどの「白い池」から溢れ落ちた雲海的霧が移動してきて白髪山の中腹から上をすっぽりと覆っていた。
みやびの丘も360度の展望を誇るが、白髪山に登った後では感動も薄れる。

実はこの日、本来は白髪山に登るはずではなく、かつて物部川上流の本流から支流沿いを走っていた森林鉄道・大栃林用軌道廃線跡を探索する予定だった。しかし峰越林道の積雪がみやびの丘登山口を越えると深くなったため、物部川方面には行けなかったのである。因みにこの廃線跡については、既に国道195号線沿いと別府峡沿いの区間については探訪済み。195号沿いには当時の鉄橋、別府峡沿いには複数のトンネルも残っている。

登山中の画像
登山画像
植林帯向かいの白骨樹
登山画像
稜線を仰ぐ
登山画像
稜線に出た地点から山頂方向を
登山画像
山頂
登山画像
白い池の如き雲海的霧
登山画像
三嶺を望む
登山画像
白い池から溢れ始める雲海
登山画像
樹氷林の先には白骨林が
登山画像
生き物のように溢れ出す雲海
登山画像
みやびの丘を見下ろす
登山画像
みやびの丘からの展望
登山画像
みやびの丘登山道から仰ぐ白髪山
登山画像
無雪期の土佐富士
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、登山靴・トレッキングシューズ、スニーカー・サンダル、ザック、スパッツ、ゲイター、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、防寒着、帽子、グローブ、手袋、軍手、地図(地形図・ルート図)、コンパス、メモ帳・筆記用具、腕時計、カメラ、ナイフ、行動食、トレッキングポール、アウタージャケット、オーバーパンツ
この山行で使った山道具
参考になった 2

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

マローズさんの登山記録についてコメントする

関連する現地最新情報

  • 剣山頂上ヒュッテ ~剣山
    剣山頂上ヒュッテ
    剣山頂上ヒュッテは、4月28日から営業予定です。剣山頂上ヒュッテとしての新型コロナウィルス対策をまとめました
    20年04月04日(土)

登った山

類似するモデルコース

マローズ さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 2

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴時々曇
明後日

(日本気象協会提供:2020年4月7日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW グレゴリーの中・大型ザック「スタウト&アンバー」モニター募集!
グレゴリーの中・大型ザック「スタウト&アンバー」モニター募集! 背面長が無段階に調整できる「スタウト&アンバー」がアップデートにより快適性が向上!モニター4名を募集します
NEW 好日山荘で聞いた! グレゴリーバックパックの選びかた
好日山荘で聞いた! グレゴリーバックパックの選びかた 銀座 好日山荘のスタッフに、グレゴリーの登山用ザックについて、それぞれの特徴を聞きました。ザック選びの参考に!
NEW 新しい「トレントシェル」をフィールドテスト
新しい「トレントシェル」をフィールドテスト パタゴニアの定番レインウェア「トレントシェル」が、3層生地で耐久性アップ! 山岳ガイド佐藤勇介さんがフィールドでテスト
NEW マウンテンハードウェアの最新ウェアを試す!
マウンテンハードウェアの最新ウェアを試す! 高橋庄太郎さんの「山MONO語り」。今回はアクティブインサレーション「コアシラスハイブリッドフーディ」をレポート
NEW 海を渡り、山に登ろう。いざ、島の山へ
海を渡り、山に登ろう。いざ、島の山へ 全国各地の島の山から6山を厳選して紹介! いざ、海を渡り、山へ。
登山は「下山」してからが楽しい!?
登山は「下山」してからが楽しい!? 登山後、すなわち下山後の楽しみの1つが山麓グルメ。ご当地名物料理から、鄙びた食堂の普通の料理まで、その楽しみ方を指南!
安全登山に向けて、これからの登山情報収集術
安全登山に向けて、これからの登山情報収集術 ITジャーナリスト、山岳ガイド、書籍の著者の方々に話を聞きながら、安全に山を登るための情報収集の方法について、改めて考え...
サクラ咲く山で花見登山! オススメ桜の名所の山
サクラ咲く山で花見登山! オススメ桜の名所の山 街でサクラが散るころに始まるサクラの花見登山。山の斜面をピンク色に染める、桜の名所の登山ポイントを紹介
花の季節の前奏曲、カタクリの花が咲く山へ
花の季節の前奏曲、カタクリの花が咲く山へ 種から7年目でようやく花咲く、春を告げる山の妖精――。ひたむきで美しいカタクリの群落がある山を紹介!
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山 のどかな里山を囲むように山々が連なる、埼玉県南西部・秩父・奥武蔵の山々。
春、花に会いに低山へでかけませんか?
春、花に会いに低山へでかけませんか? 暖かくなって、春の芽吹きが始まります。風のさわやかな低山を歩き、春を感じてみましょう。春を告げる花があなたを待っています...
春~初夏にツツジがキレイな山
春~初夏にツツジがキレイな山 花数が多いうえに花も大振りで存在感がある山、ツツジ。一斉に咲くと、ピンク、赤紫、白などの色が山の斜面を染める。